ドコモ光の家電量販店キャッシュバックはお得なのか?

当サイトの管理人
家電量販店で実施しているドコモ光のキャッシュバックやキャンペーンは、本当にお得なのかどうかという点について、詳しく解説をした記事です。

数ある光回線の中でも、ドコモユーザーに圧倒的な人気を誇るのがドコモ光です。

ドコモの携帯を利用している方は、ドコモ光にすればかなり大きな金額の携帯電話料金の割引を毎月受けることができます。

ドコモ光は、公式サイトやインフォメーションセンター、ドコモショップなどに限らず、様々な家電量販店から申し込みをすることもできます。

この記事では、家電量販店で実施しているドコモ光のキャンペーンの内容を、他社のキャンペーンと詳しく比較をしながら説明していきます。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【ドコモ光×人気の公式プロバイダー・GMOとくとくBB限定キャンペーン】
最大約63,000円お得になるキャンペーン実施中!





ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光はどこから申込みをするかで特典が異なる

まず先に、ドコモ光のキャンペーンを分かりやすく説明するために、ドコモ光をどこから申し込みをしても適用されるキャンペーンについて説明をしていきます。

ドコモ光をどこから申し込みをしても適用される“共通キャンペーン”の内容は、下記の通りです。

【ドコモ光 共通キャンペーン】

(どこから申込みをしても必ず適用されるキャンペーン)

  • 工事費が今ならキャンペーンで無料
  • dカードGOLD 申込みで最大1万3千円還元
  • 他社スマホからドコモスマホへの乗換えで、dポイント10,260ポイントプレゼント

これ以外の、独自のキャッシュバックや独自のポイント還元・商品券の還元などが申し込み先ごとに異なってきます。

ドコモ光の申込み先

  • 【お得じゃない】ドコモ光の公式サイト
  • 【お得じゃない】ドコモショップ
  • 【お得じゃない】家電量販店
  • 【お得じゃない】価格.com
  • 【お得】ドコモ光の公式プロバイダーのホームぺージ
  • 【お得】ドコモ光の代理店

ドコモ光の独自キャンペーンでお得なのはGMOとくとくBB

ここから、家電量販店で実施しているドコモ光のキャンペーンの内容を説明した後、他社のキャンペーンと詳しく比較をしていきますが、ドコモ光のキャンペーンで最もお勧めできるのが『GMOとくとくBB』のキャンペーンです。

『GMOとくとくBB』では、現在下記のキャンペーンを行なっています。

【ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン内容】

  • キャッシュバック最大2万円
  • dポイント2千ポイントプレゼント
  • 11ac・v6プラス対応の高機能な無線ルーターのレンタル料金が永年無料
  • インターネット接続設定が無料
  • セキュリティソフト・マカフィー(月額500円)が12ヵ月無料

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
ドコモ光開通月を含む4ヶ月目に、GMOとくとくBBから付与された基本メールアドレス宛に、キャッシュバックの振込先口座を登録する依頼のメールがきます。
そのメールから振込み先の口座を登録した翌月末日(営業日)に振りこまれます。

【キャッシュバックの振込み時期】
キャッシュバックの振込み時期は、最短でドコモ光の開通月を含む5カ月目の月末です。

【dポイントの付与時期】
「ドコモ光」利用開始月の翌々月

『GMOとくとくBB』は、ドコモ光の公式プロバイダーですが、多くの方に選ばれているプロバイダーです。

なぜ『GMOとくとくBB』のキャンペーンが多くの方に選ばれているのかという点については、後ほど詳しく解説をしていきます。


ドコモ光のキャッシュバックはGMOとくとくBBがお勧め



速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

家電量販店で実施中の独自キャンペーン

現在、大手の家電量販店で実施しているドコモ光のキャンペーンは下記の通りです。

【ドコモ光×家電量販店のキャンペーン】

※スマホの場合、横にスクロールして見ることが出来ます。

家電量販店 ドコモ光

キャンペーン

ヤマダ電機 dポイント1万ポイント

商品券1万円

ビックカメラ dポイント1万ポイント

商品券1万円

コジマ電器 dポイント1万ポイント

商品券1万円

ヨドバシカメラ dポイント1万ポイント

商品券1万円

ケーズデンキ dポイント1万ポイント

現金1万円キャッシュバック

エディオン なし

※商品券は、同じ系列店でも店舗や地域によって、JCB商品券か、その家電量販店グループでしか使えない商品券のどちらがもらえるかは異なります。

どの家電量販店も、『dポイント1万ポイント+商品券かキャッシュバック1万円分』で、トータルで2万円分お得になるキャンペーンを行っています。

dポイント以外の還元として、ケーズデンキだけは現金での還元(キャッシュバック)を行なっていますが、他の家電量販店は、そのお店で使える商品券を還元していることがほとんどです。

そもそも、還元されるdポイントですら、『期間用途限定ポイント』といって、

  • 利用用途・利用できるお店が限られている
  • 6カ月以内に利用しないと消滅してしまう

と、かなり使いづらいポイントである上に、加えて、そのお店でしか使えない商品券をもらっても、正直あまりお得感はないですよね。

欲しい家電がなければ、商品券をもらってもあまり嬉しくないですし。

それなら、『GMOとくとくBB』のように、2万2千円還元のうちほとんど(2万円分)を“現金”(キャッシュバック)で受け取った方が、使い道が大きく広がるのでお勧めです。

【注意】家電量販店ではオプションサービスをたくさん付けられることが多い

家電量販店からドコモ光を申し込みすると、不要なオプションサービスを、かなりの数加入させられることがあります。

これは、対人でドコモ光の説明・勧誘を行なっているドコモショップなどでも同じです。

家電量販店から見た場合、ドコモ光のオプションサービスを家電量販店を通して申し込みさせると、後ほど、ドコモからその家電量販店に加入させたオプションサービス分のインセンティブが支払われます。

家電量販店やドコモショップで、膨大な数のオプションサービスを勧誘されるのはこのためです。
(オプションサービスに加入させればさせるほど、そのお店が儲かる)

まともに販売員さんの話を聞いてしまうと、相当な数のオプションサービスに加入させられることが多いため、家電量販店からドコモ光を申し込む場合には、不要なオプションサービスは「いらないです」ときっぱり断るようにしましょう。

当サイトのアシスタント
ちなみに、家電量販店のキャンペーンは、還元される金額が他社のキャンペーンよりも少なくなっています!

これは、他社が『WEB申し込み』を中心にして人件費を削減しているのに対し、家電量販店の場合は大きな人件費がかかっているからです!

家電量販店のキャンペーンは、

  • キャンペーンの還元額が少ない
  • かなりの数のオプションサービスに加入させられることがある

これらの点から、あまりお勧めできません!

ドコモ光の公式サイトの独自キャンペーンと比較

家電量販店で行っているドコモ光のキャンペーンを、ドコモ光の公式サイトの独自キャンペーンと比較をしてみます。

現在、ドコモ光の公式サイトでは、下記のキャンペーンを実施中です。

【ドコモ光×公式サイトのキャンペーン内容】

  • dポイント最大2万ポイントプレゼント
  • ~2万ポイント=新規申込み・事業者変更の申込み(光コラボ⇒ドコモ光への乗換え)の場合
    ~1万5千ポイント=転用の申込み(フレッツ光⇒ドコモ光への乗換え)の場合

ポイント付与時期や注意点について

【ポイントの付与時期】
「ドコモ光」ご利用開始月の翌々月

【注意点】
付与されるdポイント(期間・用途限定)は「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)」「ケータイ料金の支払い」「データ量の追加」には利用できません。
dポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月含む6か月です。6カ月以内に利用がなかった場合、自動的にポイントは消滅します。

家電量販店が『dポイント1万ポイント+商品券か現金1万円分』でトータル2万円の還元だったのに対し、ドコモ光の公式サイトは『dポイント2万ポイント』の還元キャンペーンを行っています。

トータルの還元額は同じですが、かなり微妙なところが、公式サイトは『全額dポイントでの還元』だということ。

ドコモ光の公式サイトで還元されるdポイントも、『期間用途限定ポイント』といって、

  • 利用用途・利用できるお店が限られている
  • 6カ月以内に利用しないと消滅してしまう

という、あまり使い勝手が良くないポイントです。

一般的にdポイントは、1ポイント1円換算で携帯電話料金の支払いに充てることができますが、付与される『期間用途限定ポイント』は携帯電話料金の支払いに使うことはできません。

この『期間用途限定ポイント』の使い方としては、dポイントが利用できる限られたお店やネットショップで買い物に使うというのが現実的です。

そのため、普段からdポイントでお買い物をしている方にとっては全額dポイントで還元を受けてもお得だと思いますが、普段dポイントで買い物をしていない方に関しては、公式サイトのキャンペーンはあまりお勧めできません。

参考リンク

【公式】ドコモ光公式サイト

ドコモショップの独自キャンペーンと比較

次に、家電量販店のキャンペーンと、ドコモショップからドコモ光を申し込んだ場合のキャンペーンを比較していきます。

現在、ドコモショップでは下記のキャンペーンを実施しています。

【ドコモ光×ドコモショップのキャンペーン内容】

  • dポイント最大1万ポイントプレゼント

ポイント付与時期や注意点について

【ポイントの付与時期】
「ドコモ光」ご利用開始月の翌々月

【注意点】
付与されるdポイント(期間・用途限定)は「ポイント交換商品(賞品が当たる抽選、JALマイル・Pontaポイントへの交換含む)」「ケータイ料金の支払い」「データ量の追加」には利用できません。
dポイント(期間・用途限定)の有効期限は進呈月含む6か月です。6カ月以内に利用がなかった場合、自動的にポイントは消滅します。

ドコモショップの場合はdポイント1万円の還元のみと、家電量販店のトータル2万円お得になるキャンペーンより還元額は少なめです。

加えて、ドコモ光の公式サイトと同様、全額を利用用途が限定されるdポイントでしか還元されないなら、ドコモショップから申込むメリットは何一つありません。

プロバイダーや代理店から申込みをすれば、『dポイント2千ポイント+現金2万円のキャッシュバック』と、還元のほとんどを“現金”で受け取ることが出来ます。

どう考えてもプロバイダーや代理店のキャンペーンのほうがお得です。

当サイトのアシスタント
先ほども記載しましたが、家電量販店と同じく、ドコモショップでも不要なオプションサービスをかなりの数加入させられるという被害が多発しています!

もし、ドコモショップからドコモ光の申し込みを考えているのであれば、不要なオプションサービスは、はっきりと「必要ないです」と伝えるようにしましょう!

【一覧】代理店・プロバイダー・価格.comの独自キャンペーン

ここまで、家電量販店で実施しているキャンペーンと、公式サイト・ドコモショップのキャンペーンを比較してきました。

ただ、ドコモ光はそれ以外にも、多くの代理店や公式プロバイダーでも、独自キャンペーンを実施しています。

それを一覧にしたのが、下記の表です。

※スマホの場合、横にスクロールして見ることが出来ます。

ISP・代理店・価格com キャンペーン 補足事項

GMOとくとくBB

速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短4カ月後)

【手続き方法】開通月含め、4カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

ぷらら

ドコモ光

キャッシュバック

最大1万5千円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短5カ月後)

【手続き方法】開通月含め、5カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

@nifty

【@nifty with ドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短12カ月後)

【手続き方法】開通月含め、11カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

OCN

安心のNTTグループ『OCNforドコモ光』

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短3カ月後)

【手続き方法】開通月含め、2カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要
【上記以外のプロバイダー希望時にお勧め】

代理店ネットナビ

ドコモをお使いなら【ドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短2カ月後)

【手続き方法】開通月含め、2カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要

代理店Wiz

【ドコモ光】

キャッシュバック

最大2万円

dポイント2千ポイント

(振込みは開通月を含めて最短6カ月後)

【手続き方法】開通月含め、6カ月後に届くメールから、振込み先口座の登録が必要
▲(非推奨)

価格.com

キャッシュバック

20,088円

dポイント2千ポイント

(振込み時期はプロバイダーにより異なる)

【手続き方法】後ほど届くメールから、振込み先口座の登録が必要

▲お得なように見えますが、価格.comは、ドコモ光に限らず、キャッシュバックを受け取れない被害が続出しているため、お勧めできません。

だいたいどのキャンペーンも同じような内容ではありますが、この中で一番お勧めできるのが『GMOとくとくBB』のキャンペーンです。

ここから、家電量販店のキャンペーンと、『GMOとくとくBB』のキャンペーンを比較していきたいと思います。

【お勧め】お勧めのGMOとくとくBBの独自キャンペーンと比較

現在、ドコモ光のお勧めの申し込み先である『GMOとくとくBB』では、下記のキャンペーンを行っています。

【ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン内容】

  • キャッシュバック最大2万円
  • dポイント2千ポイントプレゼント
  • 11ac・v6プラス対応の高機能な無線ルーターのレンタル料金が永年無料
  • インターネット接続設定が無料
  • セキュリティソフト・マカフィー(月額500円)が12ヵ月無料

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
ドコモ光開通月を含む4ヶ月目に、GMOとくとくBBから付与された基本メールアドレス宛に、キャッシュバックの振込先口座を登録する依頼のメールがきます。
そのメールから振込み先の口座を登録した翌月末日(営業日)に振りこまれます。

【キャッシュバックの振込み時期】
キャッシュバックの振込み時期は、最短でドコモ光の開通月を含む5カ月目の月末です。

【dポイントの付与時期】
「ドコモ光」利用開始月の翌々月

『GMOとくとくBB』はドコモ光の全プロバイダーの中で、唯一、【速度保証(実測値100Mbps)】を行なっているプロバイダーであり、「インターネットが速い」とかなり評判の良いプロバイダーです。

また、無料で使えるオプションサービスも豊富で、キャンペーンも非常に大きなキャンペーンを行なっています。

このキャンペーンを家電量販店のキャンペーンと比べた時に、どんなところにメリットがあってデメリットがあるのか。

GMOのキャンペーンが家電量販店と比べて良いところ

『GMOとくとくBB』のキャンペーンを家電量販店のキャンペーンと比べた時に、メリットと呼べる点は2点ほどあります。

それが下記の2点です。

2つのメリット

  • トータルの還元額が2万2千円と大きい
  • 還元額のほとんど(2万円分)を現金でキャッシュバックしてくれる

家電量販店のキャンペーンは、『dポイント1万ポイント+商品券か現金1万円分』でトータルで2万円の還元でしたが、『GMOとくとくBB』は『dポイント2千ポイント+現金最大2万円』でトータルで最大2万2千円分のキャンペーンを行っています。

加えて、その還元のほとんどを現金(キャッシュバック)で還元してくれるというのが特徴です。

ドコモ光の公式サイトやドコモショップは、全額dポイントでの還元でした。

それを考えれば、還元額が大きい上に、ほとんどを現金で還元してくれるのは非常にお得な点かなと思います。

GMOのキャンペーンが家電量販店と比べて悪いところ

『GMOとくとくBB』のキャンペーンと家電量販店のキャンペーンを比べた時に、デメリットと呼べるような点は基本的にありません。

強いて言うのであれば、『GMOとくとくBB』は、“WEB申し込み”が基本になっているため、対人でドコモ光の説明を聞くことができないという点ぐらいです。

ただ、『GMOとくとくBB』のホームページからドコモ光を申し込みすると、その後に必ず担当者から確認の電話連絡がきます。

不明な点がある場合は、その時に担当者から詳しく説明を受けることができるため、あまり先ほどの点を心配する必要はありません。

【要注意】価格.comのキャンペーンは全くお勧めしない

よく、価格.comのほとんど誇大広告に近い月額料金やキャンペーンの内容をみて、「価格.comのキャンペーンはお得だ!」と勘違いしてしまう方がいますが、価格.comからドコモ光を申し込みするのはお勧めしません。

というのも、価格.comの光回線のキャッシュバックやキャンペーンは、全体的に、キャッシュバックを受け取れない形が多発するような仕組みにしてあるからです。

よくある悪質な代理店と同じ仕組みです。

むしろ、光回線によっては、悪質な代理店よりもさらにキャッシュバックを受けるとれないような仕組みにしています。

高額のキャッシュバックをチラつかせるだけチラつかせて、『1年後の1ヶ月の間にキャッシュバックをユーザー自らが申請しないと無効になる』など、多くの方がキャッシュバックを受けとれない仕組みにしているのが価格.comです。
(ドコモ光のキャッシュバックはまだマシなほう)


【ドコモ光 価格.com独自キャンペーン】

  • ドコモ光の申込みでキャッシュバック20,088円
  • dポイント2千ポイント

価格.comで実施しているドコモ光のキャンペーンに関しては、家電量販店のキャンペーンよりは若干お得な内容になっています。

プロバイダーや代理店と比べても約100円だけ大きなキャンペーンにはなっています。

ただし、受け取れないキャッシュバックは、いくら高額でも何の意味もありません。

価格.comからドコモ光を申し込みするのはやめておいたほうが無難です。

【補足】GMOとくとくBB以外のプロバイダーを利用したい場合は

この記事では、ここまで家電量販店で実施しているドコモ光のキャンペーンと、他社の様々なキャンペーンを比較した上で、お勧めなのは『GMOとくとくBB』の キャンペーンだという説明をしてきました。

ただ、ドコモ光では『GMOとくとくBB』以外にも、下記の24社のプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選択することができます。

ドコモ光のプロバイダー

【タイプA】月額料金=戸建て:5,200円、マンション:4,000円
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、iC-net、タイガースnet、ビッグローブ、andline、SYNAPSE、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikiTiki、hi-ho、@ネスク、COARA

【タイプB】月額料金=戸建て:5,400円、マンション:4,200円
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

【参考リンク】
ドコモ光公式サイト プロバイダー一覧

プロバイダーによる細かな違いに関しては、こちらのドコモ光公式が発行しているPDFデータでご確認ください。

この中で、もし『GMOとくとくBB』以外のプロバイダーを利用したいという場合には、ネットナビという代理店のキャンペーンがお勧めです。


【ドコモ光 代理店ネットナビ独自キャンペーン】

  • ドコモ光の申込みでキャッシュバック最大2万円
    ※どのプロバイダーを選んでも可
  • dポイント2千ポイント

キャッシュバックの申請方法や振込み時期に関して

【キャッシュバックの申請方法】
ドコモ光開通月を含む2ヶ月目に、登録したメールアドレス宛に、キャッシュバックの振込先口座を登録する依頼のメールがきます。
そのメールから振込み先の口座を登録次第、キャッシュバックが振りこまれます。

【キャッシュバックの振込み時期】
キャッシュバックの振込み時期は、最短でドコモ光の開通月を含む2カ月目です。

代理店ネットナビでは、『GMOとくとく BB』と変わらない金額のキャッシュバック+dポイントの還元を行っており、このキャンペーンはどのプロバイダーを選んでも適用されます。

もちろん、家電量販店で行っているキャンペーンと比べてもお得です。

プロバイダーは『GMOとくとくBB』でいいという方は、『GMOとくとくBB』のホームページからの申し込みがお勧めですが、それ以外のプロバイダーを利用する場合は代理店ネットナビからの申込みを検討してみて下さい。


どのプロバイダーを選んでも高額キャッシュバックをもらえる代理店



ドコモをお使いなら【ドコモ光】

【まとめ】ドコモ光を家電量販店から申込むのはやめておこう

最後に、まとめとして、ドコモ光を家電量販店から申し込みしようと考えている方は、やめておくことをお勧めします。

というのも、この記事で説明してきた通り、

  • そもそも家電量販店のキャンペーンは還元額が少ない
  • dポイント+そのお店(家電量販店)でしか使えない商品券の還元など、利用用途が限られる

というお勧めできないポイントがいくつかあるからです。

ドコモ光を申込むのであれば、プロバイダーの公式ホームページかネット代理店からの申込みを強くお勧めします。

プロバイダーの公式ホームページやネット代理店からの申込みであれば、

  • 家電量販店よりも還元額が大きい
  • 還元のほとんどを“現金”でキャッシュバックしてくれる

というメリットがあります。

光回線は、実際に開通したあと、いろいろな機器を準備したりお金がかかる側面もありますので、ドコモ光を申し込むのであれば一番お得なキャンペーンを適用して申し込むことをお勧めします。


ドコモ光のキャッシュバックはGMOとくとくBBがお勧め



速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

【ドコモ光キャッシュバック】
ドコモ光のお得なキャッシュバック徹底比較!
人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!