集合住宅で光コンセントがなければ派遣工事?というのは間違い

当サイトの管理人
光回線の工事に関しては、多くのサイトで「光コンセントがあれば無派遣工事、なければ派遣工事」と説明していますが、それは誤りです。光コンセントがなくても無派遣工事になる場合が多くあります。

光回線の工事で勘違いしている方が多いのが、派遣工事や無派遣工事の切り分けです。

勘違いしている方が多いのは、光回線のことを解説している様々なサイトで「光コンセントがあれば無派遣工事、光コンセントがなければ派遣工事」と説明しているから。

戸建てだとこの認識で判断しても問題ありませんが、集合住宅だと光コンセントがなくても無派遣工事可能な場合が多くあります。

この記事では、集合住宅で光回線を利用する際に使われる差し込み口や無派遣工事の可否に関して説明をしていきます。

この記事は、NTTのフレッツ光やNTTの設備を利用した光コラボレーションモデル全般に該当します。
独自設備を用いているauひかりやNURO光、西日本の電力会社の光回線には該当しません。
参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

集合住宅は光の設備方式により、利用する差し込み口が異なる

NTTのフレッツ光や光コラボレーションモデルでは、戸建てと集合住宅で月額料金が異なってきます。

集合住宅のほうが戸建てよりも月額で1,000円以上安いのが一般的です。

これは集合住宅の場合、戸建てとは違う光回線の設備を導入して『建物みんなで共有して使える』ようになっているから。

集合住宅に光回線の設備を導入する方式は下記の3パターンあり、パターンによって速度も異なってきます。

集合住宅の光回線の設備方式

  1. 光配線方式…速度は最大1Gbps
  2. VDSL方式…速度は最大100Mbps
  3. LAN配線方式…速度は最大100Mbps

NTTが普及を強くすすめているのが光配線方式です。普及率は建物全体の5割~6割といったところ。

建物によっては、光配線方式ではなくVDSL方式やLAN配線方式しか入っていない場合も多くあります。

それぞれの光回線の設備方式に伴い、利用する差し込み口も変わります。

集合住宅の光回線の設備方式による差し込み口の違い

  • 光配線方式…光コンセント
  • VDSL方式…モジュラージャック(スプリッタという分岐器をつけることが多い)
  • LAN配線方式…LANコネクタ(LANケーブルを直接差し込める)
  • 一番はじめに「光コンセントがあれば無派遣工事で、光コンセントがなければ派遣工事という説明は誤り」と伝えたのはこの為です。

    光コンセントは光配線方式が導入されていなければ利用しません。

    その為、VDSL方式やLAN配線方式で「光コンセントはないけど無派遣工事だった」といったことが実際によく起こります。

    光コンセントがあれば無派遣工事になるというのは正しい

    「光コンセントがなければ派遣工事になる」という説明が誤りで、「光コンセントがあれば無派遣工事になる」というのはその通りです。

    光コンセントが部屋の中にある場合、既に部屋の外の光回線の設備も含めて、光配線方式の設備が整っている状況であることがほとんどです。

    あとは光回線を申込んで業者側が無派遣工事で信号を流せば、すぐに利用ができるようになります。

    VDSL方式とLAN配線方式で無派遣工事になるかどうかはわかる?

    先ほどVDSL方式はモジュラージャックを利用し、LAN配線方式はLANコネクタという差し込み口を利用するという説明をしました。

    ではこれらがあればVDSL方式やLAN配線方式でも無派遣工事が可能になるんでしょうか?

    答えは否です。

    VDSL方式やLAN配線方式は、部屋の中の差し込み口でそれらを使うだけであって、大事な点は『集合住宅の集合設備のところであなたのお部屋で光が使えるようになっているかどうか』という点です。

    具体的には、集合住宅にはMDF盤といって全ての部屋の通信系統をまとめている部分があります。

    そのMDF盤からあなたの部屋までの設備が光を使えるようになっていれば無派遣工事が可能、なっていなければ派遣工事になります。

    集合住宅の共有部分の設備がどうなっているのかという話になるので、VDSL方式やLAN配線方式で光回線が無派遣工事可能かどうかというのは、光回線の事業者に確認しなければ絶対に分かりません。

    無派遣工事と派遣工事だと工事料金がだいぶ違いますから、気になる方は光回線の事業者に電話して確認してみましょう。

    当サイトのアシスタント
    ちなみに、フレッツ光や各光コラボレーションサービスは全て同じ設備を使っている為、どこか1社で無派遣工事可能と言われたら他の光回線でも無派遣工事が可能です!

    光コンセントを利用する光配線方式の普及をNTTは勧めているが導入できない建物もある

    NTT東西は自らもフレッツ光を提供しドコモやソフトバンクを筆頭に数百社に光回線の設備を貸し出していますが、NTTは光配線方式の普及を強く進めています。

    VDSL方式やLAN配線方式に対し、光配線方式は下記のメリットがあるからです。

    • VDSL方式やLAN配線方式が最大100Mbpsの速度しか出ないのに対し、光配線方式は最大1Gbpsの速度で使える
    • 光配線方式でしか利用できないサービスが多い(地デジサービス等)

    ただ、実際には光配線方式を導入しようとしても設備上不可能で、仕方なくVDSL方式やLAN配線方式を導入しているという建物もかなり多くあります。

    その為、「光コンセントがないから派遣工事になる」と単純には考えずに、まずは光回線の事業者にVDSL方式やLAN配線方式で無派遣工事可能かどうか確認することをお勧めします。

    一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
    当サイトのアシスタント
    下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!