VDSL方式でネットが遅い時に物理的に回線速度を上げる2つの方法

当サイトの管理人
「光回線を使ってるのにネットが遅い!」集合住宅にお住まいの方で、かつお住まいの集合住宅がVDSL方式という光回線の設備になっている場合によく起きる問題です。この記事では「ネットが遅い!」と感じた時に、VDSL方式から物理的に光回線の速度を上げる2つの方法について解説しています。

「なんで光回線なのにネットがこんなに遅いの…」

そう悩んでいる方もいらっしゃると思います。

『インターネットの速度が遅い』と感じる原因には、ご利用中の機器のスペックが低かったりWiFiの環境が悪いなど、様々な要因が考えられますが、“回線速度”そのものが遅い場合には何をどう改善してもどうにもなりません。

光回線は集合住宅だと設備の方式により回線速度が異なってきます。

「速度が遅い」と感じる方が多い設備の方式がVDSL方式というタイプです。

このタイプは昔からある古い電話線の設備と光の設備をごっちゃにしてインターネットの信号を流している設備方式です。

VDSL方式ではなく光配線方式というタイプであれば最大1Gbpsの速度で利用できますが、このVDSL方式というタイプだと最大100Mbpsの速度でしか利用できません。

今回の記事では、VDSL方式で速度が遅いと感じた場合、物理的に回線速度をあげる2つの方法を説明していきます。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

利用している光回線がVDSL方式かどうかは何を見ればわかるのか

集合住宅で光回線を利用している方の場合、ご自身がどんな設備方式のタイプで光回線を利用しているのか把握していない方も多くいらっしゃると思います。

集合住宅の光回線の設備方式は3つに別れておりますが、それぞれ簡単に見分けるポイントがあります。

集合住宅の光の設備方式の見分け方

  • 光コンセントがある ⇒ 光配線方式(最大1Gbps)
  • モジュラージャックに光の機器をつないでいる ⇒ VDSL方式(最大100Mbps)
  • 差し込み口に直接LANケーブルをさしている ⇒ LAN配線方式(最大100Mbps)
  • ご自宅の集合住宅の設備方式がどの方式なのかは、光電話ルータやONUなど光の機器をつないでいる差し込み口を見れば判断できます。

    光の機器の差し込み口が下記に該当する場合は、間違いなく速度が遅いVDSL方式というタイプです。

    • 光の機器をモジュラージャック(通常の電話器をつなげる差し込み口)につなげている
    • モジュラージャックの先に分岐器(スプリッタ)がついていて、そこに光の機器をつなげている

    要はONUや光電話ルータ等の光の機器を、昔からある電話器の差し込み口(モジュラージャック)につなげている場合はVDSL方式という設備ということです。

    VDSL方式は、最大1Gbpsの速度で利用できる光配線方式とは違い、速度が最大でも100Mbpsしか出ない為、そのまま利用を続けても速度が改善するとは限りません。

    当サイトのアシスタント
    光回線を利用しているけども、昔からある電話の差し込み口(モジュラージャック)に光の機器をつなげている場合はVDSL方式なんですね!

    VDSL方式から速度を物理的にあげるには、設備を違う方式に切り替えるしかない

    VDSL方式で「ネットが遅い」と感じた場合、ご自身の環境やプロバイダに原因がある場合はそれらを改善・変更することによってネットの速度も速くなることが多いですが、そういったことに原因が見当たらないという場合は、回線速度そのものを上げるしか方法はありません。

    同じVDSL方式という設備を継続したままでは、何をどうやっても最大100Mbps以上の速度は出ません。

    つまり回線速度を物理的に上げる為には、光回線の設備方式そのものを切り替える必要があります。

    まずはVDSL方式以外に光配線方式が併設されていないか確認を

    VDSL方式という設備タイプで光回線を長く利用してきたという方の場合、お住まいの建物に後からより高速でインターネットが利用できる光配線方式という設備が追加されていることがあります。

    これは数年前からNTTが光配線方式の普及を進めていく方針のもと、VDSL方式の設備がある建物であっても、光配線方式の設備を新たに設置するという取り組みを行ってきたからです。

    その為、申込んだ時にはVDSL方式の設備しかなかったけど、今は光配線方式の設備も併設されているという建物が非常に多くなっています。

    もし併設されている場合、今のVDSL方式から光配線方式に切り替えれば、最大速度が100Mbpsから1Gbpsと一気に高速になります。

    切り替えに伴う費用はかかりますが「ネットが遅くて我慢できない!」という方は、現在ご利用中の光回線の事業者に連絡をして、「光配線方式に切り替えられないか」相談してみてください。

    VDSL方式も光配線方式も同じ集合住宅向けの設備・サービスの為、月額料金もほとんど変わらないはずです。

    当サイトのアシスタント
    VDSL方式と光配線方式が併設されている建物はかなりの数あります!そういった建物の場合、新しく申込む方は光配線方式の申込みしか出来なくなっていますが、以前から利用している方についてはVDSL方式をそのまま継続して利用している方が多いです!

    光配線方式が利用できない場合は、ファミリータイプの導入を

    先ほど説明したように、VDSL方式で「ネットが遅い!」と感じた時に光配線方式の設備に切り替えられれば一番いいのですが、光配線方式の設備がないということも多くあります。

    そんな時に考えられる残りの方法としては、マンションタイプを利用すること自体をやめて、自分の部屋にファミリータイプで光回線を引いてしまうこと。

    今お使いのマンションタイプは集合住宅向けの光の設備を通して、建物全体でインターネット回線を共有して利用する形になっている為、どうしても速度低下が起きやすい設備環境になっています。

    建物の規模やインターネットをご利用されている方が多ければ多いほど、速度は低下しやすくなるのが集合住宅向けの光回線の特徴です。

    それに対して、ファミリータイプを集合住宅で引く場合、電柱から直接お住まいの部屋に光ファイバーを引きこむ形になり、他の方とインターネット回線を共有せず独占して利用することができます。

    インターネット回線をマンションの他の住人と共有しない分、マンションタイプと比べるとかなり安定した速い速度でインターネットを利用することが出来ます。

    ただ、この方法は速度は上がるものの、月額料金が1,000円~高くなるというデメリットもあります。

    その為「ネットが速くなるなら料金が少し高くなってもいい」という方以外にはあまりお勧めしません。

    当サイトのアシスタント
    集合住宅にファミリータイプを導入する場合には、大家さんや管理会社の許可が必要です!加えてお住まいの部屋が高い階数などにある場合には工事が出来ない場合があるので事前に光回線の事業者に確認をするようにしましょう!

    まずは回線の設備を切り替える前に、速度低下の他の要因をつぶしておこう

    この記事でここまで説明してきた方法は、あくまでも「VDSL方式でネットの速度が遅い」時に、物理的に設備を切り替えて回線速度を上げるという最終手段です。

    もし回線速度に問題がなくて他の要因でネットの速度が低下していた場合、設備を切り替えても何の効果もありません。

    その為、ここで説明した方法を取る前に、まずはネットの速度が低下する可能性がある他の原因を先につぶしておくことをお勧めします。

    チェックすべき他の原因

  • 利用しているパソコンやスマホのスペックが低い
  • 利用している無線ルーター等が古く、スペックが低い
  • セキュリティソフトを二重に入れている
  • 回線ではなくプロバイダに原因がある
  • 先にこれらをチェックしてどこにも問題がない場合は、設備を切り替えることも検討してみましょう。

    同じ住所でVDSL方式から光配線方式またはファミリータイプに切り替える場合には光回線の見直しを

    今利用している光回線に満足しているのであれば特に必要ありませんが、同じ住所でVDSL方式から光配線方式やファミリータイプに切り替えるのであれば光回線自体を見直すことをお勧めします。

    というのも、VDSL方式から別の設備方式に変更する場合には、光回線を新規申込みした時と同じぐらいの工事料金がかかることが多いから。

    どちらにしても高い工事料金がかかるということを考えると、もし別の光回線に乗り換えることを少しでも考えているのであれば、設備を変更するのと同時に光回線も乗換えてしまうことをお勧めします。

    ドコモ光やauひかり・ソフトバンク光などの大手だとキャッシュバックも大きいですし、切り替えにかかる費用を含めても金額面でプラスになることがほとんどです。

    人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
    当サイトのアシスタント
    下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!