ドコモ光×DTIのキャッシュバックはお得だがお勧めできない理由

当サイトの管理人
老舗のプロバイダー・DTIが実施しているドコモ光のキャッシュバックは、お勧めできるのかという点について詳しく解説をした記事です。

プロバイダーとして、フレッツ光やドコモ光・auひかりなど、様々な光回線にサービスを提供しているDTI。

DTIはかなり老舗のプロバイダーで、ドコモ光でもそれなりに人気のあるプロバイダーです。

ドコモ光ではタイプAのプロバイダーとして利用することができますが、このDTIでは独自のキャッシュバックを行っています。

この記事では、DTIが行っているドコモ光のキャッシュバックの内容を、他社が行なっているドコモ光のキャッシュバックの内容と比較をしながら、詳しく解説をしていきます。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【ドコモ光×人気の公式プロバイダー・GMOとくとくBB限定キャンペーン】
最大約63,000円お得になるキャンペーン実施中!





ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光をどこから申込みをしても適用される共通キャンペーン

DTIが行なっているドコモ光のキャッシュバックを説明していく前に、まずは、ドコモ光のキャンペーンの基本的な構成について簡単に説明をしていきます。

ドコモ光のキャンペーンは、大きく分けると下記の二つに分けることが出来ます。

  • 共通キャンペーン(ドコモ光をどこから申し込んでも適用されるキャンペーン)
  • 独自キャンペーン(申し込み先ごとに異なるキャンペーン)

ドコモ光をどこから申し込みをしても適用される共通キャンペーンは下記の通りです。

【ドコモ光 共通キャンペーン】

(どこから申込みをしても必ず適用されるキャンペーン)

  • 工事費が今ならキャンペーンで無料
  • dカードGOLD 申込みで最大1万3千円還元
  • 他社スマホからドコモスマホへの乗換えで、dポイント10,260ポイントプレゼント

これ以外の独自のキャッシュバックなどが申し込み先により異なってきます。

ドコモ光の申込み先

  • 【お得じゃない】ドコモ光の公式サイト
  • 【お得じゃない】ドコモショップ
  • 【お得じゃない】家電量販店
  • 【お得じゃない】価格.com
  • 【お得】ドコモ光の公式プロバイダーのホームぺージ(一部のプロバイダーがお得)
  • 【お得】ドコモ光の代理店

どの申し込み先も、先ほど説明をした『共通キャンペーン』と『独自キャンペーン』をごっちゃにして記載しているため、一番お得な申し込み先を見極めるためには、『独自キャンペーン』に絞って見ていくことが重要です。

この記事では、わかりやすいように、各申込み先が行っている『独自キャンペーン』に絞って解説をしていきます。

プロバイダー・DTIで実施している独自キャッシュバック

現在、ドコモ光の公式プロバイダーであるDTIでは、下記の独自キャンペーンを行っています。


【ドコモ光 DTI独自キャンペーン】

  • キャッシュバック最大1万5千円
  • dポイント2千ポイントプレゼント
  • 11ac・v6プラス対応の無線ルーターのレンタル料金が永年無料
  • セキュリティソフト・マカフィー(月額500円)が12ヵ月無料

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
ドコモ光開通月を含む8ヶ月目に、DTIから付与された基本メールアドレス宛に、キャッシュバックの振込先口座を登録する依頼のメールがきます。
そのメールから振込み先の口座を登録次第、キャッシュバックが振りこまれます。

【キャッシュバックの振込み時期】
キャッシュバックの振込み時期は、最短でドコモ光の開通月を含む8カ月目です。

自宅で使える無線ルーターの無料レンタルや、セキュリティソフトの無料キャンペーンは、大手のプロバイダーであればどこも行なっているため、DTIだけがお得というわけではありません。

DTIを通してドコモ光を申し込んだ時にお得になるのは、『キャッシュバック1万5千円+dポイント2千ポイント』の計1万7千円分の還元です。

ドコモ光のプロバイダーの中には、こういった独自の還元を行なっているプロバイダーもあれば、行なっていないプロバイダーも多く存在します。

独自の還元を行っているプロバイダーは、そのほとんどがDTIと同じく計1万7千円分か、もしくはそれよりも5千円高い還元を行っています。

それを考えれば、DTIの独自キャンペーンは、他のプロバイダーと比べてもそこまで遜色のない内容になっていますが、少し気になるのが、キャッシュバックの振り込みが少し遅いという点。

他のほとんどのプロバイダーは、ドコモ光の開通から3ヶ月~5ヶ月ぐらいでキャッシュバックを振り込んでくれます。

それに対して、DTIは振り込みが8ヶ月後と少し遅めです。

ただ、「プロバイダーはどうしてもDTIにしたい」という方にとっては、一番面倒な手続きなくドコモ光の申し込みができるのがDTIの公式ホームページになります。

そのため、プロバイダーとしてDTIにこだわりがある方は、DTIの公式ホームページからドコモ光を申し込みするのが一番お勧めです。


DTI公式サイトでキャンペーンを確認される方はこちら
DTI with ドコモ光
DTI with ドコモ光
当サイトのアシスタント
ドコモ光で利用するプロバイダーを「絶対にDTIにしたい」という方のほとんどは、下記に該当する方だと思います!

  • 他の光回線ですでにプロバイダーとしてDTIを利用している方

この場合、DTIの公式ホームページから申し込みをすれば、メールアドレスや利用しているプロバイダーのサービスも、ドコモ光でも変わらず継続することができます!

もちろん、その場合も上記のキャッシュバックは適用可能です!

ドコモ光公式サイトの独自キャンペーンと比較してみる

ここから、DTIで実施している独自キャンペーンの内容と、他の申し込み先で実施している独自キャンペーンとを一つずつ比較をしていきたいと思います。

まずは、ドコモ光の公式サイトで実施している独自キャンペーンと比較をしていきます。

ドコモ光の公式サイトでは現在下記のキャンペーンを実施中です。

【ドコモ光×公式サイトのキャンペーン内容】

  • dポイント最大2万ポイントプレゼント
  • ~2万ポイント=新規申込み・事業者変更の申込み(光コラボ⇒ドコモ光への乗換え)の場合
    ~1万5千ポイント=転用の申込み(フレッツ光⇒ドコモ光への乗換え)の場合

ポイント付与時期や注意点について

【ポイントの付与時期】
「ドコモ光」ご利用開始月の翌々月

【注意点】
付与されるdポイント(期間・用途限定)は「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)」「ケータイ料金の支払い」「データ量の追加」には利用できません。
dポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月含む6か月です。6カ月以内に利用がなかった場合、自動的にポイントは消滅します。

ドコモ光の公式サイトは、DTIの独自キャンペーンと違って、現金での還元(キャッシュバック)は行なっていません。

全額dポイントによる還元キャンペーンを行っており、その額は2万ポイント。

DTIは『キャッシュバック1万5千円+dポイント2千ポイント』の計1万7千円の還元だったので、それと比べると還元される額は若干少なめです。

それにプラスして、還元額以前の問題で、素直にドコモ光の公式サイトのキャンペーンをお勧めできない部分があります。

それが、全額dポイントによる還元だという点です。

しかも、この還元されるdポイントは、『期間・用途限定ポイント』といって、利用できる期間も・利用できる用途もかなり限定されているポイントです。

『期間・用途限定ポイント』とは

  • 利用できる期間=付与されてから6ヶ月以内
  • ⇒付与されてから6ヶ月が過ぎると自動で全てのポイントが消滅します。

  • 利用用途= dポイントが使える限られたお店・ネットショップでお買い物に利用できます。
  • ⇒ドコモの携帯電話料金の支払いに充当することはできません。

普段からdポイントでお買い物をしている方にとっては、この『期間・用途限定ポイント』での還元でも全く問題はないと思います。

ただ、普段dポイントでお買い物をしていない方にとっては、この『期間・用途限定ポイント』のdポイントで還元をされてもあまり嬉しくないという方も多くいらっしゃると思います。

そういう方の場合は、『現金1万5千円+dポイント2千ポイント』のDTIのキャンペーンのほうを申込むほうがお勧めです。

参考リンク

【公式】ドコモ光 公式サイト
当サイトのアシスタント
現金での還元もあれば何にでも自由に使うことができますが、ポイントでの還元だと利用できる用途がかなり限定されます!

還元される額だけを見て「お得だ」と勘違いしないよう、注意するようにしてください!

ポイントでもらうのか現金でもらうのかでは、使い方の自由度がまるで異なります!

ドコモショップの独自キャンペーンと比較してみる

ドコモショップでもドコモ光の独自キャンペーンを実施しています。

ドコモショップで実施している独自キャンペーンは下記の通りです。

【ドコモ光×ドコモショップのキャンペーン内容】

  • dポイント最大1万ポイントプレゼント

ポイント付与時期や注意点について

【ポイントの付与時期】
「ドコモ光」ご利用開始月の翌々月

【注意点】
付与されるdポイント(期間・用途限定)は「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)」「ケータイ料金の支払い」「データ量の追加」には利用できません。
dポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月含む6か月です。6カ月以内に利用がなかった場合、自動的にポイントは消滅します。

ドコモショップもドコモ光の公式サイトと同じく、全額dポイントによる還元を行っており、現金での還元(キャッシュバック)は行っていません。

ドコモショップの場合は、ドコモ光の公式サイトよりも還元ポイントが少なく、還元される額は1万ポイントです。

これなら、DTIの『キャッシュバック1万5千円+dポイント2千ポイント』の計1万7千円の還元のほうが明らかにお得ですね。

DTIのように、dポイントではなく、そのほとんどを現金で還元してくれるのであれば、何にでも自由に使うことができますし。

ちなみに、ドコモショップで還元されるdポイントも、ドコモ光の公式サイトと同じく『期間・用途限定ポイント』です。

ドコモ光の申し込みを検討している方の中には、「ドコモショップで担当者からドコモ光の説明を詳しく聞きたい」という方もいらっしゃると思います。

その場合は、ドコモショップではあくまでも説明を聞くまでにとどめて、申し込みは別のところからするほうがお得です。

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモショップからドコモ光を申しこんだ場合、キャンペーンの適用条件として不要なオプションサービスに加入させられてしまうケースが多くあります!

ドコモショップでのオプションサービスの強制加入に関しては、被害者が多発しているのが現状です!

そういった意味でも、ドコモショップからドコモ光の申し込みをするのはお勧めできません!

家電量販店の独自キャンペーンと比較してみる

次に、家電量販店で実施しているドコモ光の独自キャンペーンと、DTIの独自キャンペーンを比較していきます。

家電量販店では、現在下記の独自キャンペーンを実施中です。

【ドコモ光×家電量販店のキャンペーン】

※スマホの場合、横にスクロールして見ることが出来ます。

家電量販店 ドコモ光

キャンペーン

ヤマダ電機 dポイント1万ポイント

商品券1万円

ビックカメラ dポイント1万ポイント

商品券1万円

コジマ電器 dポイント1万ポイント

商品券1万円

ヨドバシカメラ dポイント1万ポイント

商品券1万円

ケーズデンキ dポイント1万ポイント

現金1万円キャッシュバック

エディオン なし

※商品券は、同じ系列店でも店舗や地域によって、JCB商品券か、その家電量販店グループでしか使えない商品券のどちらがもらえるかは異なります。

お店によりキャンペーン内容は異なりますが、『商品券or現金で1万円還元+dポイント1万ポイント還元』で、トータルで2万円の還元という点は変わりません。

これなら、DTIの『キャッシュバック1万5千円+dポイント2千ポイント』のほうが若干ですがお得です。

しかも、ケーズデンキはdポイント以外の部分を“現金(キャッシュバック)”で還元してくれますが、他の家電量販店に関しては、その系列店でしか使えない商品券での還元になります。

家電量販店からドコモ光は申し込むのであれば、DTIの公式ホームページから申し込みをしたほうが、ほとんどを現金で受け取ることが出来るため、お勧めです。

当サイトのアシスタント
対人で勧誘・接客をしている家電量販店も、ドコモショップと同じく不要なオプションサービスに加入させられてしまうという被害が後を絶ちません!

というのも、家電量販店でドコモ光のキャンペーンを受けるためには、不要なオプションサービスへの加入が条件になっているケースが多いからです!

当サイトの管理人
以前は、光回線のお得な申し込み先といえば、家電量販店が筆頭にあがる時代もありました。
(フレッツ光の全盛期など)

でも今、家電量販店から光回線を申込むのはあまりお得ではありません。

今一番お得なキャンペーンを行っているのは、プロバイダーの公式ホームページやネット代理店といった、『WEB申込み』ができる申込み先です。

『WEB申込み』ができる申込み先は、人件費を大幅に削減できるため、その分をキャンペーンに上乗せしているところが多いです。

【一覧】代理店・プロバイダー・価格.comの独自キャンペーン

この記事では、ここまで、DTI公式ホームページの独自キャンペーンを、ドコモ光の公式サイトの独自キャンペーンやドコモショップ・家電量販店の独自キャンペーンと比較してきました。

ドコモ光は、これ以外にも、多くのプロバイダーやネット代理店で独自キャンペーンを行っています。

そのキャンペーン内容を一覧にしたのが下記の表です。

※スマホの場合、横にスクロールして見ることが出来ます。

ISP・代理店・価格com キャンペーン 補足事項

GMOとくとくBB

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短4カ月後)

【手続き方法】開通月含め、4カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

ぷらら

ドコモ光

キャッシュバック

最大1万5千円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短5カ月後)

【手続き方法】開通月含め、5カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

@nifty

【@nifty with ドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短12カ月後)

【手続き方法】開通月含め、11カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

DTI

DTI with ドコモ光

キャッシュバック

最大1万5千円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短8カ月後)

【手続き方法】開通月含め、8カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

OCN

安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短3カ月後)

【手続き方法】開通月含め、2カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要
【上記以外のプロバイダー希望時にお勧め】

代理店ネットナビ

ドコモをお使いなら【ドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短2カ月後)

【手続き方法】開通月含め、2カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

代理店Wiz

【ドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短6カ月後)

【手続き方法】開通月含め、6カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要
▲(非推奨)

価格.com

キャッシュバック

20,088円

dポイント2千ポイント

(振込み時期はプロバイダーにより異なる)

【手続き方法】後ほど届くメールから、振込み先口座の登録が必要

▲お得なように見えますが、価格.comは、ドコモ光に限らず、キャッシュバックを受け取れない被害が続出しているため、お勧めできません。

上記のほとんどが、DTIの独自キャンペーンの内容と金額的には変わらないか、もしくは5千円高い金額のキャッシュバックを行っています。

ただ、この中でも本当にお勧めできる申込み先と、お勧めできない申込み先とがあります。

この中で、DTIよりも圧倒的にお勧めできる申し込み先は、ドコモ光の公式プロバイダーである『GMOとくとくBB』の独自キャンペーンです。

DTIはお得だが、一番のお勧めできるのはGMOとくとくBBのキャッシュバック

ドコモ光の独自キャンペーンの中で、最もお勧めできる公式プロバイダ-『GMOとくとくBB』では、現在下記のキャンペーンを実施しています。

【ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン内容】

  • キャッシュバック最大2万円
  • dポイント2千ポイントプレゼント
  • 11ac・v6プラス対応の高機能な無線ルーターのレンタル料金が永年無料
  • インターネット接続設定が無料
  • セキュリティソフト・マカフィー(月額500円)が12ヵ月無料

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
ドコモ光開通月を含む4ヶ月目に、GMOとくとくBBから付与された基本メールアドレス宛に、キャッシュバックの振込先口座を登録する依頼のメールがきます。
そのメールから振込み先の口座を登録した翌月末日(営業日)に振りこまれます。

【キャッシュバックの振込み時期】
キャッシュバックの振込み時期は、最短でドコモ光の開通月を含む5カ月目の月末です。

【dポイントの付与時期】
「ドコモ光」利用開始月の翌々月

キャンペーンの内容としては、『キャッシュバック最大2万円+dポイント2千ポイント還元』と、DTIの独自キャンペーンよりも5千円高い金額になっています。

金額もそうですが、それ以外の部分でも、DTIの独自キャンペーンと比べると、圧倒的に『GMOとくとくBB』のほうがお勧めできます。

DTIよりも『GMOとくとくBB』のキャンペーをお勧めするのには、大きな理由があります。


GMOとくとくBBの公式サイトでキャンペーンを確認される方はこちら



速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

小見出し:お勧めの理由① インターネットが圧倒的に速い

ドコモ光は多くのプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選択できますが、プロバイダーの公式サイトからキャンペーンを申し込んだ場合、利用するプロバイダーもそのプロバイダーになります。

DTIの公式ホームページから申し込みをすれば、利用するプロバイダーもDTIになりますし、GMOとくとくBBの公式ホームページから申し込みをすれば、GMOとくとくBBをプロバイダーとして利用することになります。

そして、ドコモ光はどのプロバイダ-を利用するかで、インターネットの実測値(実際に出るインターネット速度)が大きく変わってきます。

インターネットの実測値という点で、DTIとGMOとくとくBBを比べた場合、圧倒的に評判がいいのはGMOとくとくBBです。

GMOとくとくBBは、“インターネット速度”という点において、他のどのプロバイダーでも行なっていない独自の取り組みを行っています。

GMOとくとくBBの独自の取り組み

  • 高速インターネットのIPv6プラスに対応
  • 自宅で使えるハイスペックの無線ルーターの無料レンタル
  • 【独自】地域別の実測値をホームページ上で公開
  • 【独自】実測値が100Mbpsに満たない場合、速度保証を実施

意外かもしれませんが、ドコモ光の全プロバイダーの中で、インターネットの実測値を公開しているのは、GMOとくとくBBだけです。

インターネットの“最大速度”はどのプロバイダーも宣伝しているものの、実測値はよほどインターネット速度に自信がない限り、公開することはできません。

それはそうですよね。

仮に、GMOとくとくBBのように「この地域なら平均で●Mbpsの速度が出ます」と断言してしまった場合、その速度が出なければクレームの嵐になることは目に見えています。

加えて、速度保証を行っているのも、ドコモ光の全プロバイダーの中でGMOとくとくBBだけです。

実測値が100Mbpsを下回った場合、速度改善の取り組みを行ってくれて、速度が改善するまで毎月ポイントバックを行ってくれます。

他のプロバイダーの場合は、インターネット速度が遅かった場合でも、「ベストエフォート型のサービスです」と言われるだけで(要するに、そういうサービスですと言われるだけ)、改善の取り組みを行ってくれることはほとんどありません。

光回線を利用する上で、多くの方が最も重要視しているのが『インターネット速度』という点です。

この点を考えれば、ドコモ光でどのプロバイダ-を利用しようか迷っている方は、GMOとくとくBBにしておけばまず間違いありません。

当サイトのアシスタント
ちなみに、インターネット速度が遅いプロバイダ-を選んでしまった場合、後からプロバイダーを変更するには、変更の手数料も必要になりますし、プロバイダーの違約金も発生してきます!

インターネット速度が遅いプロバイダ-を選んでしまい、後からプロバイダーを変更する方はかなり多くいらっしゃいます!

そうならないためにも、初めからインターネット速度の評判の良いプロバイダーを選んでおくことが重要です!

小見出し:お勧めの理由② DTIと同じくキャンペーンが大きい

ドコモ光では、全24社のプロバイダーの中から利用するプロバイダ-を選択することができますが、DTIやGMOとくとくBBのように、独自キャンペーンを行っているのは、そのうち1/4程度のプロバイダーに過ぎません。

それ以外のプロバイダーからドコモ光の申し込みをしてしまうと、DTIやGMOとくとくBBが実施しているようなキャッシュバックを受け取ることはできません。

加えて、独自キャンペーンを行っているプロバイダーの中でも、GMOとくとくBBは最高額の還元を行っています。

キャンペーンの大きさという部分でも、GMOとくとくBBはかなりお勧めです。

当サイトのアシスタント
それ以外にも、プロバイダーによって、無料で使えるメールアドレスの数やサービスが異なってきますが、GMOとくとくBBは無料で使えるサービスが豊富なことでも有名です!

そういった部分でも、GMOとくとくBBはかなりお勧めのプロバイダーです!

小見出し:お勧めの理由③ キャッシュバックの振込みが早い

DTIのキャッシュバックはお得ではありますが、キャッシュバックの振込みが、ドコモ光が開通してから8ヶ月後と少し遅めです。

それに対して、GMOとくとくBBは、ドコモ光が開通してから5ヶ月後にキャッシュバックを振り込んでくれます。

できることなら、キャッシュバックは早めにもらえるにこしたことはありませんよね。

キャッシュバックの振込みが早いという点も、GMOとくとくBBをお勧めできるポイントの一つかなと思います。

【騙されるな】価格.comのキャンペーンはやめておいたほうがいい

よく、価格ドットコムのほとんど誇大広告に近い月額料金の記載やキャンペーンを見て、価格ドットコムから光回線を申し込んでしまう方がいらっしゃいますが、価格ドットコムから光回線を申し込むのはお勧めできません。

というのも、価格ドットコムはどの申し込み先よりも、「キャッシュバックを受け取れなかった」という被害が多発している申し込み先だからです。

キャッシュバックの手続きを異常に複雑にして、キャッシュバックをあえて振り込まないようにしている悪質代理店が多く存在していますが、価格ドットコムはさらにその上を行きます。

価格ドットコムで実施している光回線のキャッシュバックの中で、ドコモ光のキャッシュバックはまだマシなほうです。


【ドコモ光 価格.com独自キャンペーン】

  • ドコモ光の申込みでキャッシュバック20,088円
  • dポイント2千ポイント

キャンペーンの内容で見ると、GMOとくとくBBが実施しているキャンペーンよりも、約100円だけキャッシュバックが大きいという内容です。

ただ、先ほどもお伝えした通り、価格ドットコムのキャッシュバックは受け取れない被害が多発しています。

受け取れないキャッシュバックには何の意味もありません。

価格ドットコムからドコモ光の申し込みをするのはやめておいたほうが無難です。

【まとめ】

この記事では、ここまで、DTIが実施している独自のキャッシュバックと、他社が実施している独自のキャッシュバックを比較してきました。

最後に結論として言えるのは、DTIのキャッシュバックはお得だけれども、一番お勧めできるわけではないということです。

ドコモ光のキャッシュバックの中で、一番お勧めできるのはGMOとくとくBBのキャッシュバックです。

キャッシュバックの内容もさることながら、インターネット速度という点で圧倒的に評判がいいのがGMOとくとくBBです。

ただ、中には、「プロバイダーはどうしてもDTIにしたい」という方もいらっしゃると思います。

その場合は、下記の選び方で選んでおけば間違いありません。

選び方

DTIもGMOとくとくBBもお得な独自キャンペーンを行っていますが、インターネット速度・無料で使えるオプションサービスの豊富さ・評判など、様々な点から本当にお勧めできるのはGMOとくとくBBです。

ドコモ光は、どのプロバイダーを利用するかで満足度が大きく異なってきます。

ドコモ光のキャッシュバックを申し込むのであれば、キャッシュバックの金額だけを見るのではなく、インターネット速度や評判なども含めて、トータルで判断することをお勧めします。

【ドコモ光キャッシュバック】
ドコモ光のお得なキャッシュバック徹底比較!
人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!