auひかりとソネット光プラスはどちらがお勧め?違いとは?

当サイトの管理人
auユーザーに人気の光回線・auひかりとソネット光プラスについて、どちらのほうがお勧めか詳しく解説した記事です。

ソネット(So-net)と言うとプロバイダーというイメージが強いですが、今はプロバイダーだけではなく自社光回線のサービスとして、ソネット光プラスというサービスも提供しています。

これはいわゆる光コラボレーションというサービスで、NTT東日本・西日本から光回線の設備をレンタルして、プロバイダーと光回線をセットで提供しているサービスです。

このソネット光プラスは、auの携帯電話を利用している方にかなり人気があります。

auの携帯電話を利用している方に人気の光回線と言えば、auひかりが有名ですが、auひかりとソネット光プラスではどちらのほうがお勧めなのか、この記事では詳しく解説をしていきます。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【auひかり×代理店NEXT限定】
最大約14万円お得になるキャンペーン実施中!





auひかりのキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
auひかりの代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!auひかりを検討している方は下記のページにてご確認ください!
【auひかりのお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

auひかりとソネット光プラスの2つの共通点

auひかりとソネット光プラスの違いについて詳しく解説をしていく前に、まずは先に共通している部分を簡単に説明していきたいと思います。

共通点① auひかりでもソネット光プラスでもauスマートバリューは適用可能

auの携帯電話を利用している方が光回線を選ぶ場合、まず第一に『auスマートバリューに対応している光回線かどうか』という点を重要視されると思います。

auスマートバリューは、auの携帯電話を利用している方が、“特定の光回線”を利用することで発生する携帯電話料金の割引サービスのことで、割引額はかなり大きめです。

【auスマートバリューを適用できる光回線】

auスマートバリューは下記の光回線で適用することが出来ます。

  • 全国提供=auひかり・ソネット光プラス・ビッグローブ光・ニフティ光
  • 地域限定提供=コミュファ光(東海エリア)・eo光(関西エリア)・メガエッグ(中国エリア)・ピカラ光(四国エリア)・ビビック(九州エリア)

割引額は、毎月 携帯電話1台あたり平均で1,000円~2,000円で、家族も含めて10台まで割引を適用することが出来ます。

割引額が大きいため、家族でauの携帯電話を3台・4台以上利用している方は、光回線の料金よりもauスマートバリューの割引額のほうが大きくなることもよくあります。

この記事で違いを説明していく『auひかり』と『ソネット光プラス』に関しては、どちらもauスマートバリューに対応しているため、この点に違いはありません。

補足 auスマートバリューを適用する条件について

auスマートバリューを適用させるためには、auひかり・ソネット光プラスどちらも、光電話サービスに加入することが条件です。

光電話サービスに加入しないとauスマートバリューを適用することは出来ません。

auひかりもソネット光プラスも、auスマートバリューを適用させるためには光電話への加入が必要ですが、どちらも月額500円で光電話を利用できるため、ここの部分で料金差は発生しません。

この2つの光回線の料金面で違ってくるのが、毎月の月額料金や初期費用・新規申込み時のキャンペーンなどです。

当サイトのアシスタント
ちなみに、ドコモユーザーやソフトバンクユーザーの方は、auスマートバリューが適用できる光回線にしても何の割引も発生しません!

そのため、ドコモユーザーの方はドコモ光・ソフトバンクユーザーの方はソフトバンク光やNURO光などの割引が発生する光回線のほうがお勧めです!

共通点② インターネットの最大速度はどちらも1Gbpsで同じ

auひかりもソネット光プラスも、どちらもインターネットの最大速度は1Gbpsで同じです。

ソネット光に関しては、以前は「速度が遅い」などの評判もありましたが、『ソネット光』⇒『ソネット光プラス』というサービスに変更になって、【v6プラス】という高速インターネット接続に標準で対応してきました。

この【v6プラス】は簡単に言うと、従来はインターネットに接続する方が混み合う時間帯だとネットの速度が低下していたのに対し、それを改善する次世代型のインターネット接続の仕組みのことです。

ソネット光プラスはこの【v6プラス】に対応したことで、大幅にインターネット速度が改善され、今はかなりの速度でネットを突開けるようになっています。

ソネット光プラスでもauひかりでも、この【v6プラス】を無料(標準提供)で使うことが出来ます。

auひかりはもともと「ネットが速い」と評判でしたが、ソネット光プラスもこの【v6プラス】を標準提供してからは、「ネットが速い」という評判がほとんどを占めるようになってきました。

そのため、どちらの光回線に関しても、インターネット速度は快適に使えると考えておいて問題ないでしょう。

当サイトの管理人
ちなみに、auひかりには最大1Gbpsのプラン以外に、最大5Gbpsや10Gbpsのプランもありますが、それが使えるのは関東などの一部エリア限定です。

また、最大5Gbpsや10Gbpsのプランは月額料金が高くなるため、それが利用できるエリア内であっても最大1Gbpsのプランで利用するのが無難です。

最大1Gbpsの速度で満足できないということは、よほどヘビーなインターネットの使い方をしていないと、まずないと思います。

auひかりとソネット光プラスの4つの違い

先ほど、auひかりとソネット光プラスで共通する点を記載しましたが、次にauひかりとソネット光プラスで異なる4つの点を解説していきたいと思います。

違い① 月額料金や初期費用の違い

auひかりとソネット光プラスでは、月額料金や初期費用が異なってきます。

戸建てと集合住宅のどちらで使うかで、それぞれ料金が異なってくるため、それぞれ分けて説明していきます。

戸建ての場合の違い

戸建ての場合の違いを一覧にしたのが下記の表です。

戸建ての場合

戸建ての場合auひかりソネット光プラス
最大速度
最大1Gbps
月額料金
※プロバイダー料金込み
5,400円
※光電話の料金(500円)込み
5,980円
※光電話の料金(500円)込み
携帯電話料金割引
au携帯電話料金割引あり(auスマートバリュー)
無料で使えるサービス●無線ルーターが無料
(auスマートバリュー適用時)
●無線ルーターが無料
●セキュリティソフト7台版が無料
初期費用●工事費実質無料●工事費実質無料
違約金【auひかりの違約金(3年契約)】更新月以外の解約で15,000円

【設備撤去費用】28.800円
※これから申込む方は設備撤去必須
(3年契約)更新月以外の解約で20,000円

戸建ての場合の大きな違いは、見て頂くと分かり通り、月額料金が500円ほどauひかりのほうが安くなっています。

ただ、auひかりが無線ルーターのみ無料なのに対して、ソネット光プラスは無線ルーターとセキュリティソフトが無料になっています。

セキュリティソフト5台版がソネット光プラスでは無料で使える点を考えると、料金面で大きな違いはありません。

注意点としては、解約した時の違約金が、auひかりの場合はかなり高額になるということです。

ソネット光プラスの場合には、解約した際に違約金20,000円が発生しますが、解約工事(設備撤去)に関する費用は一切発生しません。

それに対して、auひかりの場合は違約金15,000円以外に設備撤去費用28,800円が必須で発生します。

持ち家で利用するなど「絶対に解約しない」という方の場合は特に意識する必要はありませんが、途中解約になる可能性が少しでもあるのであれば、auひかりの違約金は頭に入れておいたほうがいいでしょう。

当サイトのアシスタント
auひかりの設備撤去というのは、解約時に必ずしなくてはならないんですか?

28,800円も撤去費用を取られるなら、出来れば設備は撤去せずに残したい方が多いと思いますが…

当サイトの管理人
もともと、設備撤去をするのかしないのかはユーザー判断で選択することが出来ました。

ただし、2018年3月以降にauひかりを新規で申込んだ方に関しては、設備撤去が必須とルールが変更になりました。

そのため、解約時には必ず違約金以外に設備撤去費用が発生します。

【参考リンク】auひかり公式サイト 設備撤去費用に関して

当サイトのアシスタント
これだけ高額の違約金が発生するとなると、auひかりへの加入を迷う方も出てくると思いますけど、そのへんはどうなんでしょう。
当サイトの管理人
実際に、2018年3月以降に設備撤去が必須となってから、auひかりの申込みは減ってきています。

その分、ソネット光プラスなどのauスマートバリューを適用できる他の光回線への申込みが増えてきている状態です。

光回線を解約した際に違約金がかかるのは、他の光回線でも同じですが、これだけ高額の費用が発生する光回線は珍しいですからね。

当サイトのアシスタント
なるほどぉ。

そうなると、戸建ての場合はauひかりとソネット光プラスだとどちらのほうがお勧めだと考えてますか?

当サイトの管理人
auひかりを解約した時の違約金が高すぎるので、戸建ての場合には、基本的にソネット光プラスにしておくほうが無難です。

それと、キャッシュバックなどのキャンペーンについては後で詳しく説明しますが、ソネット光プラスも代理店から申込めば、auひかりと同じぐらい高額のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

次に集合住宅の場合の料金の違いについて、解説をしていきます。

集合住宅の場合の違い

集合住宅の場合の料金面の違いを一覧にしたのが下記の表です。


集合住宅の場合auひかりソネット光プラス
最大速度
最大1Gbps
月額料金
※プロバイダー料金込み
4,500円~5,000円
※光電話の料金(500円)込み
4,980円
※光電話の料金(500円)込み
携帯電話料金割引
au携帯電話料金割引あり(auスマートバリュー)
無料で使えるサービス●無線ルーターが無料
(auスマートバリュー適用時)
●無線ルーターが無料
●セキュリティソフト7台版が無料
初期費用●工事費実質無料●工事費実質無料
違約金基本的に発生しない
※おうちトラブルサポート込みの『お得プランA』を利用していない場合
(3年契約)更新月以外の解約で20,000円

集合住宅の場合、auひかりは建物によって料金が変わってきますが、ほとんどのケースでソネット光プラスと料金の差はほとんどありません。

無料で使えるサービスが、auひかりの場合は無線ルーターのみ、ソネット光プラスの場合は無線ルーターとセキュリティソフトが無料と違いますが、一番の違いは違約金の部分です。

auひかりのマンションタイプの場合、『おうちトラブルサポート』といって自宅のトラブルを解決してくれるオプションサービス込みの『お得プランA』という契約にしなければ、違約金は発生しません。

ほとんどの方が、この『お得プランA』ではない『標準プラン』で加入しています。

それと、戸建てと違って、マンションタイプの場合は解約する際に設備撤去費用等もかかりません。

それに対して、ソネット光プラスの場合は、違約金が20,000円ほど発生します。

この点を踏まえると、月額料金はどちらも変わらないものの、ソネット光プラスのほうが違約金が高いということであれば、集合住宅の場合はauひかりにしておくほうが無難かなと思います。

違い② キャッシュバックやキャンペーンの違い

auひかりもソネット光プラスも、どこから申込むかでキャンペーン内容はガラリと変わってきます。

auひかりはWEB代理店から、ソネット光プラスは公式サイトからの申込みが一番お得です。

auひかりを公式サイトや家電量販店などで申し込むと、キャッシュバックの金額が代理店よりもはるかに小さくなることが多いため、この点は注意して下さい。

また、ソネット光プラスに関しては、逆に代理店から申込んでしまうと、キャンペーンの還元額が少なくなってしまうので、この点はご注意ください。

ここから、auひかりとソネット光プラスで行っているキャンペーンについて記載していきます。

まずは、auひかりを老舗の優良代理店から申込んだ場合のキャンペーンです。

【auひかり(代理店NEXT)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事費無料!(実質0円)
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!(auスマートバリュー適用の方)
  • 他社から乗換えで違約金5万5千円還元!
  • ……【下記は代理店の独自特典】……

  • キャッシュバック最大5万2千円!振込みは最短翌月末!
  • 代理店NEXTから申込した場合、将来解約する時の設備撤去費用(28,800円)が無料に!

キャンペーン内容は色々とありますが、メインのところだと、キャッシュバック最大5万円+工事費実質無料という点ですね。

auひかりのキャンペーンはかなりお得ですが、ソネット光プラスも公式サイトからの申込みで、それに負けないぐらいお得な特典を受けることが出来ます。

【ソネット光プラス公式】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 最大81,200円の月額料金割引あり!
  • ~1ヵ月目~36ヵ月目=毎月2,000円割引
    ~37ヵ月目~60ヵ月=毎月400円割引

  • 光電話の基本料金500円×12ヵ月無料!
  • V6プラス対応の高速WiFiルーター(月額400円)が永年無料!
  • セキュリティソフト(7台版)永年無料!
  • 訪問設定サポート無料!

こちらもauひかりと同様に、かなり大きな額のキャンペーンを受けることが出来ます。

キャンペーンという部分だと、どちらも他のかなりお得なため、そこまで大きな違いはありません。

違い③ 利用できるプロバイダーの違い

auひかりとソネット光プラスでは、利用できるプロバイダーに違いがあります。

まず、ソネット光プラスですが、ソネット光プラスはあらかじめプロバイダーもソネットと決まっているため、ソネット以外のプロバイダーを利用することは出来ません。

それに対して、auひかりの場合は下記の7つのプロバイダーから、利用するプロバイダーを選択することが出来ます。

auひかりで選択できるプロバイダー


@nifty、@TCOM、AsahiNet、au one net、BIGLOBE、DTI、So-netの7つ

何らかの理由で「ソネット以外のプロバイダーを利用したい」ということであれば、auひかりにしたほうがいいと思いますし、「ソネットでかまわない」という場合には、ソネット光プラスでもauひかりでもどちらでも利用可能です。

例えば、既にBIGLOBE(ビッグローブ)の契約をしていて、「必ずプロバイダーとしてビッグローブを使いたい」という方の場合には、auひかりでプロバイダーをビッグローブで継続することも可能です。

違い④ フレッツ光や光コラボからの転用可否の違い

現在フレッツ光や光コラボを利用している方限定ではありますが、フレッツ光や光コラボから光回線を乗り換える場合、ソネット光プラスに関しては『転用』・『再転用(事業者変更)』という手続きで、工事不要・電話番号の変更も不要・端末の変更も不要で、簡単に乗換えが出来ます。

転用とは

転用の手続きとは
工事の有無不要
機器の変更(ご利用のONUや光電話ルータ)不要
光電話の番号変更同じ番号のまま継続できます
フレッツ光の違約金発生しません
転用にかかる費用手数料の数千円のみ
手続き方法①NTT東西のWEBサイトもしくは電話の手続きで『転用承諾番号』を取得
②その『転用承諾番号』をもって、光コラボに申込むのみ

再転用(事業者変更)とは

事業者変更の手続きとは
工事の有無不要
機器の変更(ご利用のONUや光電話ルータ)不要
光電話の番号変更同じ番号のまま継続可能
事業者変更にかかる費用●転出(解約する)光回線でかかる費用
~転出事務手数料=平均で3,000円
~違約金
●転入(乗り換える)光回線でかかる費用
~事務手数料=平均で3,000円

※上記は平均であり、転出する光回線・転入する光回線で費用は若干異なります。
手続き方法①変更前の光コラボ事業者に連絡し、『事業者変更承諾番号』を取得
②その『事業者変更承諾番号』をもって、変更したい光コラボorフレッツ光に申込む

『転用』や『再転用』を簡単にイメージで言うと、今の環境をそのままに契約だけをソネット光プラスに変更するようなイメージです。

これが出来るのは、ソネット光プラスがフレッツ光や光コラボと全く同じ設備を利用しているため。

ちなみに、フレッツ光や光コラボからソネット光プラスに転用する場合の費用は、基本的に事務手数料の3,000円のみです。

それに対して、フレッツ光や光コラボからauひかりに切り替える場合は、『フレッツ光や光コラボを解約⇒auひかりを新規申込み』をする流れになります。

この手続きの場合は、当然のことながら違約金も発生しますし、電話番号も基本的に変更になります(アナログ戻し出来れば継続できる場合もある)。

それに回線の設備自体が変わるため、インターネットの再設定や工事などがモロモロ必要になります。

フレッツ光や光コラボから乗り換える場合の手続きが面倒だという方は、auひかりよりもソネット光プラスのほうがお勧めです。

【要注意】auひかりとソネット光プラスでは提供エリアや利用できる建物が全く違う

一番はじめに伝えておいたほうがいい話かもしれませんが、auひかりとソネット光プラス(光コラボレーションサービス)では、利用できるエリアや建物が全く異なります。

提供エリアや利用可能な建物の違い

提供エリアの違いauひかり各光コラボレーションサービス(ソネット光プラス・ビッグローブ光・ニフティ光)
戸建ての場合東海・関西エリアを除いて提供
~提供している都道府県であっても、人口が少ない地域は使えないことが多い
全国提供
~人口が少ない地域でもほとんどのエリアをカバー
マンションの場合全国提供
~使える建物は光コラボよりも圧倒的に少ない
全国提供
~使える建物が圧倒的に多い

auひかりはKDDI独自の光回線の設備を利用しているのに対し、ソネット光プラスはNTT東日本・西日本の設備を利用しています。

KDDIは採算が取れない地域には設備を構築しないのに対して、NTTは採算が取れない地域でも、積極的に進出しています。

そのため、利用できるエリアや建物に関しては、ソネット光プラスのほうが圧倒的に多いです。

仮にauひかりとソネット光プラスのどちらにしようか悩んでいる方の場合、auひかりが提供不可のエリアや建物であれば、ソネット光プラスという選択しかなくなるので、その場合にはソネット光プラスがお勧めです。

auひかりは思っている以上に利用できるエリアや建物が狭いので、事前に提供エリア確認をしておくことをお勧めします。

参考リンク

auひかりの提供エリア確認はこちら⇒auひかり公式サイト
ソネット光プラスの提供エリア確認はこちら⇒【So-net 光 コラボ】

まとめ auひかりとソネット光プラスはどちらがお勧めか

最後に、auひかりとソネット光プラスはどちらがお勧めかという点について、パターンごとにまとめていきたいと思います。

パターン

  • 【戸建ての場合】⇒ソネット光プラスがお勧め
  • ~月額料金はauひかりのほうが500円安いものの、ソネット光プラスは月額500円相当のセキュリティソフトが無料のため、変わらない。
    解約金(違約金)はauひかりが4万円以上かかるのに対し、ソネット光プラスは2万円。それならソネット光プラスにしておくほうが無難。

  • 【マンションの場合】⇒auひかりがお勧め
  • ~月額料金はどちらも大差ないが、マンションタイプの場合は解約した時にauひかりは違約金が発生しない。それに対しソネット光プラスは2万円の違約金が発生する。それならauひかりにしておいたほうが無難。

  • 【ソネット以外のプロバイダーを使いたい場合】⇒auひかりがお勧め
  • ソネット光プラスはプロバイダーがソネットで固定されているため、ソネット以外のプロバイダーを使いたい方はauひかりがお勧め。
    (auひかりは、ソネット・ビッグローブ・ニフティ・au one net・DTI・Asahi Net・TCOMの7つからプロバイダーを選択可能)

  • 【フレッツ光や光コラボから乗り換える場合】⇒ソネット光プラスがお勧め
  • ~ソネット光プラスなら、『転用』・『再転用(事業者変更)』という手続きで、フレッツ光や光コラボから工事不要・端末変更も不要・電話番号の変更も不要で、手数料の3,000円のみで簡単に乗り換えることが出来ます。

  • 【auひかりが提供不可の場合】⇒ソネット光プラスがお勧め
  • ~auひかりが提供不可の場合、ソネット光プラスなら利用できる可能性が高い。

auひかりもソネット光プラスもどちらもauスマートバリューを適用できるため、どちらにしようか迷ってしまう方が多くいらっしゃいますが、上記の選び方でどちらにするか検討するのが無難かなと思います。

先ほども記載した通り、キャッシュバックやキャンペーンという点では、どちらの光回線もかなりお得です。

ただ、このキャンペーンはあくまでもauひかりは“代理店”から、ソネット光プラスは“公式サイト”から申込んだ場合にだけ適用されるキャンペーンなので、その点は注意して下さい。

詳細を確認される方はこちら

auひかりの代理店はこちら⇒【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】
ソネット光プラスの公式サイトはこちら⇒【So-net 光 コラボ】

人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!