auひかりホームを申込む方必見!解約時の撤去費を無料にする方法

サービスの料金や工事料金などは、全て税込みでの金額(実際に支払いが必要な金額)で記載しています。
当サイトの管理人
これからauひかりホームを申込む方は、開通時にかかる初期費用だけではなく解約時にかかる費用もあらかじめ計算して申込むことをお勧めします。この記事では解約時にかかる設備撤去費用を無料にする裏技について解説をしていきます。

auひかりホーム(戸建てタイプ)では、2018年3月1日から解約時にかかる設備撤去費用がかなり改悪されました。

auひかりホームの設備撤去の変更ポイント

  • 【解約時の設備撤去の取り扱いについて】
  • ~2018年2月28日までに申し込みの方=設備撤去は希望がある場合にのみ実施
    ~2018年3月1日以降に申込みの方=設備撤去が必須に

  • 【設備撤去費用】
  • ~2018年2月28日までに申し込みの方=撤去費は11,000円
    ~2018年3月1日以降に申込みの方=撤去費は31,680円

これまでは、設備撤去の希望がある場合にのみ設備撤去を行い費用は11,000円。

ただし、これから申込む方に関しては解約時の設備撤去が必須になりその費用も31,680円と高額に。

長くauひかりホームを利用していても、解約時には高額の設備撤去費用を請求されるという、一言でいうとユーザーにとっては最低の仕様に変更されました。

ただ、条件付きではあるものの、これからauひかりホームを申込む方は解約した時の設備撤去費用を無料にする裏技もあることにはあります。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【auひかり×代理店NEXT限定】
最大約15万円お得になるキャンペーン実施中!





auひかりのキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
auひかりの代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!auひかりを検討している方は下記のページにてご確認ください!
【auひかりのお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

auひかりホーム(戸建て)を申込む方は、開設時にかかる工事費用だけではなく解約時にかかる費用も確認を!

光回線をこれから申込むという場合、初期費用の確認はしても解約時にかかる費用まで念入りに調べてから申込むという方はあまり多くないと思います。

あらかじめ短期利用になりそうな場合には解約時の費用も先に調べるという方もいますが、持ち家の戸建て住宅等に光回線を引く場合には長期利用を前提としている為、解約時のことまで頭が回らないということも多いですからね。

ただ、auひかりの戸建てタイプを申込む場合には、初期費用だけではなくあらかじめ解約時にかかる費用のことも含めて調べておくことをお勧めします。

というのも、auひかりに関してはドコモ光やソフトバンク光等よりもはるかに解約時にかかる費用が大きくなる為です。

何らかの事情で短期利用になって解約することになった場合には、下手すると5万円を越すような請求をされるケースもあるので注意が必要です。

auひかりホームを解約した場合に発生する可能性のある全費用~設備撤去費用・違約金・工事費残債~

auひかりホームを解約した場合に発生する費用の一覧は下記の通りです。

auひかりホームを解約した場合に発生する費用

  • (必須)設備撤去費用=31,680円
  • (可能性あり)複数年契約の違約金=最大16,500円
  • (可能性あり)工事費の残債=最大41,250円

それぞれどういったケースで発生するのか(請求されるのか)簡単に1つずつ説明していきたいと思います。

auひかりホーム解約時に請求される設備撤去費用

設備撤去費用(31,680円)に関しては下記の2つの条件のいずれかに該当した場合に必須で請求されます。

設備撤去費用を必須で請求される条件

  1. 2018年3月1日以降にauひかりホームを申込んだ方
  2. 2018年3月1日以降に1Gbpsのプランから5Gbps・10Gbpsのプランに変更した方

2018年3月1日以降にauひかりホームを申込んだ方だけではなく、以前から利用していても2018年3月1日以降に速度変更を行った場合も設備撤去費用は必須で請求されるように規約が改定された為、注意が必要です。

しかも額が大きくて31,680円、3万円を超える金額を一括請求されることになります。

それに加えて、別に発生する可能性があるのが違約金と工事費の残債です。

当サイトのアシスタント
いくら何でも約3万円は高すぎ…毎月料金を支払って解約時にまでこの額を請求されるのは…

複数年契約(ずっとギガ得プラン・ギガ得プラン)の違約金

auひかりホームでは、複数年契約がない標準プランと、料金が安くなる3年間の契約プラン(ずっとギガ得プラン)と2年間の契約プラン(ギガ得プラン)の3つの料金プランがあります。

このうち、解約をした時に違約金が発生する可能性があるのは3年間の契約プラン(ずっとギガ得プラン)と2年間の契約プラン(ギガ得プラン)の2つです。

それぞれ契約更新月が決まっており、更新月以外に解約をした場合には違約金が発生します。

ずっとギガ得プラン(3年プラン)の更新月と違約金

更新月以外の解約で16,500円の違約金が発生

ギガ得プラン(2年プラン)の更新月と違約金

更新月以外の解約で10,450円の違約金が発生

設備撤去費用(31,680円)に加えてこの違約金まで請求されたらたまったものではありませんよね。

仮にずっとギガ得プランを利用している方が違約金を請求された場合、設備撤去費用と合わせて48,180円(撤去費31,680円+違約金16,500円)もの費用を請求されることになります。

工事費の分割払いが残っている場合には工事費も一括請求される

auひかりホームでは、昔から工事費実質無料キャンペーンを行っています。

auひかりホームの工事費実質無料キャンペーン

  • 工事費41,250円=一括払いor分割払い(月687円×60ヵ月払い)
  • ⇒工事費の分割払い分を“月額料金から”月687円×60ヵ月割引で工事費が実質無料

少しややこしいのですが、この工事費実質無料キャンペーンは工事費が単純に無料になっているわけではありません。

工事費の毎月の請求分(月625円×60ヵ月払い)を、月額料金から同額割引しているだけで、分割払いが終わっていない方の場合には工事費の残債が残っています。

その為、分割払いにしている方で60ヵ月の分割払いが終わっていない方は、解約した時に残額を一括請求される可能性があります。

例えば20ヵ月だけauひかりを利用して解約した場合、40ヵ月分の分割払いが残っていますので、687円×40ヵ月で27,480円の工事費残債を一括請求されることになります。

仮に20ヵ月だけauひかりホームを利用して解約した場合、トータルでいくら請求されるのか

仮にauひかりホームを20ヵ月だけ利用して解約した場合、トータルでいくらの金額を請求されるのでしょうか。

auひかりホームでずっとギガ得プラン(3年プラン)を利用していた場合に請求される金額は下記の通りです。

auひかりホームでずっとギガ得プラン(3年プラン)を20ヵ月で解約した場合

  • 解約に関わる費用=75,660円が請求される
  • ~設備撤去費用31,680円
    ~ずっとギガ得プランの違約金16,500円
    ~工事費残債27,480円

トータル金額でいうと、なんと7万円以上も請求されることになります。

何らかの事情で短期解約になってしまう場合もあると思いますが、ここまでえげつない解約金の設定にしているのはauひかり以外はありません。

これはいくらなんでもちょっとやりすぎですね。毎月、月額料金を支払った上に解約時にこの仕打ちは…

当サイトのアシスタント
参考までに、他のドコモ光やソフトバンク光・ビッグローブ光(auスマートバリュー適用可能)等の光回線の場合、違約金は発生しますが解約時にauひかりのように撤去費用が発生することはありません。どの光回線も普通は解約工事費を無料にしています。

設備撤去費用はauひかり引越し時でも発生するの?

設備撤去の作業に関しては単純に解約をする場合だけではなく、引越し時にも引越し前の住所で設備を撤去する作業が必要になります。

では、引越しでauひかりを継続する場合でも設備撤去費用31,680円は請求されるのかと言えば、その場合には請求されません。

当たり前ですね。

引越す度に設備撤去費用28,800円を請求されるのであれば、auひかりを継続して利用しようなんていう方いなくなってしまいますものね。

引越し先でauひかりが提供エリア外…その場合も設備撤去費用や違約金は支払わなきゃダメ?

引越しに伴って光回線を解約するケースは主に下記の2つのパターンが考えられます。

2つのパターン

  1. ユーザー都合の場合
  2. ~例えば引越しに伴って光回線を乗り換えたい場合など。

  3. 設備都合の場合(ユーザーに非がない)
  4. ~引越し先が提供エリア外であったり、提供不可の建物であったりして、継続したいが設備都合で継続できない場合。

設備都合で解約せざるをえなくなった場合、ユーザーに非は全くなく、どちらかと言えばその会社が設備を構築できていないことに原因がある為、設備都合の場合には違約金を免除している光回線が多くあります。

例えばフレッツ光等がそうですね。

ではauひかりはどうなのかと言えば、auひかりの場合は設備都合(ユーザーに非がない)であっても、容赦なく違約金も設備撤去費用も請求されるという残念な仕組みになっています。

「引越し先でも継続したいけどauひかりの設備の都合で出来ない…」そんな時ぐらい違約金等の費用を免除してくれよというのがユーザーの本音ではないでしょうか。

auひかりホームの設備撤去費用を無料にする方法

ここまでauひかりホームを解約した際に発生するもろもろの費用について説明をしてきましたが、設備撤去費用の31,680円に関しては、無料にする方法が1つだけあります。(ただし、条件付き)

それが、代理店が行っているキャンペーンを活用するという方法です。

auひかりは代理店から申込んだ時のほうがキャッシュバックが高額になることで昔から有名ですが、高額キャッシュバックに加えて下記のような取り組みを行っている代理店があります。

【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

これはauひかりでキャッシュバック還元率100%を誇る優良代理店のNEXTが行っているキャンペーンですが、NEXT経由でauひかりを申込んだ場合、例えば引越しに伴ってauひかりを継続できない場合などにビッグローブ光に変更することで設備撤去費用を全額負担してくれるという内容です。

ビッグローブ光もauひかりと同様にauスマートバリューに対応しており、ビッグローブ光はNTTの設備を利用している為、auひかりよりも提供エリアがはるかに広いことが特徴。

加えてauひかり公式キャンペーンに上乗せして高額キャッシュバックをもらうことが出来る為、これからauひかりホームを申込む方は代理店NEXTからの申込みがお勧めです。


代理店NEXTで詳細を確認される方はこちら



人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!