ソフトバンク光のファミリーライトとドコモ光ミニはどちらがお勧め?

当サイトの管理人
自宅に光を引きたいけど、あまり使わない時もあるからしれないという方にお勧めなのが二段階定額の光回線。二段階定額を提供している主要な光回線だと、ドコモ光ミニとソフトバンク光ファミリーライトがありますが、どちらがお得なのか比較してみます。

光回線と言えばモバイルと比べて通信量の制限がなく「使い放題」というイメージがありますが、光回線を引いても使わない月もあるという方向けに二段階定額の光回線を提供している会社もあります。

主要な光回線だと、ドコモ光がドコモ光ミニを、ソフトバンク光がソフトバンク光ファミリー・ライトというサービスを提供していますが、それぞれの二段階定額のサービスは本当にお得なのか、解説していきたいと思います。

ソフトバンク光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ソフトバンク光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ソフトバンク光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ソフトバンク光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光ミニのサービス詳細と現実的な使い方

ドコモ光では、ドコモ光ミニという二段階定額のサービスを提供しています。

詳細は下記の通り。

ドコモ光ミニの詳細

ドコモ光ミニ
月額料金
(プロバイダ込み)
2,700円~5,700円
(実質3,700円~6,700円)
下限額で使える容量200MB
上限額に達する容量1,200MB
従量部分の料金10MBごとに30円増額
携帯セット割1年間のみ月500円割引あり

ドコモ光ミニの料金の注意点としては、プロバイダ契約が別に必要ということ。プロバイダ料金を平均で1,000円だとすると、実質の料金は2,700円~5,700円ではなく、3,700円~6,700円ぐらいになるのではないかと思います。

ドコモ光ミニの現実的な特徴をまとめると下記の通り。

ドコモ光ミニの現実的な特徴

  • 月額料金…使える容量の割にバカ高い
  • 通信量…上限に達すればあとは定額だが、上限にあっという間に達する為、少しでも利用したら上限値
  • 従量課金…10MBあたり30円という一瞬で料金があがっていく設定
  • 携帯セット割…1年間しか適用されない

ドコモ光ミニを一言ではっきりいうと、“ネットを使う方は絶対に使ってはいけないサービス”。

ドコモ光公式サイトでは下記のように説明していますが、これは全く見当違いの説明文です。

「ドコモ光ミニ」は、あまり使わない月は安く、たくさん使う月は定額になる、戸建て向けの2段階定額サービスです。
出典元:ドコモ光公式サイト

正しくは、「全く使わない月は安く、少しでも使えば定額制より高くなる」二段階定額のサービスです。

そんなドコモ光ミニですが、唯一使ったほうがいいと思われるケースは下記の2パターンのみ。

ドコモ光ミニを利用したほうがいいケース

  1. 長期出張等、ネットを全く使わない期間が続く場合
  2. ⇒この場合、定額制からドコモ光ミニに変更しておくことで使わない期間の料金を安くすることが出来ます。

  3. ネットは使わないが固定電話で2番号利用している場合
  4. ⇒アナログ回線で2番号使うより、ドコモ光ミニ(プロバイダ契約なし)+光電話の形にしたほうが月額料金や通話料金ともに安く利用できる。

ドコモ光ミニを唯一利用したほうがいいケースはこちらの記事で詳しく解説しています。

アナログ固定電話で2番号利用は光電話のほうがお得

2018年3月2日

ドコモ光ミニをお勧めしない理由と唯一利用したほうが良いケース

2018年2月6日

ドコモ光ミニを利用すべきケースは、いずれも「ネットは全く使わない」というケースのみです。「ネットを少しでも使う」という方には全くお勧めできません。

なぜなら、少しでもネットを使えばほぼ100%に近い確率で通信量が上限値に達っしてしまうから。上限値に達すれば定額制のドコモ光の料金プラン(月5,200円)よりもはるかに高くなります。

ここからソフトバンク光のファミリー・ライトに関して説明しますが、ドコモユーザであっても、二段階定額を使うならソフトバンク光のファミリー・ライトを利用することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
ドコモ光ミニははっきり言って全くお勧めできないサービスです。というのも、ネットを少しでも使うとすぐに上限値まで届いてしまい、定額制のタイプよりも逆に料金が高くなってしまうから。

ソフトバンク光のファミリー・ライトをドコモ光ミニと比べるとかなり現実的

ソフトバンク光のファミリー・ライトに関しては、ドコモ光ミニと比べるとかなり現実的な二段階定額のプランを提供しています。

サービス内容はこちら。

ソフトバンク光ファミリー・ライトとドコモ光ミニの比較

 ドコモ光ミニソフトバンク光ファミリー・ライト
月額料金
実質3,700円~6,700円
(プロバイダ料金込み)
3,900円~5,600円
(プロバイダ料金込み)
下限額で使える通信量200MB3,000MB
上限額に達する通信量1,200MB10,000MB
従量部分の料金10MBごとに30円増額100MBごとに24円増額
携帯セット割1年間のみ月500円割引あり永年で適用可(家族も含めて携帯10台まで)

表を見て頂ければ一目瞭然だとは思いますが、全ての面においてソフトバンク光ファミリー・ライトの圧勝。圧勝というか比べるのもどうかというレベルですね。

あまりにも差がありすぎているので簡単にその差をまとめてみます。

ドコモ光ミニよりソフトバンク光ファミリー・ライトの勝っている点

  • 月額料金
  • ⇒使える容量がソフトバンク光のほうがはるかに大きいにも関わらず、料金はソフトバンクのほうが安い。

  • 使える通信量
  • ⇒ドコモ光が200MB~1,200MBなのに対し、ソフトバンクは3,000MB~10,000MBで10倍以上。

  • 従量部分の料金
  • ⇒ドコモ光が10MBごとに30円上がっていくのに対し、ソフトバンクは10倍の100MBごとに24円増加。

  • 携帯セット割
  • ⇒ドコモ光は1年間のみ月500円引き。それに対しソフトバンクは永年で適用可能(家族も含め10台まで)

ドコモ光ミニは「ネットを少しでも使う」場合は一切お勧めしないと伝えましたが、ソフトバンク光のファミリー・ライトに関しては、ある程度使ったとしても上限値には簡単に達しないようなプランになっています。

使い方にもよりますが、動画を視聴するなど通信量が大きく発生するような使い方はせずに、1日30分程度ネット閲覧をするぐらいであればまず上限値には達しないでしょう。

二段階定額の光回線を利用するのであれば、ソフトバンク光ファミリー・ライトがお勧め

仮に二段階定額の光回線を利用するのであれば、ドコモユーザであってもソフトバンク光ファミリー・ライトをお勧めします。

ドコモ光ミニは一言でいうと、使いものになりません。ネットを少しでも使えば、ただ損をするだけのプランです。

それにドコモユーザがドコモ光ミニを利用しても、携帯電話割引はたった一年間のみで終わってしまいます。携帯電話割引がなくなった後は、ソフトバンク光ファミリー・ライトのほうが10倍の通信量が利用できて逆に月額料金が安くなります。

「あまり使わない時もあるから二段階定額の光回線にしたい」と考えている方には、お得なソフトバンク光ファミリー・ライトプランを強くお勧め致します。

なお、ソフトバンク光を新規にお申込みするなら公式サイトからではなく、代理店から申込んだほうがキャッシュバックの額が大きくなるのでお得です。

下記にお得な代理店の情報を載せてありますので、ご参考まで。

【ソフトバンク公式代理店の株式会社NEXTで実施しているキャンペーン】

【ソフトバンク光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 他社からの乗換えorヤフーADSLからの乗換えの場合は工事費24,000円をキャッシュバック!
  • 他社からの乗換えの場合は違約金を全額キャッシュバック!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 代理店からの申込み限定!新規申込みで35,000円キャッシュバック!
  • ソフトバンク光開通まで期間がかかる場合は、SoftBankAirの無料レンタル実施中!

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!