ドコモ光からソフトバンク光に乗換える場合の手続き方法や注意点

サービスの料金や工事料金などは、全て税込みでの金額(実際に支払いが必要な金額)で記載しています。
当サイトの管理人
ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合の手続き方法や注意点について、詳しく解説をした記事です。

2015年にドコモ光やソフトバンク光などの、いわゆる“光コラボレーションサービス”が始まって以降、光回線のサービスは急激に増えている状況です。

この光コラボレーションサービスの中で、特に人気があるのが、携帯電話の大手が提供しているドコモ光とソフトバンク光、そしてauスマートバリューを適用できるビッグローブ光やソネット光です。

それぞれ、ドコモの携帯料金割引(ドコモ光)、ソフトバンクの携帯料金割引(ソフトバンク光)、auの携帯料金割引(ビッグローブ光とソネット光)に対応しているのが、これらの光回線の特徴です。

そして、これらの光コラボレーションサービス間での乗換えが非常に簡単になった(工事すら不要)ことから、携帯電話を乗り換えるのと同時に、光回線も乗り換える方がかなり多くなってきています。

この記事では、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合の手続き方法や費用・注意点等について、詳しく解説をしていきます。


▼必見!お勧めキャンペーン▼
【ソフトバンク光×代理店NEXT限定】
3万7千万キャッシュバック+工事費2万4千円が実質無料+他社違約金を全額還元!




ソフトバンク光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ソフトバンク光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ソフトバンク光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ソフトバンク光のお得な申込先まとめ】キャッシュバック&キャンペーン

ドコモ光からソフトバンク光に乗換える3つのメリット

ドコモ光からソフトバンク光に乗換えを考えている方は、恐らくは、ほとんどの方が携帯電話をドコモからソフトバンクに変更した方や変更を検討している方だと思います。

ちなみに、ドコモ光とソフトバンク光では、毎月のインターネット料金はほとんど変わりません。

参考:ドコモ光とソフトバンク光の光回線の料金
月額料金ドコモ光ソフトバンク光
戸建て5,720円5,720円
マンション4,400円4,180円
割引ドコモ携帯電話料金の割引ありソフトバンク携帯電話料金の割引あり

光電話の料金はどちらも月額550円です。

月額料金は上記の通りほとんど変わらないものの、携帯をドコモ⇒ソフトバンクに変更する場合には、自宅の光回線もドコモ光⇒ソフトバンク光に乗換えることで、かなり大きな料金的メリットを受けることが出来ます。

ここから、ドコモ光からソフトバンク光に乗換える3つのメリットについて、詳しく解説をしていきます。

メリット① 『おうち割 光セット』でソフトバンク携帯電話料金が大幅に安くなる

ソフトバンクの携帯を利用している方が、自宅の光回線をソフトバンク光にすると、『おうち割 光セット』という大きな携帯電話料金割引を受けることが出来ます。

ソフトバンクおうち割 光セットの割引額
ソフトバンクおうち割 光セットの割引額(月)
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
(ソフトバンク光・NURO光・ソフトバンクエアーのいずれかを利用している方が対象です)
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
永年1,100円割引
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター永年1,100円割引
データ定額 50GB/20GB/5GB永年1,100円割引
データ定額(おてがるプラン専用)/データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
永年550円割引
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
永年1,100円割引
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
永年550円割引

上記は1台あたりの割引額ですが、例えば1台あたり毎月1,100円の割引を受けられるプランで、家族で4台ソフトバンクの携帯電話を利用していた場合、毎月の割引額はなんと4,400円にもなります。

ドコモ光とソフトバンク光は光回線の料金自体がほとんど変わらない為、ドコモからソフトバンクに携帯を変更した場合は、光回線もソフトバンク光に乗換えておかないと、この『おうち割 光セット』の割引分を毎月損してしまうことになります。

どれぐらいの金額を損してしまうのかは、家族で利用しているソフトバンクの台数によって変わってきますが、仮に2台利用していたとしても毎月2,200円・1年で26,400円という金額を永遠に損をしていくことになります。

その為、携帯電話をソフトバンクに変更したら、早めに光回線もソフトバンク光に変更しておくのがお勧めです。

当サイトのアシスタント
後から詳しく説明しますが、光回線の乗換えと聞くと、「難しい」とか「面倒」というイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、実際はかなり簡単でほとんど手間はかかりません!

メリット② 光電話+無線ルーターがセットで安く使える

ドコモ光では、光電話も無線ルーターのレンタルサービスもそれぞれ有料のサービスとして提供されていました。(一部のプロバイダーでは無線ルーターが無料)

参考:ドコモ光で光電話と無線ルーターをレンタルで使う場合
  • 光電話=月額550円
  • 無線ルーター=月額300円~500円

⇒それぞれ有料のため、どちらも使うと月額850円~1,050円必要。

それに対して、ソフトバンク光の場合には、『おうち割 光セット』を適用する場合に限り、下記の3つのオプションサービスをセットで月額550円で利用することが出来ます。

『おうち割 光セット』加入で3つセットで月額550円
  • 電話サービス(光電話N・ホワイト光電話・BBフォンのいずれか)
  • Wi-Fiマルチパック(自宅で使える無線ルーター)
  • BBユニット(ルーター)

本来は、『光電話N=月額550円』『Wi-Fiマルチパック=月額1,089円』『BBユニット=月額513円』とそれぞれに費用がかかるオプションサービスですが、『おうち割 光セット』を適用する場合には、3つセットで月額550円で利用できます。

これは『おうち割 光セット』を適用する方限定の割引です。

ドコモ光からソフトバンク光に乗換えると、オプションサービスの月額料金も少しお得になります。

メリット③ 携帯電話もドコモ⇒スマホにお得に乗り換えられる

自宅の光回線をドコモ光⇒ソフトバンク光に乗換えた方が、携帯電話もドコモ⇒ソフトバンクに乗換える場合、『おうち割 光セット スタートキャンペーン』という割引を適用することが出来ます。

このキャンペーンは、簡単に言うと、ドコモの携帯電話を解約する際に発生する違約金を、ソフトバンク光の月額料金から1,045円×10ヵ月分(計10,450円)割引するというキャンペーンです。

ちなみに、このキャンペーンは、先に光回線をドコモ光⇒ソフトバンク光に乗換えて、後から携帯電話をドコモ⇒ソフトバンクに乗り換えた場合でも適用可能です。
(同時でも後からでもどちらでも適用可能)

ソフトバンク光では、これ以外に光回線の違約金(ドコモ光の違約金)を全額還元するキャンペーンも行っているため、乗換えに伴う費用という面は基本的に心配いりません。

ドコモ光⇒ソフトバンク光の乗換えの場合、ソフトバンク光の代理店キャッシュバックなどを併用すれば、乗換えにかかる費用以上にお得な還元を受けることが出来ます。

ソフトバンク光のお得な代理店キャッシュバック



当サイトのアシスタント
ドコモ光⇒ソフトバンク光への乗換えでかかる費用に関しては、後ほど詳しく説明します!

ドコモ光からソフトバンク光に乗換える1つのデメリット

ドコモ光からソフトバンク光への乗換えは、デメリットも存在します。

それは、ドコモ光からソフトバンク光へ乗換えると『ドコモの携帯電話料金割引がなくなってしまう』という点です。

ドコモ光でも、ソフトバンク光の『おうち割 光セット』と、ほとんど変わらない額の携帯電話料金割引を行っています。

参考:ドコモ光セット割の携帯電話料金の割引額
ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,300円)
利用プラン月あたりの割引額
5Gギガホプレミアム1,100円
5Gギガホ1,100円
ギガホプレミア1,100円
ギガホ1,100円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,100円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,100円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
550円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-

この『ドコモの携帯電話料金割引がなくなってしまう』というデメリットに関して、家族も含めて全員の携帯電話をソフトバンクに変える(変えた)という方は、心配する必要は全くありません。

ただ、中には下記のような方もいらっしゃると思います。

一部の例
  • 家族で4台携帯電話を利用⇒ドコモが2台・ソフトバンクが2台
  • 家族で4台携帯電話を利用⇒ドコモが3台・ソフトバンクが1台

上記のように、利用している台数がドコモ・ソフトバンクで同じ台数だったり、逆にドコモの携帯電話の台数のほうが多い場合、ドコモ光からソフトバンク光に乗換えるメリットはほとんどありません。

特に、ソフトバンクの携帯電話よりドコモの携帯電話台数が多い場合には、乗り換えると逆に毎月の料金が高くなってしまう場合が多いです。

そのため、家族でばらばらの携帯電話会社利用している場合などは、一度家族で『どの光回線でどの携帯電話料金の割引を適用するか』、話しあってから光回線を乗り換えるほうが無難です。

ドコモ光からソフトバンク光への乗換えは『事業者変更』でびっくりするぐらい簡単

ドコモ光もソフトバンク光も、光コラボレーションサービスといって、光回線や光電話の設備はNTT東日本・西日本の設備を利用しています。

割引の仕組みや料金体系などが異なるだけで、実はこの2つのサービス、大元の仕組みは全く同じです。

そのため、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合、『事業者変更』といって、基本的に工事が必要なく・工事費用も発生せずに乗り換えることが出来ます。

電話番号もそのままで、回線終端装置や光電話ルーターといった機器が変わることも基本的にありません。

単純に、契約だけがドコモ光からソフトバンク光に切り替わるイメージです。

事業者変更とは
事業者変更の手続きとは
工事の有無不要
機器の変更(ご利用のONUや光電話ルータ)不要
光電話の番号変更同じ番号のまま継続可能
事業者変更にかかる費用●転出(解約する)光回線でかかる費用
~転出事務手数料=平均で3,300円
~違約金
●転入(乗り換える)光回線でかかる費用
~事務手数料=平均で3,300円

※上記は平均であり、転出する光回線・転入する光回線で費用は若干異なります。
手続き方法①変更前の光コラボ事業者に連絡し、『事業者変更承諾番号』を取得
②その『事業者変更承諾番号』をもって、変更したい光コラボorフレッツ光に申込む

手続きもかなり簡単で、

  1. ドコモ光で『事業者変更承諾番号』を取得
  2. ソフトバンク光を申込み(この時に事業者変更承諾番号を伝える)
  3. あとは切り替えが終わるのを待つのみ(工事はありません)

これだけで、ドコモ光⇒ソフトバンク光の乗換えは完了します。

この『事業者変更』が出来るようになったのは、2019年の夏ぐらいからですが、これから乗換えをされる方は、面倒な工事が発生するわけでもなく、びっくりするぐらい簡単に乗り換えが出来ます。

当サイトのアシスタント
多くのインターネットサイトに、『ドコモ光からソフトバンク光への乗換えは工事が必要』と記載されていますが、それはそのサイトの情報が古いだけです!

『事業者変更』の仕組みは、ソフトバンク光の公式サイトにも説明があります!

参考リンク:ソフトバンク光公式サイト

ドコモ光からソフトバンク光の乗換えで事前に確認しておきたい3つのポイント

ドコモ光からソフトバンク光の乗換えを申込む前に、確認しておくべきいくつかのポイントをここから説明していきます。

ポイント① ドコモ光からソフトバンク光への乗換えでインターネット速度は変わる?

先ほど説明した通り、ドコモ光もソフトバンク光も“光コラボレーションサービス”といって、どちらもNTT東日本・西日本の光回線の設備を使っています。

どちらも全く同じ設備を使っているため、インターネットの速度はどちらも最大1Gbpsです。

ドコモ光からソフトバンク光への乗換えで、インターネットの最大速度が変わることはありません。

ただ、ドコモ光は利用するプロバイダーによって、インターネットの実測値が大きく異なっているのが現状です。

それに対して、ソフトバンク光のプロバイダーは速度という点で評判がいい“Yahoo!BB”です。

ドコモ光でインターネット速度が遅いプロバイダーを利用している場合は、今よりインターネットの速度が改善する可能性はあります。

ポイント② ドコモ光からソフトバンク光で光電話の番号は継続できない場合もある?

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合、『事業者変更』という手続きを取れば、電話番号を変えずに乗り換えることが出来ます。

ドコモ光の光電話からソフトバンク光の光電話に、そのまま番号を移すイメージです。

ちなみに、ソフトバンク光には、主に月額550円の『光電話(N)』と月額513円の『ホワイト光電話』というサービスがありますが、このうち事業者変更で番号を変えずに乗り換えられるのは『光電話(N)』だけです。

『ホワイト光電話』を選択してしまうと、番号が変わってしまうことがあるため、事業者変更で電話番号を変えたくないという場合には、『光電話(N)』を選択しておくようにしましょう。

ポイント③ ドコモ光で利用していたプロバイダーはソフトバンク光で継続できる?

ドコモ光では23社のプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選択することが出来ましたが、ソフトバンク光に関してはプロバイダーを選択することは出来ません。

ソフトバンク光のプロバイダーは、必ずYahoo!BB(ヤフーBB)になります。

Yahoo!BBはドコモ光では提供していないプロバイダーの為、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換えるにあたって、必ずプロバイダーは変更になります。

Yahoo!BB(ヤフーBB)は、業界でも大手のプロバイダーで、オプションサービスもかなり豊富なプロバイダーです。

プロバイダーの変更に伴ってメールアドレスが変わってしまうのがイヤという場合には、プロバイダーでメールアドレスだけ残せるプランを提供している場合も多いので、今利用中のプロバイダーに確認してみるようにしましょう。

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合にかかる全費用

ドコモ光⇒ソフトバンク光へ『事業者変更』をする場合、事業者変更の費用も含めて必要になってくる費用は、主に下記の2つです。

  • ドコモ光の解約に関する費用
  • ソフトバンク光の契約事務手数料(工事費不要)

このうち、ドコモ光の解約で発生してくる費用は下記の通りです。

ドコモ光の解約に関する費用
  • (転出)事業者変更承諾番号を取得する事務手数料=3,300円
  • (ソフトバンクのキャンペーンで実質無料)解約金
    ~2022年6月末までにドコモ光を申し込んだ方=戸建て14,300円、集合住宅8,800円
    ~2022年7月1日以降にドコモ光を申し込んだ方=戸建て5,500円、集合住宅4,180円
    ◎解約金が発生しても、ソフトバンク光公式の違約金返金キャンペーンで、後ほどソフトバンクからキャッシュバックで返金されます。
    ※ドコモ光を2年の定期契約で利用している方が対象です。解約金の金額は、ドコモ光をいつ申し込みしたかで異なります。
    ◎ドコモ光を2年の定期契約で利用している方は、2年ごとの自動更新の契約になっています。2年契約の契約満了月・その翌月と翌々月の3カ月の間に解約した場合、解約金の支払いは発生しません。
  • 工事費分割払いの残債=戸建て19,800円、集合住宅16,500円の内、分割払いにしている残り額
    ~工事費の分割払いは、2022年6月末までにドコモ光を申し込んだ方は、12回・24回・36回・48回・60回払いのいずれかです。2022年7月1日以降に申し込みした方は、12回か24回払いのいずれかです。
    ◎以下の方は工事費の支払いはありません。
    ・ドコモ光を工事費無料キャンペーンを適用して開通した方
    ・ドコモ光を無派遣工事で開通した方
    ・派遣工事費を一括払いした方
    ・派遣工事費の分割払いが終わっている方

ドコモ光の解約金はソフトバンクが全額負担してくれるため、実質支払いは必要ありません。(一度ドコモに支払いが必要ですが、後ほどソフトバンクから返金されます)

支払いが必要になるのは、『事業者変更承諾番号を発行する手数料』と『工事費の残債』ですが、工事費の残債は発生しない方が多いです。

ほとんどの方は、『事業者変更承諾番号を発行する手数料』のみの支払いになります。

次に、ソフトバンク光の新規開通に関する費用は下記の通りです。

ソフトバンク光の新規開通に関する費用
  • 契約事務手数料のみ=3,300円

※『事業者変更』の手続きを行った場合、工事費用はかかりません。

全ての費用を合わせると、

  • ドコモ光の工事費の残債がある方=『工事費の残債+事業者変更承諾番号の発行手数料+ソフトバンク光の事務手数料』
  • ドコモ光の工事費の残債がない方=『事業者変更承諾番号の発行手数料+ソフトバンク光の契約事務手数料』

上記の費用で乗り換えが可能です。

加えて、代理店から申込むと代理店独自のキャッシュバック(平均で15,000円前後)を上乗せすることが出来ます。

代理店から申込んだ場合、ドコモ光の工事費の残債がある方でもほとんどキャッシュバックで回収ができて、工事費の残債がない方はドコモ光の手数料+ソフトバンク光の手数料(6,600円)を回収できて、キャッシュバックでさらにお得になる計算です。

代理店と一言でいっても様々な代理店がありますが、ソフトバンク光の代理店でかなり人気があるのが、下記のNEXT(ネクスト)という代理店です。

【代理店NEXTの公式サイト】



キャッシュバックの申請手続きを複雑にして受け取れないようにしている悪質な代理店がいる中で、この代理店は手続き不要でキャッシュバック還元率(振りこみ率)が100%を誇る代理店の為、申込みをするならこちらの代理店からがお勧めです。

ドコモ光からソフトバンク光にスムーズに乗り換える手順

ドコモ光からソフトバンク光にスムーズに乗り換える手続きに関しては、『事業者変更』の手続きの順番さえきっちり把握しておけば、非常に簡単です。

『事業者変更』の手続き方法は下記の通りです。

事業者変更の手続き方法
  1. まずは先にドコモへ連絡し、『事業者変更承諾番号』を取得
    ~ドコモ光で事業者変更をする場合の連絡先⇒ドコモ光公式サイト
    ~原則、契約者が連絡するようにして下さい。契約者以外だと発行してもらえないことがあります。
  2. 『事業者変更承諾番号』を取得したら、お得な代理店から申込む
    ~高額キャッシュバックを行っている代理店はこちら ⇒ SoftBank光キャンペーン
    ~WEB申込みフォームで『SoftBank 光 事業者変更』の項目を選択し、『事業者変更承諾番号』の欄に取得した事業者番号を入れ込めばOKです。
  3. 『事業者変更日』になったら、切替え完了
    ~基本的に工事はありませんので、その日程になったら、自動的にソフトバンク光に切り替わります。

ちなみに、『事業者変更日』を過ぎたらドコモ光は自動で解約されるため、個別に解約の手続きをする必要はありません。

注意点をあげるとすれば、『事業者変更承諾番号』は、発行をしてから15日間と有効期限が決まっているという点。

その期限を過ぎると使えなくなるため、もし期限が過ぎてしまった場合は、ドコモに連絡して再度『事業者変更承諾番号』を発行してもらう必要があります。

また、ソフトバンク光で『おうち割 光セット』を適用する場合には、開通後にソフトバンクショップやMy SoftBank(ネット)で『おうち割 光セット』の申込みをする必要があります。

この申込を忘れてしまうと、『おうち割 光セット』の割引が適用されませんので、この点は面倒でも出来るだけ早めに手続きを終わらせておく必要があります。

【ソフトバンク光キャッシュバック】
ソフトバンク光のお得なキャッシュバック徹底比較!

【注意】ソフトバンク光よりもNURO光のほうがお得になる場合もある

この記事では、ドコモ光からソフトバンク光への乗換えについて詳しく説明してきましたが、ソフトバンク光よりもNURO光に乗り換えたほうがお得になる場合もあります。

NURO光は『ソネット(ソニーネットワークコミュニケーションズ)』という、ソニーグループの会社が提供している光回線です。

NURO光は、ソフトバンク光と同じく『おうち割 光セット』(ソフトバンク携帯料金割引)に対応していて、ソフトバンク光よりもインターネットが高速で、なおかつ戸建ての場合は料金も安いというのが特徴。

参考:ソフトバンク光とNURO光の比較
 ソフトバンク光NURO光
速度最大1Gbps最大2Gbps
月額料金【戸建て】5,720円
【集合住宅】4,180円
【戸建ても集合住宅も同じ】
5,200円
光電話550円北海道・関東=550円
それ以外のエリア=330円
無料で使える機能なし・高速の無線ルーター

NURO光で『おうち割 光セット』を適用しても、携帯電話料金の割引額は変わりません。ソフトバンク光にする場合と、全く同じ額の携帯電話料金割引を受けることが出来ます。

上記の表の通り、どちらも『おうち割 光セット』を適用できることは変わらないものの、戸建ての場合は圧倒的にソフトバンク光よりもNURO光に乗り換えたほうがお得です。

これだけを見ると、NURO光に切り替えたほうが良さそうに見えるかもしれませんが、ドコモ光からNURO光に切り替える場合、ソフトバンク光に乗換える場合と比べると、下記のマイナスポイントが存在します。

NURO光に乗換える場合のマイナスポイント
  • NURO光への乗換えは工事が必要
    ~ドコモ光からソフトバンク光への乗換えなら工事は不要です。
  • NURO光への乗換えの場合、光電話の番号が変わる場合がある
    ~ドコモ光からソフトバンク光への乗換えなら電話番号は変わりません。
  • NURO光への乗換えの場合、開通まで時間がかかる(平均で1ヵ月)
    ~ドコモ光からソフトバンク光への乗換えの場合は、最短1週間程度で開通可能です。

それに加えて、NURO光は全国提供ではなく、下記の都道府県限定で提供しているサービスです。

NURO光の提供エリア
NURO光の提供エリア都道府県
北海道
関東(1都6県)東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
東海(4県)愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
関西(2府3県)大阪府・兵庫県・京都府・滋賀県・奈良県
中国(県)広島県・岡山県
九州(2県)福岡県・佐賀県

上記の都道府県にお住まいでない方は、NURO光を利用することは出来ません。

ただ、上記の都道府県にお住まいで、なおかつ戸建てにお住まいという方は、長期的な観点から考えてソフトバンク光よりもNURO光にしておくことを個人的にはお勧めします。

その理由は、NURO光のインターネット速度が他の光回線よりも群を抜いて速いからです。

ドコモ光からNURO光への乗換えは、ソフトバンク光に乗換える場合と比べて、「工事も必要だし面倒」という方も多くいらっしゃると思いますが、長い目で見た場合には、NURO光に乗り換えたほうが満足できる方が多いのではないかと思います。

また、NURO光への乗換えは、工事が必要と言っても、NURO光は下記の公式特設サイト限定でかなり大きいキャンペーンを行っているため、工事費用などは全く心配いりません。

NURO光の公式サイトで確認される方はこちら
NURO 光

ドコモ光からNURO光への乗換えにかかる費用や手続き方法などは、下記の記事に詳しく記載していますので、興味がある方は下記の記事をご確認ください。

ドコモ光からNURO光への乗換えが増えている理由と手続き時の注意点

2019年10月16日