モバイル通信だけで動画配信サービスの利用は危険

当サイトの管理人
huluやNetFliX等の動画配信サービスが順調に契約者数を伸ばしていますが、モバイル通信だけでこれらのサービスを利用するのは通信量の面でかなり危険なのでご注意を。

以前はあまり盛況ではなかった動画配信サービスですが、光回線の普及率が高まるにつれて続々と大きなサービスの提供が始まっています。

huluやNetflix、Amazonプライムのビデオサービス等の外資系の動画配信サービスが契約者数をどんどん伸ばしており、さらにdtvやKDDIビデオパスといった携帯キャリアが提供しているサービスも人気があります。

これらの動画配信サービスをモバイルの契約だけで利用することは現実的に可能なのかどうか、この記事では解説していきます。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

動画配信サービスに共通している特徴とは?

現在、契約者数を伸ばしている主要な動画配信サービスは下記の通り。

  • hulu…約5万タイトルの映画・ドラマなどが月額933円で見放題
  • dtv…約12万タイトルの映画・ドラマなどが月額500円で見放題
  • U-NEXT…約6万5千タイトルの映画・ドラマなどが月額1,990円で見放題

~他にもNetflixやAmazonプライムビデオなど多くの動画配信サービスがあります。

動画配信サービスごとに、配信している動画のラインナップや月額料金は違いますが、どのサービスにも共通している点が1つあります。

それは、月額●円という“定額制で見放題”という料金体系にしていること。

同じ月1本だけ見たとしても、20本見たとしても、仮に100本見たとしても同じ月額料金です。

定額制で見放題なのであれば、利用している間にたくさんの動画を見るほうがお得ですよね。

ただ、現在モバイルだけ(携帯電話だけ)でインターネットを利用している方は注意が必要です。

動画配信サービスの通信量の目安は?

現在、固定回線のインターネット接続手段を契約しておらず、携帯電話だけでネットを利用している方は、動画配信サービスの通信量がどれぐらいかかるのか気に方も多いと思います。

それぞれの動画サイトや画質などにもよってきますが、動画配信サービスを利用した時の目安は下記の通り。

huluを例にした動画配信サービスの通信量の目安

  • 高画質で見る場合…2時間もので約1GB
  • 低画質で見る場合…2時間もので約300~400MB

例えば2時間ものの映画を1本見るだけでも、高画質なら約1GB、低画質でも300MB以上は通信量が発生します。

動画配信サービスは、月額●円という定額制で映画やドラマ等が見放題なのが特徴ですが、インターネット接続をモバイルだけで行っている場合は非常に大きな通信量が発生するので注意が必要です。

モバイルだけで動画配信サービスを通信量を気にせずに使っているとどうなる?

先ほど記載した通り、動画配信サービスで映画一本を高画質でみると約1GBちかいデータ通信量がかかってきます。低画質でも1本あたり約300MBは発生。

モバイルの通信だけでインターネットを利用している方が、「見放題だから」とこれを月に10本も見ると、動画配信サービスの利用だけで10GBちかいデータ通信量が発生してきます。

動画配信サービスだけでこれだけの大きなデータ通信量がかかってくると、よほど大きなパケットプランにしておかない限り、通信量を超過して速度制限されることは覚悟しておいたほうがいいでしょう。

現在はモバイルでも高速のインターネットを利用できますが、モバイルに関しては昔から通信量の制限があるところは変わっていません。

ここを緩和してくれれば、モバイルだけで十分にどんなサービスも楽しめるんですけどね。

動画配信サービスを思う存分、楽しみたいなら光回線の導入を

結論として、固定回線(光回線など)を利用せずにモバイル通信だけで動画配信サービスを利用するのはお勧めしません。

せっかく、「月額●円で見放題」と非常にお得なサービスになっているのに、携帯の通信量の部分で見放題で利用することが出来ないからです。

「動画配信サービスを思う存分に楽しみたい!」という方は、光回線を導入することをお勧めします。光回線なら通信量の制限がないので思う存分に楽しむことが出来ます。

光回線を導入して自宅にWiFi環境を構築した場合、自宅の中でのインターネットはこれまでと違い携帯電話でのパケット通信量が発生しなくなります。

その為、光回線の導入に合わせて携帯のパケットプランを小さなプランにして料金を節約することも可能です。

携帯電話×光回線のトータルの通信費といった観点で考えれば、今とあまり変わらないトータルコストで光回線を利用することが出来ることも多い為、動画配信サービスを利用する方は、光回線を導入することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
今は特定の動画サービスのみ通信量をカウントしないというプランもありますが、いろいろな動画サービスを存分に楽しむのであればやはり自宅に光回線はあったほうがいいですよ!
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!