ドコモ光からauひかりに乗り換える場合の手順や注意点

当サイトの管理人
ドコモ光からauひかりに乗り換える場合のスムーズな手順や注意点等を詳しく解説した記事です。

最近は携帯電話と光回線をセットにすることでトータルの通信費が安くなる光回線が増えてきています。

例えばドコモの携帯利用者がドコモ光を使えば独自の携帯電話料金割引が発生しますし、ソフトバンクの携帯利用者がソフトバンク光やNURO光を使えば同じように独自の携帯電話料金割引が発生します。

auの場合にはauスマートバリューといって、auひかり・ビッグローブ光・ソネット光・ニフティ光等とauの携帯を組み合わせて使うことで家族も含めて最大10台まで毎月携帯電話料金が割引されます。

携帯電話会社を変更するに伴い、ドコモ光からauひかりに乗り換える方が多いようなので、この記事ではその場合のスムーズな手続き方法や事前の確認ポイント等を解説していきたいと思います。

auひかりのキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
auひかりの代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!auひかりを検討している方は下記のページにてご確認ください!
【auひかりのお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光からauひかりに乗り換えたほうがいい主な2つのケース

ドコモ光からauひかりに乗換えをお勧めする主な2つのケースは下記の通りです。

主な2つのケース

  1. ご自身や家族で利用している携帯電話をドコモからauに変えた場合
  2. 最大1Gbpsよりもっと速い光回線を利用したい場合

それぞれのケースについて「なぜ乗換えをお勧めするのか」という点を簡単に説明していきたいと思います。

携帯電話をドコモからauに乗り換えた場合は、光回線もドコモ光からauひかりに変更することで携帯料金も安くなる

ドコモの携帯を利用し自宅の光回線もドコモ光で利用していた方が携帯をauに変えた場合、そのままの状態だとauスマートバリューは適用されません。

auスマートバリューは携帯電話料金の割引額がかなり大きく、1台あたり平均で月1,000円(初めの2年間はさらに増額)×家族で利用している台数分の割引が入る為、出来れば光回線も乗換えてauスマートバリューを適用させたいところ。

1台1,000円とは言っても家族で4台利用していれば毎月4,000円の割引が入ることになりますからね。

auスマートバリューを適用させる為には、以下のいずれかの光回線に乗り換える必要があります。

auスマートバリューを適用できる光回線

auひかり
(光コラボ)ビッグローブ光・ソネット光・ニフティ光
(西日本限定)コミュファ光・メガエッグ・ピカラ光・eo光・BBIQ

このうち最もお勧めなのがauひかりです。

月額料金自体は戸建てで5,000円・マンションで4,000円とどの光回線も大して変わりませんが、他社光回線の違約金キャッシュバック・超高額キャッシュバック(代理店独自)・工事費実質無料など、新規申込みをした時に受けられる特典がauひかりがずば抜けてお得になっている為です。

ただ、auひかりは地方だと提供していないエリアもあり、集合住宅だと利用できないケースもある為、auひかりが提供不可であれば全国提供している光コラボの光回線の中から選ぶのがお勧めです。

【auひかり提供不可の場合は下記にて詳細をご確認ください】
ビッグローブ光公式サイト:ビッグローブ光
ソネット光公式サイト:【So-net 光 コラボ】

最大1Gbpsより速い光回線を使いたい場合にもauひかりがお勧め

現在は光コラボが始まって以降、光回線の種類がかなり増えてきていますが、その中で最大1Gbpsより高速の光回線を提供しているのは現段階ではauひかりとNURO光だけです。

auひかりはもともと最大1Gbpsのサービスを提供していましたが、途中から最大5Gbpsと最大10Gbpsという速度タイプのサービスの提供を始めました。

提供されているエリアは関東のみと限られてはいますが、5Gbpsの場合は3年間1Gbpsの料金と変わらない月額料金で利用することが出来ます(4年目以降は1Gbpsの月額料金よりも500円高くなります)。

10Gbpsの場合は1Gbpsの料金に加えて月780円をプラスすることで利用することが出来ます。

NURO光の場合は最大2Gbpsと10Gbpsとありますが、auひかりと決定的に違う点はソフトバンクおうち割に対応しているということ。

auひかりはauスマートバリューでau携帯電話料金が安くなり、NURO光はソフトバンクおうち割でソフトバンクの携帯電話料金が安くなります。

その為、最大1Gbpsよりも速い光回線を利用したいという方は、auユーザーならauひかりを、ソフトバンクユーザーならNURO光を選んでおけば間違いありません。

【NURO光の詳細は下記にてご確認ください】
NURO光公式サイト:NURO 光

当サイトのアシスタント
auひかりやNURO光はNTTの設備とは別の独自の光回線の設備を使っています!その為、NTTの設備を利用したフレッツ光やドコモ光・ソフトバンク光よりもより高速の設備構築が可能になっています!

ドコモ光からauひかり乗換え時に事前にチェックしておきたい4つのポイント

ドコモ光からauひかりに乗り換える前に事前にチェックしておきたい4つのポイントは下記の通りです。

後から慌てたりしないよう、下記の項目に関してはauひかりを申込む前に確認しておくことをお勧めします。

4つのポイント

  1. ドコモ光からauひかり乗換えでかかる費用
  2. プロバイダーの変更の有無
  3. 電話番号の変更の有無
  4. 乗換え工事完了までかかる期間

それぞれ簡単に1つずつ説明していきたいと思います。

ドコモ光からauひかりの乗換えで発生するのは、ドコモ光の違約金+auひかりの初期費用

ドコモ光からauひかりの乗換えで発生する費用の内訳は下記の通り。

内訳

  • auひかりの登録料3,000円
  • auひかりの工事費(実質無料)
  • ドコモ光の違約金(auひかりで違約金負担あり)
  • ⇒乗換えにかかる費用は登録料の実質3,000円のみ

それぞれ簡単に説明していくと、ドコモ光では2年間の定期契約プランを提供しており、契約更新月以外で解約した場合、戸建てだと13,000円・マンションだと8,000円の違約金が発生します。

ただ、これに関しては【auひかりスタートサポート】というキャンペーンで、auひかりが最大3万円まで他社光回線の違約金を還元してくれる為、心配をする必要はありません。ドコモ光の違約金の負担は実質なくなると。

それとauひかりの初期費用としては登録料の3,000円と工事費(戸建てが37,500円・マンションが30,000円)がかかりますが、工事費は実質無料になるキャンペーンを行っている為、かかる額は登録料の3,000円のみとなります。

工事費実質無料キャンペーン

  • 戸建ての場合=37,500円(625円×60ヵ月払い)
  • ⇒月額料金から月625円×60ヵ月の割引が入る為、実質無料。

  • マンションの場合=30,000円(1,250円×24ヵ月払い)
  • ⇒月額料金から月1,250円×24ヵ月の割引が入る為、実質無料。

加えて、auひかりを代理店から申込むと5万円近いかなり高額のキャッシュバックを受けることが出来ます。

その為、光回線の乗換えだと「大きな費用がかかる」というイメージがありますが、ドコモ光からauひかりへの乗換えに関しては、かかる費用(実質3,000円)よりもお得になる金額のほうが圧倒的に大きい為、費用の心配をする必要はありません。

【auひかり(代理店NEXT)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事費無料!(実質0円)
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!(auスマートバリュー適用の方)
  • 他社から乗換えで違約金5万5千円還元!
  • ……【下記は代理店の独自特典】……

  • キャッシュバック最大5万2千円!振込みは最短翌月末!
  • 代理店NEXTから申込した場合、将来解約する時の設備撤去費用(28,800円)が無料に!

ドコモ光からauひかりへの乗換えでプロバイダーは変わる?継続できるプロバイダーと継続できないプロバイダー

auひかりでは下記の7つのプロバイダーから利用するプロバイダーを選択することが出来ます。

auひかりのプロバイダー


@nifty、@TCOM、AsahiNet、So-net、BIGLOBE、au one net、DTIの7つ

それに対して、ドコモ光では26社のプロバイダーから利用するプロバイダーを選択できること、加えてドコモ光ではau one netの取り扱いがない為、ドコモ光からauひかりへの乗換えでプロバイダーを継続できる場合は下記のケースに限られます。

プロバイダーを継続できるケース

ドコモ光で@nifty・@TCOM・AsahiNet・So-net・BIGLOBE・DTIのいずれかのプロバイダーを利用していた場合は、auひかりに乗り換えてもプロバイダーを継続することは可能。
ドコモ光でそれ以外のプロバイダーを利用していた場合はauひかりへの乗換えでプロバイダーは変わる。

プロバイダーのオプションサービス(セキュリティソフト等)を利用している場合は、ドコモ光からauひかりへの乗換えでご自宅のインターネット環境がガラリと変わることもある為、プロバイダーを継続できるかできないか・または継続するのかしないのかは事前に検討するようにしておくのがベストです。

当サイトのアシスタント
ドコモ光からauひかりへの乗換えで下記のプロバイダーを利用していた場合はプロバイダーを継続できません!ご参考まで。

ドコモnet、ぷらら、GMOとくとくBB、iC-net、タイガースnet、andline、SYNAPSE、エキサイト、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TikiTiki、hi-ho、@ネスク、COARA、OCN、TNC、WAKWAK、ちゃんぷるネット

ドコモ光からauひかりへの乗換えで電話番号は変わる?

ドコモ光からauひかりへの乗換えの場合、固定電話の電話番号が変わってしまうケースと変わらないケースが出てきます。

確実に固定電話の電話番号が変わるのは下記の場合です。

必ず電話番号が変わるケース

auひかりで新しく発行した電話番号を利用している場合(auひかりを引越して新しく電話番号を発行した場合も同様)

上記の場合には、何をどうやっても同じ電話番号のままドコモ光からauひかりに移行することは出来ません。100%自宅の電話番号は変わります。

固定電話の番号帯は“光電話で発行した番号”と“アナログの固定電話で発行した番号”で分けられています。

上記のように“光電話で新しく発行した番号”に関しては、『A光回線⇔B光回線』というように、直接光回線をまたいで番号を映すことが出来ないルールになっている為、この場合はどんな手を使っても同じ番号のまま継続することは出来ません。

一方で固定電話の電話番号を変えずにドコモ光からauひかりに移行できるのは下記の場合です。

電話番号を変えずに移行できるケース

もともとアナログで利用していて固定電話の番号をauひかりで使い続けている場合。
この場合はいったんドコモ光電話からアナログの固定電話に番号ポータビリティをすることで同じ番号のまま継続することは可能。
(ドコモ光電話⇒アナログの固定電話⇒auひかり電話に番号ポータビリティ)

固定電話間で番号ポータビリティが出来るのは、“アナログの固定電話で発行した番号”を使っていた場合のみです。

この場合は『アナログの固定電話⇔光電話』の間で番号ポータビリティが出来る為、【ドコモ光電話⇒アナログの固定電話の番号ポータビリティ⇒auひかり電話に番号ポータビリティ】という手順を踏むことで、同じ番号のままドコモ光からauひかりに乗り換えることが出来ます。

ただ、番号ポータビリティの費用として3,000円~10,000円程度の費用が別にかかってくるので注意が必要です。

ドコモ光からauひかりへの乗換えは開通まで期間がかかる?

auひかりは申込んでから開通するまで平均して1ヵ月~2ヵ月程度、期間が必要になります。

auひかりはKDDI独自の設備を利用している為、かかる開通納期がNTTの設備を利用したフレッツ光やドコモ光等の開通納期と比べると少し長めの期間になっています。

その為、先にドコモ光の解約工事日を決めてからauひかりを申込んでしまうと、ネットを使えない期間が出てしまうので注意が必要です。

ドコモ光からauひかりへの乗換えの場合は、ネットを使えない期間を出さない為にも、まず先にauひかりを申込んで開通させてからドコモ光を解約するという流れで行うのがお勧めです。

ドコモ光からauひかりにスムーズに開通させる手順と手続き方法

ここまでドコモ光からauひかりに乗り換える際の注意点等を説明してきましたが、ドコモ光からauひかりにスムーズに乗り換える為の手続き方法は固定電話の番号を同じ番号のまま乗り換える場合と、固定電話の番号が変わってしまう場合で2つのパターンに分けられます。

固定電話の番号を同じ番号のまま乗り換えられる場合

  1. まずドコモ光電話からアナログの固定電話に番号ポータビリティをして工事を終わらせる(NTTに連絡)
  2. ~これを出来るのはもともとアナログで使っていた固定電話の番号をドコモ光電話で利用していた場合に限られます。
    ~番号ポータビリティに伴い別途費用が必要になります(3,000円~1万円前後)

  3. auひかりを申込む(同時にauひかり電話に番号ポータビリティを申請)
  4. ~キャッシュバック額が大きくなる為、代理店からの申込みがお勧めです。

  5. auひかり開通後、ドコモ光を解約する

固定電話の番号が変わる乗換えの場合

  1. auひかりを申込む
  2. ~キャッシュバック額が大きくなる為、代理店からの申込みがお勧めです。

  3. auひかり開通後、ドコモ光を解約する

光回線の乗換えだと手続きが面倒と考えている方が多いですが、手続きはそこまで複雑ではありません。

ポイントとしては、ネットを使えない期間を出さない為にauひかり開通後にドコモ光を解約するということ。

あとはauひかりは公式サイトやauショップ・家電量販店でも申込むことが出来ますが、それらからの申込みはキャッシュバック等が極めて小さくなる為、代理店から申込むのがお勧めです。

auひかりへの乗換え完了後、auスマートバリューを適用する方はその手続きを忘れずに!

ドコモ光からauひかりへ乗り換えて、auスマートバリューを適用させたいという方は、auひかり開通後・別途auショップかauの総合案内に電話をしてその手続きをする必要があります。

auスマートバリューを適用させない場合はこの手続きは必要ありませんが、意外とauスマートバリューの手続きを忘れてしまって、携帯電話料金割引が発生していないという方が多いので注意が必要です。

auスマートバリューは申込んだ翌月から割引が始まる為、auスマートバリューを適用させたい方は早めに申込むようにしておきましょう。

申込みを忘れて期間がたってしまうと、その期間は単純に割引が発生しなくなるというだけの為、非常にもったいないです。

auひかり乗換え時に高額のキャッシュバックをすぐ確実にもらえる代理店

auひかりに乗り換えを申込むなら、優良代理店のNEXTからの申込みがお得です。

auひかりの代理店の中にはキャッシュバックの申請手続きを複雑にして、キャッシュバック還元率が50%(半分の人が手続きを忘れてキャッシュバックを受け取れていない)程度しかないような悪質な代理店もありますが、代理店NEXTの場合はキャッシュバック還元率がなんと100%。

それに加えて高額のキャッシュバックを最短1ヵ月後とすぐに受け取ることが出来ます。

代理店NEXTのキャッシュバックキャンペーンに関しては、下記に公式サイトへのリンクを掲載してありますのでそちらでご確認ください。

代理店NEXTの公式サイトはこちら

【auひかり(代理店NEXT)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事費無料!(実質0円)
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!(auスマートバリュー適用の方)
  • 他社から乗換えで違約金5万5千円還元!
  • ……【下記は代理店の独自特典】……

  • キャッシュバック最大5万2千円!振込みは最短翌月末!
  • 代理店NEXTから申込した場合、将来解約する時の設備撤去費用(28,800円)が無料に!

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!