ドコモ光の提供エリア確認方法や注意点

当サイトの管理人
ドコモ光の提供エリアやその関連情報について詳しく解説をした記事です。

ドコモユーザーに人気の光回線・ドコモ光。

2015年にサービスを開始してから、わずか3年~4年で契約者数が500万人を突破しました。

今は、携帯電話と自宅の光回線をセットにすることで、携帯電話料金が割引される光回線が多いですが、ドコモの携帯電話料金割引が適用されるのはドコモ光だけのため、非常に人気があります。

そんなドコモ光ですが、全国どんなエリアや建物でも利用することが出来るのか。

この記事では、ドコモ光の提供エリアや提供エリア確認方法・提供不可時の代替えサービスなどについて、詳しく解説をしていきます。

ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光の提供エリアはフレッツ光と全く同じ

ドコモ光はいわゆる“光コラボレーションサービス”といって、NTT東日本・西日本が設置している光回線の設備をそのまま利用して提供されているサービスです。

簡単に言うと、NTT東日本と西日本から光回線の設備をレンタルして、自社ブランドの光回線(ドコモ光)として提供しているサービス。

光コラボレーションサービスには、他にソフトバンク光やビッグローブ光などがありますが、どの光コラボレーションサービスもNTT東日本と西日本の光回線の設備を使っているという点は変わりません。

NTT東日本や西日本が提供している有名な光回線と言えばフレッツ光ですが、ドコモ光をはじめとした光コラボレーションサービスの提供エリアはフレッツ光と全く同じです。

もともとNTT東日本と西日本が全国にフレッツ光の設備を構築していることから、光コラボレーションサービスも47都道府県のあらゆる地域で使うことが出来ます。

また、集合住宅の場合には建物に光回線の設備が導入されていないと、マンションタイプを使うことが出来ませんが、一部の建物を除きほとんどの建物がこの光コラボレーションサービスに対応しています。

光コラボレーションサービスに対応していない集合住宅に関して

集合住宅でもし「NTTの光の設備が入っていない」と言われた場合、他社の設備が入っている場合があります。

他社で光回線の設備を構築しているのは、KDDI(auひかり)や各電力会社の光回線、またはソネット(NURO光)といった会社です。

NTTの設備が入っていない場合、これらの会社の光回線の設備が入っている可能性が非常に高いです。

ドコモ光で提供エリアを確認する2つの方法

ドコモ光で提供エリアを確認する方法は2つあります。

1つ目は、NTT東日本・西日本のフレッツ光の提供エリア判定のページで確認すること。

ドコモ光はフレッツ光と全く同じサービスエリアでの提供のため、NTT東日本・西日本のフレッツ光公式サイトにて確認できます。

ドコモ光公式サイトのQ&Aにもその旨が記載されています。

【ドコモ光】
サービスエリアを教えてください。

以下のとおりです。

■タイプA/タイプB/単独タイプ/ドコモ光ミニ
NTT東日本・西日本のフレッツ光提供エリアと同じです。
詳細なエリアは以下よりご確認ください。

■タイプC
提携CATV(ケーブルテレビ)の提供エリアと同じです(一部エリアを除きます)。
詳細なエリアは、提携CATVのホームページをご確認ください。

(参照:ドコモ光公式サイト

下記のNTT東日本・西日本の公式サイトにて提供エリア確認を行うことが出来ます。

※ちなみに、ドコモ光公式サイトに提供エリア判定を出来るページはありません。

どちらも住所を選択していくだけで簡単にエリア検索が行えます。

参考:エリア検索方法

【東日本エリアの場合】

まずはお住まいの都道府県をクリック

あとはお住まいの住所をクリックして選んでいくだけ

【西日本エリアの場合】

郵便番号を入れるか、都道府県から選択して次に進む(電話番号でも検索可能)

あとはお住まいの住所をクリックして選んでいくだけ

戸建てだけではなく、集合住宅でマンションタイプが使えるかどうかも、上記のページで確認できます。

何か途中でつまづいたりしなければ、提供エリア判定にかかる時間は数分程度です。

それともう1つの方法は、直接ドコモインフォメーションセンターに電話をして確認すること。

参考:ドコモインフォメーションセンターの番号

ドコモ携帯電話からの場合:(局番なし)151
一般電話などからの場合:0120-800-000
(参照:ドコモ公式サイト

電話でも確認できますが、先ほど説明したネットで確認する(NTTのサイトで)よりも、オペレーターさんが対応する分、時間がかかります。

そのため、提供エリア判定をするのであれば、NTT東日本・西日本の公式サイトから行うほうがお勧めです。

注意
ドコモインフォメーションセンターに電話して提供エリア判定を行う場合、そのまま申込みをすることを誘導されると思いますが、申込みはしないでください。

ドコモインフォメーションセンターから申込んでしまうと、ドコモ光公式キャンペーンのみが適用されて、代理店やプロバイダーが独自で行っているキャッシュバックなどが適用されません。
(代理店やプロバイダーから申込むと、ドコモ光公式キャンペーンにプラスでそれらの独自キャンペーンが適用されます)

ドコモ光テレビオプションを使う場合には、提供エリアが異なるので注意

ドコモ光では、自宅にテレビのアンテナを立てることなく地デジ・BS・CSを視聴できる『光テレビオプション(月額750円)』というサービスを提供しています。

ドコモ光自体は47都道府県全てに提供していますが、ドコモ光テレビオプションを利用できる都道府県は、下記の27の都道府県に限定されています。

ドコモ光テレビオプションを利用できる都道府県

そして提供エリアであっても、マンションタイプの場合には使える建物と使えない建物とに分かれています。

マンションタイプの場合

  • 東日本エリアの場合
  • ~光配線方式(最大1Gbps)の建物のみ利用可能
    ~最大100MbpsのVDSL方式やLAN配線方式の場合は利用不可

  • 西日本エリアの場合
  • ~西日本エリアはマンションタイプでは利用不可

これらの提供エリアや提供可能な建物をまとめたのが下記の表です。

提供エリア・建物による利用可否まとめ

ドコモ光テレビオプション東日本エリア西日本エリア
利用可能な都道府県東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部

(詳しい提供エリアはこちらでご確認ください)
大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、福岡県、佐賀県の各一部

(詳しい提供エリアはこちらでご確認ください)
戸建てタイプの利用可否可能
(TV何台でも可)
可能
(TV何台でも可)
マンションタイプの利用可否光配線方式のみ可能
(TV接続1台のみ)
不可

ドコモ光自体(インターネットや電話サービス)は提供可能でも、この『光テレビオプション』は使えないという場合がありますので、その点はご注意ください。

当サイトの管理人
仮に『光テレビオプション』が提供不可だった場合、テレビのアンテナを立てずに地デジ・BSを視聴できるサービスとして、他に『ひかりTV』というサービスがあります。

NTTぷららが提供しているサービスです。

ドコモ光が提供可だった場合のお勧めの申込み先

実際に提供エリア判定をしてみて、ドコモ光が提供可だった場合、ドコモショップやドコモ光公式サイト・ドコモインフォメーションセンターから申込みをするのはお勧めできません。

というのも、これらの申込み先からドコモ光を申込んでしまうと、ドコモ光公式キャンペーンしか適用されないからです。

特定のプロバイダーや代理店のホームぺージから申込みをすると、下記のキャンペーンがどちらも適用されます。

  • ドコモ光公式キャンペーン
  • プロバイダーor代理店独自のキャッシュバックなどのキャンペーン

どこから申込んでも、ドコモ光自体の契約内容は変わりません。

それであれば、プロバイダーや代理店から申込んでお得なキャッシュバックを受け取ることをお勧めします。

下記のページに、キャッシュバックを行っているプロバイダーや代理店の情報をまとめてありますので、詳細を確認される方はそちらでご確認ください。

ドコモ光が提供不可だった場合に利用できる可能性がある光回線

提供エリア判定をして、もしドコモ光が提供不可だった場合、同じくNTT東日本・西日本の設備を利用している下記のサービスは利用できません。

同じく提供不可のサービス

フレッツ光

光コラボレーションサービス全て(100種類近くあり)
~ソフトバンク光、ビッグローブ光、ニフティ光、ソネット光、OCN光、ぷらら光、エキサイト光、DTI光、DMM光…など

ドコモ光が提供不可でも利用できる光回線があるとすれば、それはNTT東日本・西日本の設備を利用した光回線ではなく、独自の光回線の設備を利用しているサービスだけです。

独自の光回線の設備を使っているサービス

 提供エリアお得な代理店サイト
URL
auひかり
(KDDIの設備)
【戸建て】東海・関西エリアを除いて提供
【マンション】全国提供
【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】
NURO光
(ソネットの設備)
関東・東海・関西エリア+九州エリア(九州は福岡と佐賀県のみ)に提供NURO 光
コミュファ光
(中部電力系の設備)
東海エリアで提供コミュファ光
eo光
(関西電力系の設備)
関西エリアで提供eo光
メガ・エッグ
(中国電力系の設備)
中国エリアで提供MEGA EGG
ピカラ光
(四国電力系の設備)
四国エリアで提供ピカラ光なら【ピカラ光.com】
BBIQ
(九州電力系の設備)
九州エリアで提供BBIQキャンペーン

戸建てタイプの場合には、NTT東日本・西日本の光回線が一番広提供エリアが広いため、上記の光回線でも利用できないことが多いと思います。

でも、マンションタイプ(集合住宅)の場合には、上記の光回線の設備が建物に入っていて、NTT東日本・西日本の設備が入っていないという建物が多くあります。

マンションの共用部分のスペースの関係で、先にどこかの事業者が設備を導入していると、後から来た事業者が設備を導入できないことがあるからです。

マンションタイプでドコモ光が提供不可だった場合には、上記の光回線ならマンションタイプが使えるのかどうか、一度チェックしてみて下さい。

ドコモ光も他の光回線も全て提供不可なら、モバイル系サービスを利用するしかない

ドコモ光も先ほど記載した光回線も全て提供不可だった場合、あと考えられるのはモバイル系サービスを利用するということです。

自宅メインで使うモバイル系サービスだと、ソフトバンクエアーが一番有名です。

ソフトバンクエアーは速度こそ光回線より遅いものの、それでも約300Mbpsとそれなりに高速のインターネットを利用できます。

また、料金も光回線とほとんど同じで、データ通信量の制限もありません。

参考:ソフトバンクエアーの月額料金

ソフトバンクエアー機器分割払い時機器レンタル時
月額料金4,880円
(機器代金は実質0円だが、36ヵ月以内の解約で機種代金が発生)
5,370円
(レンタル費用490円含む)
初期費用契約事務手数料3,000円
解約時の違約金●2年間の定期契約で契約満了月以外の解約は9,500円の違約金が必要

●機器代金(58,320円)の分割払い(36ヵ月払い)が終わっていない場合は、その残債も発生
●2年間の定期契約で契約満了月以外の解約は9,500円の違約金が必要

光回線とは違って工事が不要で使えるのも特徴の1つです。

⇒ソフトバンクエアー公式サイトはこちら:Softbank Air

モバイル系サービスには、他にWiMAX(ワイマックス)もありますが、WiMAXは3日間で10GBの通信量を使ってしまうと、そのたびに速度制限が入ります。

それも含めると、WiMAX(ワイマックス)はあまり光回線のような使い方は出来ません。

ソフトバンクエアーも光回線同様に、代理店でお得なキャッシュバックを行っています。

もし、全ての光回線が提供不可だった場合には、下記の代理店のページでキャンペーン内容を確認してみて下さい。

【ソフトバンクエアー×代理店アウンカンパニー】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 1年間、月額料金から1,080円割引!
  • 他社回線の違約金を最大10万円キャッシュバック!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 代理店からの申込み限定!新規申込みで35,000円キャッシュバック!

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!