ドコモ光とピカラ光はどちらがお得?料金・初期費用・割引などを比較

サービスの料金や工事料金などは、全て税込みでの金額(実際に支払いが必要な金額)で記載しています。
当サイトの管理人
四国エリアで昔から人気の高いピカラ光と、全国的に人気の高いドコモ光では、どちらのほうがお得なのかと。

様々な点から詳しく比較・解説をした記事です。

四国エリアの光回線だと、四国電力グループの株式会社・STNetが提供している、ピカラ光というサービスが昔から非常に人気があります。

それに対して、ドコモ光はNTT西日本の光回線を利用した、いわゆる『光コラボレーション』というサービスで、2015年からサービスの提供が始まりました。

2015年に光コラボレーションサービスが始まる前では、四国エリアと言えばピカラ光・フレッツ光・auひかりの中から利用する光回線を選ぶのが一般的でしたが、今はドコモ光やソフトバンク光など他にも多くの選択肢があります。

この記事では、現在光コラボレーションサービスでトップの人気を誇るドコモ光と、四国エリアで根強い人気を誇るピカラ光のどちらのほうがお得なのかという点について、各サービスの特徴を踏まえた上で、様々な点を比較していきたいと思います。

参考:メジャーな光回線の最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページにメジャーな光回線が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

メジャーな光回線のお得なキャッシュバック&キャンペーン一覧

ピカラ光のお得な2つの特徴

まずは、ピカラ光のお得な2つの特徴(ポイント)について簡単に説明していきたいと思います。

ピカラ光のお得な特徴は下記の2点です。

ピカラ光のお得な2つの特徴
  1. セキュリティソフト5台版が無料+光電話利用で無線ルーター(Wi-Fi)も無料で使える
  2. auスマートバリューに対応

まずピカラ光のお得な特徴の1つとしては、下記の月額料金でセキュリティソフトと無線ルーターが無料で使えるという点を挙げることが出来ます。

料金イメージ
※全てプロバイダー料金込みの税込み価格です。

【戸建ての場合(ずっトク割フラットコース)】

ネット5,390円+光電話550円で計5,940円

【マンションの場合(ずっトク割フラットコース)】

ネット4,070円+光電話550円で計4,620円

※上記の(ずっトク割フラットコース)以外にもっと安い料金プランもありますが、auスマートバリューを適用する場合は上記のプランになります。
他の料金プランに関しては、ピカラ光公式サイトにてご確認ください。

後で詳しく説明しますが、ドコモ光で光電話を利用した場合の月額料金は戸建てが6,270円・マンションが4,950円ですから、少しだけピカラ光のほうが安くなります。

その上で、さらにピカラ光の場合には、この月額料金内で下記のサービスを無料で使うことが出来ます。

ピカラ光で無料で使えるサービス
  • セキュリティソフト5台版が無料(ノートンセキュリティオンライン)

ピカラ光では、総合セキュリティソフトの『ノートンセキュリティオンライン』をパソコン・スマホ・タブレットに5台まで無料でインストール・利用することが出来ます。
パソコンはWindows・Mac、スマートフォンやタブレットはAndroid・iOSに対応しています。

  • 光電話(月額500円)契約ありの場合は無線ルーター(Wi-Fi)も無料

ピカラ光では、光電話(月額550円)を契約すると無線ルーター機能を無料で利用することが出来ます。

他のサービスで利用する場合は月額500円はかかるセキュリティソフトが無料、光電話を利用する方は無線ルーターまで無料で利用できると、月額料金が安いことに加えて、かなりお得にサービス内容になっているのがピカラ光の特徴です。

加えて、ピカラ光の2つ目の特徴としては、auスマートバリューに対応しているという点を挙げることが出来ます。

auスマートバリューは、特定の光回線を使った場合にauの携帯電話料金が割引される仕組みのことです。

家族も含めて最大10台の携帯電話料金が割引されるのが特徴で、家族でau携帯を多く利用している場合には、光回線の料金以上の割引が毎月発生することも少なくありません。

参考:auスマートバリューの割引額
auスマートバリューの割引額月あたりの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台まで割引を適用可能。
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

~受付終了プラン~
新auピタットプラン
1GBまで
⇒割引対象外

1GB超~7GBまで
⇒永年550年割引
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE

~受付終了プラン~
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
永年1,100円割引
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで
⇒永年550円割引
~受付終了プラン~
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
⇒永年550円割引

2GB超~20GBまで
⇒永年1,100円割引
~受付終了プラン~
データ定額1
永年1,027円割引
~受付終了プラン~
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
永年1,027円割引
~受付終了プラン~
U18データ定額20
永年1,551円割引
~受付終了プラン~
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額10/13/30
2年間2,200円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
2年間1,027円割引
3年目以降500円割引
~受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
永年1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
2年間2,200円割引
3年目以降1,027円割引
カケホ(3Gケータイ・データ付)永年1,027円割引
タブレットプラン20

~受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
永年1,100円割引
~受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引

このauスマートバリューは毎月の割引額が非常に大きな額になることが多いことから、ピカラ光を検討する上で欠かせない部分の1つです。

ドコモ光のお得な2つの特徴

次に、ドコモ光のお得な2つの特徴は下記の通りです。

ドコモ光のお得な2つの特徴
  1. 『ドコモ光セット割』でドコモ携帯電話料金が安くなる
  2. 特定のプロバイダー利用で無線(Wi-Fi)が無料で使える

ドコモ光の月額料金は、光電話も含めると戸建てが6,270円・マンションが4,950円ですが、このインターネットの料金とは別に、ドコモの携帯電話料金に割引が入るのがドコモ光の特徴の1つです。

割引の額は、ドコモの携帯電話をどんなプランで利用しているのかで異なります。

ドコモ光セット割の割引額
ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,300円)
利用プラン月あたりの割引額
5Gギガホプレミアム1,100円
5Gギガホ1,100円
ギガホプレミア1,100円
ギガホ1,100円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,100円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,100円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
550円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-

割引額はピカラ光のauスマートバリューと同じぐらいお得で、ドコモユーザーは携帯電話料金が大きく割引されます。

加えて、ドコモ光でも特定のプロバイダーを利用すれば無線ルーター(Wi-Fi)を無料で利用することが出来ます。

ドコモ光では、下記の23社のプロバイダーから利用するプロバイダーを選択することが出来ますが(ピカラ光はプロバイダーを選べません)、無線ルーターを無料で提供しているのは一部のプロバイダーです。

ドコモ光1ギガのプロバイダー

【タイプA】月額料金=戸建て:5,720円、マンション:4,400円
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、BIGLOBE、andline、タイガースnet、エディオンネット、エキサイト、hi-ho、SIS、iC-net、SYNAPSE、楽天ブロードバンド、@ネスク、TikiTiki

【タイプB】月額料金=戸建て:5,940円、マンション:4,620円
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

【参考リンク】
ドコモ光公式サイト プロバイダー一覧

プロバイダーによる細かな違いに関しては、こちらのドコモ光公式が発行しているPDFデータでご確認ください。

この中で現在、無線ルーターを無料で提供しているのは主に下記の4社のプロバイダーです。

無線ルーターを無料で提供しているプロバイダー
(タイプA)GMOとくとくBB:GMOとくとくBB(ドコモ光)
(タイプA)ぷらら:ぷらら(ドコモ光)
(タイプA)@nifty:@nifty with ドコモ光
(タイプB)OCN:OCN forドコモ光

【補足】この他にもBIGLOBE、hi-hoが無線ルーターの無料提供を行っています。

ピカラ光では、セキュリティソフトを無料提供+光電話利用で無線ルーターも無料提供という内容でしたが、ドコモ光の場合はセキュリティソフトは有料になります。

ただ、無線ルーターに関しては、特定のプロバイダーを利用すれば無料で利用可能です。

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモ光のプロバイダーでも『セキュリティソフトを●ヵ月無料!』と期間限定で無料提供しているプロバイダーは多くあります!

ただ、長くても12ヵ月など無料で利用できる期間が定められている為、ピカラ光のように永久に無料で使えるわけではありません!

ピカラ光とドコモ光の料金面の様々な違い

ここまで、ピカラ光とドコモ光の特徴を説明してきましたが、その特徴も踏まえて、ここからはピカラ光とドコモ光の料金面の違いを解説していきたいと思います。

月額料金や初期費用・違約金・無料で使えるサービス等も含めて、戸建てとマンションタイプで分けて解説していきますので、お住まいの住居形態によって、該当する箇所をご確認ください。

当サイトのアシスタント
キャッシュバックやキャンペーンに関しては、戸建てとマンションタイプでほぼ変わらない為、料金比較の次の見出しのところで詳しく説明していきます!

戸建ての場合の違い

ピカラ光とドコモ光を戸建てで利用した場合の料金面の違いは下記の通りです。

戸建ての場合の違い
戸建ての場合ピカラ光ドコモ光
最大速度最大1Gbps最大1Gbps
月額料金
※プロバイダー料金込み
5,940円
※光電話の料金(550円)込み
6,270円
※光電話の料金(550円)込み
携帯電話料金割引au携帯電話料金割引あり(auスマートバリュー)ドコモ携帯電話料金割引あり(ドコモ光セット割)
無料で使えるサービス●無線ルーターが無料(光電話利用時)
●セキュリティソフト5台版が無料
●無線ルーターが無料
※利用するプロバイダーによる
初期費用●契約事務手数料が無料
●工事費実質無料
●契約事務手数料3,300円
●工事費有料(派遣工事19,800円 or 無派遣工事2,200円)
※ただし、時期によっては工事費無料キャンペーンを行っている場合があります。
違約金(最低利用期間2年)23カ月以内の解約で、1カ月分の利用料金が違約金として発生(2年ごとの自動更新契約)更新月とその翌月と翌々月以外の解約で5,500円

月額料金がピカラ光のほうが月約300円安く・セキュリティソフトがピカラ光だけ無料、またピカラ光のみ初期費用が無料になるという点は違いますが、それぞれの光回線が対応している携帯電話料金の割引以上に大きな差が出るような違いはありません。

その為、長期的に利用する方は、基本的には下記の考え方でどちらにするのかを選んでおくのが無難です。

選び方
  • auユーザーはピカラ光
  • ドコモユーザーはドコモ光

集合住宅の場合

次に、ピカラ光とドコモ光を集合住宅で利用した場合の料金面の比較です。

集合住宅の場合
集合住宅の場合ピカラ光ドコモ光
最大速度最大1Gbps最大1Gbps
月額料金
※プロバイダー料金込み
4,620円
※光電話の料金(550円)込み
4,950円
※光電話の料金(550円)込み
携帯電話料金割引au携帯電話料金割引あり(auスマートバリュー)ドコモ携帯電話料金割引あり(ドコモ光セット割)
無料で使えるサービス●無線ルーターが無料(光電話利用時)
●セキュリティソフト5台版が無料
●無線ルーターが無料
※利用するプロバイダーによる
初期費用●契約事務手数料が無料
●工事費実質無料
●契約事務手数料3,300円
●工事費有料(派遣工事16,500円 or 無派遣工事2,200円)
※ただし、時期によっては工事費無料キャンペーンを行っている場合があります。
違約金(最低利用期間2年)23カ月以内の解約で、1カ月分の利用料金が違約金として発生(2年ごとの自動更新契約)更新月とその翌月と翌々月以外の解約で4,180円

こちらもピカラ光のほうが初期費用がかからない+セキュリティソフトも無料で使えるという点で違いはありますが、それぞれの光回線が対応している携帯電話料金の割引以上の大きな差になるような違いはありません。

その為、長期利用されるという方は、下記の考え方で選んでおけば間違いありません。

選び方
  • auユーザーはピカラ光
  • ドコモユーザーはドコモ光

ピカラ光とドコモ光のキャッシュバック・キャンペーンの違い

ピカラ光とドコモ光でキャッシュバックやキャンペーンの内容は違いますが、簡単に言うと、どちらもかなりお得なキャンペーンを行っています。

その為、このキャッシュバックやキャンペーンでどちらにすべきか決めるというよりは、毎月のランニングコストを重視してどちらの光回線にするのか検討することをお勧めします。

ピカラ光で現在実施しているキャンペーンは下記の通りです。

【ピカラ光で実施中のキャンペーン】

【ピカラ光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




【公式キャンペーン】

  • 初期工事費無料!
  • 開通月のインターネット料金が無料!

【代理店キャンペーン(公式に上乗せ)】

  • 3万円キャッシュバック!

ピカラ光は、公式サイトから申込むよりも、代理店から申込んだほうが高額のキャッシュバックをもらうことが出来ます。

次に、ドコモ光で実施しているキャンペーン内容です。

【ドコモ光で実施中のキャンペーン内容】

【ドコモ光(代理店NNコミュニケーションズ)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント



【ドコモ光の公式キャンペーン】

  • 今なら新規工事費が無料!
  • dカードGOLD申込みで最大11,000円分のdポイント還元あり!

【代理店NNコミュニケーションズのキャンペーン(公式に上乗せ)】

  • キャッシュバック42,000円!
    他社のキャッシュバックと違い、
    ~オプションサービスの加入不要!
    ~キャッシュバックの手続き一切必要なし!
    ~振り込みはドコモ光が開通した翌月末と高速!
  • dポイント2千ポイントプレゼント!
  • その他、無線ルーター無料などプロバイダー独自の特典も多数あり!

ドコモ光も同様で、代理店のホームぺージから申込めば、公式キャンペーンに上乗せして代理店独自の高額キャッシュバックをもらうことが出来ます。

ドコモ光を公式サイトやドコモショップから申込んでしまうと、かなり少額のキャンペーンしか適用されないため、この点は注意するようにして下さい。

【補足】ソフトバンクユーザーはピカラ光とソフトバンク光のどちらにすべきか

この記事では、ピカラ光はauの携帯電話料金の割引に対応、ドコモ光はドコモの携帯電話料金の割引に対応しているということを説明してきました。

その上で、『ソフトバンクユーザーはピカラ光とソフトバンク光のどちらにすべきなのか』という点に、疑問を感じている方もいらっしゃると思います。

ソフトバンク光は、四国エリアで唯一『おうち割 光セット』というソフトバンク携帯電話の料金割引に対応している光回線です。

おうち割 光セットの割引額
ソフトバンクおうち割 光セットの割引額(月)
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
(ソフトバンク光・NURO光・ソフトバンクエアーのいずれかを利用している方が対象です)
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
永年1,100円割引
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター永年1,100円割引
データ定額 50GB/20GB/5GB永年1,100円割引
データ定額(おてがるプラン専用)/データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
永年550円割引
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
永年1,100円割引
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
永年550円割引

『おうち割 光セット』もauスマートバリューと同じく、家族も含めて最大10台までそれぞれの携帯電話料金が割引されるのが特徴で、利用しているソフトバンク携帯の台数によっては、毎月4,000円以上の割引になることも珍しくありません。

この点も踏まえた上で、ピカラ光とソフトバンク光の料金面を比較したのが下記の表です。

戸建ての場合
戸建ての場合ピカラ光ソフトバンク光
最大速度最大1Gbps最大1Gbps
月額料金
※プロバイダー料金込み
5,940円
※光電話の料金(550円)込み
6,270円
※光電話の料金(550円)込み
携帯電話料金割引au携帯電話料金割引あり(auスマートバリュー)ソフトバンク携帯電話料金割引あり(おうち割 光セット)
無料で使えるサービス●無線ルーターが無料(光電話利用時)
●セキュリティソフト5台版が無料
●光電話と無線ルーターを合わせて月額550円で利用できる
※おうち割 光セットを適用する方限定
初期費用●契約事務手数料が無料
●工事費実質無料
●契約事務手数料3,300円
●工事費有料=派遣工事26,400円 or 無派遣工事2,200円
※ただし、時期によっては工事費無料キャンペーンを行っている場合があります。
違約金(最低利用期間2年)23カ月以内の解約で、1カ月分の利用料金が違約金として発生(2年ごとの自動更新契約)更新月とその翌月と翌々月以外の解約で5,720円
マンションの場合
戸建ての場合ピカラ光ソフトバンク光
最大速度最大1Gbps最大1Gbps
月額料金
※プロバイダー料金込み
4,620円
※光電話の料金(550円)込み
4,730円
※光電話の料金(550円)込み
携帯電話料金割引au携帯電話料金割引あり(auスマートバリュー)ソフトバンク携帯電話料金割引あり(おうち割 光セット)
無料で使えるサービス●無線ルーターが無料(光電話利用時)
●セキュリティソフト5台版が無料
●光電話と無線ルーターを合わせて月額550円で利用できる
※おうち割 光セットを適用する方限定
初期費用●契約事務手数料が無料
●工事費実質無料
●契約事務手数料3,300円
●工事費有料=派遣工事26,400円 or 無派遣工事2,200円
※ただし、時期によっては工事費無料キャンペーンを行っている場合があります。
違約金(最低利用期間2年)23カ月以内の解約で、1カ月分の利用料金が違約金として発生(2年ごとの自動更新契約)更新月とその翌月と翌々月以外の解約で4,180円

ピカラ光の月額料金が安い為、ソフトバンク光の方が毎月のインターネット料金は少しだけ高くなります。

ただ、『おうち割 光セット』が適用できることを考えれば、ソフトバンクユーザーはピカラ光よりもソフトバンク光にしたほうがお得です。

また、ソフトバンク光も同様に、代理店から申込みをすれば、3万5千円~4万5千円前後の独自キャッシュバックを受け取ることができる上に、様々なキャンペーンが適用されます。

【ソフトバンク光の正規代理店はこちら】