ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合の手順や注意点を解説

当サイトの管理人
ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える場合の手順や注意点等を詳しく解説した記事です。

ソフトバンクの携帯電話を利用している方は自宅の光回線もソフトバンク光にしている方が多いと思います。

ただ、何らかの事情で携帯電話をソフトバンクからドコモに変更した場合、自宅の光回線はそのままでもいいのかと言えば、絶対的にドコモ光に切り替えたほうがより通信費を安くすることが出来ます。

光回線の乗換えというと「手続きが面倒」というイメージがあるかもしれませんが、ソフトバンク光からドコモ光へは『工事不要・電話番号もそのまま・機器もそのまま』で簡単に乗り換えることが出来ます。

この記事では、ソフトバンク光からドコモ光へ乗り換える場合のポイントやスムーズな手続き方法、注意点などを詳しく説明していきます。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【ドコモ光×代理店ネットナビ限定】
最大約68,000円お得になるキャンペーン実施中!





ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモの携帯電話を利用している方がドコモ光にするとかなり通信費が安くなる

今は携帯電話と光回線をセットで使うのが当たり前になってきています。

というのも、特にドコモ・au・ソフトバンクといった大手の携帯電話事業者を利用している場合、自宅の光回線もそれらの携帯電話料金が割引される光回線にすると通信費全体が大幅に安くなるから。

ちなみにドコモの携帯電話を利用している方がドコモ光にした場合には、下記の割引を受けることが出来ます。

『ドコモ光セット割』『ずっとドコモ割プラス』『dカードゴールドのdポイント還元』『ドコモ光更新ありがとうポイント』の4つですが、このうち、特に大きいのが『ドコモ光セット割』と『dカードゴールドのdポイント還元』です。

『ドコモ光セット割』は、ドコモの携帯を個人で利用しているのか、家族で利用しているのかで割引が変わりますが、毎月割引される携帯電話料金の割引額は下記の通りです。

新プランの場合

ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,000円)
利用プラン月あたりの割引額
ギガホ1,000円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
500円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-
旧プランの場合

ドコモ光 旧プラン・家族で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
家族でシェアパックを利用している場合は主回線から割引になります。
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラシェアパック1003,500円
ウルトラシェアパック502,900円
ウルトラシェアパック302,500円
ベーシックシェアパック~30GB1,800円
ベーシックシェアパック~15GB1,800円
ベーシックシェアパック~10GB1,200円
ベーシックシェアパック~5GB800円

ドコモ光 旧プラン・個人で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラデータLLパック1,600円
ウルトラデータLパック1,400円
ケータイパック500円
ベーシックパック~20GB800円
ベーシックパック~5GB800円
ベーシックパック~3GB200円
ベーシックパック~1GB100円

どのデータ通信量のプランで契約しているのかによって割引額は変わってきますが、ちなみに新プランで家族で3台携帯を利用している場合には毎月3,000円の割引、旧プランでウルトラシェアパック30を契約している場合は毎月2,500円の割引を受けることが出来ます。

1月あたり2,500円の割引だと、1年で3万円の割引です。それがドコモ光を利用している間ずっと続きます。

それに加えて、dカードゴールドに加入すると、ドコモ光の料金+ドコモ携帯電話の料金(家族も含めて)の総額の10%分のdポイントを毎月受け取ることが出来ます。

仮に支払い総額が4万円だった場合、毎月4,000ポイントものdポイントを受け取ることが出来ます。

dポイントはコンビニで1ポイント1円換算で買い物に使えたり、様々なサービスにも利用できるポイントなのでこちらもかなりお得です。

ドコモユーザーがドコモ光にすれば、これらの大きな割引が毎月発生することから、携帯電話をドコモに変更した方は光回線も出来るだけ早めにドコモ光に切り替えておくのがお勧めです。

当サイトのアシスタント
仮に携帯電話をソフトバンクからドコモに変えた方が自宅の光回線をソフトバンク光のままにしていた場合、『ドコモ光セット割』が毎月2,500円発生する方の場合には、ドコモ光にしなければ毎年3万円もの通信費をムダにしていく計算になります!

短期的に見ればそこまで大きな割引額ではなくても、長期的に見ればとんでもない金額をムダにしてしまう可能性もありますので、手続きが面倒でも早めにドコモ光に切り替えておくのがお勧めです!

ソフトバンク光からドコモ光への乗換えでかかる全ての費用

ソフトバンク光からドコモ光へは『事業者変更』といって、工事不要・工事費用もかからずに乗り換えることが出来ます。

加えて、電話番号も変わらず、ONUといった機器もそのままで乗り換えが可能です。

イメージで言うと、契約だけがソフトバンク光からドコモ光へ切り替わるイメージです。

ソフトバンク光からドコモ光へ『事業者変更』する場合には、下記の2つを合わせた費用が必要になります。

  • ソフトバンク光の解約に関する費用
  • ドコモ光の契約事務手数料

このうち、ソフトバンク光の解約に関する費用は下記の3つです。

ソフトバンク光の解約に関する費用

  • 事業者変更承諾番号の発行手数料=3,000円
  • 違約金=9,500円
  • ~ソフトバンク光で2年の定期契約にしていた場合、契約満了月以外の解約で違約金が発生します。

  • 工事費分割払いの残債(いくら残っているかによる)
  • ~ソフトバンク光にした時に派遣工事だった方でなおかつ工事費を分割払いにしている方の場合には、工事費の支払いが終わっていない場合があります。無派遣工事だった方の場合には工事費分割払いの残債はありません。

この金額に加えて、ドコモ光に新規加入する場合の費用が発生します。

ドコモ光新規申込みに関する費用

  • 契約事務手数料のみ=3,000円

ソフトバンク光の解約に関する費用がかかるとなると、乗換えを躊躇してしまう方もいらっしゃると思いますが、ドコモ光を特定のプロバイダーや代理店から申込むとかなり大きなキャンペーンを受けることが出来る為、ほとんどの場合は費用の実質負担なしで乗り換えることが出来ます。

現在ドコモ光×特定のプロバイダーや代理店で実施しているキャンペーンに関しては、下記のページにまとめてありますので、ご確認される方は下記のページにてご確認ください。


一番お得なドコモ光の申込み先はここ!



当サイトのアシスタント
ほとんどの場合は、ドコモ光の新規キャンペーンで乗り換えにかかる費用を回収できると思います!

でも、もし仮にドコモ光の新規キャンペーン以上に少し費用がかかってしまっても、ドコモ光に乗り換えた後に発生する『ドコモ光セット割』などを考えるとすぐに元を取ることは出来ます!

ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える前に確認しておきたい4つのポイント

ここから、ソフトバンク光からドコモ光に乗り換える前に確認しておきたいポイントを解説していきます。

ソフトバンク光からドコモ光への乗換えでプロバイダーは変わるの?

ソフトバンク光のプロバイダーはYahoo!BBですがドコモ光では利用できないプロバイダーの為、乗換えに伴ってプロバイダーは必ず変わります。

ドコモ光で利用できるプロバイダーは下記の24社のプロバイダーです。

ドコモ光のプロバイダー

【タイプA】月額料金=戸建て:5,200円、マンション:4,000円
ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、iC-net、タイガースnet、ビッグローブ、andline、SYNAPSE、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikiTiki、hi-ho、@ネスク、COARA

【タイプB】月額料金=戸建て:5,400円、マンション:4,200円
OCN、@TCOM、TNC、AsahiNet、WAKWAK、ちゃんぷるネット

このうちタイプBのプロバイダーは月額料金が200円高くなってしまう為、タイプAの中からプロバイダーを選ぶのが一般的です。

ちなみにタイプBのほうが月額料金が200円高い分、良いサービスなのかと言うとそうではありません。

むしろタイプAのプロバイダーのほうが速度・サービス面ともに評判が高いプロバイダーのほうが多いのが現状です。

当サイトのアシスタント
補足として、ソフトバンク光からドコモ光への乗換えでプロバイダーYahoo!BBは利用できなくなりますが、メールアドレスに関しては【@yahoo.co.jp】というメールアドレスであれば、継続して利用可能です!

※【@ybb.ne.jp】というメールアドレスは利用が出来なくなります。

ドコモ光はプロバイダーによって速度が変わるって本当?速度が安定しているプロバイダーはどこ?

ソフトバンク光の場合はプロバイダーがYahoo!BB固定になる為、プロバイダーによる速度の違いを考える必要はなかったと思いますが、ドコモ光の場合はどのプロバイダーを利用するかでインターネットの実測値が大きく変わってきます。

仮に、速度が遅いという口コミが多い“ハズレ”のプロバイダーを選んでしまった場合は、インターネットの実測値として10Mbpsも出ないことがあるので注意が必要です。

光回線を使っているのに10Mbpsも出なかったら料金を払うのが馬鹿らしくなりますよね。

ドコモ光のプロバイダーの中で、速度という面で圧倒的に評判が良いのはタイプAの『GMOとくとくBB』というプロバイダーです。

GMOとくとくBBは速度にこだわりを持っていて様々な取り組みを行っています。

GMOとくとくBBのインターネット速度に関する取り組み

  1. 高速ネット接続のIPv6プラスに他のプロバイダーよりもいち早く対応
  2. 地域別にドコモ光のインターネット実測値を公開
  3. 速度が100Mbpsに満たない場合、改善するまで毎月ポイント付与あり(速度保証)

ドコモ光のプロバイダーの中で地域別にインターネットの実測値を公開しているのはGMOとくとくBBだけですし、実測値が100Mbpsに届かない場合に改善するまで毎月ポイントバックをしているのもGMOとくとくBBだけです。

これは速度によほどの自信がないと出来ない取り組みの為、他のプロバイダーでは実施していません。

また、GMOの公式ホームページからドコモ光を申込んだ場合のキャッシュバック等の特典も非常に大きいのも魅力の1つです。

キャンペーンに関しては下記に最新の情報を載せてありますのでご確認ください。

【ドコモ光×GMOとくとくBBのキャンペーン】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント10,000ポイントプレゼント!
  • dカードGOLD申込みで最大1万5千円プレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

ソフトバンク光で利用していた光電話の番号はドコモ光でも継続できるの?

ソフトバンク光には、下記の3つの電話サービスがあります。

ソフトバンク光の3つの電話サービス

  • 『光電話(N)』⇒事業者変更の手続きのみで継続可能
  • 『ホワイト光電話』⇒アナログ戻しを行えば継続可能
  • 『BBフォン』⇒継続不可

このうち、ソフトバンク光で『光電話(N)』というサービスを使っていた場合、事業者変更の手続きさえすれば、ドコモ光でも同じ番号を継続して利用することが出来ます。

ただ、ソフトバンク光で『ホワイト光電話』というサービスを使っていた場合、ドコモ光でも同じ番号で利用するには、“アナログ戻し”という手続きを行う必要があります。

アナログ戻しの手続き方法

  • まずはNTT東日本・西日本に申込みをし、ソフトバンク光の『ホワイト光電話』からアナログ電話に番号ポータビリティ
  • 次に、ドコモ光へ事業者変更を申込みし、この時に同時にアナログ電話からドコモ光電話に番号ポータビリティを申請

『光電話(N)』を利用している場合には、直接“光電話(N)⇒ドコモ光電話”と番号を移すことが出来ますが、『ホワイト光電話』を利用している場合には直接番号を移すことができません。

“ホワイト光電話⇒アナログ電話⇒ドコモ光電話”と、必ず間にアナログ電話を挟んで番号ポータビリティを行う必要があります。

ちなみに、どうやっても継続できないのはソフトバンク光のBBフォンの電話番号(050番号)です。

この番号を継続する方法はありませんので、ソフトバンク光からドコモ光へ乗換える場合は要注意です。

ソフトバンク光からドコモ光への乗換えでネットが使えない期間は発生する?

光回線の乗換えとなると『ネットが使えない期間が出てしまうのでないか』と心配になってしまう部分もあると思いますが、この点は全く心配はいりません。

『事業者変更』は基本的に工事が必要なく、自動で全く同じ日にソフトバンク光からドコモ光へ契約が切り替わるようになっています。

例えば、●月5日を『事業者変更』の日付けに設定した場合、この●月5日にソフトバンク光の解約とドコモ光の新規開通が同時に行われます。

ただし、工事が必要ないとは言っても、『事業者変更』に伴ってプロバイダーが変わるため、インターネットの再設定は必要になります。

ソフトバンク光からドコモ光へのスムーズな乗換えの手順と手続き方法

ソフトバンク光からドコモ光への切替える手続きは、『事業者変更』の手続きの順番さえ間違えなければ、かなり簡単です。

『事業者変更』の手続き方法は下記の通りです。

事業者変更の手続き方法

  1. まずは先にソフトバンクへ連絡し、『事業者変更承諾番号』を取得
  2. ~原則、契約者からの連絡が必須です。契約者以外だと番号を発行してもらえない場合があります。

  3. 『事業者変更承諾番号』を取得したら、ドコモ光を申込む
  4. ~ドコモ光を申込むならこちらの代理店がお得 ⇒ ドコモをお使いなら【ドコモ光】

  5. 『事業者変更日』になったら、切替え完了
  6. ~基本的に工事はありませんので、その日程になったら、自動的にドコモ光に切り替わります。

ちなみに、『事業者変更日』を過ぎたらソフトバンク光は自動で解約されるため、個別に解約の手続きをする必要はありません。

それと、ドコモの携帯電話が安くなる『ドコモ光セット割』も自動で適用されるため、この点も手続きをする必要は特にありません。

注意点をあげるとすれば、この『事業者変更』をドコモ公式サイトやドコモショップで申込んでしまうと、ドコモ光の公式キャンペーンしか適用されないという点。

代理店から申込みをすると、ドコモ光の公式キャンペーンに加えて、代理店独自のキャッシュバックを上乗せしてもらうことが出来ます。

どうせ申込みをするのであれば、少しでもお得なところからドコモ光を申込むようにしましょう。

【ドコモ光(代理店ネットナビ)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント10,000ポイントプレゼント!
  • dカードGOLD申込みで最大1万5千円プレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • さらに代理店限定で15,000円キャッシュバック!

人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!