ドコモ光からソフトバンク光に再転用する場合の手順や注意点

当サイトの管理人
ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合のスムーズな手順や注意点について詳しく解説をした記事です。

2015年にドコモ光やソフトバンク光などの、いわゆる“光コラボレーションサービス”が始まって以降、光回線のサービスは急激に増えている状況です。

その中で、特に人気があるのが携帯電話の大手3社が提供しているドコモ光とソフトバンク光、そして光コラボレーションではありませんがauひかり。

携帯電話と光回線を同じ会社で組み合わせて使うことで、大きな携帯電話料金の割引が受けられるのが、この3つの光回線の特徴です。

その為、利用している携帯電話の会社を変更した場合は、光回線も一緒に乗り換えるほうがコスト的にはだいぶお得になります。

この記事では、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合のスムーズな手順やかかる費用・注意点等について、詳しく解説をしていきます。

ソフトバンク光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ソフトバンク光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ソフトバンク光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ソフトバンク光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

携帯をドコモからソフトバンクに変更した場合は、光回線もドコモ光からソフトバンク光に変更したほうがいい

ドコモ光からソフトバンク光に乗換えを考えている方は、恐らくはほとんどの方が携帯電話をドコモからソフトバンクに変更した方や変更を検討している方だと思います。

ソフトバンクの携帯を利用している方にとって、ソフトバンク光にした時に適用される『ソフトバンクおうち割 光セット』は料金的にかなり魅力的な割引サービスです。

ソフトバンクおうち割 光セットの割引額

ソフトバンクおうち割 光セットの割引額(月)
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
データ定額50GBプラス/ミニモンスター1,000円
スマ放題・スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB1,000円
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外の料金プラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

上記は1台あたりの割引額ですが、例えば1台あたり毎月1,000円の割引を受けられるプランで、家族で計4台ソフトバンクの携帯電話を利用していた場合、毎月の割引額はなんと4,000円にもなります。

ドコモ光とソフトバンク光は光回線の料金自体がほとんど変わらない為、ドコモからソフトバンクに携帯を変更した場合は光回線もソフトバンク光に乗換えておかないと、この『ソフトバンクおうち割 光セット』割引分を毎月損をしていくことになります。

参考:ドコモ光とソフトバンク光の光回線の料金

月額料金ドコモ光ソフトバンク光
戸建て5,200円5,200円
マンション4,000円3,800円
割引ドコモ携帯電話料金の割引ありソフトバンク携帯電話料金の割引あり

どれぐらいの金額を損していくことになるのかは、家族で利用しているソフトバンクの台数によって変わってきますが、仮に2台利用していたとしても毎月2,000円・1年で2万4千円という金額を永遠に損をしていくことになる為、携帯電話をソフトバンクに変更したら早めに光回線もソフトバンク光に変更しておくのがお勧めです。

当サイトのアシスタント
後から詳しく説明しますが、光回線の乗換えと聞くと「難しい」とか「面倒」というイメージを持つ方もいらっしゃると思いますが、実際はやってみるとかなり簡単でほとんど手間はかかりません!

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合にかかる全費用

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合、『再転用』といって、基本的に工事が必要なく・工事費用も発生せずに乗り換えることが出来ます。

電話番号もそのままで、ONUといった機器が変わることも基本的にありません。

単純に契約だけがドコモ光からソフトバンク光に切り替わるイメージです。

この『再転用(事業者変更)』を行った際に、費用として必要になるのは下記の2つです。

  • ドコモ光の解約に関する費用
  • ソフトバンク光の契約事務手数料(工事費不要)

このうち、ドコモ光の解約で発生してくる費用は下記の通りです。

ドコモ光の解約に関する費用

  • 違約金=戸建て13,000円、マンション8,000円
  • ~ドコモ光で2年間の定期契約にしている場合、更新月(契約満了月とその翌月)以外に解約をすると違約金が発生します。

  • 工事費の残債=最大で戸建ての場合18,000円、マンションの場合15,000円
  • ~ドコモ光で工事費を分割払いにしている場合、派遣工事の料金(戸建てが18,000円、マンションが15,000円)の分割払いの残債が一括請求されます。

次にソフトバンク光の新規開通に関する費用は下記の通りです。

ソフトバンク光の新規開通に関する費用

  • 契約事務手数料のみ=3,000円
  • ~※『再転用(事業者変更)』の手続きを行った場合、工事費用はかかりません。

全てを合わせたのが下記の表です。

全費用

 ドコモ光解約にかかる費用ソフトバンク光新規申込みにかかる費用
かかる費用●違約金(戸建て13,000円、マンション9,000円)
●工事費残債(残りの分割払い残額による)
●契約事務手数料(3,000円)

ただし、実際には他社光回線からの乗換えの場合、ソフトバンク公式キャンペーンで『他社光回線の違約金をキャッシュバック』するキャンペーンを行っている為、実際は下記のようになります。

全費用(公式キャンペーン適用時)

 ドコモ光解約にかかる費用ソフトバンク光新規申込みにかかる費用
かかる費用●工事費残債(分割払い残額による)
●違約金(戸建て13,000円、マンション9,000円)
●契約事務手数料(3,000円)

※ソフトバンク光の公式キャンペーンは下記のソフトバンク光公式サイトにてご確認ください。
公式サイト=Softbank 光

ドコモ光の工事費の残債がある方はその残債と契約事務手数料が、工事費の残債がない方は契約事務手数料のみで乗り換えが可能です。

加えて、代理店から申込むと代理店独自のキャッシュバック(平均で15,000円前後)を上乗せすることが出来る為、代理店からソフトバンク光を申込んだ場合は下記のようになります。

全費用(公式キャンペーン適用+代理店キャッシュバックも適用)

 ドコモ光解約にかかる費用ソフトバンク光新規申込みにかかる費用
かかる費用●工事費残債(分割払い残額による)
●違約金(戸建て13,000円、マンション9,000円)
●契約事務手数料(3,000円)
代理店からもらえるキャッシュバック平均で15,000円前後(代理店や時期にもよる)

代理店から申込んだ場合、ドコモ光の工事費の残債がある方でもほとんどキャッシュバックで回収ができて、工事費の残債がない方は契約事務手数料が3,000円かかるだけでまるまるキャッシュバック分がお得になる計算です。

代理店と一言でいっても様々な代理店がありますが、ソフトバンク光の代理店でかなり人気があるのが下記のNEXT(ネクスト)という代理店です。


【代理店NEXTの公式サイト】



キャッシュバックの申請手続きを複雑にして受け取れないようにしている悪質な代理店がいる中で、この代理店は手続き不要でキャッシュバック還元率(振りこみ率)が100%を誇る代理店の為、申込みをするならこちらの代理店からがお勧めです。

ドコモ光からソフトバンク光の乗換えで事前に確認しておきたいポイント

ドコモ光からソフトバンク光の乗換えを申込む前に、確認しておくべきいくつかのポイントをここから説明していきます。

ドコモ光で利用していたプロバイダーはソフトバンク光で継続できるの?

ドコモ光では24社のプロバイダーの中から利用するプロバイダーを選択することが出来ましたが、ソフトバンク光に関してはプロバイダーを選択することは出来ません。

ソフトバンク光のプロバイダーは、必ずYahoo!BB(ヤフーBB)になります。

Yahoo!BBはドコモ光では提供していないプロバイダーの為、ドコモ光からソフトバンク光に乗り換えるにあたっては必ずプロバイダーは変更になります。

その為、プロバイダーのオプションサービスとしてセキュリティソフトや無線ルーター等を利用している場合には、Yahoo!BBに新しくそれらのオプションサービスを申込むか、もしくはご自身で準備する必要があります。

ドコモ光からソフトバンク光で光電話の番号は継続できるの?

ドコモ光からソフトバンク光に乗り換える場合、『再転用(事業者変更)』という手続きを取れば、電話番号を変えずに乗り換えることが出来ます。

ドコモ光の光電話からソフトバンク光の光電話にそのまま番号をポータビリティするイメージです。

ちなみに、ソフトバンク光の『光電話(N)』というサービスを利用する場合、ドコモ光の光電話と料金は変わりません。

ドコモ光からソフトバンク光にスムーズに乗り換える手順

ドコモ光からソフトバンク光にスムーズに乗り換える手続きに関しては、『再転用(事業者変更)』の手続きの順番さえきっちり把握しておけば、非常に簡単です。

『再転用(事業者変更)』の手続き方法は下記の通りです。

再転用(事業者変更)の手続き方法

  1. まずは先にドコモへ連絡し、『事業者変更承諾番号』を取得
  2. ~原則、契約者が連絡するようにして下さい。契約者以外だと発行してもらえないことがあります。

  3. 『事業者変更承諾番号』を取得したら、お得な代理店から申込む
  4. ~高額キャッシュバックを行っている代理店はこちら ⇒ SoftBank光キャンペーン

  5. 『転用日(事業者変更日)』になったら、切替え完了
  6. ~基本的に工事はありませんので、その日程になったら、自動的にソフトバンク光に切り替わります。

ちなみに、『転用日』を過ぎたらドコモ光は自動で解約されるため、個別に解約の手続きをする必要はありません。

注意点をあげるとすれば、『事業者変更承諾番号』は発行をしてから2週間と有効期限が決まっているという点。

その期限を過ぎると使えなくなるため、もし期限が過ぎてしまった場合は、ドコモに連絡して新しい番号を再発行してもらえばOKです。

また、ソフトバンク光で『おうち割 光セット』を適用する場合には、開通後にソフトバンクショップやMy SoftBank(ネット)で『おうち割 光セット』の申込みをする必要があります。

この申込を忘れてしまうと、『おうち割 光セット』の割引が適用されませんので、この点は面倒でも出来るだけ早めに手続きを終わらせておくようにしましょう。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!