NURO光とeo光はどちらがお勧め?料金・割引など徹底比較!

当サイトの管理人
関西エリアでは、NURO光とeo光のどちらがお勧めなのか、様々な点を比較した記事です。

関西エリアで以前から人気が高い光回線サービスのeo光(イオ光)。

eo光は『オプテージ(旧社名ケイ・オプティコム)』という関西電力系列の会社が提供しているサービスで、電力会社の光回線の設備を用いて提供されています。

関西エリアではこのeo光にするか、それとも他のメジャーなドコモ光やソフトバンク光にするか迷う方がこれまでは多かったのですが、2018年に「超高速のインターネットが使える」と話題のNURO光も関西エリアに進出しました。

NURO光はソネット(ソニーグループ)が提供している光回線で、NTT東西の光回線の設備に独自に高速化の技術を加えることで、これまでにない速度のインターネットを実現した光回線サービスです。

この記事では、NURO光とeo光の速度や料金・キャンペーンなども含めて、様々な違いを解説していきたいと思います。

NURO光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
NURO光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!NURO光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【NURO光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

NURO光とeo光のインターネット速度の違い

まずは、NURO光とeo光のインターネット速度の違いから解説していきます。

NURO光は『超高速』と宣伝している通り、他の光回線とは一線を画す最大速度のインターネットを提供しています。

NURO光の基本的なプランのインターネット速度は最大2Gbpsです。

それに対して、eo光の基本的なプランのインターネット速度は最大1Gbps

最大速度が違えば、当然のことながら“実測値(実際に利用した時に出る速度)”も大きく異なってくるのが普通ですが、この2つの光回線はどちらも“超高速”です。

実測値は、実際にその光回線を使っているユーザーが計測した結果を見るのが一番わかりやすいですが、下記の『Radishスピードテスト』の『みんなの測定結果』というページでその計測結果を見ることが出来ます。

上記のページにて、NURO光とeo光を使っている方の計測結果を見ると、どちらもかなり高速な値が出ている方が非常に多いです。

参考に、それぞれの光回線の測定結果を50件ほど新しいものから拾って平均値を出してみたところ、だいたい下記のような値になりました。

実測値の平均

  • NURO光=実測値の平均 約450Mbps
  • eo光=実測値の平均 約350Mbps

NURO光のほうが少し高速ですが、eo光の実測値のように350Mbpsも平均で出ていれば、どちらを利用してもネットの体感速度というものはほとんど変わりません。

ドコモ光やソフトバンク光の平均値が150Mbps前後なのを考えると、どちらの光回線も超優秀な値です。

速度という面では、NURO光もeo光も『どちらを選んでも全く問題ない』と言っていいでしょう。

【補足】NURO光やeo光の最大10Gbpsプランについて

NURO光の基本的なプランは最大速度が2Gbpsですが、それ以上に高速な10Gbpsや6Gbpsのプランもあります。

ただ、これらのプランは2Gbpsのプランよりも料金が高額な上、解約するととんでもない解約金が必要になってくるプランです。

eo光も同様、1Gbpsのプラン以外に最大10Gbpsのプランがありますが、こちらも料金が高額になります。

先ほど記載したNURO光とeo光のインターネット速度の実測値は、それぞれNURO光が2Gbps・eo光が1Gbpsの一番安いプランの実測値です。

実測値の平均

  • NURO光=実測値の平均 約450Mbps
  • eo光=実測値の平均 約350Mbps

どちらも一番安いプランで十分なインターネット速度が出ています。

「どうしても一番速いプランを使いたい」ということであれば、NURO光の10Gbpsやeo光の10Gbpsを利用することも出来ますが、基本的には一番安いプラン(NURO光は2Gbps・eo光は1Gbpsプラン)で十分です。

わざわざ、高い料金を払ってまでスペックオーバーのプランを選ぶ必要はありません。

当サイトのアシスタント
インターネットの実測値として300Mbpsを超えるような速度が出ていれば、8K動画を視聴しても大容量のファイルをダウンロードしても、どんな使い方をしても快適に利用することが出来ます!

法人ではなく個人で利用する方の場合、それ以上の速度は基本的に必要ありません!

NURO光とeo光の料金面の様々な違い

NURO光とeo光の料金面の様々な違いについて、ここから説明していきます。

NURO光とeo光の料金面を比べる場合、単純にインターネット料金だけを比較しても全く意味がありません。

というのも、NURO光とeo光では下記の2つに決定的な違いがあるからです。

決定的な違い

  1. 対応している携帯電話料金割引の違い
  2. 無料で使えるオプションサービスの違い

まず先に、この2つの違いを説明した上で、戸建てと集合住宅に分けて、これらの違いも含めて“トータルで料金面がどう違うのか”という点を説明していきたいと思います。

違い① 対応している携帯電話料金割引の違い

NURO光とeo光では対応している携帯電話料金の割引の仕組みが違います。

NURO光はソフトバンクの携帯電話料金が安くなる『おうち割 光セット』・eo光はauの携帯電話料金が安くなる『auスマートバリュー』に対応していることから、これらの違いも踏まえてトータルで“どちらのほうがお得なのか”考えることが重要です。

NURO光が対応している『おうち割 光セット』は、ソフトバンクの携帯電話1台あたり平均1,000円の割引が毎月入るサービスで、家族も含めて10台まで割引を適用することが出来ます。

参考:『おうち割 光セット』の割引額』

ソフトバンクおうち割 光セットの割引額(月)
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
データ定額50GBプラス/ミニモンスター1,000円
スマ放題・スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB1,000円
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外の料金プラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

eo光が対応している『auスマートバリュー』は、こちらもソフトバンクの『おうち割 光セット』と同様に、auの携帯電話1台あたり平均1,000円の割引が毎月入るサービスで、家族も含めて10台まで割引を適用することが出来ます。

参考:『auスマートバリュー』の割引額』

auスマートバリューの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
プラン月あたりの割引額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで1,000円
auフラットプラン20/30
データ定額10/13/30
データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)
2年間2,000円(それ以降は月934円)
データ定額5/8/20
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,410円(それ以降は月934円)
U18データ定額201,410円
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
934円
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
2年間934円(それ以降は500円)
カケホ(3Gケータイ・データ付) ※3Gスマートフォンの場合もご加入いただけます。934円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)2年間1,410円(それ以降は934円)

ソフトバンクの『おうち割 光セット』も『auスマートバリュー』も、家族で利用している携帯台数によっては、毎月3,000円~4,000円を超えるようなかなり高額の携帯電話料金割引が発生しますが、ここで重要なのは、利用する光回線の選択を間違えると上記の割引は1円も発生しないということです。

あくまでも、NURO光はソフトバンク携帯料金割引の『おうち割 光セット』のみに対応し、eo光はau携帯料金割引の『auスマートバリュー』にのみ対応しています。

それなのに、

  • 家族でソフトバンクの携帯を利用しているのにeo光を選んでしまった
  • 家族でauの携帯を利用しているのにNURO光を選んでしまった

上記のように選択を誤ってしまった場合、携帯電話料金割引は一切発生しません。

要するに、毎月の割引額が毎月3,000円だった場合、永久にその割引分をムダにしていくことになります。

この点は、どちらの光回線を利用するか判断する上で、料金面で非常に重要なポイントになるため、間違わないように注意が必要です。

違い② 無料で使えるオプションサービスの違い

eo光には、基本的に無料で使えるオプションサービスはありません。

自宅で使う無線ルーター(Wi-Fi)サービスも有料ですし、セキュリティソフトも有料です。

料金は安いですが、eo光で無線ルーターやセキュリティソフトをレンタルすると下記の月額料金が発生します。

オプション料金

  • 無線ルーター=96円(光電話の利用がない場合は382円)
  • セキュリティソフト(マカフィー・5台版)=250円

それに対して、NURO光は無線ルーターもセキュリティソフト(マカフィー・5台版)も無料で提供しています。

NURO光の場合には、光回線とは別にこれらのサービスを申込みしなくても、はじめから標準(無料)で使えるようになっています。

eo光でこれらのサービスを使うと2つ合わせて毎月・約350円かかってくるので、この点はNURO光のほうがお得です。

当サイトのアシスタント
ここまで簡単に『携帯電話料金割引の違い』と『無料で使えるオプションサービスの違い』を説明してきましたが、次に戸建てと集合住宅に分けて料金面の違いをトータルで説明していきます!
補足:光電話の料金に関して

光電話の料金に関しては、NURO光は月額300円・eo光は月額286円です。

光電話の月額料金部分でほとんど差はありません。

トータルで見た場合の戸建ての場合の料金の違い

光回線のサービスは戸建てと集合住宅で料金が変わってくるため、それぞれ分けて比較していきます。

まずは戸建ての場合の違いです。

NURO光とeo光を戸建てで利用した場合の、料金面の違いをまとめたのが下記の表です。

戸建ての場合の違い

戸建ての場合NURO光eo光
最大速度最大2Gbps最大1Gbps
月額料金(光電話含む)5,043円
(光電話300円含む)
5,239円(光電話286円含む)
無料で使えるサービス●無線(Wi-Fiが無料)
●セキュリティソフト5台分が無料
なし
対応している携帯電話料金割引ソフトバンク『おうち割 光セット』に対応『auスマートバリュー』に対応
初期費用●工事費実質無料●工事費実質無料
違約金●2年契約 更新月以外の解約で9,500円●1年以内の解約で12,000円
1年~2年の間の解約で6,000円

初期費用や違約金のところは大した違いはありません。

速度は、実測値という点を考えるとNURO光もeo光もどちらも高速ですが、NURO光のほうが若干上です。

速度以外に、料金面で大きな違いが出てくるのが、月額料金と携帯電話料金割引の部分。

月額料金はNURO光のほうが約200円安く、加えてWi-Fiとセキュリティソフトを無料で使うことが出来ます。

eo光でWi-Fiとセキュリティソフトをオプションとして使うと毎月約350円かかる為、それも含めると、NURO光のほうが毎月約550円安く利用できる計算です。

ただ、それ以上に一番料金で差が出てくるのが『携帯電話料金割引』のところです。

NURO光はソフトバンクの携帯電話料金割引・eo光はauの携帯電話料金割引に対応しており、それぞれ家族も含めて携帯電話1台あたり毎月約1,000円の割引が入ります。
(3台なら毎月平均3,000円の割引)

そのため、戸建てでNURO光とeo光どちらにすべきか迷った場合には、下記の考え方で選ぶのが無難です。

戸建ての場合の基本的な選び方

  • 速度重視 ⇒ NURO 光
  • 料金重視(利用している携帯電話会社によって選ぶ)
    ⇒ソフトバンク携帯ユーザーなら NURO 光
    ⇒au携帯ユーザーなら eo光

トータルで見た場合の集合住宅の場合の料金の違い

次に集合住宅の場合の料金面の違いです。

NURO光とeo光の料金面の違いをトータルで表したのが、下記の表です。

集合住宅の場合の違い

集合住宅の場合NURO光eo光
最大速度最大2Gbps最大100Mbps~1Gbps
※マンションにより100Mbsになる場合、多数あり
月額料金(光電話含む)5,043円
(光電話300円含む)
4,000円~5,000円(光電話286円含む)
※マンションにより料金は異なる
無料で使えるサービス●無線(Wi-Fiが無料)
●セキュリティソフト5台分が無料
なし
対応している携帯電話料金割引ソフトバンク『おうち割 光セット』に対応『auスマートバリュー』に対応
初期費用●工事費実質無料●工事費実質無料
違約金●2年契約 更新月以外の解約で9,500円●1年以内の解約で12,000円

こちらも戸建てと同様、初期費用や違約金といった部分で大きな違いはありません。

集合住宅で大きな差が出てくるのは、インターネット速度と料金面の部分です。

NURO光の場合、集合住宅であってもほとんどのケースで『マンションミニ』といって、戸建てと速度も料金も変わらない契約になります。

そのため、NURO光の場合は集合住宅であっても最大2Gbpsの“超高速”のインターネットを利用可能です。

それに対して、eo光は集合住宅の場合、100Mbpsの速度タイプしか選べない場合が非常に多くあります。

eo光の集合住宅向けプランの速度に関して

eo光の集合住宅プランには『VDSL方式』と『イーサネット方式』『光配線方式』の3つがありますが、このうち最大1Gbpsの速度を利用できるのは『光配線方式』のみです。

『光配線方式』が使える建物はそこまで多くありません。

もし、お住まいの建物がeo光の最大1Gbpsに対応していなかった場合(最大100Mbpsのみになる)、インターネット速度だけで選ぶのであればNURO光一択になるのかなと思います。

料金面での違いに関しては、NURO光のほうが月額料金は少し高いものの、Wi-Fiとセキュリティソフトが無料だという点を考えると、そこまで大きな差はありません。

料金面で一番大きな違いが出てくるのは『携帯電話料金割引』のところです。

ソフトバンクユーザーであれば『おうち割 光セット』に対応したNURO光にしたほうがお得になりますし、auユーザーであれば『auスマートバリュー』に対応したeo光にしたほうがお得になります。

これらの速度・料金面も含めて、集合住宅の場合には、下記の考え方で選ぶのがお勧めです。

集合住宅の場合の基本的な選び方

  • 速度重視 ⇒ NURO 光
  • ※特にeo光が最大100Mbpsにしか対応していない建物の場合、速度は圧倒的にNURO光のほうが上になります

  • 料金重視(利用している携帯電話会社によって選ぶ)
    ⇒ソフトバンク携帯ユーザーなら NURO 光
    ⇒au携帯ユーザーなら eo光

NURO光とeo光のキャンペーンの違い

次に現在NURO光とeo光で行っているキャンペーンに関して説明します。

どちらも大手の光回線のため、それなりに大きなキャンペーンを行っています。

まずはNURO光の公式サイトで行っているキャンペーン内容です。

【NURO光】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで35,000円キャッシュバック!
  • さらに工事費40,000万円も月額割引で実質無料!
  • 設定サポートも今なら無料!
  • 高速の宅内WiFiを無料で利用可能!
  • 5台まで使えるセキュリティソフトも無料で利用可能!

NURO光は代理店からも申込みすることが出来ますが、公式サイトのキャンペーンがかなりお得なため、申込みをするなら公式サイトからがお勧めです。

eo光も公式サイトからの申込みで大きなキャンペーンを行っています。

【eo光×公式】
WEBキャンペーン・お勧めポイント


  • 新規申込みで工事費無料!
  • 戸建ては1年間毎月2,000円・マンションは1年間毎月1,000円の料金割引あり
  • 新規申込みで1万円の商品券プレゼント!
  • 他社からの乗換えなら最大4万円の商品券プレゼント!

キャッシュバックなどのキャンペーンは、あくまでも一時的なもののため、NURO光とeo光のどちらにすべきか迷ったら、インターネット速度と料金面を重視して選ぶのば無難です。

まとめ NURO光とeo光のどちらにすべきか

ここまで、NURO光とeo光の様々な違いについて詳しく説明してきましたが、どちらにすべきか迷ったら、下記のシンプルな考え方で選ぶのが一番無難です。

基本的な選び方

  • 速度重視 ⇒ NURO 光
  • 料金重視(利用している携帯電話会社によって選ぶ)
    ⇒ソフトバンク携帯ユーザーなら NURO 光
    ⇒au携帯ユーザーなら eo光

戸建ても集合住宅も考え方は同じです。

eo光も十分にインターネットは高速ですが、速度重視なら最大2GbpsのNURO光にしておいたほうが間違いありません。

料金を重視するのであれば、ソフトバンクユーザーなら『おうち割 光セット』に対応しているNURO光、auユーザーなら『auスマートバリュー』に対応しているeo光を選ぶと。

NURO光とeo光で、細かな部分を見るともっといろいろな違いはありますが、一番大事な『インターネット速度』と『料金』という点で比較するとこの選び方が一番分かりやすいかなと思います。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!