光ギガは絶対にやめておけ!詐欺まがいの悪質勧誘でトラブル多発

当サイトの管理人
トラブルが絶えない悪質な光回線の電話勧誘を昔から行っている光通信グループ。その光通信グループの会社が提供している“光ギガ”というサービスが詐欺まがいの勧誘で顧客とトラブルを頻発しているので注意して下さい。

昔から光回線の電話勧誘ではトラブルが頻発しています。

あいまいな説明ばかりを行ったり、NTTになりすましてサービスを説明し契約を取ったり、何でもありの光回線の電話勧誘を行っている悪質代理店が少なからず存在している為です。

その悪質な電話勧誘の総本山とも言えるのが光通信グループの子会社や代理店。

ブラック企業としても有名な会社ですが、以前からたびたび悪質な電話勧誘で顧客とトラブルを起こしてきました。

その光通信グループの子会社である株式会社Hi-Bit(ハイビット)が提供している光回線サービス、“光ギガ”は過去に詐欺まがいの電話勧誘で何度も総務省から行政指導を受けているのが注意が必要です。

どんな光回線も、ネット上で良いところ悪いところの評判が色々と語られるものですが、評判ではなく、実際に総務省から何度も行政指導を受けているような会社のサービスはお勧めできません。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

光ギガとはこんなサービス

光ギガは簡単にいうと下記のようなサービスです。

光ギガとは

  • 光回線の設備はNTT東西の設備を利用。最大速度は1Gbps
  • 光回線のサービス+プロバイダをパックで提供
  • 月額料金は、戸建てで5,300円、マンションで4,400円
  • ※割引でもう少し安くなる場合もあります。

  • セキュリティソフトが標準で利用できる。ただし、利用できるセキュリティソフトは激安のKINGSOFT

NTT東西の光の設備を借り受けて提供している光コラボレーションモデルの中では一般的なサービス内容です。

特にサービス内容に大きな特徴もなく、月額料金も平均的、ドコモ光を使えばドコモの携帯電話が安くなるといったようなセット割引も提供していません。

この光ギガを提供している会社は株式会社Hi-Bit(ハイビット)という企業です。

意外と知られていないのですが、この会社あのブラック企業で有名な光通信グループの子会社です。

光通信グループが過去から何度も起こしてきている電話勧誘でのトラブルの例にもれず、このハイビットという会社も総務省から行政指導を受けています。

それも一度ではなく二回も。

株式会社Hi-Bitが行政指導を受けてホームぺージ上に公開した内容

ハイビットが二回にわたり総務省からの行政指導を受けて、ホームぺージ上に公開した文章があります。

「こんな勧誘を受けた方は当社までご連絡ください」という内容のものですが、その勧誘内容がひどすぎて笑えるレベル。

1. 「NTTのプランが変更になる。」「NTTにて割引がはじまった。」というような、NTT東西からの連絡であると誤認させるような勧奨によりお申し込みされたお客様

2. サービス提供元がNTT東西から当社に変更になる旨の説明がなされずにお申し込みされたお客様

3. 「料金の改定と適用開始時期のご案内」というような、転用後もNTT東西との契約が継続すると誤認させるような勧奨によりお申し込みされたお客様

4. オプションサービスについて、内容や料金等の明確な説明がなされずにお申し込みされたお客様

5. 割賦契約と月々割について、明確な説明がなされずにお申し込みされたお客様

6. 「今後、インターネットを継続利用されるお客様については、変更の手続きをさせていただいている。」というような、当社サービスへの転用が必要な手続きであると誤認させるような勧奨により、お申し込みされたお客様

7. お客様が現在NTT東西にお支払いされている正確な料金の確認をせずに「今よりも安くなる。」というような断定的な説明を受け、お申し込みされたお客様

8. 契約期間が3年毎の自動更新である旨の説明を受けていないお客様

9. その他、お客様が望まない形でのサービス提供となっていらっしゃるお客様

出典元:光ギガ公式ホームページ

もうですね、絶句するぐらい悪質な勧誘のオンパレード状態。

「マニュアルでもあるのか?」と思えるぐらい、昔からよくある悪質代理店の電話勧誘のパターンが満載。

全体的に見ると、NTTになりすまして電話したあげくに「プラン変更の手続き」等と説明し勝手にフレッツ光から光ギガに切り替えてしまう、そんな手口が目立ちます。

これ単純に被害に合われた方が訴訟を起こしていないから行政指導で済んでいるだけで、内容は完全に“詐欺”です。

しかもこういった悪質な電話勧誘をして行政指導を受けたにも関わらず、それからも同じような悪質な電話勧誘を繰り返して、二回に渡り行政指導を受けました。

当サイトのアシスタント
U-NEXT光というサービスを提供しているU-NEXT社も同じような内容で行政指導を受けましたがそちらは一度だけ。それに対してHibitに関してはなんと二回も同じ内容で行政指導を受けています。

株式会社Hi-Bitの光ギガというサービスにNTT東西は異例の対応を実施

上記のような詐欺まがいの電話勧誘でトラブルを起こし続けていたハイビットに対して、光の設備を貸し出しているNTT東西は異例の措置を実施しました。

それは、ハイビット社の光ギガの新規申込みには光の設備を貸し出さないというもの。

要するに「新規受付を停止して下さい。NTTでは光ギガに対して設備は貸しません」という異例の内容のものです。

ハイビット社はホームぺージ上で「新規申込み受付を“自粛”した」と記載していますが、実際のところはそういった事情があって新規申込み受付を停止したという裏の事情があります。

NTT東西の光の設備を利用した光コラボレーション事業者は数百社ありますが、NTT東西が光コラボレーション事業者に対して「設備を使わせない」といったのはハイビット社だけです。

まぁ貸せませんよね。「NTT」だと装って客に電話をかけて、詐欺まがいの勧誘ばかりしている会社に。

当サイトのアシスタント
NTTは設備を他事業者に貸し出してサービスを販売してもらったほうが利益があがる仕組みになっていますが、それなのに設備を貸し出さない措置を取ったというのはよっぽどですね。

二度の行政指導以降は大きな問題は起こしていないが、それでも絶対に光ギガはお勧めしない

長く固定通信営業の仕事をしてきましたが、この業界内で光通信グループの会社の悪質性というものはかなり有名です。

一番はじめに述べた通り、昔からある光回線の電話勧誘トラブルは、ここが総本山となって起こしてきたことが非常に多い。

それぐらい昔から日常茶飯事で客を騙すような案内を繰り返してきた会社です。

二回目の行政指導を受けて総務省に改善指示書を提出させられて以降は、特に大きな問題は起こしていないようですが、昔から日常茶飯事で詐欺のような案内をしてきた悪質性というものが簡単に抜けるとは思えません。

既に光ギガを利用している方には申し訳ありませんが、これから光回線を申込もうとしている方は、光ギガを申込むのだけは絶対にやめたほうがいいです。

これ以上また同じような問題を起こせば、最悪の場合、通信事業者としての資格を剥奪されてサービスが提供終了になる可能性もゼロではありません。

月額料金などを見ても、「絶対に光ギガじゃなきゃダメだ!」というような特徴も特にないと思いますので、これから光回線の申込みを考えている方は、光ギガ以外のサービスから選択することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
光ギガは他の光回線と比べても、月額料金が高い・セット割引がない・キャッシュバック等のキャンペーンもほとんどないとお得な点はまるでありません。
人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!