コミュファ光とドコモ光ならどちらにすべき?料金・割引・お得ポイントを徹底比較!

当サイトの管理人
東海エリアで大人気の光回線と、光コラボレーションサービスで契約数1位を突っ走るドコモ光のどちらがお得なのか、様々な点を徹底的に比較した記事です。

最近、長野県にも提供エリアを拡大し、以前から東海エリアで大人気の光回線・コミュファ光。

長野県に提供エリアを拡大しただけではなく、なんと最大1Gbpsを超える5Gbpsと10Gbpsというプランの提供も始めました。
(ただ、5Gbpsや10Gbpsで料金が高くなるなら1Gbpsで十分という方がほとんどだと思いますので、この記事では1Gbpsのプランで説明していきます)

東海エリアではコミュファ光だけではなく、ドコモ光やソフトバンク光といった超大手の光回線の人気も根強いものがあります。

この記事では、コミュファ光とドコモ光のどちらがお得なのかという点について、月額料金や初期費用・キャッシュバック等のキャンペーンも含めて徹底して比較していきたいと思います。

ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

コミュファ光とドコモ光の提供エリアや利用できる建物の違い

そもそもコミュファ光とドコモ光では利用している光回線の設備が異なります。

また、それに伴って利用できるエリアや建物(集合住宅)も変わってきます。

違い

 利用している設備提供エリア・利用可能な建物
ドコモ光NTT西日本・東日本の設備を利用(フレッツ光と同じ)【提供エリア】全国提供

戸建て・集合住宅ともに使えるエリア・建物が圧倒的に多い
コミュファ光中部電力系の電力会社の設備を利用【提供エリア】愛知県・岐阜県・静岡県・三重県・長野県

戸建ての場合は提供エリアが広いが、集合住宅だと使える建物が少ない

ドコモ光は光回線最大手のNTT西日本・東日本の設備を利用しているということだけあって、圧倒的に提供エリアが広く使える建物も多いのが特徴です。

それに対して、コミュファ光は中部電力系の『中部テレコミュニケーション株式会社』という会社が提供しているサービスで、中部電力が構築した光回線の設備を利用しています。

その為、東海エリア内で戸建ての場合は提供エリアが広いものの、集合住宅の場合だと使えないというケースも多くあるのが少しネックになるところです。

当サイトのアシスタント
もしまだ提供エリア確認をしていないという方は、一度ドコモ光もコミュファ光も提供エリア確認をしておくことをお勧めします!

ドコモ光はNTT西日本の設備を使っている為、NTT西日本のフレッツ光のページから提供エリア確認が出来ます!

【ドコモ光の提供エリア確認はこちら】
NTT西日本公式ホームページ

【コミュファ光の提供エリア確認はこちら】
戸建ての場合(コミュファ光公式サイト)
マンションの場合(コミュファ光公式サイト)

ドコモ光とコミュファ光の様々な違いを比較

戸建てとマンションで工事料金や月額料金が変わってくる為、ここからドコモ光とコミュファ光の違いに関して、戸建てとマンションに分けて詳しく説明していきます。

当サイトのアシスタント
キャッシュバック等のキャンペーンに関しては、戸建てもマンションも変わらない為、それ以外の部分の戸建ての違い⇒マンションの違いと説明した後にキャンペーンの違いを説明していきます!

【戸建て】ドコモ光とコミュファ光の様々な違い

戸建てタイプでドコモ光とコミュファ光の料金や初期費用・その他、様々な違いを一覧にしたのが下記の表です。

戸建ての違い

戸建ての場合ドコモ光コミュファ光
最大速度最大1Gbps最大1Gbps
月額料金(ネット+光電話)5,700円
(光電話500円含む)
●開通月の翌月〜12カ月目:3,940円
●~24カ月目:4,940円
●それ以降:4,943円


※(光電話300円含む)
無料で使えるサービス●無線(Wi-Fiが無料)
※ただし、特定のプロバイダーを利用した場合のみ
●無線(Wi-Fiが無料)
●セキュリティソフト1台分が無料
初期費用●登録料3,000円
●工事費(派遣18,000円or無派遣2,000円)
●契約事務手数料700円
●工事費実質無料(安心サポートplus同時申込みが条件)

比較した時に優れているところを青色で記載しています。
青で記載している部分以外は変わりません。

見て頂くとお分かりの通り、最大速度に違いはなく、無線が無料(ドコモ光はプロバイダーによる)で使えるという点は変わりません。

ただ、それ以外の部分では、コミュファ光のほうが月額料金が安く、セキュリティソフトも1台無料・登録時にかかる初期費用も安いと優れたところが多いです。

戸建てタイプの場合には、上記の点だけで比較すればコミュファ光の圧勝と言ってもいいと思います。

これだけお得だと東海エリアで昔から人気がある理由が分かりますね。

【マンション】ドコモ光とコミュファ光の様々な違い

次にマンション・アパートにお住まいの場合のドコモ光とコミュファ光の違いです。

マンションの違い

マンションタイプの場合ドコモ光コミュファ光
最大速度最大1Gbps
※建物により100Mbpsの場合あり
最大1Gbps
※建物により100Mbpsの場合あり
月額料金(ネット+光電話)4,500円
(光電話500円含む)
5,550円
(光電話300円含む)
無料で使えるサービス●無線(Wi-Fiが無料)
※ただし、特定のプロバイダーを利用した場合のみ
●無線(Wi-Fiが無料)
●セキュリティソフト1台分が無料
初期費用●登録料3,000円
●工事費(派遣15,000円or無派遣2,000円)
●契約事務手数料700円
●工事費実質無料(安心サポートplus同時申込みが条件)

こちらも戸建てと同様、最大速度・無線が無料で使えるという点は変わりませんが、戸建てと大きく違うのが月額料金です。

ドコモ光はマンションタイプだと光電話込みで4,500円で利用できますが、コミュファ光の場合には5,550円かかります。

その差は月額1,000円、1年間だと12,000円・5年も使えば6万円も利用料金が変わってきます。

コミュファ光のほうが初期費用が安いこと・セキュリティソフトが1台無料という点を含めても、例えば、持ち家などで長期利用する場合には、この差はかなり大きいと言わざるを得ません。

マンションタイプで上記の点だけで比較するのであれば、ドコモ光のほうが優れていると言ってもいいと思います。

【キャッシュバック等】ドコモ光とコミュファ光の違い

キャッシュバックという点でこれからドコモ光とコミュファ光を比較しますが、注意点としてはどちらの光回線も公式サイトから申込むとキャッシュバックがもらえないor額が少なくなってしまうということ。

ドコモ光は、プロバイダーのホームぺージからの申込みか代理店からの申込み限定で、ドコモ光公式キャンペーンに上乗せする形で平均で15,000円のキャッシュバックを上乗せすることが出来ます。

【現在ドコモ光×プロバイダーで実施中のキャンペーン例】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント10,000ポイントプレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

コミュファ光に関しては、代理店からの申込みで高額のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

【現在コミュファ光×代理店で実施中のキャンペーン例】

【コミュファ光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事料金実質0円!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 新規申込みで3万9千円キャッシュバック!
  • 他社からの乗換えならさらに8万5千円キャッシュバック増額!

どちらも大手の光回線の為、お得なキャンペーンを実施していますが、額だけでいうと新規申込み・乗換え申込みともにコミュファ光×代理店のほうが手厚いキャンペーンを受けることが出来ます。

時期によってキャンペーンはがらりと変わりますが、キャッシュバックという点で言えば、コミュファ光のほうが優れているかなという印象です。

【補足】ドコモ光で無線を無料で使えるプロバイダーに関して

先ほどドコモ光とコミュファ光の料金面などを比較した中で、ドコモ光に関しては特定のプロバイダーを利用した場合だけ無線を無料で使えるという記載をしました。

コミュファ光の場合にはプロバイダーではなくコミュファ光自体が無線を提供している為、どのプロバイダーを利用しても無線を無料で利用することが出来ます。

それに対して、ドコモ光の場合はドコモ光自体は無線を無料で提供していません。無線を無料で提供しているのはドコモ光の一部のプロバイダーです。

その為、選択するプロバイダーによっては無線を無料で利用することは出来ませんのでご注意ください。

ドコモ光で無線を無料で提供しているプロバイダーの一覧は下記の通りです。

ドコモ光で無線を無料で提供しているプロバイダー

それ以外だとOCNやビッグローブ・hi-hoも無線を無料で提供しています。

ドコモ光とコミュファ光の決定的な違いは、対応している携帯電話料金の割引

ここまでドコモ光とコミュファ光について、月額料金や初期費用などについて違いを説明してきましたが、ドコモ光とコミュファ光の違いの中で一番大きいのが『携帯電話料金割引』です。

ドコモ光はその名前の通り、ドコモユーザーがドコモ光を使うことで『ドコモ光セット割』という携帯電話料金割引を受けることが出来ます。

毎月割引される額は個人でドコモ携帯を利用しているのか、それとも家族でドコモの携帯を利用しているのかで変わりますが、家族でドコモ携帯を利用している場合には、平均で3,000円前後の割引が入ることが多いです。

新プランを利用している場合

ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,000円)
利用プラン月あたりの割引額
ギガホ1,000円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
500円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-
旧プランを利用している場合

ドコモ光 旧プラン・家族で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
家族でシェアパックを利用している場合は主回線から割引になります。
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラシェアパック1003,500円
ウルトラシェアパック502,900円
ウルトラシェアパック302,500円
ベーシックシェアパック~30GB1,800円
ベーシックシェアパック~15GB1,800円
ベーシックシェアパック~10GB1,200円
ベーシックシェアパック~5GB800円

ドコモ光 旧プラン・個人で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラデータLLパック1,600円
ウルトラデータLパック1,400円
ケータイパック500円
ベーシックパック~20GB800円
ベーシックパック~5GB800円
ベーシックパック~3GB200円
ベーシックパック~1GB100円

コミュファ光に関しては、『auスマートバリュー』といってau携帯電話料金の割引に対応しています。

auスマートバリューもドコモ光セット割と同じく、家族で利用しているauの携帯電話全て(最大で10台まで)にそれぞれ割引が入る仕組みです。

auスマートバリューの割引額

auスマートバリューの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
プラン月あたりの割引額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで1,000円
auフラットプラン20/30
データ定額10/13/30
データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)
2年間2,000円(それ以降は月934円)
データ定額5/8/20
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,410円(それ以降は月934円)
U18データ定額201,410円
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
934円
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
2年間934円(それ以降は500円)
カケホ(3Gケータイ・データ付) ※3Gスマートフォンの場合もご加入いただけます。934円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)2年間1,410円(それ以降は934円)

利用しているプランにより割引額は異なりますが、平均すると1台あたり毎月1,000円の割引が入ります。

仮に家族で3台auの携帯電話を利用している場合には、毎月3,000円の割引が入る計算です。

ドコモ光・コミュファ光それぞれ携帯電話料金の割引額が非常に大きいことから、このドコモ光とコミュファ光の携帯電話料金割引を無視してどちらにするのかを決めるのは得策ではありません。

【結論】ドコモ光とコミュファ光のどちらにすべきか

キャッシュバック等は違うものの、ドコモ光もコミュファ光もお得な新規申込みキャンペーンを行っていることに違いはありません。

この2つの光回線で、一番大きく変わってくるのが『月額料金』と『携帯電話料金の割引額』です。

月額料金の差を簡単にまとめると下記のようになります。

月額料金の違い

  • 戸建ての場合…ドコモ光よりもコミュファ光のほうが安い(初めの12ヵ月は1,800円ほど安く、それ以降も800円ほど安い)
  • マンションの場合…コミュファ光よりもドコモ光のほうが1,000円ほど安い

それに加えて、ドコモ光とコミュファ光では携帯電話料金の割引が違います。

携帯電話料金割引の違い

  • ドコモ光…ドコモ携帯の割引あり。家族の場合は毎月平均で3,000円、個人の場合は平均で1,000円前後
  • コミュファ光…au携帯の割引あり。1台あたり毎月平均1,000円×家族で利用している台数分の割引。

月額料金の違いだけではなく、この携帯電話料金割引も含めてトータルでどちらのほうが安いのかという点が重要です。

仮に毎月のランニングコストが1,000円違った場合に料金が高いほうを選んでしまうと、1年で12,000円・2年で24,000円と長く使えば使うほど、どんどん損をする額が大きくなっていきます。

携帯電話料金割引も含めた光回線の実質料金は『光回線の月額料金-携帯電話料金割引』で計算すれば求めることが出来ますので、それで計算してみてどちらか安いほうにしておくことをお勧めします。

参考に、ドコモ光とコミュファ光のお勧めの申込み先を下記に掲載しておきます。

ドコモ光ならネット速度で圧倒的に評判が良いプロバイダーGMOとくとくBBのホームぺージからの申込みがお勧めです。


【ドコモ光お勧めプロバイダーNo.1!GMOとくとくBB】



コミュファ光なら高額のキャッシュバックをもらえる代理店からのWEB申込みがお勧めです。


【コミュファ光公お勧め代理】



【参考】東海エリアでソフトバンクを利用している方はNURO光一択



ここまでドコモ光とコミュファ光について説明してきましたが、記載した通りドコモ光はドコモ携帯電話料金の割引に、コミュファ光はau携帯電話料金の割引に対応しています。

ではソフトバンクユーザーにとって一番お得な光回線は何なのか?

という疑問を持つ方もいらっしゃると思いますので、ソフトバンクの携帯電話料金割引に対応した光回線に関しても簡単に説明します。

東海エリアでソフトバンクユーザーに最もお勧めできる光回線はNURO光です。

ソフトバンクの光回線と聞くとソフトバンク光が真っ先に思いつきますが、東海エリアでソフトバンクユーザーに本当にお勧めできるのはソフトバンク光ではありません。

NURO光もソフトバンク光と同じように、『おうち割 光セット』というソフトバンク携帯電話料金の割引に対応しています。

その上で、インターネットの最大速度が2Gbpsとソフトバンク光の最大1Gbpsよりも圧倒的に速く、さらにソフトバンク光よりも月額料金が安い+無線もセキュリティソフト(5台版)も無料とかなりお得な光回線になっています。

そんなNURO光でもキャッシュバックや工事費無料など、かなりお得なキャンペーンを実施しています。キャンペーンの内容は下記のNURO光公式に詳しく記載されていますので、興味がある方はそちらにてご確認ください。


【NURO光 公式サイトはこちら】



また、NURO光とソフトバンク光との違いについては当サイトの別のページに詳しくまとめていますので、違いを詳しく知りたいという方は下記のページをご参照いただければと思います。

関東・関西・東海・九州エリアのソフトバンクユーザーがNURO光にすべき理由

2018年12月19日
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!