改定でauひかりホームの解約金が約4万、高額になる可能性大

当サイトの管理人
auひかりホームで解約時の設備撤去に関する内容が改定(改悪)されました。2018年3月1日以降に申込みされる方は要注意です。

auひかりが公式ホームページにて、auひかりホーム(戸建て)タイプ時の解約に関する内容を改定していました。

改定した内容は下記の通り。

auひかりホーム(戸建て)の解約時の設備に関する取り扱い

2018年3月1日以降に新規申込みをされた方、または既にauひかりを利用していてもこの日以降に速度変更等の手続きを行った方が対象です。

  1. 設備撤去が必須に
  2. これまで…これまではユーザから設備撤去の依頼があった場合のみ撤去していた。
    今後…撤去が必須になりました。撤去費用が必ず発生します。

  3. 設備撤去費用も3倍近く高額に
  4. これまで…10,000円
    今後…28,800円

一言でいうと、改悪です。

これまで設備撤去は任意で、ユーザから要望があった場合のみ設備撤去費用が1万円かかっていました。今後は必ず設備撤去が発生し、撤去費用も28,800円とかなりの高額になります。

これに伴いどんな影響があるのか記載していきたいと思います。

auひかりのキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
auひかりの代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!auひかりを検討している方は下記のページにてご確認ください!
【auひかりのお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

auひかりホームを解約した際、違約金と合わせると超高額の費用が発生するようになる

先ほどauひかりホームを解約した時には必ず設備撤去が必要で、撤去費用が28,800円発生すると記載しました。

ここで勘違いして欲しくないのは、これはあくまでも“設備撤去費用”の為、これ以外に違約金が発生するということ。

auひかりホームの違約金

  • ずっとギガ得プラン(3年契約)の場合…15,000円
  • ギガ得プラン(2年契約)の場合…9,500円

auひかりを利用している方は複数年契約を結んでいる方がほとんどだと思います。それぞれ3年契約・2年契約の自動更新プランの為、契約更新月以外での解約時は違約金も発生します。

複数年の契約プランを利用していた場合、様々な事情から自動更新月にきっちり解約できないという場合も多いと思いますので、基本的には設備撤去費用以外に違約金も発生すると考えておいたほうがよさそうです。

設備撤去費用と違約金を合わせて解約に関わる費用は下記の通り。

設備撤去費用と合わせて請求される金額

  • ずっとギガ得プラン(3年契約)の場合…43,800円
  • ギガ得プラン(2年契約)の場合…38,300円

これは…さすがにいくら何でも高すぎるのではないでしょうか。

光を利用して毎月月額料金を払ってるのに解約した時に4万円近く解約金を取られるのはかなりえぐい…

「解約しなければいいのでは?」と思う方もいらっしゃると思いますが、解約したくなくても解約せざるを得ないケースもあります。

当サイトのアシスタント
光回線は解約すると複数年縛りで違約金が発生するサービスが多いですが、こんなに高額なのはかなり珍しいです。ちなみにフレッツ光やドコモ光・ソフトバンク光では解約時に違約金(1万円前後)はかかるものの設備撤去費用等は請求していません。

引越しがあるという方はauひかりではなく別の光回線でauスマートバリューの適用を

auひかりを利用していて引越しを希望された方で、引越し先がauひかりの提供エリア外もしくはauひかりを利用できないマンションだったという方もかなり多くいらっしゃると思います。

auひかりが利用できるエリアや建物はフレッツ光ほど網羅されておりません。特にマンションタイプは利用できる建物がフレッツ光に比べると圧倒的に少ない為、引越しに伴いauひかりが継続できないということが頻繁に発生しています。

そして、ここからがauひかりの鬼仕様。

auひかりは引越し先がauひかりが提供エリア外だった場合や提供できない建物だった場合でも、上記の設備撤去費用や違約金はきっちり払わなくてはいけません。つまり引越しで継続できなくても約4万円請求されることになると。

それを考えると、引越しがあるという方は、auひかりではなく、
フレッツ光の設備を利用しなおかつauスマートバリューに対応している光回線を利用したほうが無難だと思います。

代表的なのはSo-net光です。

So-net光とは

  • auスマートバリューに対応…auひかりと全く同じ携帯電話割引をKDDIと連携して提供しています。
  • 設備…auひかりとは違い、フレッツ光の設備をレンタルする形で提供。その為、auひかりよりも圧倒的に提供エリア・提供可能な建物が多い。
  • 速度…auひかりと同じく最大1Gbps。
  • 料金…戸建てが月5,580円、マンションが月4,480円です。

So-net光はフレッツ光の設備をレンタルする形で利用していますので、引越し先が提供エリア外・提供できない建物という可能性は、auひかりと比べると圧倒的に少なくなります。

【参考:So-net光の月額料金や実施中のキャンペーン情報】

【ソネット光プラス】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 最大81,200円の月額料金割引あり!
  • ~1ヵ月目~36ヵ月目=毎月2,000円割引
    ~37ヵ月目~60ヵ月=毎月400円割引

  • 光電話の基本料金500円×12ヵ月無料!
  • V6プラス対応の高速WiFiルーター(月額400円)が永年無料!
  • セキュリティソフト(5台版)永年無料!


【月額料金】
戸建て:5,580円・マンション:4,480円
※この料金から月額料金割引が適用されます。

【セット割】
auスマートバリュー(au携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10台まで、auの携帯電話料金が毎月1台あたり平均1,000割引。

【公式サイト】
【So-net 光 コラボ】

ソネット光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。



この改定によって、解約者は減ると思うが加入者も減る可能性あり

auひかりホームの今回の改定に伴って、解約時に「設備撤去費用と違約金を合わせて約4万円かかります」と言われたら、解約を躊躇する方も出てくるでしょう。

その点では解約抑止になるかもしれませんが、逆に言ってしまえばこれだけ解約しづらくすると新規に契約しようという時に躊躇される方も恐らく出てくると思います。

持ち家で引越しする予定はないという方ならともかく、引越しがある方はなおさら。

引越し先が提供エリア外でも設備撤去費用や違約金を請求するのであれば、もう少し提供しているエリアや提供できる建物を増やしてほしいものです。

当サイトのアシスタント
持ち家の戸建てにお住まいの方なら長期利用すると思いますので心配はいりませんが、これだけ大きなお金が解約した時にかかってくると短期利用者の申込みは減る可能性がありますね。

【参考】auひかりホームの設備撤去費用を負担してくれる代理店もある

この記事では、ここまでauひかりホームの設備撤去費用の改悪について説明してきましたが、auひかりの代理店で解約時の設備撤去費用を負担してくれる代理店があります。

それがKDDIから販売数や対応の良さで表彰されているNEXT(ネクスト)という代理店です。

代理店のNEXTからauひかりを申込んだ場合、キャッシュバックの額が増額されるだけではなく、解約時の設備撤去費用(28,800円)を全額NEXTが負担してくれるという取り組みを行っています。

【auひかり(代理店NEXT)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 工事費無料!(実質0円)
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!(auスマートバリュー適用の方)
  • 他社から乗換えで違約金5万5千円還元!
  • ……【下記は代理店の独自特典】……

  • キャッシュバック最大5万2千円!振込みは最短翌月末!
  • 代理店NEXTから申込した場合、将来解約する時の設備撤去費用(28,800円)が無料に!

設備撤去費用を全額負担してくれるのには、

  1. 代理店のNEXTから申込んだauひかり回線であること
  2. auひかり解約後、代理店NEXTからビッグローブ光を申込みすること

という条件がありますが、設備撤去費用でauひかりの申込みを躊躇されている方には非常にお得なキャンペーンになっています。

詳細は上記にリンクを貼ってありますので、代理店NEXTのホームぺージでご確認ください。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!