【光の悪質代理店】「NTT関連の者」または社名を名乗らない場合は注意

当サイトの管理人
光回線の悪質な代理店は「NTT関連の者」と名乗ったり、もしくは社名を伝えずに電話をかけてくることが多くあります。「NTT関連の者」と名乗ったり、社名を伝えてこない場合は悪質な代理店である可能性が高いので注意が必要です。

悪質な光回線の代理店によって、勝手に光回線を切り替えられてしまうという被害に合う方が後を絶ちません。

被害に合ってしまった方が後から共通して言うのが、「電話をかけてきたのがNTT関連の業者だと思っていた」という思い込みであったり、「後から考えると具体的な社名を名乗ってこなかった」という点。

「NTT関連の者です」と伝えて、あたかもNTTグループの会社の人間だと思わせたり、具体的な社名を名乗らないというのは、悪質な代理店が昔からよく使う手です。

今回の記事では、代理店が「NTT関連の者」だと思わせるようなよくある悪質なトーク例と注意点を説明していきたいと思います。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

【トーク例】「NTT関連の者」と誤認させるor社名を名乗らない悪質代理店

ここからは、NTT関連の者だと誤認させたり、お客さんが確認しても具体的な社名を名乗らないといった、実際によくある悪質代理店のトーク例です。

NTT関連の者だと誤認させる悪質代理店の名乗り方

営業マン
パターン①

恐れ入ります。NTT関連企業の者ですが、今回は●●の件でご連絡をさせていただきました。

営業マン
パターン②

恐れ入ります。NTTから委託を受けて、今回は●●の件でご連絡をさせていただきました。

営業マン
パターン③

恐れ入ります。NTTの設備の件で、今回ご連絡をさせていただきました。


他にも色々な名乗り方で電話をかけてきますが、悪質な代理店はとにかく「NTTの者」だと勘違いさせるようなことを平気で言ってきます。

そういった代理店に具体的な社名を確認すると名乗らない場合が多くあります。

社名を名乗らない悪質代理店

お客さん
NTT関連のということでしたが、具体的な会社名を教えていただけますか?

営業マン
こちらはNTTから委託を受けている会社ですのでご安心ください。また、何かございましたらご連絡させていただきます。

▲社名を名乗ろうとしない場合は要注意▲


ここから、なぜ悪質な代理店が「NTT関連の者」と名乗ったり、社名を名乗らないのかを解説していきます。

NTT関連の者と名乗るのは、NTTだと思わせて勘違いさせたい為

悪質な代理店が「NTT関連の者」と名乗ることが多いのは、NTTだとお客さんに思わせて光回線を売り込みたい為です。

NTTというブランドネームを活用すれば、お客さんが安心して契約しやすいと知った上でそういった勧誘をしているのが、非常にたちの悪いところ。

NTTの信頼感は絶大の為、NTTの者だと誤認すると契約してしまうケースがある

こういった悪質な代理店が、「NTT関連の者」だとお客さんに誤認させて、光回線を切り替えてしまう時によく使う手口は下記の通り。

悪質な代理店の手口

  1. まず「NTT関連の者」だと誤認させる
  2. 「プラン変更」や「設備の変更」等といって、違う光回線に切り替えさせる

悪質な代理店は、あたかもNTT関連のサービスのプラン変更や設備の変更だと思わせて、違う光回線に切り替えさせるという極めて悪質な手法を平気で行ってきます。

NTTだと勘違いして「プラン変更」や「設備の変更」と言われて思い込んでしまった場合、「NTTじゃなかった」と気がつくのは光回線を実際に切り替えられた後です。

その為、「NTT関連の者」だと名乗ったらまずは話は一切聞かずに具体的な社名を確認するようにして下さい。

当サイトのアシスタント
特に現在フレッツ光を利用している方は、『転用』という手続きで工事や機器の変更も不要でフレッツ光から他社光コラボレーションサービスに切り替えることが出来てしまいます。

その為、気がついた時には他社光回線に切り替えられてしまっていたというケースが後を絶たない為、注意して下さい。

NTTの関係者は「NTT関連の者」とは絶対に名乗らない。「NTT●●(社名等)」など、具体的な社名や組織名を必ず名乗る

NTTの関係者が何らかの件で電話をしてくる時は、絶対に「NTT関連の者」などあいまいに自分のことを名乗ることはありません。

必ず「NTT●●(社名や組織名)の●●(氏名)です」と、具体的な社名や組織名を名乗ってきます。

「NTT関連の者です」と名乗ってきたら、真っ先に代理店だと考えて間違いありません。

社名を名乗らない場合、必ず具体的な社名の確認を

先ほどのトーク例の中で、お客さんが具体的な社名を確認しても代理店は具体的な社名を名乗りませんでした。

この具体的な社名を名乗らないというのは、悪質な代理店によく見られる共通点です。

当たり前ですが、具体的な社名も名乗れないような代理店を絶対に信頼してはいけません。

当サイトのアシスタント
具体的な社名も名乗らないというのは、はじめから騙す気まんまんの悪質な代理店の特徴です。

「NTT関連の者」もしくは社名を名乗らない場合は悪質な代理店の可能性大。過去には行政指導も

光回の勧誘で「NTT関連の者」と名乗ったり、もしくは具体的な社名を名乗らずに、光回線を勝手に切り替えて総務省から行政指導を受けている会社は多くあります。

最近だと、動画サービスのU-NEXTを提供しているU-NEXT社や光通信グループのHi-Bit社がこの手口で行政指導を受けています。

参考リンク:U-NEXTやHiBitの受けた行政指導の内容はこちら

総務省が行政指導を出しても、こういった「NTTだと誤認させる」悪質な手口はなくなりません。

万が一、騙されてしまったと感じた方は、お近くの消費者生活センターか総務省にご相談ください。

個人でこういった悪質な代理店に連絡をしても対応してもらえないことが多いですが、総務省や消費者生活センターを通せば対応してもらえることが多いです。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!