BBIQからドコモ光に乗換えるメリット・デメリット・手続き方法

サービスの料金や工事料金などは、全て税込みでの金額(実際に支払いが必要な金額)で記載しています。
当サイトの管理人
BBIQからドコモ光に乗り換えるメリットやデメリット、乗り換え時の注意点などについて、詳しく解説をした記事です。

九州エリアで昔からかなり高い人気を誇る光回線のBBIQ(ビビック)。

BBIQは九州電力のグループ会社であるQTnetという会社が提供しているサービスで、九州エリア限定で利用できる光回線です。

昔は、フレッツ光やauひかりと共に、九州エリアで高いシェアを誇ってきたサービスですが、今はこのBBIQから他の光回線に乗り換える方が非常に多くなってきています。

BBIQは非常に評判も良いサービスですが、誰にとってもお得な光回線というわけではありません。

BBIQから他の光回線に乗り換えれば、毎月の通信費が数千円近く安くなる場合が多くあります。

この記事では、BBIQから乗り換える方が特に多いドコモ光への乗り換えについて、そのメリットやデメリット、乗り換える手続き方法などについて、詳しく解説をしていきます。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【ドコモ光×人気の公式プロバイダー・GMOとくとくBB限定キャンペーン】
最大約5万7千円お得になるキャンペーン実施中!





ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

BBIQからドコモ光への乗換えが増えている理由

BBIQからドコモ光への乗り換えが増えているのには理由があります。

最近光回線を使いはじめたばかりという方はご存知ないかもしれませんが、九州エリアでは2015年まで、下記の光回線しか選択することが出来ませんでした。

  • BBIQ=auの携帯電話料金の割引であるauスマートバリューに対応
  • auひかり=auの携帯電話料金の割引であるauスマートバリューに対応
  • フレッツ光=何のセット割引にも対応していない

上記の通り、auの携帯電話料金が割引される光回線は昔からありましたが、ドコモやソフトバンクの携帯電話料金が割引される光回線は一切ありませんでした。

そこに対して、2015年以降、全国的に人気のある下記の3つの光回線が九州エリアでも利用できるようになりました。

2015年以降に利用できるようになった3つの光回線

  • ドコモ光=ドコモの携帯電話料金の割引である『ドコモ光セット割』に対応
  • ソフトバンク光=ソフトバンクの携帯電話料金の割引である『おうち割 光セット』に対応
  • NURO光=ソフトバンクの携帯電話料金の割引である『おうち割 光セット』に対応

2015年までは、ドコモやソフトバンクの携帯料金が割引される光回線がなかったことから、消去法でBBIQを契約したという方が非常に多くいらっしゃいました。

今は、これらの方がBBIQから続々と光回線を乗り換えているという状況にあります。

特に、ドコモ光に関しては、ドコモの携帯を利用している方がドコモ光に乗り換えると、毎月平均で数千円もの携帯電話料金の割引が発生します。

『光回線+携帯電話』のトータルの通信費で考えると、ドコモユーザーは早めにBBIQからドコモ光に乗換えることをお勧めします。

BBIQからドコモ光への乗換えでインターネットの最大速度や月額料金はどう変わるか

BBIQからドコモ光への乗換えで、インターネットの最大速度はどう変わるかという点ですが、どちらの光回線も基本的な速度プランは最大1Gbpsです。

乗換えてもインターネットの速度が大きく変わることはありません。
(ただ、ドコモ光はどのプロバイダーを利用するかでインターネット速度が大きく変わってくるため、プロバイダー選びが重要)

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモ光でどのプロバイダーがインターネットが高速なのか・どのプロバイダーがお勧めなのかという点については、後ほど詳しく説明します!

BBIQからドコモ光に乗換えた場合、毎月のインターネット料金は若干変わってきます。

BBIQとドコモ光の月額料金を比較したのが下記の表です。

比較表

月額料金比較
ドコモ光
BBIQ
戸建て
5,720円
2ヵ月目~12ヵ月目:4,400円
13ヵ月以降:5,500円
集合住宅
4,400円
【4階建て以上)
2ヵ月目~12ヵ月目:3,410~5,280円
13ヵ月以降:4,510円~6,380円

【3階建て以下)
2ヵ月目~12ヵ月目: 5,280円
13ヵ月以降: 6,380円
オプションサービスの料金●光電話=月額550円
●無線ルーター=無料
●光電話=月額550円
●無線ルーター=光電話利用で無料
●セキュリティソフト=5台版が無料
備考〇BBIQで、集合住宅の4階建て以上の建物にお住まいの場合、建物の規模や人数により料金は異なります。
〇BBIQの料金は、電気セット割引である『九電まとめて割』は含めていません。加入すると月100円~300円安くなります。

BBIQは初めの12ヵ月だけ安い料金で使えますが、それ以降はそこまで料金が安いわけではありません。

BBIQを13カ月以上利用している方で、戸建てにお住まいの場合、BBIQが月額5,500円で無線ルーター+セキュリティソフトが無料なのに対して、ドコモ光は月額5,720円で無線ルーターのみ無料と、若干料金が高くなる感じです。

月額料金が約200円高くなる+セキュリティソフトが有料になる点も含めれば、毎月約700円、料金が高くなる感じですね。

ただ、ドコモの携帯を利用している方は、ドコモ光にすればそれ以上の割引が毎月発生するため、インターネット料金が高くなっても逆にお得になることのほうが圧倒的に多いです。

集合住宅にお住まいの方の場合は、お住まいの建物によりBBIQの料金が異なりますが、ほとんどのケースでドコモ光に乗換えたほうが『インターネット+光電話』の料金が安くなります。
(13カ月以上BBIQを利用している場合)

その上で、ドコモの携帯電話料金の割引などが発生するため、今よりもグンとお得になる感じです。

インターネットの月額料金は上記のように異なりますが、ドコモユーザーがドコモ光に乗換えた場合の独自のメリットのほうがこの差額よりもはるかに大きいため、それらのメリットについて、ここから解説をしていきたいと思います。

BBIQからドコモ光へ乗換える3つのメリット

BBIQからドコモ光への乗り換えには、主に3つの料金的なメリットがあります。

それが下記の3つです。

3つのメリット

  • メリット① ドコモの携帯電話料金が大きく割引される
  • メリット② dカードGOLDで毎月10%通信費が還元される
  • メリット③ ドコモ光の2年の契約更新ごとにdポイントをもらえる

どれも、BBIQを利用したままでは受けられないメリット・特典です。

ドコモユーザーがBBIQからドコモ光に乗り換えた場合、これらのメリットを全て合わせると、毎月かなりの金額がお得になります。

ここから、それぞれのメリットについて1つずつ詳しく解説をしていきます。

メリット① ドコモの携帯電話料金が大きく割引される

ドコモの携帯を利用している方が、自宅の光回線をドコモ光にした場合、『ドコモ光セット割』という携帯電話料金の割引(セット割引)を受けることができます。

『ドコモ光セット割』は毎月の割引額が非常に大きいのが特徴で、下記の割引を、家族も含めて最大20台の携帯電話にそれぞれ適用することができます。
(離れたところに住んでいる家族も対象です)

『ドコモ光セット割』の割引額

ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,300円)
利用プラン月あたりの割引額
5Gギガホプレミアム1,100円
5Gギガホ1,100円
ギガホプレミア1,100円
ギガホ1,100円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,100円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,100円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
550円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-

仮に、毎月1,100円の割引が発生するプランで家族で4台ドコモの携帯電話を利用していた場合、毎月の割引額は4,400円ににもなります。

毎月4,400円の割引といったら、ドコモ光のマンションタイプ(集合住宅向けのプラン)の月額料金が4,400円ですから、実質インターネットを“タダ(無料)”で使えてしまうほどの割引です。

この『ドコモ光セット割』の割引は、BBIQを利用しているままでは、一切適用することができません。

ドコモの携帯電話を利用しているのに自宅の光回線をBBIQのままにしておくのは、この割引をドブに捨て続けているようなものです。

ドコモの携帯電話を利用している方は、出来るだけ早めにBBIQからドコモ光に乗換えることをお勧めします。

当サイトのアシスタント
昔は、「携帯電話は携帯電話」・「光回線は光回線」として、別々に料金を考えるのが当たり前でした!

でも、今は「光回線+携帯電話」でセットで考えて、一番お得になる光回線にするのが基本です!

ドコモの携帯電話料金がお得になる光回線は、ドコモ光だけです!

メリット② dカードGOLDで毎月10%通信費が還元される

BBIQからドコモ光へ乗り換えるメリットは、 『ドコモ光セット割』以外にもいくつかあります。

まず1つ目が、dカードGOLDによるdポイントの還元です。

dカードGOLDはドコモが発行しているクレジットカードですが、このカードを使って毎月の『ドコモ携帯+ドコモ光』の料金を支払った場合、トータルの金額の10%分を毎月dポイントとして受け取ることが出来ます。

例えば、毎月の通信費として、

  • 家族でドコモ携帯を4台利用⇒携帯料金がトータルで3万5千円
  • ドコモ光⇒5千円

の支払いがあった場合、一カ月でドコモに支払う金額はトータルで4万円です。

この通信費をdカードGOLDで支払った場合、そのうちの10%分として、毎月4,000ポイントのdポイントを受け取ることができます。

一カ月で4,000ポイントの還元なら、一年で48,000ポイントの還元です。

dカードGOLDは年会費が1万円かかるというデメリットはありますが、1年で1万ポイント以上の還元を受けられる場合は、契約しておくほうがお得です。

メリット③ ドコモ光の2年の契約更新ごとにdポイントをもらえる

ドコモ光には、2年ごとに自動更新される定期契約のプランと、契約期間がないプランとがあります。

2年の定期契約プランは、2年ごとの更新月(契約満了月+翌月+翌々月)以外に解約すると、戸建てで14,300円・集合住宅で8,800円の違約金が発生するプランです。

ただ、契約期間のないプランと比べると、2年契約のプランにしたほうが月額料金が約1,000円安くなるため、長期的に利用する場合は2年契約のプランで利用するのが一般的です。

ドコモ光を2年契約のプランで利用した場合、2年の契約更新ごとに、『ドコモ光更新ありがとうポイント』としてdポイントを3,000ポイント受け取ることができます。

この『ドコモ光更新ありがとうポイント』単体で見ればそこまで大きなキャンペーンではありませんが、『ドコモ光セット割』や『dカードによるdポイントの還元』などと組み合わせると、よりお得になる感じです。

当サイトのアシスタント
BBIQからドコモ光に乗換えた場合、毎月の通信費として、

  • 『ドコモ光セット割』で家族全員の携帯電話から1台あたり毎月平均1,100円の割引が入る
  • 『dカードGOLD』で通信費全体の10%分がdポイントとして毎月還元される
  • 『ドコモ光更新ありがとうポイント』で2年ごとにdポイント3,000ポイントが還元される

と、全てを合わせると、かなりの金額が還元されることになります!

ドコモの携帯を使っているかなり多くの方がドコモ光を契約しているのは、これらの割引がドコモ光を利用した場合にしか適用されないからです!


ドコモ光で人気のプロバイダー『GMOとくとくBB』で高額キャッシュバック実施中!



BBIQからドコモ光へ乗換えるデメリット

ドコモユーザーがBBIQからドコモ光に乗換えた場合、非常に多くのメリットがあるという説明をここまでしてきました。

ただ、BBIQからドコモ光への乗換えでは、デメリットも1つ存在しています。

それが『auスマートバリュー』を適用できなくなるという点です。

ドコモ光はドコモの携帯電話料金の割引に対応していますが、BBIQはauの携帯電話料金の割引に対応しています。

『auスマートバリュー』は、ドコモ光の携帯電話料金割引と同じく、割引額が非常に大きいのが特徴で、下記の割引が家族も含めて最大10台のau携帯にそれぞれ適用されます。

『auスマートバリュー』の割引額

プラン月あたりの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台まで割引を適用可能。
ピタットプラン 5G
ピタットプラン 4G LTE(新auピタットプランN)

~受付終了プラン~
新auピタットプラン
1GBまで
⇒割引対象外

1GB超~7GBまで
⇒永年550年割引
データMAX 5G ALL STARパック
データMAX 5G テレビパック
データMAX 5G Netflixパック(P)
データMAX 5G Netflixパック
データMAX 5G with Amazonプライム
データMAX 5G
データMAX 4G LTE テレビパック
データMAX 4G LTE Netflixパック
データMAX 4G LTE

~受付終了プラン~
auデータMAXプラン Netflixパック
auデータMAXプランPro
auフラットプラン25 NetflixパックN
auフラットプラン20N
auフラットプラン7プラスN
auデータMAXプラン
auフラットプラン30
auフラットプラン25 Netflixパック
auフラットプラン20
auフラットプラン7プラス
auフラットプラン5(学割専用)
永年1,100円割引
ピタットプラン 5G(s)
ピタットプラン 4G LTE(s)
2GB超~20GBまで
⇒永年550円割引
~受付終了プラン~
auピタットプランN(s)
auピタットプラン
auピタットプラン(s)
2GBまで
⇒永年550円割引

2GB超~20GBまで
⇒永年1,100円割引
~受付終了プラン~
データ定額1
永年1,027円割引
~受付終了プラン~
データ定額2/3
データ定額3cp
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラットcp
永年1,027円割引
~受付終了プラン~
U18データ定額20
永年1,551円割引
~受付終了プラン~
データ定額5/8/20
データ定額5cp
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額10/13/30
2年間2,200円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額1(ケータイ)
2年間1,027円割引
3年目以降500円割引
~受付終了プラン
データ定額2/3(ケータイ)
永年1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額5/8(ケータイ)
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引
~受付終了プラン
データ定額10/13(ケータイ)
2年間2,200円割引
3年目以降1,027円割引
カケホ(3Gケータイ・データ付)永年1,027円割引
タブレットプラン20

~受付終了プラン
LTEダブル定額 for Tab/Tab(i)(「ゼロスタート定額」)
永年1,100円割引
~受付終了プラン
LTEフラット for DATA(m)
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)
2年間1,551円割引
3年目以降1,027円割引

仮に毎月1,100円の割引が発生するプランで家族で3台・auの携帯電話を使っていた場合、毎月の割引は3,300円にもなります。

BBIQからドコモ光に乗換えると、この『auスマートバリュー』の割引は一切適用できなくなります。

そのため、「家族のほとんどがauの携帯を使っている」という方に関しては、ドコモ光に乗換えずにBBIQのままにしておくのが賢明です。

当サイトのアシスタント
家族でドコモの携帯とauの携帯を混合して使っている家庭も多くあると思います!

その場合は、 「どちらの携帯電話の台数が多いのか」という点で、ドコモ光に乗換えるのか・BBIQを継続するのかを選択するのがお勧めです!

当サイトの管理人
よくやってしまいがちなのが、「決定権者(例えばお父さん)がドコモの携帯を使っているからドコモ光にしてしまう」というケース。

仮に、決定権者(例えばお父さん)がドコモの携帯を利用していても、他の家族が全員auの携帯を利用しているなら、当然BBIQのままにしておいたほうがトータルの通信費はお得になります。

乗換えるかどうかは、「家族全体の通信費がどうなるのか」という点を検討してから決めるほうが賢明です。

【補足】 BBIQの解約金は基本的に心配いらない

BBIQからドコモ光に乗換える場合、乗換えの費用を心配される方も多いと思いますが、基本的に費用面を心配する必要はありません。

BBIQを解約すると、下記の費用が発生してきます。

BBIQの解約に関する費用

  • (必須)撤去工事費=5,500円
  • 基本的に必須ですが、下記に該当する場合は撤去工事費はかかりません。
    ~マンション[棟内LAN方式]で利用している場合
    ~2009年11月30日以前にBBIQを申込んだ方の場合

  • 利用プランの違約金(下記のどのプランに加入しているかで額が異なる)
  • 【通常プラン(最低利用期間2年)を利用している場合】
    ※24ヵ月以上利用していれば、違約金は発生しません
    12ヵ月未満:27,060円
    12ヵ月以上18ヵ月未満:22,000円
    18ヵ月以上24ヵ月未満:11,000円

    【BBIQつづけて割(3年約束タイプ)を利用している場合】
    ※3年ごとの契約更新月+翌月に解約すれば、違約金は発生しません
    12ヵ月未満:27,500円
    12ヵ月以上~24ヵ月未満:22,000円
    24ヵ月以上~36ヵ月未満:16,500円
    (契約更新月)36ヵ月目+37ヵ月目:無料
    38ヵ月以上~72ヵ月未満:13,750円
    (契約更新月)72ヵ月目+73ヵ月目:無料
    74ヵ月目以上~:11,000円
    (契約更新月)108ヵ月目+109ヵ月目:無料

    【BBIQつづけて割(5年約束タイプ)を利用している場合】
    ※初めの契約更新月は60ヵ月目とその翌月、それ以降は36ヵ月ごとに契約更新月が来ます。
    契約更新月+翌月に解約すれば、違約金は発生しません。
    12ヵ月未満:33,000円
    12ヵ月以上~24ヵ月未満:27,500円
    24ヵ月以上~60ヵ月未満:22,000円
    (契約更新月)60ヵ月目+61ヵ月目:無料
    62ヵ月以上~96ヵ月未満:16,500円
    (契約更新月)96ヵ月目+97ヵ月目:無料
    98ヵ月以上~132ヵ月未満:13,750円
    (契約更新月)132ヵ月目+133ヵ月目:無料
    134ヵ月以上~:11,000円
    (契約更新月)168ヵ月目+169ヵ月目:無料

設備撤去工事費は必須です。

違約金はいつ解約をするのかで、違約金が発生しない場合もありますし、かかる費用も変わってきます。

ただ、高額の違約金が発生したとしても、その費用を心配する必要はありません。

というのも、ドコモ光をお得なプロバイダーのホームぺージから申込みをすると、キャッシュバックも含めてかなりお得なキャンペーンを受けることが出来るからです。

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




    【公式キャンペーン】

  • 今なら新規工事費が無料!
  • dカードGOLD申込みで最大2万円分プレゼント!
  • 【GMOキャンペーン(公式に上乗せ)】

  • さらにGMO限定で最大20,000円キャッシュバック!
  • さらにGMO限定でdポイント2千ポイントプレゼント!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!

このキャンペーン・キャッシュバックを適用すれば、BBIQからドコモ光への乗換えでかかる費用は、ほとんど回収することが出来ると思います。

仮にいくらかの出費が発生したとしても、ドコモユーザーはドコモ光で携帯電話料金の割引を適用すれば、その出費はすぐに取り戻すことが出来るはずです。

ドコモの携帯を利用している方は、乗換えの費用はあまり気になさらずに、BBIQからドコモ光への乗換えを検討してみるようにしましょう。

BBIQからドコモ光へ乗換える前に確認しておくべき3つのポイント

BBIQからドコモ光へ乗り換えでは、デメリットとまでは呼べないものの、事前に把握しておくべきポイントが3つほどあります。

それが下記の3つです。

3つのポイント

  • ポイント① BBIQからドコモ光への乗換えは派遣工事が必要
  • ポイント② 光電話の番号は変わる場合と変わらない場合がある
  • ポイント③ プロバイダーは変わる

これらのポイントを把握していないと、BBIQからドコモ光への乗り換えを申し込みした時に、戸惑ってしまったりトラブルになってしまう場合があります。

ここから、それぞれのポイントについて1つずつ詳しく説明をしていきますので、乗り換えを検討している方はご確認ください。

ポイント① BBIQからドコモ光への乗換えは派遣工事が必要

BBIQからドコモ光へ乗換える場合、基本的に派遣工事での開通工事が必要になります。

BBIQは九州電力のグループ会社が敷設した光回線の設備を利用しています。

それに対して、ドコモ光はNTT西日本が敷設した光回線の設備を利用しています。

この2つのサービスは、そもそも全く異なる光回線の設備を用いているため、基本的に無派遣工事での開通はできません。

今は、

  • フレッツ光⇒光コラボレーションサービス(ドコモ光やソフトバンク光など数百種類あり)
  • 光コラボレーションサービス⇔光コラボレーションサービス

など、工事自体が不要で乗換えられる光回線が多いですが、これらと混同しないよう注意が必要です。

これらのサービスが工事不要で乗り換えられるのは、そもそも、これらのサービスが共通してNTT西日本の設備を利用しているからです。

BBIQからドコモ光への乗換えのように、設備が異なる光回線へ乗換える場合には、必ず派遣工事が必要になるということは覚えておきましょう。

当サイトのアシスタント
ドコモ光を派遣工事で開通させる場合、開通までの日数の目安は、申し込みをしてから2週間~3週間程度です!

先にBBIQの解約を申込んで、ドコモ光が開通する前にBBIQの解約工事が終わってしまうと、インターネットも光電話も一切使えない期間が発生してしまいます!

そうならない為にも、まずは

  1. 先にドコモ光を申込んで開通工事日を決める
  2. その後にBBIQの解約を申込んで解約工事日を決める

という流れで手続きを行うほうが一番確実です!

ポイント② 光電話の番号は変わる場合と変わらない場合がある

BBIQからドコモ光への乗換えで、光電話の番号は変わる場合と変わらない場合とがあります。

BBIQの光電話では、主に下記の2つの番号のいずれかを使うことができますが、どちらの番号を使っているかで、番号を継続できるかどうかが変わってきます。

  • BBIQの光電話で新しく取得した番号を利用している場合
    ⇒ドコモ光への乗換えで必ず番号は変わる
  • アナログ電話の番号をBBIQの光電話でも継続して利用している
    ⇒ドコモ光へ乗換えても番号の継続は可能

BBIQの光電話で新しく取得した番号を利用している場合、その番号は“光電話専用番号”といって、BBIQの光電話でしか利用できない番号になっています。

この番号を使っている場合は、ドコモ光への乗換えで必ず番号は変わります。

簡単に言うと、

  • ドコモ光の光電話で新しい電話番号を取得
  • BBIQの光電話の番号は廃止

という流れになる感じですね。

一方で、 もともとアナログ電話で利用していた番号をBBIQの光電話でも利用している場合、“アナログ戻し”と呼ばれる特殊な手続きを行えば、ドコモ光でも番号を継続することができます。

“アナログ戻し”の手続き方法は下記の通りです。

“アナログ戻し”の手続き方法とは

  1. まず先にNTT西日本に連絡をし、BBIQの光電話からアナログ電話へ番号ポータビリティ
  2. ~この手続きは電話加入権がなくてもできます。電話加入権を購入する必要もありません。

  3. アナログ電話へ番号ポータビリティが完了するのを待つ
  4. 次に、アナログ電話からドコモ光の光電話へ番号ポータビリティ

上記の手続きの流れを見て、
なぜいったんアナログ電話に戻す必要があるの?
そう感じる方も多くいらっしゃると思いますが、光電話の番号ポータビリティの仕組みとして、そもそも光電話同士の間では直接番号ポータビリティをすることが出来ない仕組みになっています。

要するに、『BBIQ光電話からドコモ光電話』へ直接番号ポータビリティは出来ないと。

ただし、光電話とアナログ電話の間では番号ポータビリティが出来る仕組みになっています。

この仕組みをいかして、

  • 『BBIQ光電話⇒アナログ電話』
  • 『アナログ電話⇒ドコモ光電話』

と、2段階で番号ポータビリティを行って番号を移行するのが、上記の“アナログ戻し”の手続き内容です。

この“アナログ戻し”の手続きを行う場合は、通常の乗換えにかかる費用以外に、“アナログ戻し”の番号ポータビリティの手数料として、別途2,000円~10,000円近い費用が必要になります。

そのため、「光電話の番号が変わってもいい」という方は、無理に“アナログ戻し”は行わずに、乗換えに伴って素直に光電話の番号を変えてしまうというのも1つの手です。

当サイトのアシスタント
光電話の番号を継続できる方でも、今は“アナログ戻し”の手続きを行わずに番号を変えてしまう方のほうが多くなっています!

固定電話を使う頻度が少なくなっていることから、そこまで自宅の電話番号にこだわりを持っていないという方が多くなっているのがその理由です!

当サイトの管理人
光電話の番号が変わる場合、BBIQを解約してから一定期間は、

おかけになった電話番号はお繋ぎできません。新しい番号は●●番です

といったガイダンスを流すことができます。

このガイダンスを流せば、古い番号にかけてきた方に対して新しい番号を通知できるため、番号が変わることをそこまで心配する必要はありません。

ポイント③ プロバイダーは変わる

BBIQからドコモ光へ乗り換える場合、利用しているプロバイダーは必ず変更になります。

BBIQはプロバイダーも一体型で提供しているサービスですが(プロバイダーもBBIQ)、ドコモ光でプロバイダーとしてBBIQを利用することはできません。

ドコモ光では下記の24社のプロバイダーの中から、利用するプロバイダーを選ぶことができます。

ドコモ光のプロバイダー

【タイプA】月額料金=戸建て:5,720円、マンション:4,400円
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、iC-net、タイガースnet、ビッグローブ、andline、SYNAPSE、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikiTiki、hi-ho、@ネスク、COARA

【タイプB】月額料金=戸建て:5,940円、マンション:4,620円
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

【参考リンク】
ドコモ光公式サイト プロバイダー一覧

プロバイダーによる細かな違いに関しては、こちらのドコモ光公式が発行しているPDFデータでご確認ください。

ドコモ光では、タイプBのプロバイダーを選んでしまうと、タイプAのプロバイダーを使う場合よりも毎月の料金が220円高くなってしまう為、タイプAのプロバイダーを利用するのが一般的です。

その中でも特にお勧めなのは、タイプAで最も評判が良い『GMOとくとくBB』です。

ドコモ光のインターネット速度は最大1Gbpsですが、どのプロバイダーを使うかで実際に出るインターネット速度(実測値)は大きく変わってきます。

『GMOとくとくBB』は、インターネット速度の向上という点において、他のプロバイダーでは行っていない独自の取り組みを多く行っています。

『GMOとくとくBB』の独自の取り組み

  • 【速度公開】地域別のインターネットの実測値を公開
  • 【速度保証】インターネットの実測値が100Mbpsを下回る場合は、改善するまで毎月ポイントバックを実施
  • 超高機能の無線ルーターを無料レンタル
  • 高速インターネット接続のIPv6プラスに対応

ドコモ光の全プロバイダーの中で、インターネットの実測値を公開しているのも『GMOとくとくBB』だけですし、速度保証を行っているのも『GMOとくとくBB』だけです。

他のプロバイダーは、自信がないのかインターネット速度も公開してませんし、速度保証も行っていません。

インターネット速度があまり出ないと、何をするにしてもストレスを感じてしまうと思います。

ドコモ光で快適なネット速度でインターネットを使いたいという方は、『GMOとくとくBB』にしておくのが無難です。

また、『GMOとくとくBB』は無料で使えるオプションサービスもかなり豊富で、なおかつキャンペーンも全プロバイダーの中で最大級に大きいという点も、『GMOとくとくBB』をお勧めする1つのポイントです。

当サイトのアシスタント
ちなみに、『GMOとくとくBB』が公開している地域別のインターネット速度(実測値)に関しては、下記の『GMOとくとくBB』公式サイトで確認することが出来ます!

GMOとくとくBBのドコモ光「速度の秘密」

『GMOとくとくBB』が行っているキャンペーンを知りたいという方は、上記のページでキャンペーンも同時にご確認ください!

BBIQからドコモ光への乗換えにかかる全費用

先述のところでも少し説明をしましたが、ここではBBIQからドコモ光への乗換えでかかる費用について、より詳しく説明をしていきます。

BBIQからドコモ光への乗換えでは、大きく分けると下記の2つの費用が発生してきます。

  • BBIQの解約に関する費用
  • ドコモ光の開通に関する費用

このどちらも必要と聞くと乗換えを躊躇してしまう方もいらっしゃると思いますが、BBIQからドコモ光への乗換えで費用面を心配する必要は基本的にありません。

というのも、ドコモ光を高額のキャッシュバックを行っているプロバイダーから申込むと、キャッシュバックも含めてかなり大きなキャンペーンを適用することが出来るからです。

ここから、BBIQの解約に関する費用⇒ドコモ光の開通に関する費用の順番で説明をして、最後にドコモ光のキャンペーンについても詳しく説明をしていきます。

まず、BBIQを解約した際に発生してくる費用は下記の通りです。

BBIQの解約に関する費用

  • (必須)撤去工事費=5,500円
  • 基本的に必須ですが、下記に該当する場合は撤去工事費はかかりません。
    ~マンション[棟内LAN方式]で利用している場合
    ~2009年11月30日以前にBBIQを申込んだ方の場合

  • 利用プランの違約金(下記のどのプランに加入しているかで額が異なる)
  • 【通常プラン(最低利用期間2年)を利用している場合】
    ※24ヵ月以上利用していれば、違約金は発生しません
    12ヵ月未満:27,060円
    12ヵ月以上18ヵ月未満:22,000円
    18ヵ月以上24ヵ月未満:11,000円

    【BBIQつづけて割(3年約束タイプ)を利用している場合】
    ※3年ごとの契約更新月+翌月に解約すれば、違約金は発生しません
    12ヵ月未満:27,500円
    12ヵ月以上~24ヵ月未満:22,000円
    24ヵ月以上~36ヵ月未満:16,500円
    (契約更新月)36ヵ月目+37ヵ月目:無料
    38ヵ月以上~72ヵ月未満:13,750円
    (契約更新月)72ヵ月目+73ヵ月目:無料
    74ヵ月目以上~:11,000円
    (契約更新月)108ヵ月目+109ヵ月目:無料

    【BBIQつづけて割(5年約束タイプ)を利用している場合】
    ※初めの契約更新月は60ヵ月目とその翌月、それ以降は36ヵ月ごとに契約更新月が来ます。
    契約更新月+翌月に解約すれば、違約金は発生しません。
    12ヵ月未満:33,000円
    12ヵ月以上~24ヵ月未満:27,500円
    24ヵ月以上~60ヵ月未満:22,000円
    (契約更新月)60ヵ月目+61ヵ月目:無料
    62ヵ月以上~96ヵ月未満:16,500円
    (契約更新月)96ヵ月目+97ヵ月目:無料
    98ヵ月以上~132ヵ月未満:13,750円
    (契約更新月)132ヵ月目+133ヵ月目:無料
    134ヵ月以上~:11,000円
    (契約更新月)168ヵ月目+169ヵ月目:無料

撤去工事費の5,500円は必須ですが、プランの違約金はどのプランを利用しているのか・またいつ解約をするのかによって、必要になる費用は人それぞれ変わってきます。

ただ、高額の違約金が発生したとしても、ドコモ光のプロバイダーキャッシュバックでほとんど回収できるため、そこまで気にする必要はありません。

次に、ドコモ光を開通させる為に必要な費用は下記の通りです。

ドコモ光の開通に関する費用

  • 契約事務手数料=3,300円
  • 工事費=派遣工事:戸建て19,800円・集合住宅16,500円、無派遣工事:2,200円
  • ~キャンペーンによって、工事費が無料になっている場合があります。
    ~派遣工事の場合は、12~60ヵ月の分割払いで支払うことも可能です。

※BBIQからドコモ光へ乗換える場合、ほとんどのケースで無派遣工事ではなく派遣工事が必要になります。

上記の費用をみると、少し高額の費用が必要になると思うかもしれませんが、ドコモ光を高額のキャッシュバックを行っているプロバイダーから申込むと、下記のキャンペーンを全て適用することが出来ます。

【ドコモ光を人気のプロバイダーから申し込んだ場合のキャンペーン】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




    【公式キャンペーン】

  • 今なら新規工事費が無料!
  • dカードGOLD申込みで最大2万円分プレゼント!
  • 【GMOキャンペーン(公式に上乗せ)】

  • さらにGMO限定で最大20,000円キャッシュバック!
  • さらにGMO限定でdポイント2千ポイントプレゼント!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!

このキャンペーンを適用すれば、ドコモ光の開通に関する費用は実質かからない上に、さらにキャッシュバックでお得になります。

それを考えれば、BBIQからドコモ光への乗換えにかかる費用はほとんど回収できるはずです。

人によっては、マイナスの出費が出るどころか、プラスの収支が発生する場合もあります。

仮に、BBIQからドコモ光への乗換えでマイナスの収支が出てしまったとしても、ドコモユーザーがドコモ光に乗換えれば、『ドコモ光セット割(携帯電話料金の割引)』ですぐに元は取れます。

むしろ、ドコモ光に乗換えた後、『ドコモ光セット割(携帯電話料金の割引)』が永久に続くことを考えれば、かなりの金額がお得になるはずです。

ドコモユーザーはいったん費用がかかってしまったとしても、出来るだけ早めにBBIQからドコモ光に乗換えることを強くお勧めします。

BBIQからドコモ光にスムーズに乗り換える為の手続き方法

BBIQからドコモ光へ乗換える手続き方法は、『光電話の番号を継続しない場合』と、『同じ番号を引き継ぐ場合』とで異なります。

『光電話の番号を継続しない場合』の手続き方法はかなりシンプルですが、『光電話の番号を継続する場合』の手続きに関しては、やり方を間違えると番号が廃止されてしまうことがあるため、注意が必要です。

まず、『光電話の番号を継続しない場合』の手続き方法に関しては下記の通りです。

『光電話の番号を継続しない場合』の手続き方法

  1. まずは先にドコモ光を申込んで開通工事日を決める(原則、派遣工事が必要)
  2. ~ドコモ光のお得なキャッシュバック申込み先はこちら⇒速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

  3. 次に、ドコモ光の開通工事日に合わせてBBIQの解約を申込む
  4. ~BBIQの解約申込み先は、こちらのBBIQ公式サイトでご確認ください。

『光電話の番号を継続しない場合』の手続き方法はこれだけです。

注意すべき点としては、先にBBIQに解約を申込んでからドコモ光を新規申込みしてしまうと、BBIQの解約工事日前にドコモ光を開通できない場合があるということ。
(ドコモ光の開通工事は基本的に派遣工事になるため、最低でも申込みから開通まで2週間程度は必要です)

もしそうなってしまった場合、インターネットや光電話が一切使えない期間が出てしまうので、この点だけは注意するようにして下さい。

次に、『光電話の番号を継続する場合』の手続き方法は下記の通りです。

『光電話の番号を継続する場合』の手続き方法

  1. まず先に、NTT西日本に連絡をし、BBIQの光電話からアナログ電話へ番号ポータビリティを申請する
  2. ~この手続きは電話加入権を持っていなくてもできます。電話加入権を購入する必要も一切ありません。

  3. アナログ電話への番号ポータビリティが完了するのを待つ
  4. 次に、ドコモ光を申込んで開通工事日を決める(この時に同時にアナログ電話からドコモ光の光電話へ番号ポータビリティを申請)
  5. ~原則、派遣工事が必要です。
    ~ドコモ光のお得なキャッシュバック申込み先はこちら⇒速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

  6. 最後に、ドコモ光の開通工事日に合わせてBBIQの解約を申込む
  7. ~BBIQの解約申込み先は、こちらのBBIQ公式サイトでご確認ください。

『光電話の番号を継続する場合』は、

  • ドコモ光の新規申込み
  • BBIQの解約申込み

と同時に、

  • BBIQの光電話からアナログ電話への番号ポータビリティ
  • アナログ電話からドコモ光の光電話への番号ポータビリティ

この手続きを同時に行っていく必要があります。

この手続きを行う上での注意点としては、絶対に手続きの順番を間違えないということ。

手続きの順番を間違えてしまうと、光電話の番号が廃止されてしまい、継続できなくなる場合があります。

特に絶対にやってはいけないのは、“BBIQの光電話からアナログ電話への番号ポータビリティが完了する前に、BBIQを解約”してしまうこと。

これをやってしまうと100%番号を継続できなくなってしまうので、注意するようにして下さい。

当サイトのアシスタント
光電話の番号を継続したい方の中には、「自分で手続きを行えるか不安」という方もいらっしゃると思います!

その場合は、先にドコモ光を申込んで、ドコモ光の担当者と確認しながら『BBIQの光電話⇒アナログ電話』『アナログ電話⇒ドコモ光の光電話』と二段階の番号ポータビリティを進めていくことも可能です!

絶対にやってはいけない“BBIQの光電話からアナログ電話への番号ポータビリティが完了する前に、BBIQを解約”ということさえ行わなければ、手続きの順番は多少前後しても問題ありません!

【注意】ドコモ光は公式サイトやドコモショップで申し込まないよう注意

ドコモ光は様々な場所から申し込みをすることができます。

どこから申込みをしても、ドコモ光の契約内容自体は変わりません。

ただ、どこから申し込みをするかで、適用されるキャッシュバックやキャンペーンが変わってきます。

申込み先によるキャンペーンの大きさの違い

  • 【キャンペーン小さめ】ドコモ光公式サイト
  • 【キャンペーン小さめ】ドコモ公式のインフォメーションセンター
  • 【キャンペーン小さめ】ドコモショップ
  • 【キャンペーン少しだけ大きい】家電量販店
  • 【キャンペーンが一番大きい】特定のプロバイダー(GMOとくとくBB)

これは他の光回線にも言えることですが、公式サイトや公式のインフォメーションセンター・またはドコモショップなどからドコモ光を申込みしてしまうと、小さなキャンペーンしか適用することが出来ません。

家電量販店の場合は、これらの申込み先よりはもう少し大きなキャッシュバックや商品券を受け取ることができますが、一番大きなキャッシュバックを受け取れるのは特定のプロバイダーです。

光回線を乗換える場合、多少なりとも出費が必要になります。

BBIQからドコモ光への乗換えを検討している方は、その費用を回収するためにも、特定のプロバイダー(GMOとくとくBB)からドコモ光を申し込むことを強くお勧めします。

【ドコモ光キャッシュバック】
ドコモ光のお得なキャッシュバック徹底比較!
人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!