ソフトバンク光からauひかりに乗り換える場合の手順や注意点を解説

当サイトの管理人
ソフトバンク光からauひかりに乗り換える場合の事前の確認事項や注意点、手順などを解説した記事です。

携帯電話の大手3社だと、ドコモやauユーザーは比較的長期利用が多いものの、ソフトバンクユーザーに関してはいったんドコモやauからソフトバンクにMNPしたとしても、将来的にはドコモやauに戻しているという方も多いようです。

ただ、その時に携帯電話だけではなく自宅の光回線もソフトバンク光にしている方は、光回線も切り替えないと大きな金額を損してしまうことになりかねません。

特にauに関しては、auスマートバリューといって、auの携帯電話と特定の光回線(auひかりやビッグローブ光)を組み合わせることで大きな割引が発生します。

光回線の乗換えは「手続きが大変」というイメージを持っている方も多いと思いますが、実際はそうでもありません。

この記事では、ソフトバンク光からauひかりに乗り換える場合の事前の確認事項や注意点、またはスムーズに手続きを行う為の手順などを詳しく解説していきます。

auひかりのキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
auひかりの代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!auひかりを検討している方は下記のページにてご確認ください!
【auひかりのお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

auひかりにすることで適用されるauスマートバリューとは

携帯電話をauに変更した方は、光回線もauひかりにすることでauスマートバリューという割引を適用させることが出来ます。

auスマートバリューは毎月auの携帯電話料金が割引されるサービスで、1台あたり平均1,000円×家族で利用している台数分の割引が発生します。(初めの2年間はもっと大きな割引になります)

auスマートバリューの携帯電話料金割引額

auスマートバリューの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
プラン月あたりの割引額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで1,000円
auフラットプラン20/30
データ定額10/13/30
データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)
2年間2,000円(それ以降は月934円)
データ定額5/8/20
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,410円(それ以降は月934円)
U18データ定額201,410円
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
934円
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
2年間934円(それ以降は500円)
カケホ(3Gケータイ・データ付) ※3Gスマートフォンの場合もご加入いただけます。934円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)2年間1,410円(それ以降は934円)

割引額はどのデータ通信量のプランで契約しているかにより異なりますが、家族で利用している携帯電話も含めて最大10台まで割引される為、毎月の割引額が4,000円以上になるという方も多くいます。

仮に家族でソフトバンクの携帯を利用×ソフトバンク光を利用していた方が、携帯電話だけソフトバンクからauに切り替えて自宅の光回線を変更しなかった場合、この割引をみすみすムダにしまっていることになります。

その為、携帯電話をauに変更した場合は早めに光回線もauひかりに変更しておくのがお勧めです。

【注意】auひかりは提供エリア内であっても使えない建物も多いので、事前にエリア確認を

auひかりはマンションタイプが全国提供・戸建てタイプが一部のエリアを除いて提供されています。

auひかりの提供エリア

  • 戸建てタイプの場合
  • ~東海・関西エリア以外で提供(大阪府、京都府、和歌山県、奈良県、滋賀県、兵庫県、三重県、愛知県、静岡県、岐阜県を除く都道府県)

  • マンションタイプの場合
  • ~全国提供

ただ、実際にはauひかりが提供されている都道府県であっても、設備の関係で提供不可になってしまうことが多いので、auひかりへの乗換えを検討している方は事前に提供可能かどうか確認しておくことをお勧めします。

auひかりの提供エリア判定は下記の公式サイトから行うことが出来ます。

auひかりの提供エリア判定はこちらから

auひかり公式サイト

仮にauひかりが提供不可だった場合には、auスマートバリューに対応したビッグローブ光がお勧めです。

ビッグローブ光はNTT東日本・西日本の光回線の設備を利用している為、auひかりよりも提供エリアが広く、使える建物も非常に多いのが特徴です。

また、月額料金もauひかりとほとんど変わらない料金で利用することが出来ます。

ビッグローブ光公式サイトはこちら

【公式】ビッグローブ光
当サイトのアシスタント
ちなみにNTT東日本・西日本の設備を利用した光回線だと、他にソネット光やニフティ光もauスマートバリューに対応しています!

詳しくはそれぞれの公式サイトにてご確認ください!

【So-net 光 コラボ】

ニフティ光公式サイト

ソフトバンク光からauひかりへの乗換えでかかる全費用

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える場合、下記の2つを合わせた費用が発生します。

  • ソフトバンク光の解約に関する費用
  • auひかりの開通に関する費用

どちらも発生すると聞くと、「大きな出費が発生する」というイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、ソフトバンク光からauひかりへの乗換えの場合、実際は出費どころかむしろキャッシュバック等でプラスになることのほうが圧倒的に多いです。

より詳しく説明していくと、まずはソフトバンク光の解約に関する費用には下記が必要になってきます。

ソフトバンク光の解約に関する費用

  • 【実質無料】違約金:9,500円⇒auひかりから全額キャッシュバックあり
  • ~他社光回線からauひかりに乗り換える場合、『auひかりスタートサポート』といって他社光回線の違約金をauひかりが全額負担(後ほどキャッシュバック)してくれるキャンペーンを行っています。

  • 工事費分割払いの残債
  • ~ソフトバンク光を開通させた時に派遣工事でなおかつ工事費(24,000円)を分割払いにしている方の場合には、工事費の残債が発生する場合があります。
    無派遣工事で開通させた方や工事費の分割払いが終わっている方の場合には必要ありません。

ソフトバンク光の違約金(9,500円)に関しては、auひかり公式キャンペーンで後ほど全額キャッシュバックされる為、特に心配する必要はありません。

工事費の分割払いが終わっていない方はその残債を支払う必要がありますが、auひかりを代理店から申込むとその支払い額よりもはるかに大きなキャッシュバックを受け取ることが出来る為、その点も特に心配はいりません。

次にauひかりの開通に関する費用です。

auひかりの開通に関する費用

  • 登録料:3,000円
  • 【実質無料】工事費:戸建て37,500円・マンション30,000円⇒auひかり公式キャンペーンで無料
  • ~工事費は戸建ての場合、毎月625円×60ヵ月払いになりますが、全く同じ金額が月額料金から割り引きされる為、実質無料になります。
    ~マンションの場合の工事費は、毎月1,250円×24ヵ月払いになりますが、こちらも戸建てと同様に全く同じ金額が月額料金から割引される為、実質無料です。

auひかりの開通に関する費用に関しては、キャンペーンで工事費が実質無料になる為、登録料の3,000円しかかかりません。

その為、auひかりの開通に関する費用に関しても全く心配をする必要はありません。

それに加えて、auひかりを特定の代理店から申込むと代理店独自のキャッシュバックを受け取ることが出来ます。

代理店独自キャッシュバックの金額

平均で5万円前後のキャッシュバック

代理店のキャッシュバックは時期によって若干金額が変わってきますが、1年を通して平均すると大体5万円近いキャッシュバックを行っています。

これはあくまでも特定の代理店から申込んだ場合に受け取れるキャッシュバックであって、auひかりをauひかり公式サイトやauショップから申込んでしまうと1万円程度のキャッシュバックしか受け取ることが出来ませんので、ご注意ください。

ここまで、ソフトバンク光の解約に関する費用・auひかりの開通に関する費用・代理店キャッシュバックと説明してきましたが、全てをまとめたのが下記の表です。

まとめ

 ソフトバンク光の解約にかかる費用auひかりの開通にかかる費用
かかる費用●工事費分割払いの残債
●【実質無料】違約金
●登録料3,000円
●【実質無料】工事費
代理店からもらえるキャッシュバック平均で5万円

ソフトバンク光の違約金とauひかりの工事費用はキャンペーンで無料になる為、必要ありません。

あとはauひかりの登録料3,000円とソフトバンク光の工事費の残債(24,000円の工事費の内まだ分割払いが終わっていない分)が発生しますが、代理店から申込むことでそれ以上の金額がお得になる計算です。

下記にauひかりの代理店で昔から有名な優良代理店の情報を記載していますので、キャッシュバックに関してはそちらの代理店ホームぺージにてご確認ください。

【auひかり優良代理店NEXTのホームぺージはこちらから】

【auひかり(代理店NEXT)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事費無料!(実質0円)
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!(auスマートバリュー適用の方)
  • 他社から乗換えで違約金5万5千円還元!
  • ……【下記は代理店の独自特典】……

  • キャッシュバック最大5万2千円!振込みは最短翌月末!
  • 代理店NEXTから申込した場合、将来解約する時の設備撤去費用(28,800円)が無料に!

ソフトバンク光からauひかりに乗り換える前に事前に確認すべきこと

ソフトバンク光からauひかりにスムーズに乗り換える為に、事前に確認しておきたい項目がいくつかありますので、ここから1つずつ簡単に説明していきます。

ソフトバンク光からauひかりへの乗換え時にプロバイダーを新たに選択する必要がある

ソフトバンク光はプロバイダーが『Yahoo!BB』と決まっていましたが、auひかりでは下記の7つのプロバイダーから利用するプロバイダーを選択することが出来ます。

auひかりのプロバイダー


@nifty、@TCOM、AsahiNet、au one net、BIGLOBE、DTI、So-netの7つ

どのプロバイダーを選んでも月額料金は変わりません。

特に人気があるのがBIGLOBEやSo-net・@niftyですが、特にプロバイダーに希望がない方は、この3つのプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選んでおくのが無難です。

どのプロバイダーでも「ネットさえ使えればいい」という方は、メールアドレス・オプションサービス等の付加サービスが豊富な超大手のプロバイダーであるBIGLOBEが一番お勧めです。

当サイトのアシスタント
ちなみにYahoo!BBで利用しているメールアドレスは、【@yahoo.co.jp】というメールアドレスであればソフトバンク光を解約した後も利用することが出来ます!

ただし、【@ybb.ne.jp】というメールアドレスはauひかりへの乗換えで利用できなくなりますのでご注意下さい!

光電話の番号は基本的に変更になるが、同じ番号を継続する方法もある

ソフトバンク光からauひかりへの乗換えで、光電話の番号は基本的に変更になります。

ただし、ある条件を満たしている方のみ少し特殊な手続きを取ることで、番号を変えずに乗り換えることも可能です。

条件

ソフトバンク光電話で利用している電話番号が、“もともとアナログの電話から光電話に番号ポータビリティした番号”であること

この条件を満たしている場合には、下記の手続きを取ることで番号を変えずにソフトバンク光からauひかりの光電話へ移行させることが出来ます。

手続き方法

  1. ソフトバンク光の光電話からアナログ電話に番号ポータビリティ(NTT東日本か西日本に申込み)
  2. 番号ポータビリティが完了するのを待つ
  3. アナログ電話に番号ポータビリティが終わったら、今度はアナログ電話からauひかりの光電話に番号ポータビリティを申請する(ソフトバンクに申込み)

なぜこういう条件や手続きが必要になるのかという点を簡単に説明すると、まず光電話の番号は『光電話⇔光電話』の間(この場合はソフトバンク光電話⇒auひかりの光電話)で直接番号ポータビリティをすることが出来ない仕組みになっています。

ただし、『光電話⇔アナログ電話』の間なら番号ポータビリティをすることが出来ます。

その為、この仕組みを利用して『ソフトバンク光電話⇒auひかりの光電話』に直接番号を移せないのであれば、『ソフトバンク光電話⇒アナログ電話⇒auひかりの光電話』と間にアナログを挟んで番号を移すことで、番号を変えずに移行させることが出来ます。

これが出来るのは先ほど説明した通り、あくまでも『もともとアナログ電話で利用していた番号を光電話でも継続している方』のみで、光電話で新しく電話番号を取得した方はこの手続きを取ることが出来ません。

光電話で新しく電話番号を取得した方は、光電話でしか利用できない専用の番号帯になっている為、アナログに番号ポータビリティをすることが出来ないこと、および光電話⇒光電話の間で直接番号を移せないことから、必ず光回線の乗換えに伴って番号は変更になります。

BBフォンの050番号は継続できない

ソフトバンク光を利用している方の中には、通常の固定電話の番号以外に050番号を利用している方もいらっしゃると思います。

これはソフトバンク光のプロバイダーであるYahoo!BBが提供している『BBフォン』というサービスの為、ソフトバンク光からauひかりに乗り換えた場合、この050番号は利用できなくなります。

ただ、法人さんならまだしも、個人の方で050番号が必須という方はあまりいらっしゃらないと思いますので、この点は利用できなくなっても特に問題はないかと。

auひかりは開通まで3週間~4週間程度かかることが多い

auひかりは開通まで他の光回線の平均納期(2週間程度)よりも少し時間がかかることが多いです。

目安としては、少し長めに見て申込みをしてから開通まで3週間~4週間程度はかかると想定しておいたほうが無難です。

auひかりは開通するまで少し納期が必要になることから、うっかりauひかりの開通工事日より先にソフトバンク光の解約工事日を設定してしまわないよう、ご注意ください。

auひかりの開通よりも先にソフトバンク光の解約工事日が終わってしまうと、ネットも電話も使えない期間が発生してしまいます。

その為、先にauひかりを申込んで開通工事日を決めた後に、ソフトバンク光の解約を申込んで解約工事日を開通工事日より後ろで設定するというのが乗換えの場合の一般的な手続きの流れです。

ソフトバンク光からauひかりへの乗換えの手続き方法とスムーズな手順

ソフトバンク光からauひかりへ乗り換える手続きの流れは、固定電話の番号を継続する場合としない場合とで異なってきます。

まずは固定電話の番号を継続しない場合の手続きの流れです。

番号を継続しない場合の手順

  1. まず先にauひかりを申込んで開通工事日を決める
  2. 次にソフトバンク光の解約を申込んで、auひかりの開通工事日より後の日程で解約工事日を決める

【開通までの納期】平均で3週間~4週間程度

ポイントとしては、必ず先にauひかりの開通工事日を決めてしまって、ソフトバンク光の解約工事日をauひかりの開通工事日より後ろの日程で決めるということ。

解約工事日を開通工事日よりも後ろの日程にしておけば、例えばauひかりの開通工事日に何らかのトラブルで開通できなかったという場合でも、ソフトバンクに連絡して解約工事日を先延ばしにするといった対応を取ることが出来ます。

他のサイトだと開通と解約の工事日を同日に設定すると案内しているサイトも多いですが、ソフトバンク光(NTT東日本・西日本の光回線の設備を利用)とauひかり(KDDIの光回線の設備を利用)では利用している設備が違う為、同日に設定するのはお勧めできません。

ソフトバンク光からドコモ光やフレッツ光への乗換えのように、同じNTTの設備を再利用するだけの乗換えであれば開通と解約工事の日程を同日にしてもまず間違いなく開通しますが、違う設備を利用する場合には100%工事日当日に開通できるとは限りません。

その為、万が一工事日に開通できなかった場合のリスクも踏まえて、同日に開通と解約工事日を設定するのはではなく、解約工事日を少し後ろにしてことをお勧めします。

次に固定電話の番号を継続する場合の手順です。

番号を継続する場合の手順

  1. まず先にNTT東日本もしくはNTT西日本に連絡して『ソフトバンク光電話⇒アナログ電話へ番号ポータビリティ』を申込み
  2. 『アナログ電話への番号ポータビリティ』の工事が完了するのを待つ
  3. 『アナログ電話への番号ポータビリティ』が完了したら、auひかりを申込んで(光電話へ番号ポータビリティを同時に申請)開通工事日を決定
  4. ソフトバンク光の解約申込みをして、ソフトバンク光の開通工事日より後の日程で解約工事日を決める

【開通までの納期】平均で4週間~5週間程度

基本的にauひかりを申込み⇒ソフトバンク光を解約申込みという流れは番号を継続しない場合と変わりませんが、固定電話の番号を継続する場合は、その前にNTT東日本or西日本にアナログ電話への番号ポータビリティの申請をする必要があります。

この手続きで余分に期間がかかる為、開通までの納期も少し長くなります。

固定電話の番号を継続する場合は手続きの順番を間違えてしまうと、番号を継続できないといったトラブルに見舞われる可能性があるので、手続きの流れ・手順だけは十分に注意するようにして下さい。

当サイトのアシスタント
それと、auスマートバリューを適用させたい方は、auひかりの申込み後に別途auひかりの総合案内に電話するかKDDIショップでの手続きが必要になります!

この手続きを忘れてしまうと、携帯電話料金の割引が発生しない状態が続いてしまうのでご注意下さい!

【高額キャッシュバック】auひかりの代理店でお得なキャッシュバックキャンペーン実施中!

auひかりはauひかり公式サイトやKDDIショップでも申込むことができますが、それらのところからauひかりを申込んでしまうと1万円前後のキャッシュバックしか受け取ることが出来ません。

auひかりでもっとも高額なキャッシュバックを行っているのがWEB代理店です。

WEB代理店と一言でいっても様々な代理店がありますが、お勧めなのがキャッシュバック還元率100%を誇る優良代理店です。

キャッシュバック還元率100%を誇る優良代理店の特徴

  • キャッシュバック申請手続きが不要。WEBフォームから申込後の折り返しの電話で振込先の口座番号を聞かれるので口頭で答えるのみ
  • キャッシュバックの振込みが開通から1ヵ月後~2ヵ月後と早い

優良代理店は確実にキャッシュバックを振りこんでくれるのに対して、あえて「キャッシュバックを受け取らせないようにしている」悪質な代理店も存在しています。

悪質な代理店の特徴

  • 特定期間中にキャッシュバックの申請手続きが必要。申請を忘れるとキャッシュバックはもらえなくなる
  • キャッシュバックを申請できる時期が開通から3ヵ月~1年後などと遅く、またその申請月の1日~末日までと申請期間が決まっている

優良代理店がキャッシュバック還元率100%(全員が受け取っている)なのに対して、こういった悪質代理店の還元率は40%~50%だと言われています。

その為、auひかりを申込むなら“確実”に“高額”のキャッシュバックを受け取れる優良代理店からの申込みがお勧めです。

auひかりの優良代理店で一番有名なのが株式会社NEXT(ネクスト)という代理店です。

株式会社NEXTは5万円近いキャッシュバックを手続き不要ですぐに振りこんでくれることで有名です。

【auひかり代理店NEXTのホームぺージはこちらから】

【auひかり(代理店NEXT)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事費無料!(実質0円)
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!(auスマートバリュー適用の方)
  • 他社から乗換えで違約金5万5千円還元!
  • ……【下記は代理店の独自特典】……

  • キャッシュバック最大5万2千円!振込みは最短翌月末!
  • 代理店NEXTから申込した場合、将来解約する時の設備撤去費用(28,800円)が無料に!

また、それ以外の代理店の情報も知りたいという方は、下記のページに様々な代理店の情報をまとめてありますので、そちらもご確認ください。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!