NURO光でんわとは?料金や仕組み・お得なポイントを解説!

当サイトの管理人
NURO光で利用できるIP電話サービス『NURO光でんわ』について、仕組みやお得なポイント等を詳しく説明した記事です。

光回線を利用する際は、自宅の電話をアナログの電話サービスから光電話サービス(IP電話サービス)に切り替えるのが一般的です。

アナログからの切替えであれば番号が変わらないことに加えて、光電話サービスにしたほうが月額料金・通話料金ともに大幅に安くなります。

現在、関東・東海・関西・九州エリアでサービスを提供している超高速インターネット回線のNURO光に関しても『NURO光でんわ』というIP電話サービスを利用することが出来ますが、このサービスがかなりお得な内容になっています。

この記事では、NURO光で利用できる『NURO光でんわ』サービスについて、料金やお得なポイント・現実的な契約内容等を詳しく説明していきます。

NURO光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
NURO光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!NURO光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【NURO光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

NURO光で使える『NURO光でんわ』の仕組み

NURO光で利用できる『NURO光でんわ』は、ソニーネットワークコミュニケーションズ(ソネット)というソニーグループの会社が提供しているサービスです。

この『NURO光でんわ』の仕組み自体は、他の光電話サービスと同じように光回線の信号(IP信号)を使って電話のやり取りをするという非常にシンプルな仕組みになっています。

IP信号を使う光電話サービスは、様々な設備を必要とするアナログの電話よりも設備費用が少なくて済む為、月額料金や通話料金がアナログ電話より大幅に安くなっているのが特徴です。

『NURO光でんわ』が他の光電話サービスと異なる点としては、ソフトバンクグループと提携してサービスを提供しているという点。

後ほど詳しく説明しますが、『NURO光でんわ』を利用した場合には、『NURO光でんわ』⇔『ソフトバンクのIP電話・ソフトバンク携帯電話』へ通話料がかからずに何度でも無料で通話できるというメリットがあります。

また、ソフトバンクの携帯電話を利用している方が『NURO光でんわ』を契約した場合には、『ソフトバンクおうち割 光セット』という大幅な携帯電話料金割引を受けることも出来ます。


【NURO光 公式サイト】



『NURO光でんわ』の基本料金やオプションサービス等

ここから『NURO光でんわ』の料金に関して、基本料金とオプションサービスの料金・通話料金や初期費用について、1つずつ簡単に説明をしていきます。

『NURO光でんわ』の基本料金と初期費用

『NURO光でんわ』の基本料金は下記の通りです。他の光電話サービスと同様にかなり安い料金になっています。

『NURO光でんわ』の基本料金と初期費用

【基本料金】

  • 関東=月額500円
  • それ以外のエリア=月額300円

【初期費用】

  • 3,000円
  • ~光回線の工事費(キャンペーンで実質無料)とは別にかかります。

住んでいる地域によって基本料金が変わるという非常に珍しい料金体系になっているのが『NURO光でんわ』の特徴です。(全光電話サービスの中で地域によって基本料金が変わるのはNURO光だけです)

この料金差を見て関東エリアにお住まいの方は、
「なぜ関東エリア以外だと月額300円なのに、関東に住んでいると月額500円払わなきゃいけないの?サービス内容が違うの?」
と疑問に感じる方もいらっしゃると思います。

この質問にお答えすると、まず関東エリア以外と関東エリアでは『NURO光でんわ』の基本料金が違いますが、サービス内容自体は全く同じです。

その上で、なぜサービス内容が同じなのに『NURO光でんわ』の基本料金がエリアによって違うのかというのを簡単に説明すると、関東とそれ以外のエリアでは他社サービスも含めた光電話サービスの料金相場が違うという点にあります。

  • 関東=全光電話サービスが月額500円で提供⇒『NURO光でんわ』も500円で提供
  • 東海=コミュファ光が月額300円で光電話を提供⇒『NURO光でんわ』も300円で提供
  • 関西=eo光(イオ)が月額286円で光電話を提供⇒『NURO光でんわ』も300円で提供

関東エリア以外では、エリア限定で提供している電力会社の光回線で光電話が月が安く提供されています。

それに対抗して『NURO光でんわ』も月額300円に料金が設定されていますが、関東エリアで提供されている光電話に関してはどのサービスも月額500円で提供されています。(これ以上安い基本料金にしているサービスは関東にはありません)

それに合わせて、関東エリアに関しては『NURO光でんわ』も月額500円に設定しているというのが実情です。

全く同じサービスなのに基本料金が違うのは『不平等』だと言えばその通りですが、地域に合わせた相場になっていると考えれば仕方ない部分なのかなと思います。

『NURO光でんわ』のオプションサービスの料金

『NURO光でんわ』では下記のオプションサービスを利用することが出来ます。

『NURO光でんわ』のオプションサービス(単品)

単品で利用する場合月額料金初期費用
番号表示400円1,000円
番号通知リクエスト
(非通知着信を拒否)
200円1,000円
キャッチ電話
(通話中に別の電話に出れる)
300円無料
着信お断り
(迷惑電話拒否)
600円1,000円
着信転送500円無料

上記はオプションサービスを『単品』で個別契約した場合の料金ですが、いくつかのオプションサービスがパックになって提供されているお得なプランもあります。


パックで利用する場合月額料金(パック割引)初期費用
ベーシックパック
(番号表示・番号通知リクエスト)
600円無料
パック1
(番号表示・番号通知リクエスト・キャッチ電話・着信お断り・着信転送)
900円
※全て単品で利用すると2,000円なので1,100円安くなる
無料
パック2
(キャッチ電話・着信お断り・着信転送)
630円
※全て単品で利用すると1,400円なので770円安くなる
無料
パック3
(番号表示・番号通知リクエスト・キャッチ電話・着信お断り)
800円
※全て単品で利用すると1,500円なので、700円安くなる
無料
パック4
(キャッチ電話・着信お断り)
530円
※全て単品で利用すると900円なので、370円安くなる
無料

複数のオプションサービスを利用する方は、パックにしたほうが月額料金が安くなること(ベーシックパック以外)・および初期費用がかからないことから、初めからパックで申込んでおくのがお勧めです。

『NURO光でんわ』の通話料金

『NURO光でんわ』の通話料金は基本的に他の光電話サービスと変わりません。

国内の一般の固定電話やIP電話あてであれば3分約8円で通話することができ、携帯電話への発信もアナログ電話と比べると大幅に安く通話することが出来ます。

『NURO光でんわ』の通話料金

通話先と時間帯料金
ソフトバンクグループNURO 光 でんわ / ケーブルライン / BBフォン光 / BBフォン / BBフォン(M) / ひかりdeトークS / ホワイト光電話向け
無料
国内一般・IP電話7.99円/3分
国内携帯電話8-23時25円/1分
23-8時20円/1分
国内PHS10円/1分+
1通話につき10円
国際電話(固定電話)アメリカ(本土・アラスカ・ハワイ)7.99円/3分
その他地域、衛星電話※国によって異なる

特徴としては、『NURO光でんわ』同士なら通話料が無料になるということと、ソフトバンクグループの電話サービスとの間であれば通話料がかからないという点が『NURO光でんわ』の大きな特徴です。

また、ここには記載していませんが、ある無料のサービスを申込むことで『NURO光でんわ』⇔『ソフトバンク携帯』の間での通話も完全に無料にすることが出来ます。

当サイトのアシスタント
『NURO光でんわ』⇔『ソフトバンク携帯』の通話を無料にする方法に関しては、後ほど詳しく説明します!

『NURO光でんわ』の現実的な契約内容は、基本料金+番号表示オプションかベーシックパックオプション

『NURO光でんわ』を利用している方でもっとも多い契約内容が下記の2つのパターンです。

『NURO光でんわ』で多い2つの契約パターン

  • 月額900円=基本料金500円+番号表示(400円)
  • 月額1,100円=基本料金500円+ベーシックパック(600円)
  • ~ベーシックパックは番号表と番号通知リクエスト(非通知着信拒否)が使えます。

固定電話を滅多に使わなくても、電話がかかってきた時に番号の表示だけはして欲しいという方が多いそうです。

また、非通知の着信には出たくないということでベーシックパックにして番号通知リクエスト(非通知着信拒否)を追加する方も多くいらっしゃいます。

ただ、他のオプションサービスである、キャッチ電話・着信お断り・着信転送サービスに関しては、現実的に固定電話を利用している方が少ないということもあり、

  • キャッチ電話=そもそも携帯に電話がかかってくるので不要
  • 着信転送=そもそも携帯に電話をかけてもらうので不要

という方が多いようです。

着信お断りに関しては迷惑電話があまりにもひどい場合には有効ですが、迷惑電話がそこまで多くない場合にはこちらも必要ありません。

当サイトのアシスタント
上記はあくまでもこういう契約パターンで利用している方が多いというだけで、番号表示や番号通知リクエストも不要という方は、基本料金だけでオプションを一切つけないという方もいらっしゃいます!

【NURO光 特設ページ限定のキャッシュバック】



『NURO光でんわ』のお得な3つのポイント

ここから『NURO光でんわ』でお得なる3つのポイントを説明していきます。

一番はじめのほうでも説明した通り、ソフトバンクの携帯電話を利用している方やソフトバンク関連の通信サービスを利用している方が周りに多い場合には、かなり通信費をお得にすることが出来ます。

お得ポイント① 『NURO光でんわ』を含めソフトバンクグループやケーブルテレビ等の無料通話先が多い

『NURO光でんわ』はソフトバンクグループと提携していることもあり、固定電話の無料通話先が非常に多くあります。

まず『NURO光でんわ』を利用している相手との通話が完全に無料になること。

加えて下記のソフトバンク系列のサービスの電話を利用している方とも全て無料で通話することが出来ます。

ソフトバンク系列の無料通話先

ケーブルライン(60社以上) / BBフォン光 / BBフォン / BBフォン(M) / ひかりdeトークS / ホワイト光電話向け

このうち『ホワイト光電話』に関しては主にソフトバンク光で利用されている光電話サービスで、BBフォンに関してはソフトバンク光やヤフーADSL等で利用されているIP電話サービスです。

その為、ソフトバンクの固定電話サービスを利用している方とは基本的に通話料金が無料になると考えて間違いありません。

また、ケーブルラインとは提携しているケーブルテレビ会社のことで、60社を超えるケーブルテレビ会社との通話も全て無料になります。

参照リンク

ソフトバンク公式サイト:無料通話できるケーブルテレビ一覧はこちら

お得ポイント② 『ホワイトコール24』で『NURO光でんわ』⇔『ソフトバンク携帯』間も通話料が無料

『NURO光でんわ』は『ホワイトコール24』というソフトバンクの無料オプションにも対応しており、この『ホワイトコール24』を申込めば自宅の『NURO光でんわ』と『ソフトバンク携帯』の間での通話が全て無料になります。

ちなみに無料になるのは“特定”のソフトバンク携帯だけではなく、“全て”のソフトバンク携帯への通話が無料になる仕組みです。

『ホワイトコール24』自体は料金がかからないオプションサービスの為、『NURO光でんわ』を申込んだ方はこの『ホワイトコール24』も忘れずに申込んでおくようにしましょう。

『ホワイトコール24』の申込み手順について
『ホワイトコール24』の申込みには下記の手続きが必要です。

  1. 『NURO光でんわ』申込み
  2. 『ホワイトコール24』申込書のお取り寄せ
  3. 『ホワイトコール24』申込書をNUROに返送
  4. 『ホワイトコール24』の登録完了(約10日後)

詳しくは下記のNURO光公式サイトにてご確認ください。

NURO光公式サイト:ホワイトコール24の申込み手順

お得ポイント② 『ソフトバンクおうち割 光セット』対応でソフトバンク携帯電話料金が割引される

『NURO光でんわ』を利用することで最もお得になる目玉となるのが『ソフトバンクおうち割 光セット』です。

『ソフトバンクおうち割 光セット』はソフトバンクの携帯電話料金を毎月割引するサービスのことで、その額は平均して1台あたり月1,000円×家族で利用している台数分(最大で10台まで)の額が毎月割引されます。

例えば家族で4台ソフトバンク携帯を利用している場合は、平均して毎月4,000円(1台1,000円×4台)の割引が入る仕組みです。

家族で利用しているソフトバンク携帯の台数によっては、光回線の料金以上の割引が入ることも珍しくありません。

ちなみにNURO光でインターネットは使うけど『NURO光でんわ』は不要という方でも、『ソフトバンクおうち割 光セット』を適用するには『NURO光でんわ』への加入が必要な為、ソフトバンクの携帯電話をお持ちの方は不要でも『NURO光でんわ』に加入しておくことをお勧めします。

毎月500円(関東エリア以外は300円)の基本料金がかかっても、ソフトバンク携帯電話の料金からそれ以上の額の割引が入るはずです。

今お使いの電話サービスから『NURO光でんわ』へ番号を変えずに移行する方法

今お使いの電話サービスから『NURO光でんわ』へ同じ番号のまま移行するには、今どんな番号をお使いなのかで手続き方法が変わります。

番号による手続き方法3パターン

  1. アナログ電話をお使いの場合
  2. ~特に手続きは必要ありません。『NURO光でんわ』申込み時に「今の番号を継続したい」という旨だけお伝えください。

  3. 他社光電話でもともとアナログで利用していた番号を継続して利用している場合
  4. ~この場合は、『他社光電話⇒NTTアナログ電話へ番号ポータビリティ』をした後に『アナログ電話⇒NURO光でんわへ番号ポータビリティ』の申請が必要です。
    ダイレクトに『他社光電話⇒NURO光でんわ』へ番号を移行することはできません。

  5. 他社光電話で新しく取得した番号を利用している場合
  6. ~他社光電話で新しい番号を取得していた場合、どんな手続きを取っても『NURO光でんわ』に番号を引き継ぐことは出来ません。
    番号は必ず変わりますので、『NURO光でんわ』で新しい番号を取得するようにしてください。

注意点としては、3つ目に記載した『他社光電話で新しく取得した番号』を利用している場合、何をどうやっても同じ番号のまま『NURO光でんわ』へ移すことは出来ないということ。

この場合は光回線の乗換えに伴って必ず番号が変わります。

『NURO光でんわ』へ同じ番号のまま継続するには、お使いの電話サービスがアナログ電話であれ光電話であれ、利用している番号が『もともとアナログ電話で発行した番号』であることが絶対条件です。

また、もし他社光電話でもともとアナログで利用していた番号を継続して利用していた場合、『NURO光でんわ』を申込む前にNTT東日本・西日本にアナログへの番号ポータビリティを申請する必要があります(加入権は必要ありません)。

この場合は別にアナログ復活費用として2,000円~10,000円前後の費用が発生します。

アナログへ番号ポータビリティする場合の加入権に関して
よく色々なサイトで「アナログへ番号を戻すには電話加入権が必要」と説明しているサイトがありますが、これは完全に誤りです。

電話加入権をお持ちではなくても、ライトプランといってNTTから電話加入権をレンタルする形でアナログの電話サービスを利用することは出来ます(電話加入権をお持ちの場合に比べて月額料金が250円ほど上がる)。

加入権をお持ちではなくても、ライトプランを利用して今の光電話からNTTアナログ電話へ番ポ⇒アナログ電話から『NURO光でんわ』へ番号ポータビリティをすることは可能です。

『NURO光でんわ』Q&Aいろいろ

ここからはネットでよく調べられている『NURO光でんわ』に関するQ&Aです。

2つほど補足事項を説明いたしますので、加入する前に『NURO光でんわ』をより詳しく知りたいという方はぜひご確認ください。

『NURO光でんわ』は停電時に利用できるの?

基本的に『NURO光でんわ』を停電時に利用することは出来ません。

これはNURO光でインターネットや電話サービスを利用する為の機器にバッテリーが搭載されていない為、停電すると機器の電源が落ちてしまうことが原因です。

ただ、どうにかして停電している状況の中でNURO光の機器に電気さえ供給できれば、ネットも使えますし電話の発着信も可能になります。

その為、停電時にどうにか「インターネットや電話がつながる状態にしたい」という場合には、モバイルバッテリーや発電機等の予備電源を確保しておく必要があります。

当サイトのアシスタント
じゃあどうしても「停電時に電話を使える状態にしたい」という場合には、『NURO光でんわ』にしないでアナログ電話のままにしておくことも出来るんですか?
当サイトの管理人
出来ますが、その方法はお勧めしません。

アナログ電話の月額料金は1,700円ほどかかりますが、『NURO光でんわ』にしておけば月額料金が500円(東海・関西は300円)で済みます。

その差は月に1,200円、年間だと14,400円もの差になってきます。(東海・関西の場合は年間で16,800円)

長期的に見ればアナログ電話にしてその差額をずっとムダに払っていくよりは、『NURO光でんわ』にしておいてその差額分で発電機なりを準備しておくほうがお勧めです。

当サイトのアシスタント
なるほどぉ!

確かに1年間で14,400円の差が出てくると、4年・5年も使えば5万円~7万円の料金が浮きますから、それで発電機なりを購入することは出来そうですね!

『NURO光でんわ』の通話明細は紙で送ってもらえるの?

今インターネットの料金や携帯電話の料金などは、いわゆる『WEB明細』で確認するのが当たり前になってきています。

他のサービスだと別に料金を払えば紙で明細を送ってもらうことが出来る場合もありますが、『NURO光でんわ』に関してはWEB明細だけとなっており、紙媒体での明細は発行していません。

その為、『NURO光でんわ』の明細を確認する場合にはWEBで確認することに慣れるようにしておきましょう。

【NURO光新規申込みの方必見】NURO光 特設ページでの独自キャッシュバック実施中!

これからNURO光を新規に申し込むという方は、NURO光の特設ページ限定のキャッシュバックを申込むのがお勧めです。

NURO光は公式ホームページでも月額料金割引キャンペーンやワンコインお試しキャンペーン等を行っておりますが、それらのキャンペーンよりも一番お得になるのが特設ページ限定のキャッシュバックです。

当サイトのアシスタント
どちらもNURO光が運営しているホームぺージですが、『公式ホームページ』から申込んだ場合と『特設ページ』から申込んだ場合とでキャンペーンの内容が変わってきます!

特設ページから申込んだ場合には、高額のキャッシュバックをもらえると共に工事費が実質無料・設定サポートも無料など、大きなキャンペーンを行っておりますので、詳細を確認される方は下記のNURO光 特設ページにてご確認ください。


【NURO光 特設ページ限定のキャッシュバックはこちら】



NURO光は代理店から申込んでもキャッシュバックを受け取ることが出来ます。代理店のキャッシュバックキャンペーンに関しては、下記のページにまとめてありますので、興味がある方はそちらもご参照ください。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!