ソフトバンク光の代理店メディアサービスのキャッシュバックをお勧めしない4つの理由

サービスの料金や工事料金などは、全て税込みでの金額(実際に支払いが必要な金額)で記載しています。
当サイトの管理人
ソフトバンク光の代理店メディアサービスのキャッシュバックはお得なのかどうか?
という点について、詳しく解説をした記事です。

ソフトバンクの携帯電話料金が安くなることで人気の光回線と言えば、ソフトバンク光が最も有名です。
(ソフトバンクの携帯電話料金が安くなる光回線は他にNURO光もあります)

ソフトバンク光は様々な所から申し込みをすることができますが、どこから申し込みをするかで、適用されるキャッシュバックなどのキャンペーンが大きく変わってきます。

ソフトバンク光を申し込みできるチャネルは多岐にわたりますが、主に下記のようなところです。

ソフトバンク光の申し込み先

  • ソフトバンクショップ
  • 家電量販店
  • ソフトバンクの公式サイト
  • インターネット代理店(かなりの数があります)
  • 価格ドットコム

このうち、最もお得なキャッシュバックを実施しているのは、インターネット代理店です。

ただ、インターネット代理店と一言でいっても、本当にお勧めできる代理店もあれば、かなりの方がキャッシュバックを受け取れていない悪質な代理店も存在しています。

代理店メディアサービスはどうなのかと言えば、“絶対にやめたほうがいい”代理店の一つです。

この記事では、代理店メディアサービスが実施しているソフトバンク光のキャッシュバックについて、他社のキャッシュバックと比較をしながら詳しく解説をしていきます。


▼必見!お勧めキャンペーン▼
【ソフトバンク光×代理店NEXT限定】
3万7千万キャッシュバック+(乗り換えなら)工事費2万4千円+他社違約金を全額還元!




ソフトバンク光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ソフトバンク光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ソフトバンク光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ソフトバンク光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

目次

ソフトバンク光をどこから申込んでも適用される共通キャンペーン

代理店メディアサービスが実施しているキャッシュバックについて説明をしていく前に、ソフトバンク光のキャンペーンの基本的な構成について簡単に説明をしていきます。

ソフトバンク光はかなりの数のキャンペーンを行っていますが、キャンペーンを大きく分けると下記の二つに分類することができます。

  • ソフトバンク光をどこから申し込んでも適用される『共通キャンペーン』
  • 申し込み先ごとに全く異なる『独自キャンペーン(キャッシュバックなど)』

このうち、ソフトバンク光をどこから申し込んでも適用される『共通キャンペーン』の内容は下記の通りです。

【ソフトバンク光 共通キャンペーン】

このキャンペーンは、どこからソフトバンク光を申込んで適用されるキャンペーンです。

  • インターネットを引いてない方 限定で月額料金から2万4千円割引(月1,000円×24カ月の割引)
  • SoftBank 光 乗り換え新規でキャッシュバック/割引キャンペーン(実質工事費無料)
  • ~派遣工事(工事費26,400円)の場合、24,000円(非課税)を普通為替で受け取れます(普通為替は郵便局で現金に換えられます)。普通為替が郵便で届くのはソフトバンク光の開通から5カ月目です。
    ~もしくは、1,100円×24ヵ月割引(26,400円)の月額料金割引も選べます。

  • 他社ネット回線からの乗換え時、他社違約金を最大10万円までキャッシュバック
  • スマホを他社からソフトバンクに乗り換えると、スマホ違約金相当額(10,450円)を月1,045円×10ヵ月・月額料金として割引

これ以外のキャッシュバックなどが、申し込み先により異なります。

代理店が実施しているソフトバンク光のキャンペーンを見て行く時に重要なのは、
『キャッシュバックの金額』だけではなく、

  • 『キャッシュバックの条件として他のサービスに加入しなければいけないのか』
  • 『キャッシュバックを受け取るのにどんな手続きが必要なのか』
  • 『キャッシュバックを受け取れないリスクはないのか』

という点を見ていくことが最も重要です。

というのも、ソフトバンク光の代理店の中には、『キャッシュバックを受け取れない』という被害が発生している代理店があるからです。

代理店メディアサービスのキャッシュバックを詳しく見ると、上記のポイントのすべてに引っかかります。

ではここから、代理店メディアサービスが実施しているソフトバンク光のキャッシュバックについて説明をした後、他社が行なっているキャッシュバックと比較をしていきたいと思います。


ソフトバンク光で最もお勧めのキャッシュバックはこちら



SoftBank光キャンペーン

代理店メディアサービスの独自キャッシュバックの内容

代理店メディアサービスでは、下記の内容のキャッシュバックを実施しています。

【ソフトバンク光×代理店メディアサービスのキャンペーン】

  • キャッシュバック最大7万5千円

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
~代理店メディアサービスからのキャッシュバックは、開通から12カ月後にメールが届くので、そこからキャッシュバックの申請が必要。

【キャッシュバックの振込み時期】
~代理店メディアサービスからのキャッシュバックは、開通月を含めて12ヵ月目

【注意点】
他の代理店と比べてキャッシュバック金額がかなり高いですが、膨大な数のサービスへの加入が必要です。

※ソフトバンクのデータ通信カード=毎月4,000円以上の料金の支払いが必要
※加入必須オプション:毎月約4,000円近い料金の支払いが必要
⇛BBフォン(光BBユニット付属)、BBフォンオプションパック(550円/月)、Wi-Fiマルチパック(1,089円/月)、とく放題)(550円/月)、BBライフホームドクター(550円/月)、BBマルシェ(503円/月)、BBお掃除&レスキュー(503円/月)、BBサポートワイドサービス(550円/月)

ソフトバンク光以外で毎月約8千円の支払いが必要になります。

そして、キャッシュバックが振り込まれる12カ月後までに、これらのサービスを1つでも解約するとキャッシュバックは無効になってしまうため、キャッシュバック(7万5千円)以上に、支払い(9万6千円)のほうが高くなります。

代理店メディアサービスのキャッシュバックの金額は、7万5千円と“超”がつくほど高額です。

まともな代理店のキャッシュバックの平均は、3万5千円前後ですから、それと比べてもとんでもない金額です。

ただ、これはお得に見せかけているだけで、実際には全くお得ではないキャッシュバックの典型的なパターンです。

代理店メディアサービスのキャッシュバックは、高額のキャッシュバックを受け取れるどころか、むしろ、

  • キャッシュバックを受け取れても、逆にマイナスの費用が発生する
  • もしくはキャッシュバックを受け取れない

こうなってしまうリスクが非常に高いです。

ここから、代理店メディアサービスのキャッシュバックの実態と、お勧めできない理由について詳しく解説をしていきます。

代理店メディアサービスのキャッシュバックをお勧めしない3つの理由

理由① キャッシュバックの金額以上に支払う料金が高くなる

代理店メディアサービスのキャッシュバックは7万5千円と超高額ですが、このキャッシュバックを適用するには、下記のサービス全てに加入しなければなりません。

加入が必要なサービス

  • ソフトバンクのデータ通信カード=毎月4,000円以上の料金の支払いが必要
  • オプションサービス:毎月約4,000円近い料金の支払いが必要
    ⇛BBフォン(光BBユニット付属)、BBフォンオプションパック(550円/月)、Wi-Fiマルチパック(1,089円/月)、とく放題)(550円/月)、BBライフホームドクター(550円/月)、BBマルシェ(503円/月)、BBお掃除&レスキュー(503円/月)、BBサポートワイドサービス(550円/月)

これらのサービスを全て合わせると、ソフトバンク光の月額料金以外に、毎月約8,000円の支払いが必要になります。

こんなサービス必要ない方がほとんどだと思います。

キャッシュバックの条件としてこれらのサービスに加入するのであれば、途中で解約してしまえばいいのでは?

中にはそう考える方もいらっしゃると思いますが、それはできません。

代理店メディアサービスのキャッシュバックは、ソフトバンク光の開通から12ヶ月後に振り込まれます。

ただ、


キャッシュバックを受け取るまでに上記のサービスを一つでも解約してしまうと、キャッシュバックが無効になる

という仕組みになっています。

オプションサービス一つ解約してもアウトです。

要するに、12ヶ月間、ソフトバンク光の料金以外に上記のサービス料金(約8,000円)を支払い続けなければいけないということです。

それがイヤで途中でサービスを一つでも解約してしまったら最後、7万5千円のキャッシュバックは無効(0円)にされてしまいます。

キャッシュバックの金額は7万5千円ですが、それ以上にこれらのサービスの支払いのほうが高くなります。

こんなマイナスになってしまうようなキャッシュバックは絶対にやめておきましょう。

当サイトのアシスタント
あまりにも高額なキャッシュバックを行っている代理店には、こういった罠があります!

『キャッシュバックの金額だけ』をみて申し込みしてしまうと、後から大変なことになりますよ!

理由② キャッシュバックの申請手続きがもれるとキャッシュバックが無効になる

代理店メディアサービスのキャッシュバックは、何もしなくても振り込まれるわけではありません。

キャッシュバックを受け取るには、かなり遅い時期に手続きをする必要があります。

代理店メディアサービスからソフトバンク光を申し込むと、12ヶ月後にキャッシュバックのメールが届きます。

そこからキャッシュバックの申請が必要です。

光回線が開通してから12ヶ月後までこの手続きを覚えているか、メールを見過ごさなければOKです。

ただ、メールも気づかずに忘れてしまったら最後、キャッシュバックはいつまでたっても振り込まれません。

こういった、かなり遅い時期にキャッシュバックの手続きが必要という仕組みにしている代理店は、キャッシュバックをまともに振り込んでくれない代理店に共通しているポイントです。

申込者が手続きを忘れてしまうように、わざと遅い時期にしか手続きができないようにしている。

この手続きを覚えていられないという方は、代理店メディアサービスから申し込みをするのはやめておきましょう。

当サイトのアシスタント
ちなみに、まともな代理店の場合、キャッシュバックを受け取るのに手続きは必要ありません!

まともな代理店の場合は、申し込みをした後すぐに代理店の方から電話がかかってきます!

その電話でキャッシュバックを振り込む口座情報を聞かれるので、それに答えるだけです!

理由③ キャッシュバックの振込み時期が遅い

代理店メディアサービスのキャッシュバックをお勧めできない3つめの理由として、『キャッシュバックの振り込みが遅い』という点をあげることができます。

代理店メディアサービスのキャッシュバックが振り込まれるのは、ソフトバンク光が開通してから12ヶ月後(1年後)です。
(もちろん、手続きを忘れずにできた方だけ)

ちなみに、キャッシュバックを『確実に振り込んでくれる』まともな代理店の場合、ソフトバンク光が開通してから2ヶ月後にはキャッシュバックを振り込んでくれます。

この『キャッシュバックの振り込みが遅い』という点は、キャッシュバックをきちんと振り込んでくれない悪質な代理店に共通しているポイントです。

【結論】こんなキャッシュバックに価値はない

ここまで、代理店メディアサービスのキャッシュバックをお勧めできない理由について詳しく解説してきました。

それらお勧めできない理由を簡単にまとめると下記の通りです。

お勧めできない理由

  • キャッシュバックの条件として、ソフトバンク光以外に膨大な数のサービスに加入が必要
    ⇒ソフトバンク光の月額料金以外に、毎月約8,000円の支払いが必要
  • キャッシュバックが振り込まれる12ヶ月後までに、それらのサービスを一つでも解約すると、キャッシュバックが無効になる
  • 12ヶ月後にくるメールからキャッシュバックの手続きをするのを忘れても、キャッシュバックが無効になる
  • キャッシュバックの振り込みが遅い

キャッシュバックを受け取るには、12ヶ月間もの間、ソフトバンク光の月額料金以外に毎月約8,000円もの料金を支払い続けていく必要があります。

キャッシュバックは7万5千円と高額ですが、この支払いを考えるとむしろマイナスです。

「そんなの12ヶ月も払っていられない」とオプションサービスを一つでも解約してしまったら最後、今度はキャッシュバックが無効になります。

要するに、代理店メディアサービスのキャッシュバックを申し込みしてしまうと、

  • キャッシュバックを受け取れない
  • キャッシュバックを受け取れてもマイナスになる

基本的にこのどちらかにしかならないということです。

こんな全く何の価値もないようなキャッシュバックを申し込むのはやめておきましょう。

当サイトのアシスタント
ソフトバンク光の代理店は、価格ドットコムも含め、そのほとんどが何らかの罠がある代理店です!

ただ、その中でも、代理店メディアサービスは最もお勧めできない代理店の一つです!

ソフトバンク光公式サイト・ソフトバンクショップ・家電量販店のキャッシュバック

ここまで代理店メディアサービスのキャッシュバックについて説明をしてきましたが、ここからは、他のところで行なっているキャッシュバックと比較・説明をしていきたいと思います。

まずは、ソフトバンク光を申し込む方が多い、ソフトバンクの公式サイト・ソフトバンクショップ・家電量販店の独自キャンペーンと比較をしていきます。

ソフトバンク光の公式サイトの独自キャッシュバック

ソフトバンク光の公式サイトでは、時々【公式サイト限定】でキャンペーンを実施しています。

【ソフトバンク光×公式サイトの独自キャンペーン】

  • 現在は何の独自キャンペーンも行っていません。
    公式サイトから申し込んで適用されるのは、どこから申し込んでも適用される共通キャンペーンのみです。

現在は何も独自のキャンペーンを行っていないため、公式サイトから申し込みをすると、他のところから申し込めば受け取れるはずのキャッシュバック分をまるまる損してしまいます。

公式サイトから申し込みをするのはお勧めしません。

参考リンク

【公式】ソフトバンク光 公式サイト
当サイトのアシスタント
ソフトバンクの公式サイトにはいろいろなキャンペーンの記載がありますが、それらは一番初めに説明をした『共通キャンペーン』の内容です!

『共通キャンペーン』は代理店から申し込みをしても適用されます!

ソフトバンクショップの独自キャッシュバック

ソフトバンクショップでもソフトバンク光の独自キャッシュバックを実施しています。

ソフトバンクショップで実施しているキャッシュバックの内容は下記の通りです。

【ソフトバンク光×ソフトバンクショップのキャンペーン】

  • キャッシュバック1万円(一部の店舗のみ。それ以外の店舗は0円です)

ソフトバンクショップのキャンペーンはたった1万円しかお得になりません。

ソフトバンクショップで「担当者からソフトバンク光の説明を聞きたい」という方もいらっしゃると思いますが、ソフトバンクショップからソフトバンク光の申し込みをするのはやめておいたほうが無難です。

家電量販店の独自キャッシュバック

家電量販店でもソフトバンク光の独自施策を実施しています。

お店や地域により金額は異なりますが、ほとんどの店舗では下記の内容でキャンペーンを実施しています。

【ソフトバンク光×家電量販店のキャンペーン】

※スマホの場合、横にスクロールして見ることが出来ます。

家電量販店 ソフトバンク光

キャンペーン

ヤマダ電機 商品券5千円~1万円
ビックカメラ 商品券1万円
コジマ電器 商品券1万円
ヨドバシカメラ 商品券1万円
ケーズデンキ 現金1万円キャッシュバック
エディオン 商品券1万円

※商品券は、同じ系列店でも店舗や地域によって、JCB商品券か、その家電量販店グループでしか使えない商品券のどちらがもらえるかは異なります。

上記は、家電量販店からソフトバンク光を『単独で申し込み』した場合の金額です。

パソコンやテレビなどの購入と同時にソフトバンク光に加入した場合は、3万円前後お得になる場合もあります。

ただ、それでもお勧めの代理店の3万7千円のキャッシュバックと比べると、お得になる金額が少ないためあまりお勧めできません。

当サイトのアシスタント
「光回線のキャンペーンは家電量販店がお得」というイメージを持っている方が多いですが、家電量販店のキャンペーンがお得だったのはインターネットが普及する前の話です!

今一番お得なキャンペーンを行っているのは、WEB申し込みが基本のインターネット代理店です!

【一覧】他の代理店・プロバイダー・価格.comの独自キャッシュバック

ソフトバンク光は、代理店メディアサービス以外にも様々な代理店でキャッシュバックを実施しています。

それら代理店のキャッシュバックを一覧にしたのが下記の表です。

※スマホの場合、横にスクロールして見ることが出来ます。

ISP・代理店・価格com キャンペーン 補足事項

代理店NEXT

SoftBank光キャンペーン

キャッシュバック

3万7千円

(振込みは開通月を含めて最短2カ月後)

【手続き方法】手続き不要。WEB申込み後、担当者から電話がきて振込み先の口座番号を聞かれるので、それに答えるのみ。

オプション加入も一切不要。

代理店アウンカンパニー

SoftBank光キャンペーン

キャッシュバック

最大3万7千円

(振込みは開通月を含めて最短2カ月後)

【手続き方法】手続き不要。WEB申込み後、担当者から電話がきて振込み先の口座番号を聞かれるので、それに答えるのみ。

オプション加入も一切不要。

代理店N’S(エヌズ)カンパニー

【SoftBank光】

キャッシュバック

最大3万7千円

(振込みは開通月を含めて最短2カ月後)

【手続き方法】手続き不要。WEB申込み後、担当者から電話がきて振込み先の口座番号を聞かれるので、それに答えるのみ。

オプション加入も一切不要。

▲(非推奨)

ISP:Yahoo!BB公式サイト

キャッシュバック

2万5千円

⇒5の付く日と日曜日以外の申し込みだと、1万5千円

(振込みは開通月を含めて最短5ヵ月後)

【手続き方法】特に手続きは必要ありません。

▲特定の日時以外の申し込みだと、キャッシュバック額が少なくなってしまうため、お勧めできません。

▲(非推奨)

代理店ポケットモバイル

キャッシュバック

3万8千円

(振込みは開通月を含めて最短7ヵ月後)

【手続き方法】何度も書類の申請が必要。これを忘れるとキャッシュバックはもらえません。

▲キャッシュバックが少なく、キャッシュバックを受け取るのに、とんでもない数のオプションサービスへ加入が必要になります(月額で約3,700円)。

キャッシュバックが振りこまれる7カ月の間に、オプションを1つでも解約するとキャッシュバックは無効になります。

▲(非推奨)

代理店ライフサポート

キャッシュバック

3万5千円

(振込みは開通月を含めて最短6ヵ月後)

【手続き方法】開通後にキャッシュバック申請書のFAXが必要。それから150日後に改めてメールが来るので、そこでも手続きが必要。

▲キャッシュバックが少なく、上記の手続きのどちらかでも忘れてしまうとキャッシュバックが無効になるため、お勧めしません。

▲(非推奨)

代理店メディアサービス

キャッシュバック

最大7万5千円

⇛指定サービスへの加入が必要で、ソフトバンク光の料金以外に、毎月8千円以上の指定サービスへの支払いが最低12カ月(9万6千円)は必要。

(振込みは開通月を含めて最短12ヵ月後)

【手続き方法】開通後、12カ月後にキャッシュバック申請フォームが届くのでそこから申請が必要。

▲ソフトバンク光以外に、データ通信カード(毎月約4千円)+かなりの数のオプションサービスへ(毎月約4千円)の加入が必要。

キャッシュバックが振り込まれる12カ月後までに、これらのサービスを一つでも解約するとキャッシュバックが無効になる。

キャッシュバックの金額以上にこれらで支払い料金で逆にマイナスになります。

▲(非推奨)

代理店エフプレイン

キャッシュバック

3万6千円

(振込みは開通月を含めて最短4ヵ月後)

【手続き方法】申込月を含む3ヵ月目の1日から末日までにキャッシュバックの手続きが必要です。

▲キャッシュバックが少なく、手続きを忘れるとキャッシュバックが無効になるため、お勧めできません。

▲(非推奨)

代理店アイネットサポート

キャッシュバック

3万8千円

(振込みは開通月を含めて最短2ヵ月後)

【手続き方法】手続き不要。WEB申込み後、担当者から電話がきて振込み先の口座番号を聞かれるので、それに答えるのみ。

▲キャッシュバックは高額ですが、この業界では全く知名度のない会社です。申込むのはさけておいたほうが無難です。

▲(非推奨)

価格.com

キャッシュバック

6万2千円

(振込みは開通月を含めて最短12ヵ月後)

【手続き方法】申込月を含む10ヶ月目の1日から末日までに申請+口座情報の登録も申込月を含む11ヶ月目の末日までに必要。

▲開通から10カ月以上先に行う期間限定の2度の手続きのどちらかでも忘れると、キャッシュバックは無効になります。

申請期間になっても連絡はこないため、手続きを忘れて、かなりの方がキャッシュバックを無効にされてしまっています。

これだけの数の代理店でキャッシュバックを行っていると、どこから申し込みをしていいのか迷ってしまいそうですが、この中でお勧めできるのは、『NEXT』・『アウンカンパニー』・『エヌズカンパニー』という3つの代理店だけです。

価格ドットコムも含め、他の代理店は「キャッシュバックを受け取れなかった」という被害が相次いでいます。

お勧めの代理店について説明をしていく前に、これらの被害が多い代理店の注意点について、簡単に説明をしていきたいと思います。

【注意】価格.comもキャッシュバックを受け取れない被害が多数発生中

価格ドットコムの光回線のキャッシュバックは高額なことで有名です。

ただ、価格ドットコムのキャッシュバックは『キャッシュバックを無効にされてしまった』という被害が相次いでいるキャッシュバックでもあります。

価格ドットコムでは、現在ソフトバンク光で下記のキャッシュバックを実施しています。

価格.comのキャンペーン内容

  • キャッシュバック最大6万2千円

手続き方法や振込み時期

  • 手続き方法
  • ~価格.comからのキャッシュバックは、

    ①申し込み後、価格.comが業務委託をしている株式会社LifeBankからキャッシュバックの案内メールが届く
    ②【申込月を含む10ヶ月目の1日から月末まで】上記のメールからキャッシュバックの申請が必要
    ③申請をすると『キャッシュバック申請受付メール』が届くので、そこから「キャッシュバック申請書」を印刷し、SoftBank光の利用明細を株式会社LifeBankに郵送が必要
    ④【申込月を含む11ヶ月目の1日から月末まで】『キャッシュバック申請受付メール』に記載されたURLにアクセスし口座登録+口座情報の登録が必要

    この②③④の3度の手続きを、それぞれ決められた指定期間中に行うのを忘れると、キャッシュバックは消滅します。
    指定された期間以外に申請をしても受け付けはしてもらえません。

  • 振込み時期
  • ~価格.comからのキャッシュバックは開通月を含む12ヵ月目に振りこまれます。

キャッシュバックの金額は約6万円とかなり高額です。

しかもこのキャッシュバックは、代理店メディアサービスのようにオプションサービスへの加入が必要ありません。

ただ、キャッシュバックを受け取るまでの手続きをよく見てください。

価格ドットコムのキャッシュバックは、かなり遅い時期にキャッシュバックの手続きが必要な仕組みになっていて、

  • 【10ヶ月目の1日から月末まで】自分からキャッシュバックの申請が必要
  • キャッシュバック申請書を印刷し、必要書類とともに郵送が必要
  • 【11ヶ月目の1日から月末まで】指定されたURLから口座の登録が必要


それぞれ指定された期間以内に手続きをしないと、キャッシュバックが無効になる仕組みになっています。

ちなみに、上記の期間より前に手続きをしても受け付けてもらえませんし、上記の期間を過ぎてしまうとすでにキャッシュバックは無効にされてしまっているので、申請自体ができません。

加えて、手続きができる10カ月目になっても価格ドットコムから連絡はきません。

要するに、自分で思い出して、必ず決められた期間通りに手続きをする必要があります。

10カ月目のこの手続き、絶対に忘れずにする自信はありますか?

現実として、価格ドットコムのキャッシュバックは、この手続きをうっかり忘れてしまい、『キャッシュバックを受け取れなかった』という被害が多発しています。

上記のようなやり方は、『キャッシュバックをまともに振り込まない』悪質な代理店に共通して入るやり方のため、価格ドットコムのキャッシュバックはあまりお勧めできません。

「絶対に手続きを忘れずに行う自信がある」という方以外は、価格ドットコムから申し込みするのはやめておいたほうが無難です。

当サイトのアシスタント
価格ドットコムのキャッシュバックは、10ヶ月目の手続きを忘れてしまったら最後、キャッシュバックを1円も受け取ることはできなくなります!

お勧めの代理店の場合、キャッシュバックの金額は3万7千円と下がりますが、キャッシュバックの手続き自体が必要ないため、キャッシュバックを受け取れないリスクはありません!

【注意】キャッシュバックを受け取れないリスクが高い代理店の特徴

ソフトバンク光の代理店は、代理店メディアサービスや価格ドットコム以外にも『キャッシュバックを受け取れなかった』という被害が多いため、注意が必要です。

キャッシュバックを受け取れないリスクが高い代理店には、ある共通した特徴があります。

その特徴は下記の通りです。

悪質な代理店の特徴

  • キャッシュバックを受け取るのにわざわざ手続きが必要
  • 手続きができる期間が指定されていて、かなり遅い時期に指定されている
  • 指定された期間に手続きをするのを忘れてしまうと、キャッシュバックが無効になる仕組みになってる

価格ドットコムと同じですね。

簡単に言うと、キャッシュバックを受け取るのに『手続きが必要』な代理店はやめたほうがいいということ。

こういった代理店が、例えば、


『ソフトバンク光が開通してから6ヶ月後の1日から月末まで』にキャッシュバックの申請が必要

など、かなり遅い時期にしか手続きができないように指定しているのは、そもそも『手続きを忘れてしまうことを狙っている』からです。

手続き一切不要でキャッシュバックを振り込んでくれる代理店があるのに対し、わざわざ手続きを必要にしている代理店にまともな代理店はありません。

光回線のキャッシュバックを申し込むなら、『手続き不要』で『確実』にキャッシュバックを振り込んでくれる代理店がお勧めです。

代理店メディアサービスと比較した場合のお勧め代理店NEXTの4つのメリット

ソフトバンク光の代理店の中で、一番お勧めできるのが『NEXT(ネクスト)』という代理店のキャッシュバックです。

代理店NEXTでは、現在下記のキャッシュバックを実施しています。

【ソフトバンク光×代理店NEXTのキャンペーン】

  • キャッシュバック3万7千円

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
代理店NEXTのキャッシュバックに関しては、申請手続きは一切不要です。
代理店NEXTのホームぺージからWEB申込みをすると、後日必ず担当者より申込み確認の電話連絡が入ります。
この時に『キャッシュバックの振込み先の口座情報』を確認されるため、それを口頭で伝えるのみです。

【キャッシュバックの振込み時期】
キャッシュバックはソフトバンク光の開通から2カ月後に振り込まれます。

キャッシュバックの金額は時期により若干変動しますが、今は3万7千円です。

この記事で説明をしてきた代理店メディアサービスのキャッシュバックと比べると、代理店NEXTのキャッシュバックにはメリットしかありません。

ここから、代理店NEXTのどんなところがお勧めで、どんなところにメリットがあるのかという点について詳しく解説をしていきたいと思います。

メリット① オプションサービスへの加入が不要でキャッシュバックが高額

代理店メディアサービスのキャッシュバックと比べた場合、代理店NEXTのキャッシュバックは、はるかに高額です。

代理店メディアサービスのキャッシュバックは7万5千円ですが、このキャッシュバックを適用するには、ソフトバンク光以外に毎月約8,000円もの支払いが必要なサービスに加入する必要がありました。

そして、キャッシュバック受け取れる12か月後まではこれらのサービスを解約できない(解約するとキャッシュバックが無効になってしまう)仕組みのため、ソフトバンク光以外で9万円以上の料金の支払いが必要です。

要するに、キャッシュバック以上の支払いが発生してしまうため、逆にマイナスになるのが代理店メディアサービスのキャッシュバックです。

それに対して、代理店NEXTの3万7千円のキャッシュバックは、ソフトバンク光以外に何のサービスへの加入も必要ありません。

もちろん、ソフトバンク光のオプションサービスへの加入も一切不要です。

代理店NEXTの場合、キャッシュバック分がまるまるとお得になるため、かなりお得になります。

メリット② キャッシュバックの手続きが不要

代理店メディアサービスのキャッシュバックは、ソフトバンク光が開通して12ヶ月後に届くメールからキャッシュバックの手続きをする必要がありました。

手続きができるのが1年後のため、手続きを忘れてしまいキャッシュバックを受け取れなくなるリスクがあります。

それに対して、代理店NEXTは手続き一切不要でキャッシュバックを受け取れる仕組みにしています。

代理店NEXTのホームページからWEB申し込みをすると、後ほど担当者から電話で連絡がかかってきます。

この電話の時に、『キャッシュバックを振り込む口座情報』を確認されるため、それに口頭で答えるだけで後は勝手にキャッシュバックを振り込んでくれます。

この『わずわしい手続きが一切不要』という点も、代理店NEXTのメリットの一つです。

メリット③ キャッシュバックの振込みが早い

代理店メディアサービスのキャッシュバックは、振り込まれるのがソフトバンク光が開通してから12ヶ月後とかなり遅い時期に設定されていました。

キャッシュバックが振り込まれるまで1年も待たなくてはいけないというのはかなりしんどいですよね。

それに対して、代理店NEXTのキャッシュバックは、ソフトバンク光が開通してから2ヶ月後には振り込まれます。

ちなみに、この2ヶ月後というのは、全代理店の中でも一番早い振り込みです。

「キャッシュバックをできるだけ早く受け取りたい」という方にとって、代理店NEXTはなおさらお勧めです。

メリット④ 【決定的】キャッシュバック還元率が100%

代理店NEXTが多くの方に選ばれている最大の理由は、『キャッシュバック還元率』にあります。

『キャッシュバック還元率』というのは、簡単に言うと『申し込みをした方のうち何人がキャッシュバックを受け取れているのか』という数字です。

代理店NEXTは、代理店のホームページ上でも記載している通り、『キャッシュバック還元率100%』を達成しています。

代理店メディアサービスの場合、

  • 膨大な数のオプションサービスを途中で一つでも解約してしまうと、キャッシュバックが無効になる
    (キャッシュバックが振り込まれるまでの12ヶ月間解約できない)
  • 12ヶ月後のキャッシュバックの手続きを忘れると、キャッシュバックが無効になる


という、いくつもキャッシュバックが消滅してしまう罠がはりめぐらされています。

メディアサービス以外の代理店も、例えば価格ドットコムのように、

  • ソフトバンク光が開通して10ヶ月目の1日から月末までに、キャッシュバックの申請が必要

⇒この指定された一か月の間にキャッシュバックの申請を忘れると、キャッシュバックが無効になる


というように、手続きを忘れてキャッシュバックを無効にされてしまう方が続出しています。

それに対して、代理店NEXTは、キャッシュバックの手続き自体を不要にしているため、手続きを忘れてキャッシュバックを無効にされてしまうというリスクが全くありません。

確実にソフトバンク光のキャッシュバックを受け取るのであれば、代理店NEXTが最もお勧めです。

【まとめ】代理店メディアサービスのキャッシュバックは絶対にやめておこう

この記事ではここまで、代理店メディアサービスが実施しているソフトバンク光のキャッシュバックと、他社が実施しているキャッシュバックを詳しく比較してきました。

最後に結論として言えるのは、代理店メディアサービスのキャッシュバックは全くお勧めできないということ。

キャッシュバックの金額を7万5千円と高額にみせかけているだけで、加入しなければいけないサービスの利用料金を考えると、9万円以上の出費が必要になります。

キャッシュバックでお得になるどころか、逆に損をする仕組みです。

こんなキャッシュバックを申し込むのは絶対にやめておきましょう。


お勧め代理店NEXTのホームぺージはこちら



SoftBank光キャンペーン

人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!