eo光からソフトバンク光に乗換えるメリット・デメリット・手続き方法

サービスの料金や工事料金などは、全て税込みでの金額(実際に支払いが必要な金額)で記載しています。
当サイトの管理人
eo光からソフトバンク光に乗り換えるメリットやデメリット・注意点などを詳しく解説した記事です。

関西エリア限定で使える光回線のサービスとして、昔から高い人気を誇るeo光(イオ光)。

関西電力のグループ会社が提供しているサービスで、一昔前は、フレッツ光やauひかりとともに、関西エリアの光回線のシェアを独占してきたサービスです。

でも、今は、このeo光から他の光回線に乗換える方が非常に多くなってきています。

というのも、eo光は誰にとってもお得なサービスというわけではないからです。

eo光から別の光回線に乗り換えると、毎月の通信費の支払いが数千円以上安くなる場合が多くあります。

この記事では、その中でも特に多い『eo光からソフトバンク光』への乗換えについて、そのメリットやデメリット・注意すべき点等について、詳しく解説をしていきます。


▼必見!お勧めキャンペーン▼
【ソフトバンク光×代理店NEXT限定】
3万6千万キャッシュバック+(乗り換えなら)工事費2万4千円+他社違約金を全額還元!




ソフトバンク光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ソフトバンク光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ソフトバンク光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ソフトバンク光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

eo光からソフトバンク光へ乗換える方が今も多い理由

先ほど、eo光から他の光回線に乗換える方が多くなっているということを説明しましたが、これには理由があります。

2015年より前は、関西エリアで利用できる光回線と言えば、eo光・フレッツ光・auひかりの3つしか実質選択肢がありませんでした。

eo光とauひかりは、auの携帯電話料金が割引される『auスマートバリュー』に以前から対応していますが、フレッツ光は何の料金割引にも対応していません。

つまり、2015年より前は、ドコモユーザーやソフトバンクユーザーがお得になる光回線は一切なかったと。

ただ、今は、2015年にドコモ光やソフトバンク光の提供が始まり、加えて超高速の光回線であるNURO光も関西エリアでサービスを利用できるようになっています。

当サイトのアシスタント
ドコモ光はドコモの携帯電話料金が大幅に割引される『ドコモ光セット割』に対応し、ソフトバンク光とNURO光はソフトバンクの携帯電話料金が大幅に割引される『おうち割 光セット』に対応しています!

これに伴って、ドコモユーザーやソフトバンクユーザーであっても仕方なくeo光にしていたという方が、続々とドコモ光やソフトバンク光・NURO光に乗換えているというのが現状です。

eo光から、

  • ドコモユーザーはドコモ光
  • ソフトバンクユーザーはソフトバンク光かNURO光

に乗換えると、それぞれの携帯電話料金が平均で毎月数千円近く割引されるため、毎月の通信費が大幅に安くなります。

eo光からこれらの光回線へ乗換える方が絶えないのは、いまだに『eo光×ドコモ携帯』や『eo光×ソフトバンク携帯』というミスマッチで利用している方が多いというのが理由です。

当サイトのアシスタント
以前は、『光回線は光回線の料金』・『携帯電話は携帯電話の料金』と、それぞれ別々に考えるのが当たり前でした!

でも今は、ドコモやソフトバンクの携帯料金が割引される光回線が増えたことから、『光回線+携帯電話』でセットでお得になる光回線にするのが基本的な選び方です!

eo光からソフトバンク光に乗換えるとインターネット速度や月額料金はどう変わるか

ここでは、eo光からソフトバンク光に乗換えた場合、インターネット速度や月額料金はどう変わるのかという点について説明をしていています。

まず、インターネット速度についてですが、eo光からソフトバンク光に乗り換えても、インターネットの最大速度は1Gbpsのまま変わりません。

最大速度だけではなく、実際に出るインターネット速度(実測値)も、どちらの光回線も平均で150Mbps~200Mbpsとかなり高速なため、「乗換えでインターネットが遅くならないか」と心配をする必要はありません。

月額料金に関しては、eo光からソフトバンク光に乗換えると、インターネットの月額料金は少し高くなります。

eo光とソフトバンク光の月額料金を比較したのが下記の表です。

比較表

月額料金比較
ソフトバンク光
eo光
戸建て
5,720円
12ヵ月目まで:3,248円
13ヵ月目以降:5,448円
集合住宅
4,180円
24ヵ月目まで:3,326円~3,620円
25ヵ月目以降:3,876円~4,170円

※お住まいの建物で異なります
オプションサービスの料金●光電話=月額550円
●セキュリティソフト=有料
●無線ルーター=実質無料(光電話の料金だけで使える)
●光電話=314円
●セキュリティソフト=有料
●無線ルーター=105円
補足●どちらも1Gbpsのプランの料金を記載しています。
●eo光の光電話は基本料金は無料ですが、光電話アダプター利用料で月314円の支払いが必要です。

eo光は初めの12カ月のみ安く利用できるものの、13ヵ月目以降は料金が高くなります。

それでも他の光回線と比べると、かなり安い料金になっているため、eo光からソフトバンク光に乗換えると毎月数百円円程度は高くなります。
(光電話がeo光は314円・ソフトバンク光は550円のため、これも含めると、もう少し高くなる)

ただ、ソフトバンクの携帯を利用している方は、ソフトバンク光にすれば毎月かなり大きな携帯電話料金の割引を受けることが出来ます。

このソフトバンクの携帯電話料金の割引は、eo光にしたままでは絶対に受けられない割引です。

この分も含めると、インターネット料金が少し高くなったとしても、ソフトバンク光にしたほうがトータルの通信費はかなり安くなることがほとんどです。

【補足】ソフトバンク光やeo光の5Gbpsや10Gbpsプランは必要ない

eo光には、最大1Gbpsのプラン以外に、最大5Gbpsや最大10Gbpsのプランもあります。

eo光の最大5Gbpsのプランは1Gbpsのプランより月額料金が約550円高く、最大10Gbpsのプランは1Gbpsのプランより月額料金が約1,100円高い料金になっています。

ソフトバンク光も同様に、最大10Gbpsのプランがありますが、1Gbpsのプランと比べると割高な料金になります。

この点で『どの速度プランにすればいいのか』迷ってしまう方もいると思いますが、ごく一部の方を除いて、最大1Gbps以上の速度プランは全く必要ありません。

最大1Gbpsでも十分に高速ですし、最大1Gbpsのプランを利用して、インターネットで出来ないことはまずありません。

それに、普通にインターネットを使う分には、最大1Gbpsのプランも最大5Gbpsや10Gbpsのプランも速度の差を感じることはまずありません。

よほど重いデータ(数GB以上の映像データなど)を頻繁にダウンロードするという方の場合は、速度の差を感じることもあるかもしれませんが、それ以外のケースでは、どの速度プランを利用しても一瞬でダウンロードが終わるため、どれを使っても同じです。

ソフトバンク光やeo光の10Gbpsなどのプランは確かに高速ですが、やムダに高い料金プランを申し込まないよう、注意しましょう。

もう一度いいますが、最大1Gbpsを超えるプランは料金が高いだけで、ほとんどの方にとっては一番料金が安い最大1Gbpsのプランで何も困ることはありません。

eo光からソフトバンク光に乗換える3つのメリット

eo光からソフトバンク光への乗換えは、3つの料金的なメリットがあります。

それが下記の3つです。

3つのメリット

  • メリット① 『おうち割 光セット』でソフトバンクの携帯料金が安くなる
  • メリット② スマホもお得にソフトバンクに変更できる
  • メリット③ 乗換えキャンペーンやキャッシュバックなどでさらにお得になる

①と②はソフトバンクユーザーにとって非常に大きなメリットですが、③のキャンペーンはソフトバンクユーザーではなくても適用できる内容です。

ソフトバンク光は、他のどの光回線よりも最大級に大きなキャンペーンを行っているため、乗り換えで費用がかさむということはまずありません。

ここから、それぞれのメリットについて、1つずつ詳しく解説をしていきます。

メリット① 『おうち割 光セット』でソフトバンクの携帯料金が安くなる

eo光からソフトバンク光に乗換えると、『おうち割 光セット』というソフトバンクの携帯電話料金の割引を適用することが出来ます。

『おうち割 光セット』は、ソフトバンクの携帯を使っている方が、ソフトバンク光かNURO光を利用した場合にのみ適用される割引で、割引額が非常に大きいのが特徴です。

ソフトバンクユーザーの方が自宅の光回線をソフトバンク光にした場合、下記の割引を家族も含めて最大10台の携帯電話に適用することが出来ます。

『おうち割 光セット』の割引額

ソフトバンクおうち割 光セットの割引額(月)
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
データプランメリハリ/データプランミニフィット
データプラン50GB+/データプランミニ
永年1,100円割引
データ定額 50GBプラス/ミニモンスター永年1,100円割引
データ定額 50GB/20GB/5GB永年1,100円割引
データ定額(おてがるプラン専用)/データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
永年550円割引
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
永年1,100円割引
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
永年550円割引

割引額は利用している携帯電話のプランにより異なりますが、仮に毎月1,100円の割引が発生するプランで、家族で4台ソフトバンク携帯を利用していた場合、毎月の割引額は4,400円にもなります。

4,400円といったら、ソフトバンク光のマンションタイプの月額料金が4,180円ですから、実質インターネットを無料で使えてしまうほどの割引額です。

この『おうち割 光セット』の割引は、eo光にしたままでは一切適用することが出来ません。

「eo光を使っているけどソフトバンクの携帯を使っている」という方は、 ソフトバンク光に乗換えて、早めに『おうち割 光セット』の割引を適用することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
ちなみに、『おうち割 光セット』の割引は期間限定で適用されるものではありません!

ソフトバンク光を使っている間、永久に上記の割引が続きます!

メリット② スマホもお得にソフトバンクに変更できる

光回線をソフトバンク光に乗り換えるのと同時に、スマートフォンもソフトバンクに乗り換える場合、『おうち割 光セット スタートキャンペーン』を適用することが出来ます。

『おうち割 光セット スタートキャンペーン』は、簡単に言うと、他社携帯電話の違約金をソフトバンクが負担してくれるという内容のキャンペーンです。

このキャンペーンを適用すると、他社携帯電話の違約金分として、10,450円分の月額料金割引を受けることが出来ます。
( 携帯電話回線の通信料金から10ヵ月間、毎月1,045円の割引)

このキャンペーンは、携帯電話1回線につき1回適用することが出来るため、複数の携帯電話をソフトバンクに乗り換えたいという場合に特にお勧めです。

また、中には『家族のほとんどがソフトバンクだけど、一部だけ他社の携帯電話を使っている』という場合もあると思います。

その場合は、ソフトバンク光への乗換えを機に、家族の携帯電話をソフトバンクに統一してしまうほうが、毎月の通信費は一番お得になります。

当サイトのアシスタント
『おうち割 光セット スタートキャンペーン』 を適用するには、所定の書類の提出が必要になります!

詳しくは、下記のソフトバンク公式サイトをご確認ください!

ソフトバンク公式 『おうち割 光セット スタートキャンペーン』

メリット③ 乗換えキャンペーンやキャッシュバックなどでさらにお得になる

光回線を乗り換えるとなると、「乗り換えの費用が心配」という方も多くいらっしゃると思います。

ただ、eo光からソフトバンク光へ乗換える場合、費用の心配をする必要は一切ありません。

というのも、ソフトバンク光は乗換えの場合、かなり大きなキャンペーンを行っているからです。

ちなみに、eo光を解約すると下記の費用が発生してきます。

戸建てと集合住宅で必要になる費用が変わってくるため、それぞれ分けて説明をしていきます。

まずは、eo光を戸建てで利用している場合の解約に関する費用です。

eo光(戸建)の解約に関する費用

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(2年未満の解約で発生)違約金
  • (2018年4月1日までにお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:31,574円
    1年未満で即割なし:29,700円
    1年以上2年未満で即割あり:15,470円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

    (2018年4月2日以降にお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:13,200円
    1年未満で即割なし:13,200円
    1年以上2年未満で即割あり:6,600円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(3年契約プランを利用している方が必要)長割の違約金
  • ※長割はeo光を2年以上利用している方が入れるプランです。2年未満の方は加入していません。

    長割開始月から13ヶ月未満で解約:6,223円
    長割開始月から13ヶ月以上~25ヵ月未満で解約:4,149円
    長割開始月から25ヶ月以上~37ヵ月未満で解約:2,074円
    長割開始月から37ヵ月以上で解約:0円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(設備撤去する場合のみ必要)設備撤去費用:11,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から7カ月未満で解約の場合:17,600円
    ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:8,800円
    ~利用開始から13ヵ月以上で解約の場合:0円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの設備撤去費用
  • ~全撤去する場合は、18,700円
    ~残置撤去する場合は、13,200円

eo光の解約に必要になる費用は、違約金と設備撤去費用がそのほとんどを占めますが、eo光の違約金と設備撤去費用は、最大10万円までソフトバンクが負担してくれるため、実質支払いはありません。
(後ほどソフトバンクが全額キャッシュバックしてくれる)

次に、eo光を集合住宅で利用している場合の解約費用は下記の通りです。

eo光(集合住宅)の解約に関する費用

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(1年未満の解約で発生)違約金
  • ~利用してから13ヵ月目未満で解約=3,300円〜29,700円
    ~13ヵ月目以降の解約=0円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(設備撤去をする場合にみ必要)設備撤去費用:11,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:6,820円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの設備撤去費用=5,500円

こちらも戸建てと同様、eo光の違約金や設備撤去費用は全てソフトバンクが負担してくれるため、支払いは実質ありません。

厳密に言えば、一度eo光に違約金を支払う必要がありますが、支払った違約金や設備撤去費用は後ほどソフトバンクが全額キャッシュバックで返金してくれます。

それに加えて、ソフトバンク光をお得なネット代理店から申込むと、キャッシュバックも含め下記のキャンペーンを適用することが出来ます。

【ソフトバンク光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 他社回線からの乗換えの場合、工事費が実質無料!
  • 他社回線からの乗換えの場合、違約金を全額キャッシュバック!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 新規申込みで3万6千円キャッシュバック

このキャンペーンを適用すると、eo光からソフトバンク光への乗換えは、マイナスの出費が発生するどころか、逆にキャッシュバックでプラスの収支が発生します。

もう一度お伝えしますが、eo光からソフトバンク光への乗換えで、費用に関する心配は一切必要ありません。

当サイトのアシスタント
ちなみに、これだけ大きなキャンペーンを行っている光回線は、全ての光回線サービスの中でも、ソフトバンク光とauひかりぐらいです!

ソフトバンク光は、特に光回線を乗り換える時のキャンペーンが大きいことで昔から有名です!

eo光からソフトバンク光に乗換えるデメリット

eo光からソフトバンク光への乗換えには、デメリットも存在しています。

それが『auスマートバリュー』を適用できなくなるという点です。

ソフトバンク光はソフトバンクの携帯電話料金割引の『おうち割 光セット』に対応していますが、eo光はauの携帯電話料金の割引である『auスマートバリュー』に対応しています。

『auスマートバリュー』は、ソフトバンクの『おうち割 光セット』と同じく、割引額が非常に大きいのが特徴で、下記の割引が家族も含めて最大10台の携帯電話にそれぞれ適用されます。

『auスマートバリュー』の割引額

プラン月あたりの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台まで割引を適用可能。
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

~受付終了プラン~
新auピタットプラン
1GBまで
⇒割引対象外

1GB超~7GBまで
⇒永年550年割引
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE

~受付終了プラン~
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
永年1,100円割引
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで
⇒永年550円割引
~受付終了プラン~
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
⇒永年550円割引

2GB超~20GBまで
⇒永年1,100円割引
~受付終了プラン~
データ定額1
永年1,027円割引
~受付終了プラン~
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
永年1,027円割引
~受付終了プラン~
U18データ定額20
永年1,551円割引
~受付終了プラン~
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額10/13/30
2年間2,200円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
2年間1,027円割引
3年目以降500円割引
~受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
永年1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
2年間2,200円割引
3年目以降1,027円割引
カケホ(3Gケータイ・データ付)永年1,027円割引
タブレットプラン20

~受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
永年1,100円割引
~受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引

仮に、毎月1,100円の割引が発生するプランで家族で4台auの携帯電話を利用していた場合、毎月の割引額は4,400円にもなります。

eo光からソフトバンク光に乗り換えると、この割引は一切適用できなくなります。

そのため、「家族全員がauの携帯電話を利用している」という方や、「家族のほとんどがauの携帯電話を利用している」という方は、ソフトバンク光に乗換えずに、そのままeo光を継続しておくほうが無難です。

当サイトのアシスタント
単純に、eo光はauユーザー向けの光回線、ソフトバンク光はソフトバンクユーザー向けの光回線ということですね!

【まとめ】eo光からソフトバンク光に乗換えがお勧めの方とは

ここまで、eo光からソフトバンク光に乗り換えるメリットやデメリットについて詳しく説明をしてきました。

それらをまとめると、eo光からソフトバンク光への乗換えを本当にお勧め出来るのは、下記に該当する方です。

お勧めの方とは

  • 家族全員または家族のほとんどがソフトバンクの携帯を利用している方
  • eo光の高額の違約金を負担せずに、光回線を乗り換えたい方

家族でメインでソフトバンクの携帯を利用している方に関しては、ソフトバンク光に乗り換えれば、『おうち割 光セット』で毎月の携帯電話料金がかなりお得になります。

インターネット自体の料金は、eo光からソフトバンク光に乗り換えると、毎月数百円たかくなりますが、『おうち割 光セット』で毎月数千円は携帯電話料金が安くなるため、トータルで見ればかなり通信費が安くなります。

また、eo光の違約金を負担せずに他の光回線に乗り換えたいという方にも、ソフトバンク光はお勧めです。

ソフトバンク光は他社から乗り換えた際のキャンペーンが最大級に大きいため、出費が出るところか、キャッシュバックでむしろお得に乗換えることが出来ます。

逆に、eo光からソフトバンク光への乗換えがお勧め出来ないのは、下記に該当する方です。

お勧めできない方とは

家族全員または家族のほとんどがauの携帯を利用している方

ソフトバンク光は、あくまでもソフトバンクの携帯を利用している方がお得になる光回線です。

それに対して、eo光はauの携帯を利用している方がお得になる光回線です。

家族全員または家族のほとんどがauの携帯を利用している方がソフトバンク光に乗換えてしまうと、eo光の最大のメリットである『auスマートバリュー』を適用することが出来なくなってしまいます。

家族でメインでauの携帯を利用しているという方は、乗換えずにそのままeo光のままにしておくほうがいいでしょう。

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモの携帯電話を利用している方も、eo光からソフトバンク光に乗換えるのはお勧め出来ません!

ドコモの携帯電話を利用している方は、ドコモ光にすれば毎月かなりの金額の携帯電話料金の割引を受けることが出来ます!

『auスマートバリュー』やソフトバンクの『おうち割 光セット』を適用できる光回線は複数のサービスがありますが、ドコモの携帯が安くなる光回線はドコモ光だけです!


ソフトバンク光のキャッシュバックはネット代理店がお得!



eo光からソフトバンク光への乗換え前に確認しておくべき4つのポイント

eo光からソフトバンク光への乗換えでは、事前に確認しておくべき注意点・ポイントが4つほどあります。

それが下記の4つです。

4つのポイント

  • ポイント① eo光からソフトバンク光への乗換えは工事が必要
  • ポイント② 光電話の番号は変わる場合がある
  • ポイント③ 『おうち割 光セット』を適用するには3つセットのオプションに加入が必要
  • ポイント④ プロバイダーは変わる

それぞれデメリットとまではいかないものの、これらのポイントを把握していないと、いざ乗り換えの申し込みをした時に戸惑ってしまう場合があります。

ここからそれぞれのポイントについて詳しく説明していきますので、乗り換えを検討している方は、ぜひご一読ください。

ポイント① eo光からソフトバンク光への乗換えは工事が必要

eo光からソフトバンク光への乗換えでは、原則・立ち会いのもとで行われる派遣工事が必要になります。

今は、

  • 『フレッツ光⇒光コラボレーションサービス(ドコモ光やソフトバンク光など)』
  • 『光コラボレーションサービス同士の乗り換え』

など、工事不要で乗り換えられる光回線も多くありますが、これらのサービスが工事なしで乗り換えられるのは、全く同じNTTの設備を利用しているからです。

eo光とソフトバンク光とでは、そもそも利用している光回線の設備が異なります。

eo光は、関西電力が設置している光回線の設備を利用して提供されているサービスです。

それに対して、ソフトバンク光はNTT西日本の光回線の設備を利用して提供されているサービスです。

設備が異なる光回線に乗換える場合、無派遣工事で開通させることは基本的に出来ません。

ソフトバンク光の開通までの平均的な日数は、派遣工事の場合、申し込みをしてから2週間~3週間程度かかります。

ソフトバンク光を申し込んでから、開通まで若干の期間が必要ということは覚えておきましょう。

ポイント② 光電話の番号は変わる場合がある

eo光からソフトバンク光への乗換えで、光電話の番号は変わる場合と継続できる場合とがあります。

光電話で利用できる電話番号は下記の2つがありますが、どちらの番号を利用しているかで、番号が変わるかどうかが変わってきます。

2つの番号

  • eo光電話で新しく取得した番号を使っている場合
    ⇒この場合、光回線の乗換えで番号は必ず変更になる
  • もともとアナログ電話で使っていた番号を、eo光電話でも継続して利用している場合
    ⇒光回線を乗換えても一定の手続きを取ることで継続可能

eo光電話で新しく取得した番号を使ってる場合、その番号は“光電話専用番号”といって、eo光電話でしか使えない番号になっています。

この番号を使っている場合は、eo光からソフトバンク光への乗り換えで、光電話の番号は必ず変更になります。

eo光で今の電話番号を廃止して、ソフトバンク光の光電話で新しい番号を取得するという流れになります。

次に、もともとアナログ電話で使っていた番号をeo光電話でも継続して利用している場合に関しては、下記の手続きを取ることで、番号を変えずに乗り換えることが出来ます。

手続き方法

  1. まず先にNTT西日本に連絡をし、eo光電話からアナログ電話へ番号ポータビリティ(アナログ復活)
  2. ~この手続きは電話加入権がなくても出来ます。電話加入権を購入する必要もありません。

  3. アナログ電話の番号ポータビリティが完了したら、アナログ電話からソフトバンク光電話へ番号ポータビリティ

この業界では、一般的に“アナログ戻し”と呼ばれる手続き方法です。

なぜこういった手続きが必要なのかということを簡単に説明すると、そもそも光電話の番号は、サービスが異なる光電話同士では直接番号ポータビリティが出来ない仕組みになっています。

要するに、eo光電話⇒ソフトバンク光電話へ直接番号を移す方法はないと。

これは、eo光電話⇒ソフトバンク光電話だけではなく、フレッツ光電話⇒auひかりの光電話など、他の光回線でも同じです。

ただし、光電話同士では直接番号ポータビリティが出来なくても、『光電話からアナログ電話』+『アナログ電話から光電話』への番号ポータビリティは出来るようになっています。

この仕組みを活かして、

  1. eo光電話からアナログ電話
  2. アナログ電話からソフトバンク光電話

と、間にアナログ電話をはさんで、二段階で番号ポータビリティを行えば、番号を変えずにソフトバンク光に乗換えることが出来ます。

手続きは少し面倒に感じるかもしれませんが、現段階でeo光からソフトバンク光に番号変えずに乗り換えるには、この手続きを取る以外に方法はありません。

今は「固定電話はほとんど使っていない」という方が非常に多くなっているため、手続きが面倒という方は、上記の“アナログ戻し”の手続きは行わずに、素直に光電話の番号を変えてしまうというのも1つの手です。

ちなみに、“アナログ戻し”を行う場合は、通常の乗換え費用以外に、“アナログ戻し”の費用として、別途数千円~1万円前後の費用が必要になります。

当サイトのアシスタント
光電話の番号が変わる場合、eo光電話を解約した後も一定期間は、

「おかけになった電話番号はお客様の都合によりお繋ぎできません。新しい番号は●●番です。」

というガイダンスを流すことが出来ます!

このガイダンスを流せば、古い番号にかけてきた方に新しい番号を伝えることができるため、そこまで番号が変わることを心配する必要はありません!

【補足】eo光は光電話だけ継続することも出来るが割高になる

eo光からソフトバンク光への乗換えを検討している方の中には、「どうしても光電話の番号を変えたくない」という方もいらっしゃると思います。

その場合、eo光はインターネットを解約しても光電話だけを継続することが出来るようになっています。
(この場合、光電話の番号はもちろん変わりません)

ただ、eo光で光電話の契約だけを残すのは、料金的にお勧め出来ません。

というのも、今eo光で光電話を利用している方は、基本料金が無料になっているため、eo光電話アダプター利用料の月額314円だけで光電話を利用できていると思います。

インターネットを解約して光電話だけを利用する場合、eo光電話アダプター利用料の月額314円の他に、基本料金約1,000円が発生してきます。

基本料金約1,000円+機器利用料314円で、合計で毎月約1,300円の月額料金がかかってきます。

ソフトバンク光の光電話に切り替えれば、月額550円で利用できます。

毎月約1,300円と、これだけの料金を光電話のみに支払うのであれば、番号が変わってしまっても、ソフトバンク光の光電話に切り替えてしまったほうが、長期的に見ればかなりお得です。

ポイント③ 『おうち割 光セット』を適用するには3つセットのオプションに加入が必要

ソフトバンク光で『おうち割 光セット』を適用するには、1点だけ条件があります。

それが、下記の3つセットで月額550円の下記のオプションサービスへの加入です。
(必ず3つセットで入ることが『おうち割 光セット』の適用条件)

3つセットのサービス

  • 電話サービス=光電話(N)orホワイト光電話orBBフォンのいずれか
  • ※本来は光電話(N)が月額550円・ホワイト光電話が月額513円・BBフォンは月額無料

  • Wi-Fiマルチパック(自宅で使う無線)
  • ※本来は月額1,089円のサービス

  • 光BBユニット (自宅で使うルーター)
  • ※本来は月額513円のサービス

電話サービスに関しては、『光電話(N)』か『ホワイト光電話』・『BBフォン』のどれかから使うサービスを選択することが出来ます。
(どれを選んでも、電話・無線・ルーターと全て合わせて月額550円のため、料金は変わりません)

本来はそれぞれに月額料金がかかるサービスですが、『おうち割 光セット』を適用する方に限り、電話・Wi-Fi・ルーターの3つ合わせて月額550円で利用することが出来ます。

もともとは光電話だけで月額550円は必要になるサービスのため、光電話に加えて自宅のWi-Fiとルーターも同じ料金で使えるのはかなりお得な感じですね。

ただ、この『おうち割 光セット』の適用条件である3つセットのオプションサービスへの加入には、注意しなければならない点があります。

それは、3つセットのサービスのうち、途中で1つでも解約してしまうと『おうち割 光セット』が適用されなくなってしまうという点です。

例えば、「無線ルーターを自分で購入したからWi-Fiマルチパックは不要」と言っても、Wi-Fiマルチパックを解約してはいけません。

Wi-Fiマルチパックを解約すると、『おうち割 光セット』が適用されなくなってしまいます。

『おうち割 光セット』を適用する場合は、必ずこの3つセットで月額550円のオプションサービスは契約したままにしておきましょう。

当サイトのアシスタント
ちなみに、Wi-Fiマルチパックを契約していても、ご自身の無線ルーターを使うことは出来ます!

その場合は、Wi-Fiマルチパックは契約だけ残しておいて、自宅では使わなければいいだけです!

ポイント④ プロバイダーは変わる

eo光からソフトバンク光への乗換えで、プロバイダーは必ず変更になります。

eo光はプロバイダーも一体型で提供しているため、プロバイダーもeo光です。

それに対して、ソフトバン光のプロバイダーは『Yahoo! BB』です。

eo光からソフトバンク光に乗換えた後は、メインのプロバイダーとして『Yahoo! BB』を利用することになります。

プロバイダーが変わると、当然メールアドレスも変更になります。

プロバイダーによっては『メールアドレスだけ使えるプラン』を用意しているプロバイダーもありますが、eo光にそういったプランはありません。

今、eo光のメールアドレスでいろいろなサービスに登録している場合は、それらのサービスでメールアドレスの変更手続きが必要です。

eo光からソフトバンク光への乗換えで、メールアドレスも変更になるということは覚えておくようにしましょう。

当サイトのアシスタント
今は、光回線を定期的に乗り換える方が増えてきています!

ただ、プロバイダーのメールアドレスを使ってしまうと、光回線の乗換えでプロバイダーが変わるたびにメールアドレスを変更する必要が出てきます!

それが面倒という方は、プロバイダーのメールアドレスは使わずに、GmailやLiveMailなどのフリーメールアドレスを使うことをお勧めします!

当サイトの管理人
フリーメールアドレスであれば、インターネットにつながる環境ならどんな環境でも利用できるため、プロバイダーが変わってもメールアドレスが変わるということはありません。

昔は「フリーメールアドレスだと使えないサービスがある」なんて言われていた時代もありましたが、今フリーメールアドレスで使えないサービスなんてまずありません。

「メールアドレスをずっと変更したくない」という方は、乗換えを機にフリーメールアドレスに変更してしまうというのも1つの手です。

eo光からソフトバンク光への乗換えでかかる全費用

先述のところでも記載しましたが、ここでは、eo光からソフトバンク光への乗換えでかかる費用について、より詳しく説明をしていきます。

eo光からソフトバンク光への乗換えでは、主に下記の2つの費用が発生してきます。

  • eo光の解約に関する費用
  • ソフトバンク光の開通に関する費用

このどちらもかかると聞くと、費用が心配になる方もいらっしゃると思いますが、ソフトバンク光はキャンペーンが大きいため、費用面を心配する必要は一切ありません。

まずは、eo光の解約に関する費用は下記の通りです。
(eo光の解約費用は、戸建てで利用している場合と集合住宅で利用している場合とで異なるため、それぞれ分けて記載をしています)

eo光(戸建)の解約に関する費用

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(2年未満の解約で発生)違約金
  • (2018年4月1日までにお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:31,574円
    1年未満で即割なし:29,700円
    1年以上2年未満で即割あり:15,470円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

    (2018年4月2日以降にお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:13,200円
    1年未満で即割なし:13,200円
    1年以上2年未満で即割あり:6,600円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(3年契約プランを利用している方が必要)長割の違約金
  • ※長割はeo光を2年以上利用している方が入れるプランです。2年未満の方は加入していません。

    長割開始月から13ヶ月未満で解約:6,223円
    長割開始月から13ヶ月以上~25ヵ月未満で解約:4,149円
    長割開始月から25ヶ月以上~37ヵ月未満で解約:2,074円
    長割開始月から37ヵ月以上で解約:0円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(設備撤去する場合のみ必要)設備撤去費用:11,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から7カ月未満で解約の場合:17,600円
    ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:8,800円
    ~利用開始から13ヵ月以上で解約の場合:0円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの設備撤去費用
  • ~全撤去する場合は、18,700円
    ~残置撤去する場合は、13,200円

上記の通り、eo光は解約するといろいろな違約金が発生してきますが、これらの違約金や設備撤去費用に関しては、ソフトバンクが全額負担(後ほど全額をキャッシュバックで返金)してくれるため、実質費用の支払いは必要ありません。

一度ご自身で支払いは必要になりますが、後ほどソフトバンクに返金の申請をすれば、最大10万円までキャッシュバックで戻ってきます。

次に、eo光を集合住宅で利用している方が解約した場合の費用は下記の通りです。

eo光(集合住宅)の解約に関する費用

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(1年未満の解約で発生)違約金
  • ~利用してから13ヵ月目未満で解約=3,300円〜29,700円
    ~13ヵ月目以降の解約=0円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(設備撤去をする場合にみ必要)設備撤去費用:11,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:6,820円

  • 【ソフトバンクが全額負担で実質無料】(eo光テレビ利用者のみ)eo光テレビの設備撤去費用=5,500円

こちらも戸建てと同様、違約金や設備撤去費用に関してはソフトバンクが後ほど全額キャッシュバックしてくれるため、実質的な支払いは不要です。

ソフトバンク光は、他社光回線から乗り換えた場合のキャンペーンがかなり手厚いため、損をすることはありません。

最後に、ソフトバンク光を開通させるために必要な費用は下記の通りです。

ソフトバンク光の開通に関する費用

  • 契約事務手数料=3,300円
  • 【実質無料】工事費
  • ~無派遣工事の場合は2,200円、派遣工事の場合は26,400円の工事費が発生しますが、開通から5カ月後にソフトバンクから全額キャッシュバックされるため、実質・工事費の負担はありません。

ソフトバンク光への乗換えの場合、工事費はキャンペーンで実質無料になるため、かかりません。
(一度支払いは必要ですが、後ほど全額キャッシュバックで返金されます)

ソフトバンク光を開通させるのに必要な費用は、契約事務手数料の3,300円のみです。

そこに加えて、ソフトバンク光を“ネット代理店”から申込むと、下記のキャッシュバックを適用することが出来ます。

【ソフトバンク光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 他社回線からの乗換えの場合、工事費が実質無料!
  • 他社回線からの乗換えの場合、違約金を全額キャッシュバック!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 新規申込みで3万6千円キャッシュバック

全てのキャンペーンの内容を要約すると、ソフトバンク光をネット代理店から申し込んだ場合、

  • 【ソフトバンク光公式キャンペーン】ソフトバンクがeo光の違約金や設備撤去費用を全額負担してくれる
  • 【ソフトバンク光公式キャンペーン】ソフトバンク光の工事費が無料になる
  • 【代理店独自キャンペーン】ネット代理店からキャッシュバックをもらえる(すぐにキャッシュバックをもらえる)

と、上記のキャンペーンを全て適用することが出来ます。

このキャンペーンを適用すれば、マイナスの費用が発生するどころか、逆にプラスの収支になります。

ソフトバンク光を申し込んだ時のキャッシュバックは、家電量販店やソフトバンクショップよりも、ネット代理店が一番大きなキャッシュバックを行っているため、申込みをするならネット代理店から申込むのがお勧めです。

eo光からソフトバンク光へスムーズに乗り換える手続き方法

eo光からソフトバンク光に乗換える手続き方法は、光電話の番号を継続する場合と継続しない場合とで異なります。

光電話の番号を継続しない場合の手続き方法はかなりシンプルですが、光電話の番号を継続する場合の手続き方法は少し複雑になります。

まずは、光電話の番号を継続しない場合の手続きです。

光電話の番号を継続しない場合の手続き方法

  1. まずは先にソフトバンク光を申し込んで開通工事日を決める
  2. ~ソフトバンク光のお得なキャッシュバックはこちら⇒SoftBank光キャンペーン

  3. 次に、ソフトバンク光の開通工事日に合わせて、eo光の解約を申込む
  4. ~eo光を解約する際の連絡先は下記の公式サイトでご確認ください。
    eo光公式 解約の手順について

光電話の番号を継続しない場合の手続き方法はこれだけです。

特に注意すべき点もありませんが、eo光からソフトバンク光への乗り換えは派遣工事が必要になります。

申し込みから開通まで平均で2・3週間程度はかかるため、事前にソフトバンク光の開通工事日を決めた後に、eo光の解約工事日を決めるほうが無難です。

仮に、ソフトバンク光の開通工事日の前にeo光の解約工事が終わってしまうと、インターネットも光電話も一切使えない期間が出てしまうため、この点だけは注意するようにして下さい。

次に、光電話の番号を継続する場合の手続き方法です。

光電話の番号を継続する場合の手続き方法

  1. まず先に、NTT西日本に連絡をしてeo光電話からアナログ電話へ番号ポータビリティ
  2. ~この手続きは、電話加入権がなくても出来ます。電話加入権を購入する必要もありません。

  3. アナログ電話への番号ポータビリティが完了するのを待つ
  4. 次にソフトバンク光を申し込んで開通工事日を決める(この時に同時にアナログ電話からソフトバンク光電話へ番号ポータビリティ)
  5. ~ソフトバンク光のお得なキャッシュバックはこちら⇒SoftBank光キャンペーン

  6. 最後に、ソフトバンク光の開通工事日に合わせて、eo光の解約を申込む
  7. ~eo光を解約する際の連絡先は下記の公式サイトでご確認ください。
    eo光公式 解約の手順について

光電話の番号を継続する場合、

  • 『ソフトバンク光の新規申込み』
  • 『eo光の解約申込み』

と同時に、

  • 『eo光電話⇒アナログ電話』
  • 『アナログ電話⇒ソフトバンク光電話』

この2つの番号ポータビリティを同時に進めていく必要があります。

少し複雑に思えるかもしれませんが、上記に記載した手続き通り進めていけば、何も問題はありません。

ただ、手続きの順番を間違えてしまうと、光電話の番号が廃止されてしまい、その番号を二度と利用することができなくなってしまうため、手続きの順番だけは間違えないようご注意下さい。

当サイトのアシスタント
ちなみに、光電話の番号を継続する場合の手続き方法が不安だという方は、まず先にソフトバンク光を申込んで、担当者に確認をしながら番号ポータビリティの手続きを進めていくことも出来ます!

ただ、『eo光からアナログ電話への番号ポータビリティが完了する前に、eo光を解約』することだけは絶対にやらないようにして下さい!

これをやってしまうと100%番号を継続することが出来なくなります!

補足:『おうち割 光セット』を適用する場合はその手続きも必要

eo光からソフトバンク光に申込んで、『おうち割 光セット』を適用する場合は、『おうち割 光セット』の手続きも個別に必要です。

『おうち割 光セット』の手続きは、ソフトバンク光を申込んでから行うことが出来ますが、誰が申込みをするかで申込先が異なります。

『おうち割 光セット』の申込み先

  • 【光回線と携帯の契約者名義が同じで本人が申し込む場合】My SoftBank
  • 【光回線と携帯の契約者名義が違う方が申し込む場合】ソフトバンクショップ

光回線の契約者とソフトバンク携帯の契約者が同じ場合は、My SoftBank

でインターネットだけで完結可能です。

ただし、契約者名義が違う場合には、ソフトバンクショップへの来店が必要で、その場合は専用の同意書の提出が必要になります。

同意書のダウンロードや、より詳しい手続き方法に関しては、下記のソフトバンク公式サイトをご確認ください。

【補足】ソフトバンクユーザーでもNURO光のほうがお得な場合がある

この記事では、ここまでeo光からソフトバンク光への乗り換えについて詳しく説明をしてきました。

ただ、ソフトバンクの『おうち割 光セット』を適用する場合、戸建住宅にお住まいの方はソフトバンク光よりもお勧めの光回線があります。

それが“NURO光(ニューロ光)”です。

NURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズというソニーグループの会社が提供しているサービスで、他の光回線よりもインターネットが高速で月額料金が安いのが特徴のサービスです。

ソフトバンクの『おうち割 光セット』は、ソフトバンク光だけではなく、このNURO光でも適用することが出来ます。

下記に、ソフトバンク光とNURO光を比較した表を記載していますので、ご確認ください。

ソフトバンク光とNURO光の比較表

 ソフトバンク光NURO光
速度最大1Gbps最大2Gbps
月額料金【戸建て】5,720円
【集合住宅】4,180円
【戸建ても集合住宅も同じ】
5,217円
光電話550円北海道・関東=550円
それ以外のエリア=330円
無料で使える機能なし・無線(高速WiFi)
・セキュリティソフト(5台版)

上記を見て頂ければお分かりの通り、戸建ての場合は、

  • NURO光のほうがインターネットが高速(最大2Gbps)
  • NURO光のほうがインターネット・光電話ともに月額料金が安い
    (インターネットが約500円安く、光電話も220円月額料金が安い)
  • NURO光でだけ、セキュリティソフト(5台版)と無線ルーターを無料で使える

と、あらゆる点でソフトバンク光を圧倒しています。

今、関西エリアでは、ソフトバンク光からNURO光に乗り換える方が相次いでいる状況です。

それはそうですよね。どこからどう見ても、戸建てで『おうち割 光セット』を適用するなら、ソフトバンク光よりもNURO光のほうがお得です。

ただ、ソフトバンク光への乗換えとは違って、NURO光はeo光の違約金や設備撤去費用を負担してくれる制度はありません。

NURO光で行っているのは、工事費無料キャンペーンと新規申し込み時のキャッシュバックだけです。

ここも含めてどう判断するのかは、人それぞれ『どれぐらいeo光で解約費用が発生してくるのか』で変わってくると思います。

NURO光への乗換えを検討される場合は、まずはeo光に解約したらいくら費用がかかるのかを確認してから、

  • 解約費用があまりかからないようであれば、NURO光
    ⇒工事費実質無料キャンペーン+キャッシュバック(3万5千円~4万5千円前後)
  • 解約費用がかなりかかるようであれば、解約金を負担してくれるソフトバンク光
    ⇒工事費実質無料キャンペーン+キャッシュバック(3万5千円~4万5千円前後)+他社解約金の全額キャッシュバック(最大10万円まで)


上記の考え方で決めるのが一番お得かなと思います。


NURO光公式サイトで高額キャッシュバック実施中!



人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!