ADSLは安い?光のほうが安くなるケースが多い

当サイトの管理人
「ADSLのほうが安いから」という理由で、今もADSLの利用をしている方は多くいらっしゃいます。それ自体は悪いことではないですが、気がついていないだけで光のほうが安いのにADSLを使い続けているという方が非常に多いので注意してください。

KDDIのADSLサービスの提供終了から始まり、ADSLで1つの時代を築いてきたNTT東西のフレッツADSLに関してもサービス提供終了が既に決まっています。

続々とサービス提供終了や新規申込み受付の停止などが進んでいる各社のADSLサービスですが、Yahoo!BB ADSLのように、まだ新規申込み受付を続けているサービスもある状況です。

追記
既にほとんどのADSLサービスが新規申込み受付を終了しています。まだ申込みを受付けていた、『Yahoo!ADSL』や『GMOとくとくBBADSL』も2019年2月28日をもって新規申込み受付を終了しました。

「ADSLのほうが安いから」という理由で、光に切り替えずにADSLをご利用されている方の中で、「実は光にしたほうが安かった」と後悔されている方が非常に多くいらっしゃいます。

現在、「ADSLのほうが光より安いから」という理由で、ADSLを利用している方は一度本当にADSLのほうが安いのかどうか確認することをお勧めします。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

ネット+電話の合計額で見た場合の、ADSLと光の月額料金の違い

ADSLと光の月額料金を比べる時には、ネット単体の料金で見ても仕方がありません。

光回線は電話の基本料金がADSLの利用に必要なアナログの固定電話よりも安くなっている為です。

その為、ここからネット+電話の基本料金でADSLと光の料金を比べてみたいと思います。

ADSLのネット+電話の月額料金

ADSLに関しては各社のサービスによって月額料金が変わってきますが、一般的には月額1,500円~2,000円前後で提供している場合が多いです。

仮にADSLの月額料金を1,500円とした場合、固定電話の基本料金が別に最低でも1,700円はかかっていると思いますので、ネット+電話の基本料金で見た場合、合計で3,200円の月額料金がかかっていることになります。

光回線のネット+電話の月額料金

ここでは、ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光といった、一番有名どころの3社の光回線の月額料金で計算していきます。

ADSLの場合は戸建てとマンションで料金は変わりませんが、光回線の場合は、戸建てかマンション(アパート)どちらで利用するかで月額料金が変わってくるので、それも含めて表にしたものが下記です。

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光のネット+電話の合計料金

 ドコモ光auひかりソフトバンク光
月額料金(戸建て)5,200円4,900円5,200円
月額料金(マンション)4,000円4,100円3,800円
光電話の基本料金500円500円500円
ネット+電話の合計額戸建て=5,700円
マンション=4,500円
戸建て=5,400円
マンション=4,600円
戸建て=5,700円
マンション=4,300円

ADSLを利用した時のネット+電話の料金は平均すると月額3,200円ですから、どの場合も光回線よりもADSLのほうが安く利用できることがわかります。

ただ、この3社の光回線に関しては、これとは別に携帯電話料金の大きな割引が発生する為、それも含めて計算しないと全く意味がありません。

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光の携帯電話料金割引(セット割)

ここからドコモ光・auひかり・ソフトバンク光を利用した時に、ドコモ・au・ソフトバンクそれぞれ携帯電話料金がいくら安くなるのかを確認していきます。

ご自身がこの3つの光回線にした時に携帯電話料金がいくら安くなるのかご確認下さい。

まずはドコモ光です。ドコモ光は、データ通信プランを新しいプランで契約しているか・旧プランで契約しているかで割引額が変わってきます。

新プランの場合

ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,000円)
利用プラン月あたりの割引額
ギガホ1,000円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
500円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-
旧プランの場合

ドコモ光 旧プラン・家族で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
家族でシェアパックを利用している場合は主回線から割引になります。
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラシェアパック1003,500円
ウルトラシェアパック502,900円
ウルトラシェアパック302,500円
ベーシックシェアパック~30GB1,800円
ベーシックシェアパック~15GB1,800円
ベーシックシェアパック~10GB1,200円
ベーシックシェアパック~5GB800円

ドコモ光 旧プラン・個人で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラデータLLパック1,600円
ウルトラデータLパック1,400円
ケータイパック500円
ベーシックパック~20GB800円
ベーシックパック~5GB800円
ベーシックパック~3GB200円
ベーシックパック~1GB100円

次にauひかりです。auひかりの場合、下記の1台あたりの携帯電話料金割引が家族も含めて10台まで、それぞれに発生します。

auひかりの携帯電話料金割引額

auスマートバリューの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
プラン月あたりの割引額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで1,000円
auフラットプラン20/30
データ定額10/13/30
データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)
2年間2,000円(それ以降は月934円)
データ定額5/8/20
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,410円(それ以降は月934円)
U18データ定額201,410円
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
934円
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
2年間934円(それ以降は500円)
カケホ(3Gケータイ・データ付) ※3Gスマートフォンの場合もご加入いただけます。934円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)2年間1,410円(それ以降は934円)

最後にソフトバンク光です。ソフトバンク光もauひかりと同様に、下記の携帯電話料金割引が家族も含めて10台まで、それぞれに適用されます。

ソフトバンク光の携帯電話料金割引額

ソフトバンクおうち割 光セットの割引額(月)
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
データ定額50GBプラス/ミニモンスター1,000円
スマ放題・スマ放題ライト
データ定額 50GB/20GB/5GB1,000円
データ定額ミニ 2GB/1GB
データ定額(3Gケータイ)
500円
上記以外の料金プラン
パケットし放題フラット for 4G LTE
パケットし放題フラット for 4G
パケットし放題フラット for スマートフォン
パケットし放題MAX for スマートフォン
4G/LTEデータし放題フラット
4Gデータし放題フラット+
1,000円
パケットし放題フラット for シンプルスマホ
(iPad 専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G LTE
(タブレット専用)ベーシックデータ定額プラン for 4G
500円

それぞれご自身がADSLからドコモ光・auひかり・ソフトバンク光に切り替えた場合に、いくら携帯電話料金割引が発生するのか、ご確認いただけましたでしょうか。

その金額を先ほど提示した、ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光のネットと電話料金の合計金額からマイナスしてみて下さい。

ドコモ光・auひかり・ソフトバンク光のネット+電話の合計料金

【ネットと電話の合計金額から携帯電話料金割引金額をマイナスします】
 ドコモ光auひかりソフトバンク光
月額料金(戸建て)5,200円4,900円5,200円
月額料金(マンション)4,000円4,100円3,800円
光電話の基本料金500円500円500円
ネット+電話の合計額戸建て=5,700円
マンション=4,500円
戸建て=5,400円
マンション=4,600円
戸建て=5,700円
マンション=4,300円

上記の【ネット+電話】の合計金額から、携帯電話料金割引をマイナスしたものが実質の光の料金です。

家族でドコモ・au・ソフトバンクの携帯を利用している場合は、ほとんどの方がADSLよりも光にしたほうが安くなるのではないかと思います。

当サイトのアシスタント
仮に家族でauやソフトバンクの携帯を3台使っている方が上記の光回線にすると、光回線の料金とは別に毎月平均で3,000円の携帯電話料金割引が発生します!上記の光回線の月額料金から3,000円をマイナスするとADSL+固定電話の料金(3,200円)よりも安くなるはずです!

ADSLと光を比較する場合、光回線の料金は【ネット料金+電話料金-セット割引額】で考える

ADSLと光回線の料金を比較する場合、【ネット+電話】の合計金額だけで比較するのは誤りです。

ADSLでもヤフーBBのように、ソフトバンクおうち割(ソフトバンク光と同じ割引)を提供している場合はありますが、それ以外のADSLで上記のような携帯電話料金のセット割引は提供しておりません。

その為、光回線の実質の月額料金を求める場合は、【ネット料金+電話料金-セット割の割引額】で合計金額を考えるようにしてください。

このセット割の部分を含めて計算せずに、「ADSLのほうが安い」と言っても全く意味はありません。

ADSLよりも光のほうが安いと判明した方は積極的に乗換えを

先ほどご計算いただいた結果として、ADSLよりも光のほうが安いと判明した方に関しては、早めに光回線に切り替えることをお勧めします。

ADSLは速くても最大50Mbpsです。それに対して、光回線は最大1Gbps(1,000Mbps)。

光回線のほうが圧倒的に速度がはやいのに月額料金が安いとなれば、光に乗換えないという手はありません。

ADSLから光回線への切り替えは、光回線の工事費用など初期費用がかかりますが、その点は各光回線で行っているキャッシュバックや工事費無料キャンペーン等を適用すればどうにでもなります。

当サイトのアシスタント
特に大手の光回線であるドコモ光やauひかり・ソフトバンク光やNURO光等では,代理店などを通して申込むと常に大きなキャッシュバック等のキャンペーンを行っています!

フレッツ光にすることだけはお勧めしない

ADSLから光回線に切り替える場合、NTT東西が提供しているフレッツ光に切り替えることだけはお勧めしません。

なぜなら、フレッツ光に関しては、他社光回線よりも月額料金が高く、上記で記載したような携帯電話料金のセット割引等は一切行っていないから。

フレッツ光という選択肢は捨てて、ドコモ・au・ソフトバンクの携帯を利用している方は、それらの携帯電話料金割引が適用される光回線から選ぶことをお勧めします。

参考:ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話料金割引がある光回線

  • ドコモ…ドコモ光のみ
  • au…auひかり、auひかりが提供不可の場合はSo-net光など
  • ソフトバンク…ソフトバンク光もしくはNURO光

当サイトのアシスタント
加えてフレッツ光は今は個人向けの工事費無料キャンペーン等を全て終了させています。

また、以前は家電量販店等でキャッシュバックを行っていましたが、家電量販店や代理店から申込んでもキャッシュバックは法人向けにしかほぼ行っておりません。

ADSLの提供は遅くても2024年には終わる。現在ADSLを利用している方はADSLよりも安く使える光回線に乗り換えよう!

NTT東西が2024年をめどに、アナログ回線で利用しているPSTN網(メタルの設備)を撤去し、全てIP網(光の設備)に切り替えることを発表しています。

ADSLはこの撤去されるアナログ回線の設備を利用している為、現在は利用できてもメタルの設備が撤去される2024年には利用が出来なくなります。

その為、ADSLを利用している方は光回線でお得なキャンペーンを実施している間に早めにADSLから光回線に切り替えるのがお勧めです。

追記
既にほとんどのADSLサービスが新規申込み受付を終了しています。まだ申込みを受付けていた、『Yahoo!ADSL』や『GMOとくとくBBADSL』も2019年2月28日をもって新規申込み受付を終了しました。
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!