ドコモ光でプロバイダーU-Pa!がサービス提供終了。プロバイダー変更はどうすればいい?

当サイトの管理人
昔から何かと顧客とのトラブルが絶えないプロバイダーU-Pa!がドコモ光でのサービス提供を終了することになりました。終了する明確な理由はわかりませんが、これまでに起こしてきた数々のトラブルを考えるとドコモ側からサービスの提供を断られた可能性もあります。

ドコモ光がサービスを開始してからタイプAのプロバイダーとしてサービスを提供してきたU-Pa!。

U-NEXT社が提供しているプロバイダーですが、実はこれまでもかなり多くのトラブルを起こしてきているプロバイダーです。

そのU-Pa!がドコモ光でのサービスを終了することになりました。既に新規申込は出来ないようになっていますが、サービス自体も2019年3月末を持って提供終了するとのこと。

ドコモ光でプロバイダーをU-Pa!で利用している方は、このサービス終了日までにプロバイダー変更を行わないとネットに接続が出来なくなります。

この記事では、ドコモ光でプロバイダーU-Pa!を利用している方が別のプロバイダーに変更する場合の手続き方法や注意点等について解説をしていきます。

ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

U-NEXT社のネット接続関連サービスは、プロバイダーU-Pa!も含めて過去に様々な顧客トラブルを起こしている

プロバイダーU-Pa!は『U-NEXT』という会社が提供しているプロバイダーサービスですが、実はこの会社、過去にもネット接続関連サービスで様々な顧客トラブルを起こしています。

ドコモ光で起こしたトラブルではありませんが、自社で提供しているU-NEXT光というサービスで、提供開始からわずか数年もたたずにプロバイダー料金を一斉値上げしてユーザーから猛反発を受けたり、詐欺のような勧誘を頻発して総務省から行政指導をされたり。

(詳しくは下記の記事で詳細をまとめています)

騒動になったU-NEXT光・U-paの一斉値上げは計画的か?

2018年1月30日

U-NEXT光が受けた行政指導の内容はほぼ悪質な詐欺

2018年1月20日

総務省から『詐欺まがいの勧誘はしないで下さい』と行政指導を受けた件が悪質なのは言うまでもないですが、それと同じぐらいにU-NEXT光におけるU-Pa!(プロバイダー料金)の一斉値上げの件も悪質です。

  1. 「今より安くなりますから!」と多くのユーザーに電話でU-NEXT光というサービスを勧誘してユーザー数を増やす
  2. ユーザー数が一定数集まった段階で一斉値上げ。サービス提供開始からわずか1年8ヵ月後

U-NEXT社は値上げに関して、『値上げしないよう努力してきたが通信量の増大と快適な通信を維持する為に値上げが必要になった』というようなことを説明していますが、どこからどう考えても初めから計画されていた値上げにしか見えないんですよね。

要するに、「安い安い!」とユーザーを勧誘して、ユーザー数が一定数集まったら初めから値上げするつもりだったと。

そう考えないと、サービス提供開始からたった1年8ヵ月で一斉値上げしていることに関して説明がつきません。

もし意図的な値上げではないとすれば、よほど計画性がなくサービスの提供を開始したとしか考えられない。

この案件があって、解約を希望するユーザーが多数でる→解約希望者にU-NEXTが違約金を請求、この流れで揉めに揉めて、ネット上でも叩かれたり国民生活センターも本腰を入れて動いた案件なので、U-NEXT光やU-Pa!の評判ははっきり言ってかなり悪いです。

今ドコモ光でプロバイダーをU-Pa!で利用している方は、2018年3月末まではそのままでも利用できますが、変なトラブルに巻き込まれない為にも早めに別のプロバイダーに切り替えておくことをお勧めします。

当サイトのアシスタント
U-NEXT社って動画配信サービスのU-NEXTを提供している会社ですよね?けっこう有名なサービスだと思うんですけど…
当サイトの管理人
その通りです。動画配信サービスのU-NEXTをはじめとし、提供しているサービス自体は良いものが多いんですが、昔から強引な販売手法を行っていることが多い為、全体的にどのサービスも評判があまり良くないというのが全体的な印象です。

ドコモ光でプロバイダーをU-Pa!から別のプロバイダーに変更する場合、手数料はかかる?

通常、ドコモ光を利用していてプロバイダーを変更する場合、3,000円の事務手数料が必要になります。

ただ、今回のプロバイダーU-Pa!のサービス終了を受けて、ドコモはU-Pa!から別のプロバイダーに変更する場合に限って手数料を取らない(無料になる)ということを発表しています。

プロバイダーU-Pa!から別のプロバイダーに変更するのにお金はかかりませんので、なおさらU-Pa!を現在利用している方は早めに切り替えておくことをお勧めします。

U-Pa!はタイプA(月額料金が戸建てが5,200円・マンションが4,000円)のプロバイダーの為、毎月のドコモ光の料金を変えたくないという方は同じタイプAのプロバイダーの中から選んでおけばこれまでと料金は変わりません。

ドコモ光でプロバイダーを変更する手続きはどうすればいい?

ドコモ光でプロバイダー変更の手続きを行う方法は主に2つの方法があります。

ドコモ光のプロバイダー変更の手続き方法

  1. ドコモインフォメーションセンターに電話して手続きを行う
  2. 参考:インフォメーションセンターの番号はこちら

  3. ドコモショップに行って手続きを行う

どちらでもかかる時間は大して変わりませんが、ドコモショップに行くのが面倒だという方は電話で手続きをすればいいですし、電話だと不安だという方はドコモショップで担当者に色々と説明を聞くのがお勧めです。

プロバイダー変更にあたって特に必要になる書類等はありませんが、ご自身で設定されているドコモのネットワーク暗証番号が必要になりますので、それだけ準備しておけば手続きをスムーズに進めることが出来ます。

当サイトのアシスタント
プロバイダー変更って解約するプロバイダーに電話して新しいプロバイダーに電話して…
そういう手続きをイメージしてましたけど、ドコモの担当者が解約も新規申込みも一括でやってくれるなら楽ですね!

注意点として、プロバイダー変更をした後はインターネット接続の再設定が必要

ドコモ光でのプロバイダー変更はドコモの担当者が変わって全て行ってくれる為、かなり簡単に出来ますが、インターネット接続に関してはルーターの再設定が必要になります。

今の状態だと変更前のプロバイダーの設定がルーターやパソコンに入っている状態になっていますので、これをいったん初期化して新しいプロバイダーの情報を入れなおす必要があります。

再設定するのは面倒だという方は、月額500円はかかりますがドコモ光のリモートサポートサービスに入れば遠隔操作で設定してもらうことも可能です。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!