【光の悪質代理店】「今より速度がはやくなります」と言ったら注意

当サイトの管理人
光回線の代理店の電話勧誘で、「今よりも高速になります」と言ってきたら嘘の場合が極めて多いです。
騙されないようにご注意を。

光回線の代理店の電話勧誘では様々なトラブルが起きており、光を乗り換えてしまって後悔している方が後を絶ちません。

代理店はいろいろなセールストークを引っ提げて勧誘してきますが、まれに「今よりも速度が速くなります」と勧誘してくる場合があります。

今回の記事では、代理店が電話勧誘で「今よりも速度が速くなります」と勧誘してくる場合のトーク例や注意点を説明していきます。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

【トーク例】「今よりも速度が速くなります」と連呼してくる代理店

ここから実際によくある代理店のトーク例を紹介します。

「今よりも速度が速くなります」と勧誘してくる代理店のトーク例

営業マン
恐れ入ります。●●様のご自宅でよろしいですか。
今回「今よりも速度が速くなる」お勧めの光回線のご紹介でご連絡させていただきました。

お客さん
はい。●●です。かなり前から光回線を利用してますが、インターネットの速度には満足していますし特に不都合もありませんので大丈夫ですよ。

営業マン
さようでございますか。特に不都合もないということで何よりです。

ただ、お客様、もし料金も変わらずに今よりも高速になる光回線を利用できるとしたらどうなさいますか?

▲ポイント▲
お客さんがどんな光回線を利用しているか確認もせず「高速になる」と断言している

お客さん
料金が変わらないならお得だとは思いますが、もう十分に今の光回線で満足しておりますので…

営業マン
これからの時代、これまでの光回線の速度だと使えないサービスが色々と出てくることが考えられます。

それもあって今は他の皆様もどんどん高速の光回線にお乗換えされているのが現実です。

もし、これから使えないサービスが出てきたら困ってしまうと思いませんか?

お客さん
たしかにそれは困りますね…ただ、今利用している光回線がたしか最大1ギガとか言ってたと思うんですけど、そのお勧めの光回線はもっと速いんですか?

営業マン
えぇ!速度は同じく1ギガで変わりません。

ただ、実は自宅の中に設置するONUといった機器やルータを当社がお勧めする光回線では独自の機器を使っておりまして、その分とても速い速度でインターネットを利用することが出来ます。

今よりも断然はやくなりますので、お乗換えしてみませんか?

▲ポイント▲
速度は光回線の設備ではなく、機器によって変わると言ってくる

お客さん
そうなんですか。機械によってだいぶ変わってくるんですね。

その機器というのは今利用している光回線では使えないんですか?

営業マン
えぇ。あくまでも当社がお勧めする光回線で利用している独自の機器ですから、その光回線にした時だけ今よりも高速になります。

今日であればお申込みも落ち着いておりますし、すぐにでもお手続きできますが、いかがなさいますか?

▲ポイント▲
サービス名も名乗らずに契約まで持ち込もうとする

お客さん
料金も変わらなくてもっと速くなるなら…いったん家族で検討してみます。

トーク例から見える悪質代理店の特徴

ここからは、先ほどのトーク例から見える悪質代理店が「今よりも速くなります」と電話勧誘する場合の特徴について説明していきます。

今回のトーク例で悪質代理店の特徴としてあげられるのは下記の3つ。

悪質代理店の特徴

  • どんな光回線を利用しているかも確認せず「今よりも速くなる」と断言してくる
  • 速度は同じでも機器が違うので速くなると説明してくる
  • サービス名を中々名乗ろうとしない

それぞれ1つずつ悪質代理店が勧誘する時の特徴と、実際はどうなのかという点に関して説明します。

特徴① どんな光回線を利用しているかも確認せず「今よりも速くなる」と断言してくる

「今よりも速くなります」と光回線を勧誘してくる代理店に多く共通しているのが、どんな光回線を利用しているかも確認せずに「速くなる」と断言してくるところ。

光回線の速度は、どんな光回線を利用しているかで速度は変わってきます。ほとんどの光回線は最大1Gbpsですが、中には最大2Gbps・5Gbps・10Gbpsといった速度で提供している光回線もあります。

その為、お客さんがどんな光回線を利用しているかも確認せずに「今よりも速くなります」という断言することは絶対にできません。

では最大1Gbpsの光回線のサービスが多い中、代理店が勧誘しているのは最大2Gbpsや5Gbps、10Gbpsの光回線なのかと思いきや、「今よりも速くなります」と勧誘してくる場合、実際は最大1Gbpsの光回線であることがほとんどです。

要するに、速度が変わらないのに「今よりも速くなります」と嘘をついて勧誘してくることが多いのが現状。

代理店から「今よりも高速になります」と言われたら、必ず最大速度はどれぐらいなのか確認するようにして下さい。

当サイトのアシスタント
参考までに、現在1Gbpsを超える速度でサービスを提供している光回線は、auひかりとNURO光しかありません。
他の光回線は全て最大1Gbpsの速度でサービスを提供しています。

特徴② 速度が同じでも機器が違うので速くなる

これもよく聞く代理店の勧誘トークですが、代理店が勧誘している光回線とお客さんの利用している光回線の最大速度が同じであっても、「利用している機器が違うので当社がお勧めする光回線のほうが速くなる」と勧誘してくる場合があります。

そして、それは「その光回線独自の機器だからその光回線を利用した時だけ高速になる」と。

これは全くの嘘です。信じないようにして下さい。

機器によって速度が変わるということ自体は実際にありますが、ONUやホームゲートウェイ、光電話ルーターなどの光回線の事業者が提供する機器は、基本的に光回線の最大速度を活かせるように設計されています。

そしてそれ以外の機器、例えば無線のルーター等でより速度をはやくできるようなものはいくらでも売っています。

つまり、その光回線の機器を使わなければ高速で利用できないということは絶対にありえません。

代理店が「その光回線独自の機器だからその光回線を利用した時だけ高速になる」と説明してきても、絶対に信じないでください。

当サイトのアシスタント
実際に利用する機器を変えればネットの速度が高速化することはありますが、「その代理店や光回線独自の機器を利用した時だけ速くなる」と言われたら注意が必要です。

特徴③ サービス名を中々名乗ろうとしない

最後の申込みにいたるまで「当社がお勧めする光回線」とだけ伝えてきて、サービス名を名乗ろうとしないのも悪質な代理店によくある共通点です。

これは恐らく、サービス名を伝えて色々と悪い評判等を調べられるのを恐れているのかわかりませんが、以前から悪質な代理店はサービス名を名乗ろうとしないという特徴があります。

サービス名も伝えられないなら勧めてくるな!と思いますが、サービス名も知らずに光回線を切り替えてしまい後悔している方が大勢いらっしゃるのも現実です。

代理店が具体的なサービス名を名乗ろうとしない時は、必ずサービス名や提供している会社を確認するようにして下さい。

当サイトのアシスタント
また、これはフレッツ光を利用している方に多い被害ですが、代理店がサービス名を名乗らず「プラン変更」等と伝えてきたことで、フレッツ光のプラン変更だと勘違いしてしまって別の光回線に切り替えられてしまったという被害も多く発生しています。

「今よりも光回線が高速になる」と代理店が勧誘してきた時はほとんど嘘だと考えたほうがいい

現段階で最大1Gbpsを超える速度で光回線を提供しているのは、NURO光(ニューロ)とauひかりだけです。それ以外の光回線は軒並み最大1Gbpsで提供しています。

では「今よりも速くなる」と代理店が勧誘してきた場合、NURO光やauひかりを勧めてきているのかというと、ほとんどのケースでそうではない最大1Gbpsの光回線を勧めてきます。

先ほども記載しましたが、「今よりも速くなる」と代理店が電話勧誘で伝えてくる場合、今利用している光回線と速度が変わらない場合がほとんどです。

代理店からの電話勧誘で「今よりも光回線が速くなる」と言われたら、まずは疑ってかかるようにして下さい。この内容の電話勧誘はほとんどの場合で嘘です。ご注意を。

人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!