eo光からドコモ光に乗換えるメリット・デメリット・手続き方法

当サイトの管理人
eo光からドコモ光に乗換えるメリットやデメリット・乗換える手続き方法などを詳しく解説した記事です。

関西エリアで利用できる光回線として、高い人気を誇るeo光(イオ光)。

eo光はオプテージという関西電力のグループ会社が提供しているサービスで、関西エリアでかなり高いシェアを誇る光回線です。

ただ、今はこのeo光から他の光回線に乗換える方が後を絶ちません。

というのも、2015年より前は、関西エリアで利用できる光回線と言えば、フレッツ光・eo光・auひかりぐらいしか選択肢がありませんでした。

そこに今は、ドコモ光やソフトバンク光・NURO光といった光回線が利用できるようになったことから、eo光からこれらの光回線に乗換える方が非常に多くなってきている状況です。

eo光はかなり人気のあるサービスですし、評判も良いサービスです。

でも、必ずしも誰にとってもお得な光回線というわけではありません。

eo光から別の光回線に乗換えたほうが、毎月の通信費(光回線+携帯電話のトータル料金)が数千円以上も安くなることが多くあります。

この記事では、eo光から乗換える方が特に多いドコモ光への乗換えについて、メリットやデメリット・注意点や手続き方法などについて、詳しく解説をしていきます。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【ドコモ光×代理店ネットナビ限定】
最大約68,000円お得になるキャンペーン実施中!





ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

eo光からドコモ光に乗換えると月額料金やインターネット速度はどう変わるのか

ここから、eo光からドコモ光への乗換えで、月額料金やインターネット速度はどう変わるのかという点について、説明をしていきます。

まずは『インターネット速度がどう変わるのか』という点ですが、eo光の基本的なプランのインターネット速度は最大1Gbpsです。

それに対して、ドコモ光のインターネット速度も最大1Gbpsです。

eo光からドコモ光に乗換えても、インターネット速度が大きく変わることはありません。
(ただし、ドコモ光ではどのプロバイダーを利用するかでインターネット速度が変わってくるので、プロバイダー選びがかなり重要)

eo光とドコモ光とでは、月額料金もそこまで大きな差はありません。

下記の表をご確認ください。

ドコモ光とeo光の月額料金比較

月額料金比較
ドコモ光
eo光
戸建て
5,200円
12ヵ月目まで:2,953円
13ヵ月目以降:4,953円
集合住宅
4,000円
24ヵ月目まで:3,000円~4,500円
25ヵ月目以降:3,500円~5,000円

※お住まいの建物で異なります
オプションサービスの料金●光電話=月額500円
●セキュリティソフト=有料
●無線ルーター=無料
●光電話=286円
●セキュリティソフト=有料
●無線ルーター=96円
補足●どちらも1Gbpsのプランの料金を記載しています。
●eo光の光電話は基本料金は無料ですが、光電話アダプター利用料で月286円の支払いが必要です。

eo光は、戸建ての場合は初めの12カ月間・集合住宅の場合は初めの24カ月間だけ、月額料金が安くなるものの、それ以降の期間に関しては、そこまで安い料金というわけではありません。

戸建ての場合は、ドコモ光よりも数百円安く利用できますが、集合住宅の場合は逆にドコモ光よりも高い月額料金になっていることのほうが多いです。

ただ、インターネットの月額料金の差額以上に、ドコモの携帯を利用している方は、ドコモ光を利用した場合にのみ受けられる割引が非常に高額なため、この点でかなり大きな料金差が出てきます。

【補足】eo光の5Gbpsや10Gbpsプランは必要ない

eo光を利用している方の中には、eo光の最大1Gbpsを超えるプランである、最大5Gbpsや最大10Gbpsのプランの説明を受けた方もいらっしゃると思います。

eo光では、上記のように複数の速度からプランを選べるのに対して、ドコモ光は今のところ最大1Gbpsを超える速度プランは提供していません。
(もう少しで速度プランが増える予定)

このことから、ドコモユーザーであってもドコモ光への乗換えを躊躇される方がまれにいらっしゃいますが、そもそも、最大5Gbpsや最大10Gbpsのプランは全く必要ありません。

最大1Gbpsと言ってもかなり高速ですし、この速度で「困る」という方は滅多にいません。

それに、eo光の最大5Gbpsのプランは1Gbpsのプランより月額料金が約500円高く、最大10Gbpsのプランは1Gbpsのプランより月額料金が約1,000円高くなります。

要するに、ほとんどの方が1Gbpsの速度でも十分なのにわざわざ高い料金を払う必要はないということ。

ドコモ光では、確かにeo光のように1Gbpsを超える超高速プランを現段階で使えるわけではありませんが、乗換え時にこのことを気にする必要は一切ありません。

eo光からドコモ光に乗換える3つのメリット

eo光からドコモ光への乗換えでは、ドコモユーザーにとってかなり多くの料金的なメリットがあります。

そのメリットは下記の3つです。

3つのメリット

  • メリット① 『ドコモ光 セット割』でドコモの携帯料金が安くなる
  • メリット② スマホもお得にドコモに変更できる
  • メリット③ dカードGOLDのポイント還元などでさらにお得になる

どれもeo光にしたままでは受けることが出来ないメリットです。

ここから、それぞれのメリットについて、1つずつ詳しく解説をしていきます。

メリット① 『ドコモ光 セット割』でドコモの携帯料金が安くなる

eo光からドコモ光に乗換える最大のメリットは、『ドコモ光セット割』でドコモの携帯電話料金が大幅に安くなるという点にあります。

『ドコモ光セット割』は、ドコモの携帯利用者がドコモ光を利用した場合にのみ適用される割引で、割引額が非常に大きいのが特徴です。

『ドコモ光セット割』は、下記の割引が家族も含めて最大20台の携帯電話にそれぞれ適用されます。

『ドコモ光セット割』の割引額

ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,000円)
利用プラン月あたりの割引額
ギガホ1,000円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
500円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-

割引額は利用している携帯電話のプランにより異なりますが、仮に毎月1,000円の割引が発生するプランで、家族で4台ドコモの携帯を利用していた場合、毎月の割引額は4,000円にもなります。

しかも、この割引は期間限定の割引ではないため、ドコモ光を利用している間、永久に続くことになります。

毎月4,000円の割引と言ったら、ドコモ光のマンションタイプの料金が月額4,000円ですから、実質インターネットを“タダ(無料)”で使えてしまうぐらいの割引です。

この割引は、eo光にしたままでは一切適用することが出来ません。

あまりにも『ドコモ光セット割』の割引額が大きいため、ドコモの携帯を利用している方は、早めにeo光からドコモ光に乗換えて、『ドコモ光セット割』の割引を適用することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
ドコモの携帯を使っているのに自宅の光回線をeo光のままにしておくのは、この『ドコモ光セット割』の大きな割引を毎月ドブに捨てているようなものです!

インターネットの月額料金はほとんど差がなくても、この携帯電話料金の割引のところで大きな料金差が生まれてきます!

メリット② スマホもお得にドコモに変更できる

eo光からドコモ光に乗り換えるのと同時に、家族の誰かが携帯電話も他社からドコモに乗り換える場合、ドコモが他社携帯電話の違約金を還元してくれるキャンペーンを行なっています。

正式名称は『スマホのりかえサポート』というキャンペーンです。

キャンペーンの内容としては、他社携帯電話の違約金分として、後ほどdポイント10,260ポイントを還元してくれるというもの。

dポイントは1ポイント1円換算でコンビニや様々なお店で買い物に使えるため、実質・他社携帯電話の違約金がタダになるような感じですね。

この『スマホのりかえサポート』は、携帯電話1台ごとに複数台適用することが出来るため、ドコモ光に乗換えるのと同時に、家族の携帯をドコモに乗換えたいという方には特にお勧めです。

メリット③ dカードGOLDのポイント還元などでさらにお得になる

ここまで、ドコモ光に乗換える料金メリットとして、『ドコモ光セット割 』や『スマホのりかえサポート』について説明をしてきましたが、ドコモユーザーにとっては他にもいくつか料金的なメリットがあります。

まず1つ目は、dカードGOLDによるポイント還元です。

dカードGOLDはドコモが発行しているクレジットカードですが、このクレジットカードを契約した場合、『家族全体のドコモ携帯の料金+ドコモ光の料金』の総額の10%を毎月dポイントとして受け取ることが出来ます。

例えば、

  • 家族で4台ドコモ携帯を利用し、携帯代金の支払いが月3万5千円
  • ドコモ光の支払いが月5千円

だった場合、ドコモに支払うトータルの支払いは月4万円です。

dカードGOLDを契約している場合は、このトータル4万円の支払いの内の10%分として、毎月4,000ポイントのdポイントを受け取ることが出来ます。

毎月4,000ポイントの還元といったら、年間で言えば4万8千ポイントです。

dポイントは1ポイント1円換算で、携帯電話料金の支払いに充てることも出来ますし、コンビニや様々なお店でお買い物に使うことも出来ます。

dカードGOLDは年会費が1万円かかるというデメリットはありますが、年間で1万ポイント以上のdポイントを受け取れる場合には、契約しておくほうがお得です。

また、ドコモ光を2年の定期契約プランで利用している場合、2年の契約更新ごとに『更新ありがとうポイント』として3,000ポイントのdポイントを受け取ることが出来ます。

『更新ありがとうポイント』はそれ単体ではここまで大きな還元ではありませんが、『ドコモ光セット割』や『dカードGOLDのポイント還元』などと組み合わせると、よりお得になる感じです。

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモ光には2年の定期契約のプラン以外に、契約期間がないプランもあります!(解約しても違約金が発生しないプラン)

ただ、契約期間がないプランは、2年定期契約のプランより毎月の料金が約1,000円高くなるため、ほとんどの方は2年の定期契約プランを利用しています!

ドコモ光の2年の定期契約プランに関して

2年契約のプランは、毎月の料金が約1,000円安くなる分、解約すると『戸建て:13,000円』『マンション:8,000円』の違約金が発生します。
(契約満了月の当月・翌月・翌々月で解約する場合は、違約金は発生しません)

ドコモ光を1年以上など・長期利用する場合は、仮に違約金の支払いが必要になったとしても、違約金以上に月額料金の割引が大きくなるため、2年契約のプランにしておくほうがお勧めです。


ドコモ光のネット代理店でお得なキャッシュバック実施中!



eo光からドコモ光に乗換えるデメリット

eo光からドコモ光への乗り換えは、メリットばかりではなくデメリットも一部存在しています。

それが『auスマートバリュー』を適用できなくなるという点です。

eo光はドコモの携帯電話料金割引には対応していませんが、auの携帯電話料金の割引に対応しています。

『auスマートバリュー』は『ドコモ光セット割』と同じく、割引額が非常に大きいのが特徴で、下記の割引が家族も含めて最大10台のau携帯電話に適用されます。

『auスマートバリュー』の割引額

プラン月あたりの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台まで割引を適用可能。
au データMAXプランPro永年1,000円/割引
auデータMAXプラン Netflixパック永年1,000円/割引
au フラットプラン25Netflix パックN (シンプル)永年1,000円/割引
au フラットプラン20N (シンプル)永年1,000円/割引
au フラットプラン7プラスN永年1,000円/割引
新au ピタットプランN~7GB
永年500円/割引
~4GB
永年500円/割引
~1GB
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBご利用の月は割引適用されません。
新auピタットプラン1GB~
永年500円/割引
auピタットプラン~2GB
永年500円/割引
2GB超~
永年1,000円/割引
auピタットプラン(S)~2GB
永年500円/割引
2GB超~
永年1,000円/割引
auフラットプラン永年1,000円/割引
auデータMAXプラン永年1,000円/割引
データ定額30
データ定額10/13
最大2年間:2,000円/割引
3年目以降ずっと:934円/割引
データ定額5/8/20
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
LTEフラット
~forTab
~Tab(i)
~Tab(L)
~DATA(m)
最大2年間:1,410円/割引
3年目以降ずっと:934円/割引
データ定額2/3
シニアプラン
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
永年934円/割引
データ定額1最大2年間:934円/割引
3年目以降ずっと:500円/割引

仮に、毎月1,000円の割引が発生するプランで、家族でauの携帯電話を3台利用していた場合、毎月の割引額は3,000円にもなります。

eo光からドコモ光に乗り換えると、この『auスマートバリュー』の割引は一切適用されなくなります。

そのため、「家族の大部分がauの携帯を使っている」という場合は、ドコモ光に乗換えずにそのままeo光を継続しておくほうが無難です。

【補足】eo光からドコモ光乗換えにかかる費用は心配不要

光回線の乗り換えと聞くと、費用面を心配される方も多くいらっしゃると思います。

ただ、eo光からドコモ光へ乗換える場合、費用面の心配はあまり要りません。

というのも、ドコモ光をネット代理店やプロバイダーのホームぺージから申込むと、ドコモ光公式キャンペーンに加えて、お得なキャッシュバックを受け取ることが出来るからです。

ちなみに、eo光は解約すると下記の費用が発生してきます。
(戸建てと集合住宅でそれぞれ必要になる費用が違うため、分けて記載しています)

eo光(戸建て)の解約に関する費用

  • (2年未満の解約で発生)違約金
  • (2018年4月1日までにお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:28,704円
    1年未満で即割なし:27,000円
    1年以上2年未満で即割あり:14,064円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

    (2018年4月1日以降にお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:12,000円
    1年未満で即割なし:12,000円
    1年以上2年未満で即割あり:6,000円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

  • (3年契約プランを利用している方が必要)長割の違約金
  • ※長割はeo光を2年以上利用している方が入れるプランです。2年未満の方は加入していません。

    長割開始月から13ヶ月未満で解約:5,658円
    長割開始月から13ヶ月以上~25ヵ月未満で解約:3,772円
    長割開始月から25ヶ月以上~37ヵ月未満で解約:1,886円
    長割開始月から37ヵ月以上で解約:0円

  • (設備撤去しない場合は不要)設備撤去費用:10,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から7カ月未満で解約の場合:17,280円
    ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:8,640円
    ~利用開始から13ヵ月以上で解約の場合:0円

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの設備撤去費用
  • ~全撤去する場合は、18,360円
    ~残置撤去する場合は、12,960円

※赤で記したところはほとんどの方が支払いが必要になるところ、青で記したところはほとんどの方で支払いが発生しないところです。

戸建てで2年以上利用していて、なおかつeo光テレビも使っていない方の場合、必要になる費用は『長割の違約金』のみです。

『設備撤去費用』も、ご自身から設備撤去をしたい旨を伝えない限りは、支払う必要はありません 。

集合住宅の場合も同様で、ほとんどの方は解約費用を心配する必要はありません。

eo光(集合住宅)の解約に関する費用

  • (1年未満の解約で発生)違約金
  • ~利用してから13ヵ月目未満で解約=3,240円〜29,160円
    ~13ヵ月目以降の解約=0円

  • (設備撤去しない場合は不要)設備撤去費用:10,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:6,696円

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの設備撤去費用=5,400円

※赤で記したところはほとんどの方が支払いが必要になるところ、青で記したところはほとんどの方で支払いが発生しないところです。

1年以上利用していて、なおかつeo光テレビも使っていないという方の場合、支払いが必要になる可能性があるものは『設備撤去費用』だけです。

この『設備撤去費用』も、設備をそのまま残しても大丈夫という場合は支払う必要はありません。

それに対して、ドコモ光を代理店から申込みをすると、下記のキャンペーンを受けることが出来ます。

【ドコモ光(代理店ネットナビ)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント5,000ポイントプレゼント!
  • dカードGOLD申込みで最大1万5千円プレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • さらに代理店限定で最大20,000円キャッシュバック!

このキャンペーンを適用すれば、ほとんどの方は、費用がかかるどころかキャッシュバックなどで逆にお得になるはずです。

eo光は解約してもあまり高額の費用が発生することが滅多にないため、ドコモ光に乗換えると逆にキャッシュバックなどでお得になるということは認識しておきましょう。

当サイトのアシスタント
それに、仮にeo光からドコモ光への乗換えで費用がかかったとしても、ドコモの携帯を利用している方は、ドコモ光に乗り換えれば『ドコモ光セット割』ですぐに元がとれるはずです!

費用がかかってしまう場合でも、長期的に見ればドコモ光に乗換えたほうがよりお得になります!

【まとめ】eo光からドコモ光に乗換えるべきユーザーとは

ここまで、eo光からドコモ光へ乗換えるメリットやデメリットについて説明をしてきましたが、eo光からドコモ光への乗換えを特にお勧め出来るのは、下記に該当する方です。

お勧めの方とは

家族のほとんどがドコモの携帯を利用している方

上記に該当する方は、eo光からドコモ光に乗換えれば、『ドコモ光セット割』で携帯電話料金が毎月平均で数千円は安くなります。

eo光とドコモ光で、インターネット速度は同じ・インターネットの月額料金もほぼ変わらないのであれば、この割引を適用しないという手はありません。

逆に、eo光からドコモ光への乗換えがお勧め出来ない方は、下記に該当する方です。

お勧め出来ない方とは

家族のほとんどがauの携帯を利用している方

この場合、eo光からドコモ光に乗換えると、毎月発生しているauの携帯電話料金割引がなくなってしまうため、eo光を継続しておくほうが無難です。

単純に、ドコモ光はドコモユーザーがお得になる光回線・eo光はauユーザーがお得になる光回線ということですね。

当サイトのアシスタント
ちなみに、家族のほとんどがソフトバンクの携帯を使っているという方の場合、ドコモ光もeo光もどちらもお勧め出来ません!

その場合は、ソフトバンクの携帯電話料金が大きく割引される『ソフトバンク光』か『NURO光』にしておくことをお勧めします!


ドコモの携帯を利用している方は今すぐドコモ光へ!



eo光からドコモ光への乗換え前に確認しておくべき3つのポイント

eo光からドコモ光への乗り換えでは、事前に注意しておくべきポイントが3つほどあります。

それが下記の3つです。

3つのポイント

  • ポイント① eo光からドコモ光への乗換えは工事が必要
  • ポイント② 光電話の番号は変わる場合がある
  • ポイント③ プロバイダーは変わる

それぞれ、デメリットと呼ぶほどのものではありませんが、上記の注意点を把握していないと、いざ乗り換えの申し込みをした時にトラブルになってしまう場合があります。

ここから、それぞれの注意点・ポイントについて、1つずつ詳しく解説をしていきますので、乗り換えを検討している方はぜひご一読ください。

ポイント① eo光からドコモ光への乗換えは工事が必要

eo光からドコモ光への乗り換えは、基本的に派遣工事が必要です。

eo光は、関西電力が敷設している独自の光回線の設備を利用しています(電力系の設備)。

それに対して、ドコモ光は、光コラボレーションサービスといってNTT西日本が敷設した光回線の設備を利用しています(NTT系の設備)。

設備が異なる光回線同士で乗換える場合、基本的に無派遣工事での開通は出来ません。

今は、

  • 『フレッツ光⇔光コラボレーションサービス』
  • 『光コラボレーションサービス⇔光コラボレーションサービス』


の乗り換えのように、工事不要で乗り換えられる光回線も多くありますが、これは、これらのサービスが全て同じNTTの設備を利用しているから工事不要で乗換えることが可能なだけです。

eo光とドコモ光のように、全く別の設備を用いている光回線の乗換えの場合は、工事不要で乗換えることは出来ません。

これらのサービスと混同して『工事不要で乗換えられる』と勘違いしないよう、ご注意下さい。

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモ光の平均的な開通までの期間は、申込みをしてから2・3週間です!
光コラボレーションサービスに関して

光コラボレーションサービスというのは、NTT西日本やNTT東日本の設備を利用して提供されている光回線のサービスのことです。

ドコモ光やソフトバンク光・auスマートバリューに対応しているビッグローブ光やソネット光など、光コラボレーションサービスは数百種類にものぼります。

一度ドコモ光に乗換えた後は、これらの光コラボレーションサービス同士の乗換えは、何度でも工事不要で乗換えることが出来ます。

ポイント② 光電話の番号は変わる場合がある

eo光からドコモ光への乗り換えで、光電話の番号は変更になる場合と継続できる場合とがあります。

eo光では、光電話の番号として下記の2つの番号を利用することが出来ますが、どちらの番号を使っているかで継続できるかどうかが分かれてきます。

2つの番号

  • eo光で新しく取得した光電話の番号を使っている場合
    ⇒乗換えで必ず番号は変更になります
  • ~この番号はeo光でしか利用できない番号です。他の光回線に引き継ぐことは出来ません。

  • もともとアナログ電話で利用していた番号をeo光でも利用している場合
    ⇒ドコモ光に乗換えても番号を継続することが出来ます

eo光で新しく取得した電話番号を使っている場合、この番号は“光電話専用番号”といって、eo光でしか使えない番号になっています。

この場合は、『eo光で今の電話番号を廃止』⇒『ドコモ光で新しい電話番号を取得する』という形になり、電話番号は必ず変更になります。

一方で、もともとアナログ電話で利用していた番号をeo光でも利用している場合に限り、ドコモ光でも番号を変えずに継続することが出来ます。

ただし、この場合は“アナログ戻し”と呼ばれる下記の手続きを取る必要があります。

アナログ戻しの手続き方法とは

  1. まずは、NTT西日本に連絡をし、eo光の光電話からアナログ電話へ番号ポータビリティをする(アナログ電話へ戻す)
  2. ~この手続きは電話加入権を持っていなくても出来ます。加入権を購入する必要もありません。

  3. アナログ電話への番号ポータビリティが完了するのを待つ
  4. 次に、アナログ電話からドコモ光の光電話へ番号ポータビリティを申請

簡単に言うと、『eo光電話⇒アナログ電話⇒ドコモ光電話』と、間にアナログ電話をはさんで番号ポータビリティをする流れです。

この手続き方法を見て、
「eo光電話からドコモ光電話に直接番号ポータビリティは出来ないの?」
と疑問に思われる方もいらっしゃると思いますが、それは出来ません。

固定電話の番号ポータビリティのルールは、携帯電話の番号ポータビリティのルールとは違い、かなり複雑になっています。

固定電話の番号ポータビリティのルールは簡単に言うと下記の通りです。

固定電話の番号ポータビリティのルール

  • 光電話⇔光電話の間では番号ポータビリティは不可
  • ~ここでいう、eo光電話⇒ドコモ光電話へ直接番号ポータビリティは出来ない

  • 光電話⇔アナログ電話の間でだけ番号ポータビリティが可能
  • ~ここでいう、『eo光電話⇒アナログ電話』および『アナログ電話⇒ドコモ光電話』の番号ポータビリティは出来る

上記のようなルールがあるため、光回線を乗換える場合には、“アナログ戻し”と呼ばれる手続きを取るのが一般的です。

ただ、今は「携帯電話がメインで固定電話はほとんど使っていない」という方が非常に多いため、“アナログ戻し”の手続きを行わず、乗換えに伴って番号を変えてしまう方も非常に多くいらっしゃいます。

“アナログ戻し”の手続きが面倒な場合には、思い切って電話番号を変えてしまうのも1つの手です。

当サイトのアシスタント
電話番号が変わる場合、eo光を解約してから数か月の間は、

「おかけになった電話番号は、お客様の都合によりおつなぎ出来ません。新しい番号は●●番です。」

といった内容のガイダンスを流すことが出来ます!

このガイダンスを流せば、解約した電話番号にかけてきた方に対して、新しい番号を伝えることが出来るため、そこまで電話番号が変わることを心配する必要はありません!

【補足】eo光は光電話だけ残せるがお勧めはしない

補足ですが、eo光は、インターネットを解約しても光電話だけを継続して利用することが出来るようになっています。

普通はインターネットを解約すると、光電話も同時に使えなくなる光回線が多いので、光電話だけ継続できるというのはかなりめずらしいです。

ドコモ光への乗換えに伴って、「どうしても光電話の番号は変えたくない」という場合、インターネットだけドコモ光に変えて、光電話はeo光電話のままにしておくということも可能ですが、これはお勧め出来ません。

というのも、eo光で光電話だけを継続して利用する場合、光電話の月額料金が大幅に高くなってしまうからです。

eo光でインターネットと光電話を同時に使う場合、光電話の月額料金は発生しておらず、機器利用料のみの月額286円で利用することが出来ます。

ただ、光電話だけ残す契約に変えた場合、基本料金が月額1,039円発生し、そこに加えて機器利用料が月額286円かかるため、合計で月額1,325円の支払いが必要になります。

ドコモ光の光電話にすれば月額500円です。

「どうしても光電話の番号は変えたくない」からといって、eo光電話のままにしてしまうと、毎月約800円近く損をしていく計算になります。

これだけ高い料金を毎月払い続けるのであれば、番号が変わってしまっても、光電話もドコモ光に切り替えたほうがお得です。

ポイント③ プロバイダーは変わる

eo光からドコモ光への乗換えで、利用しているプロバイダーは変更になります。

eo光のプロバイダーはそのまま『eo光』です。

プロバイダーも一体で提供しているため、他の光回線のように、プロバイダーを選んで利用するという仕組みにはなっていません。

それに対して、ドコモ光では下記の24社のプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選択することが出来ます。

ドコモ光のプロバイダー

【タイプA】月額料金=戸建て:5,200円、マンション:4,000円
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、iC-net、タイガースnet、ビッグローブ、andline、SYNAPSE、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikiTiki、hi-ho、@ネスク、COARA

【タイプB】月額料金=戸建て:5,400円、マンション:4,200円
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

タイプBに属するプロバイダーを選んでしまうと、毎月の料金がタイプAに比べて200円高くなってしまうため、タイプAのプロバイダーを利用するのが一般的です。

これだけ多くのプロバイダーから選択できるとなると、「どのプロバイダーにすればいいの?」と迷ってしまう方もいらっしゃると思います。

迷ってしまった時は、ドコモ光のプロバイダーの中で「インターネットが速い!」と圧倒的に評判が良い『GMOとくとくBB』にしておくのがお勧めです。

ドコモ光は利用するプロバイダーによって、実際に出るインターネットの速度(実測値)が大幅に変わってきます。

実測値がかなり低いプロバイダーもあれば、かなり高い値の実測値を誇るプロバイダーもあります。

その中で、このインターネット速度という点をもっとも強化しているのが『GMOとくとくBB』です。

『GMOとくとくBB』は、インターネット速度の向上に向けて、下記の独自の取り組みを行っています。

『GMOとくとくBB』の取組み

  • 【速度向上】インターネット速度アップに向けて設備の増築
  • 【速度公開】地域別の実測値を全ユーザーに公開
  • 【速度保証】実測値が100Mbpsを下回る場合には、改善するまでポイントバックを実施
  • 【機器の提供】自宅で超高速で使える無線ルーターを無料で提供

ちなみに、ドコモ光の全プロバイダーの中で、地域別の実測値を公開しているのも・速度保証を行っているのも、『GMOとくとくBB』だけです。

他のプロバイダーは、地域別のインターネットの実測値も公表していませんし、速度保証も行っておりません。

よほどインターネット速度に自信がないとそんなこと出来ませんから、当たり前と言えば当たり前ですね。

お得なキャンペーンという点でも、『GMOとくとくBB』は他のプロバイダーより非常にお得なため、どのプロバイダーにしようか迷ってしまったら、『GMOとくとくBB』にしておくのが無難です。

当サイトのアシスタント
ちなみに、『GMOとくとくBB』が公開している地域別の実測値は、下記の『GMOとくとくBB』公式サイトで確認することが出来ます!

GMOとくとくBBのドコモ光「速度の秘密」

キャンペーンや提供している無線ルーターの詳細なども、上記の公式サイトにてご確認ください!

eo光からドコモ光への乗換えでかかる全ての費用

先述のところでも説明しましたが、ここから、eo光からドコモ光への乗換えでかかる費用について、より詳しく解説をしていきます。

費用面についてまず先に結論から言っておくと、eo光からドコモ光への乗換えでかかる費用については、全く心配をする必要はありません。

eo光で解約金がかかっても、ドコモ光の代理店キャッシュバックでほとんど回収することが出来るからです。

それに、ドコモユーザーがドコモ光にすれば、大きな携帯電話料金の割引が発生するため、多少の費用がかかったとしてもすぐに回収することが出来ます。

まずは、eo光の解約費用について説明をしていきます。

eo光を戸建てで使っている方が解約した場合にかかる費用は下記の通りです。

eo光(戸建て)の解約に関する費用

  • (2年未満の解約で発生)違約金
  • (2018年4月1日までにお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:28,704円
    1年未満で即割なし:27,000円
    1年以上2年未満で即割あり:14,064円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

    (2018年4月1日以降にお申し込みされた方の場合)
    1年未満で即割あり:12,000円
    1年未満で即割なし:12,000円
    1年以上2年未満で即割あり:6,000円
    1年以上2年未満で即割なし:なし
    2年以上:なし

  • (3年契約プランを利用している方が必要)長割の違約金
  • ※長割はeo光を2年以上利用している方が入れるプランです。2年未満の方は加入していません。

    長割開始月から13ヶ月未満で解約:5,658円
    長割開始月から13ヶ月以上~25ヵ月未満で解約:3,772円
    長割開始月から25ヶ月以上~37ヵ月未満で解約:1,886円
    長割開始月から37ヵ月以上で解約:0円

  • (設備撤去しない場合は不要)設備撤去費用:10,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から7カ月未満で解約の場合:17,280円
    ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:8,640円
    ~利用開始から13ヵ月以上で解約の場合:0円

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの設備撤去費用
  • ~全撤去する場合は、18,360円
    ~残置撤去する場合は、12,960円

※赤で記したところはほとんどの方が支払いが必要になるところ、青で記したところはほとんどの方で支払いが発生しないところです。

細かくいろいろな項目に分かれていますが、仮に『eo光を2年以上使っていてeo光テレビも利用していない』という方に関しては、長割(3年プランの違約金:MAX5,658円)と設備撤去費用のみが必要になります。

設備撤去費用も、任意で設備撤去をして欲しいという場合以外はかからないため、その場合は解約にかかる出費はほとんどありません。

次に、eo光を集合住宅で利用している方が解約した場合の費用は下記の通りです。

eo光(集合住宅)の解約に関する費用

  • (1年未満の解約で発生)違約金
  • ~利用してから13ヵ月目未満で解約=3,240円〜29,160円
    ~13ヵ月目以降の解約=0円

  • (設備撤去しない場合は不要)設備撤去費用:10,000円
  • ※回線終端装置のみ撤去する場合(設備はそのまま残す場合)は設備撤去費用の支払いは不要。

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの解約金
  • ~利用開始から13カ月未満で解約の場合:6,696円

  • (eo光テレビ利用者以外は不要)eo光テレビの設備撤去費用=5,400円

※赤で記したところはほとんどの方が支払いが必要になるところ、青で記したところはほとんどの方で支払いが発生しないところです。

『1年以上利用していてeo光テレビも利用していない』という方の場合、解約に必要になる費用は、設備撤去費用のみです。

また、設備を撤去するか残すかは任意で選べるため、設備を残す場合は設備撤去費用の支払いも必要ありません。

その場合は、解約にかかる費用は発生しないと。

ここまで、eo光の解約費用に関して説明をしてきましたが、ドコモ光を開通させるのにも費用が発生してきます。

ドコモ光の開通に関する費用は下記の通りです。

ドコモ光の開通に関する費用

  • 契約事務手数料=3,000円
  • 工事費=派遣工事の場合は戸建てが18,000円・集合住宅が15,000円
  • ▲時期によって、工事費無料キャンペーンを行っている場合があります。
    ~無派遣工事の場合は2,000円ですが、eo光からの乗換えの場合は基本的に派遣工事が必要になります。
    ~派遣工事の場合は、12ヵ月・24ヵ月・36ヵ月・48ヵ月・60ヵ月のいずれかの分割払いも可能です。

ドコモ光の開通費用は一見すると高額に見えるかもしれませんが、ドコモ光をお得な代理店から申込むと、下記のキャンペーンを適用することが出来ます。

【ドコモ光(代理店ネットナビ)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント5,000ポイントプレゼント!
  • dカードGOLD申込みで最大1万5千円プレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • さらに代理店限定で最大20,000円キャッシュバック!

このキャンペーンを適用すれば、開通の費用がかかるどころか逆にお得になる方のほうが多いはずです。

そのお得になった分をeo光の解約費用に充当すれば、ほとんどの方は費用がほとんどかからずに乗換えることが出来ると思います。

ドコモ光は“どこから申込みをするか”で、受けられるキャンペーンが変わってきますが、一番お得なのはネット代理店からの申込みです。

ドコモ公式サイトやドコモショップで申込んでしまうと、ドコモ公式キャンペーンだけが適用されて、キャッシュバックを受け取ることが出来ません。

光回線の乗換えは少なからず費用が発生してくるため、eo光からドコモ光に乗換える場合には、お得なネット代理店から申込むことをお勧めします。

eo光からドコモ光へスムーズに乗り換える手続き方法

eo光からドコモ光へ乗換える手続き方法は、光電話の番号を継続しない場合と継続する場合とで手続きの内容が異なってきます。

光電話の番号を継続しない場合の手続き方法はシンプルですが、光電話の番号を継続する場合は手続きの順番を間違いえないよう注意が必要です。

まずは、光電話の番号を継続しない場合の手続き方法です。

光電話の番号を継続しない場合の手続き方法

  1. まずは先にドコモ光を申込んで、開通工事日を決める(同時に光電話の新しい番号を取得)
  2. ~ドコモ光のお得なキャッシュバック申込みはこちら⇒ドコモをお使いなら【ドコモ光】

  3. 次にeo光の解約を、ドコモ光の開通工事日に合わせて申込む(光電話の番号は解約工事日に廃止されます)
  4. ~eo光の解約申込み先はこちらの公式ホームページでご確認ください。

~ドコモ光の開通までに必要な期間の目安は2週間程度です。

光電話の番号を継続しない場合の手続き方法はこれだけです。

特に注意すべき点はありませんが、eo光の解約申込みを先にして、後からドコモ光を申込みした場合、eo光が使えなくなる日程(解約工事日)より後でしかドコモ光の開通工事日を予約できない場合があります。

そうなると、インターネットも光電話も一切使えない期間が出てきてしまいます。

そうならない為にも、先にドコモ光を申込んで開通工事日を決めてから、eo光に解約を申込むほうが一番安全です。

次に、光電話の番号を継続する場合の手続き方法は下記の通りです。

光電話の番号を継続する場合の手続き方法

  1. まずは先にNTT西日本に連絡をし、eo光の光電話からアナログ電話へ番号ポータビリティを申請
  2. ~この手続きは電話加入権がなくても出来ます。電話加入権の購入も不要です。

  3. アナログ電話への番号ポータビリティが完了するのを待つ
  4. 次に、ドコモ光を申込んで開通工事日を決める(この時同時にアナログ電話からドコモ光電話へ番号ポータビリティ)
  5. ~ドコモ光のお得なキャッシュバック申込みはこちら⇒ドコモをお使いなら【ドコモ光】

  6. 最後に、eo光の解約をドコモ光の開通工事日に合わせて申込む
  7. ~eo光の解約申込み先はこちらの公式ホームページでご確認ください

~開通までに必要な期間の目安は3週間程度です。

光電話の番号を継続する場合、

  • ドコモ光の新規申込み
  • eo光の解約申込み

と同時に、『eo光電話⇒アナログ電話』+『アナログ電話⇒eo光電話』の2段階の番号ポータビリティの手続きを同時に行う必要があります。

この手続きが漏れてしまうと、同じ番号のままドコモ光に乗換えることが出来なくなります。

加えて、手続きの順番を間違えてしまうと、光電話の番号が廃止され、同じ番号のまま乗換えることが出来なくなってしまいます。

光電話の番号を継続する場合は、必ず上記の手順で手続きを行うようにして下さい。

もし、手続きの順番などに不安がある場合は、先にドコモ光を申込んで、ドコモ光の担当者と相談しながらアナログ戻しの手続きを進めていくということも出来ます。

絶対にやってはいけないのは、『eo光電話からアナログ電話への番号ポータビリティが完了する前にeo光を解約してしまうこと』。

光電話の番号を継続する場合、これだけは絶対にしないよう、ご注意ください。

人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!