フレッツ光を継続利用するといくら損をするか分からない

当サイトの管理人
簡単に乗り換えられるのに「面倒だから」という理由でフレッツ光のままにしておくのはあまりお勧めできません。毎月数千円以上、損をしている可能性があります。

現在フレッツ光を利用している方は、“転用”という手続きで他社光回線に簡単に移行できるということを、ご存じの方も多くいらっしゃると思います。

参考:転用とは

フレッツ光から他社光コラボレーションモデルへ、工事不要、機器の変更も不要、フレッツ光の違約金も発生せずに簡単に乗り換えられる制度。

転用にかかる費用も手数料で数千円しかかからない

こういった制度があるにも関わらず「面倒だから」という理由でフレッツ光のままにしている方は、毎月数千円以上、損をしている可能性があります。

今回の記事では、「フレッツ光のままにして後悔した」という失敗・後悔談について記載していきたいと思います。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

【失敗・後悔談】フレッツ光のままにしてたら毎月数千円ムダにしてた

フレッツ光から他社光コラボレレーションモデルに転用せず、そのままにしていた方で一番後悔している方が多い理由は下記の通り。

フレッツ光のままにして後悔

光コラボレーションモデルに転用していれば、月に数千円は安く利用できていた

なぜ、フレッツ光と光コラボレーションモデルの料金の差が、月に数千円もの金額になるのでしょうか。

フレッツ光回線を他社光コラボレーションモデルと比べると料金面の違いは下記の通り。

フレッツ光と光コラボレーションモデルの料金面の大きな違い

  • 月額料金…フレッツ光より光コラボレーションモデルのほうが月1,000円近く安い場合が多い。
  • セット割引…例えばドコモユーザがドコモ光を利用した時に発生するセット割引等は、フレッツ光には一切ない。

月額料金だけでもフレッツ光より安くなりますが、重要なのがセット割引の部分。フレッツ光には上記に記載したような携帯電話料金のセット割引等は一切ありません。

ドコモ・au・ソフトバンクといった携帯会社が提供している光回線を利用すると、月に数千円以上の携帯電話料金割引が発生することが多くあります。

月額料金が月に1,000円近く安くなることに加えて、このセット割引の差額も含めると、平均すると月に数千円、場合によっては月に5千円以上の料金差が出てくることもあります。

当サイトのアシスタント
ちなみに家族でソフトバンクの携帯電話を利用している方がソフトバンク光にすると、携帯1台あたり月1,000円×台数分の月額料金割引が発生します!5台利用しているなら毎月の割引額は5,000円です!
auの携帯電話を利用している方はビッグローブ光やソネット光などauスマートバリューに対応した光回線にすれば同じぐらいの携帯電話料金割引を受けることが出来ます!

フレッツ光は法人向けのサービス。NTT東西自身が個人の方に売るつもりがない為、これ以上お得になることはない

これ以外と知らない方が多いのですが、NTT東西は今は個人の方にフレッツ光を拡販するつもりは全くありません。NTT東西が個人の方に売りたいのは、ドコモ光やソフトバンク光などの光コラボレーションモデル。

なぜなら、フレッツ光よりも光コラボレーションモデルがうれたほうがNTT東西が儲かる仕組みになっているから。

NTTから見た場合のフレッツ光と光コラボ

NTTから見た場合の違いフレッツ光光コラボ
毎月の料金収入ユーザに直接請求コラボ事業者に請求
ユーザ対応(人件費)自社で人件費を負担し対応コラボ事業者で人件費を負担し対応
(工事や設備保持のみNTTが対応)
販売拡大の考え方キャンペーンはほぼ打ち切り。販促費はかけず販売拡大しない。販促費をコラボ事業者自らが負担し、販売拡大。

NTTから見た場合を簡単にいうと、光コラボレーションモデルが売れても、入ってくるところが個人ユーザから直接なのか光コラボ事業者からなのかの違いだけで、フレッツ光と同じように毎月の料金収入は入ってきます。

ただ、光コラボを推進することでNTT東西がカットできるコストが2つあります。

光コラボで人件費をカット

フレッツ光の場合はNTT東西からの直接提供になる為、NTT東西が人件費を負担してユーザ対応をしなければなりません。

それに対して、光コラボレーションモデルでは、NTT東西は設備の管理だけを行い、ユーザ対応(コールセンター等)は光コラボ事業者が行う仕組みにしている為、人件費をカットできます。

そして、2つ目にカットしているのが販促費用。

光コラボで販促費用をコストカット

これまでNTT東西のフレッツ光は、新規工事費無料・移転工事費無料・光電話工事費無料・2年割以外の長期割引など、または代理店を通じたキャッシュバックキャンペーンなど、様々なキャンペーンを行ってきましたが、光コラボが始まる時期に合わせて、キャンペーンをほとんど終了させてきました。

これも人件費と同様、光コラボモデルを販促するには、各光コラボ事業者が自社で販促費を出してキャンペーンを展開する必要があります。

料金収入は今まで通り入ってきて、人件費も販促費もカットできる。こんなおいしいビジネスモデルはありません。

極端に言ってしまえば、個人ユーザに関しては、フレッツ光の契約者を全て光コラボの契約者に映したいというのがNTT東西の本音。そのほうがボロ儲けになるからです。

こういったビジネスモデルを確立している以上、NTT東西が個人の方向けにフレッツ光でお得なキャンペーンを展開することはありえません。

当サイトのアシスタント
NTT東西は光コラボが始まる前まで、工事費無料キャンペーンや代理店を通したキャッシュバック等を行ってきましたが、光コラボが始まると同時にそれらのキャンペーンはほとんど打ちきられました。

今個人の方がフレッツ光を申しこんでも受けられる特典はほとんどありません。

フレッツ光から他社光コラボレーションモデルへは簡単に移行できる為、早めに切替えを

冒頭でも説明しましたが、フレッツ光から他社光コラボレーションモデルへは、転用という手続きでとても簡単に移行することができます。

転用の特徴をまとめると下記の通り。

転用の特徴

転用の手続きとは
工事の有無不要
機器の変更(ご利用のONUや光電話ルータ)不要
光電話の番号変更同じ番号のまま継続できます
フレッツ光の違約金発生しません
転用にかかる費用手数料の数千円のみ
手続き方法①NTT東西のWEBサイトもしくは電話の手続きで『転用承諾番号』を取得
②その『転用承諾番号』をもって、光コラボに申込むのみ

工事も機器の変更も不要で、フレッツ光の違約金も発生しません。

簡単にいうと、利用環境は全く今までの通り、フレッツ光から他社光コラボレーションモデルへ契約だけを変更するイメージ。

このごく簡単な手続きを行うだけで得られるメリットは下記の通り。

転用で得られるメリット

  • 月額料金が安くなる。平均で1,000円程度
  • 携帯電話割引等のセット割引を適用できる(適用できる光コラボを利用した場合)

今フレッツ光を利用している方は、毎月かなりの額を損している可能性があります。

転用したほうが間違いなくお得になりますので、早めに切り替えられることをお勧めします。

当サイトのアシスタント
転用の手続きは簡単にいうと、今の設備や機器などを一切変えずに契約だけをフレッツ光から光コラボレーションサービスに変更する手続きです!初期費用も数千円程度しかかからず、フレッツ光の違約金も発生しません!

【参考】ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話を利用している方に人気の高い光コラボレーションモデル(転用可能)

参考までに、フレッツ光から転用で乗り換えることができ、なおかつドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話を利用している方に人気の高い光コラボレーションモデルを下記に記載してあります。

【ドコモユーザーに人気=ドコモ光】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント


  • 新規申込みでdポイント20,000ポイントプレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

【月額料金】
戸建て:5,200円・マンション:4,000円

【セット割】
ドコモ携帯電話料金の割引に対応
~家族の場合は平均2,000円から3,000円の月額割引
~個人の場合は平均1,000円の月額割引

【公式サイト】
速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。


ドコモの携帯電話料金がセット割で安くなるのはドコモ光だけです。加えてプロバイダーのGMOなら高速の無線ルーターを永年無料で利用することが出来ます。

【auユーザーに人気=So-net光】

【ソネット光プラス】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 最大81,200円の月額料金割引あり!
  • ~1ヵ月目~36ヵ月目=毎月2,000円割引
    ~37ヵ月目~60ヵ月=毎月400円割引

  • 光電話の基本料金500円×12ヵ月無料!
  • V6プラス対応の高速WiFiルーター(月額400円)が永年無料!
  • セキュリティソフト(5台版)永年無料!


【月額料金】
戸建て:5,580円・マンション:4,480円
※この料金から月額料金割引が適用されます。

【セット割】
auスマートバリュー(au携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10台まで、auの携帯電話料金が毎月1台あたり平均1,000割引。

【公式サイト】
【So-net 光 コラボ】

ソネット光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。



auスマートバリューで携帯電話料金割引を受けられる光回線には他にauひかりがありますが、auひかりはフレッツ光から転用で乗り換えることが出来ません。

So-net光の場合には、フレッツ光から工事不要・機器の変更も不要・違約金も不要な『転用』で乗り換えることができ、なおかつauスマートバリューを適用できる為、フレッツ光からauの携帯電話料金が安くなる光回線に乗り換えたいという方にお勧めです。

【ソフトバンクユーザーに人気=ソフトバンク光】

【ソフトバンク光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 他社からの乗換えorヤフーADSLからの乗換えの場合は工事費24,000円をキャッシュバック!
  • 他社からの乗換えの場合は違約金を全額キャッシュバック!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 代理店からの申込み限定!新規申込みで35,000円キャッシュバック!
  • ソフトバンク光開通まで期間がかかる場合は、SoftBankAirの無料レンタル実施中!


【月額料金】
戸建て:5,200円・マンション:3,800円

【セット割】
ソフトバンクおうち割(ソフトバンク携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10まで、ソフトバンク携帯1台あたり毎月平均1,000円の料金割引。

【公式サイト】
【SoftBank光ならSoftBank光.net】

ソフトバンク光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。



ソフトバンク光は公式サイトから申込むよりも代理店から申込んだほうが圧倒的にお得です。

というのも、代理店から申込んだ場合、ソフトバンクの公式キャンペーンに加えて代理店独自のキャッシュバックが単純にプラスされるから。

どうせ申込みをするのであれば、公式サイトからではなく代理店のサイトから申込みをするのがお勧めです。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!