携帯をドコモに変えたら光回線もドコモ光に変えるべき?

当サイトの管理人
利用している携帯電話を他社からドコモに変えた場合、自宅の光回線もドコモ光に切り替えるべきか否か。

利用している携帯電話会社をMNP等で変えることはよくあることです。

その時に考えなくてはならないのは、光回線との紐づけです。

例えばauの携帯電話を利用している方がauひかりを使えば毎月携帯電話料金のセット割引を適用することが出来ますが、この光回線×モバイルの紐づけが崩れると何の割引も発生しなくなります。

今回は、他社から携帯電話をドコモに変えた場合、自宅の光回線もドコモ光に変えるべきなのか考察していきたいと思います。

ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

自宅の光回線を切り替えるべきに考えなければいけないこと

自宅の光回線を切り替えるべきに考えなければいけないことの1つが、費用対効果がどれぐらいあるのかという点です。

光回線を乗り換える場合、思ってる以上に色々な費用がかさんでくる場合が多くあります。それらの費用を捻出してでも自宅の光回線を切り替えるべきなのか。見合うものはあるのか。

先に他社光回線からドコモ光に切り替える時にどんな費用が発生していくのかを洗いだしていきたいと思います。

主なパターンは2つ。フレッツ光や光コラボからドコモ光に切り替える場合と、それ以外の光回線からドコモ光に切り替える場合です。

フレッツ光や光コラボからドコモ光に乗り換える場合

フレッツ光や光コラボからドコモ光に切り替える場合

    転用(再転用も含む)の手数料…3,000円
    解約金…乗換え前の光回線で発生する場合のみ

フレッツ光や光コラボからドコモ光に切り替える場合には、転用(再転用)といって工事が必要なく機器の変更等もない為、手数料の3,000円のみで切り替えることが出来ます。

乗換え前の光回線の違約金が発生したとしても、この場合は転用にかかる費用をポイントバックキャンペーン等でほとんど相殺することが出来ると思いますので、ほとんど実質負担はなしで切り替えることが可能です。

その為、携帯をドコモに変更したという方でフレッツ光や光コラボを利用している場合は、すぐにドコモ光に切り替えておくことをお勧めします。

【ドコモ光に転用するならGMOとくとくBBがお得です】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント



  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント10,000ポイントプレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

【月額料金】
戸建て:5,200円・マンション:4,000円

【セット割】
ドコモ携帯電話料金の割引に対応
~家族の場合は平均2,000円から3,000円の月額割引
~個人の場合は平均1,000円の月額割引

【公式サイト】
速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。


それ以外の光回線からドコモ光に切り替える場合

この場合は色々な費用がかさんでくる可能性があります。

フレッツ光や光コラボ以外の光回線からドコモ光に乗り換える場合

  • 乗換え前の光回線で発生する費用
  • ~違約金
    ~設備撤去費用(設定している光回線のみ)

  • 乗換え後の光回線(ドコモ光)で発生する費用
  • ~契約事務手数料
    ~工事料金

違約金が1万円、契約事務手数料が3,000円、工事料金が派遣工事で18,000円かかった場合、合わせると31,000円の費用が発生します。

ドコモ光を新規で申し込んだ場合、色々なキャンペーンはあるものの全て相殺できるかはその時にどんなキャンペーンをやっているかによりますが、キャンペーンでは相殺できずに実質負担が多く発生する場合もあります。

この場合は乗換えにかかる費用と乗り換えた後の費用対効果を比べてどうするのか決めることをお勧めします。

携帯をドコモに変えた。個人で利用している場合、ドコモ光に乗り換えるべきか

例えば一人暮らしの方でドコモの携帯を家族ではなく個人で利用している場合、ドコモ光に乗り換えるべきなんでしょうか。

個人でドコモの携帯電話を利用している方がドコモ光を使った場合、毎月発生する携帯電話料金の割引は平均で1,000円程度です。

この割引の為に上記に記載したような乗換えに関わる費用を捻出しても乗り換えたほうがいいのかは、ケースバイケースによって別れてきます。

長期的に利用するという方は月1,000円でも割引額がどんどん膨らんでいきますので、乗り換えることをお勧めしますが、長期的に光回線を利用しない可能性があるという場合は乗り換えずに今の光回線のまま利用するというのも一つの手です。

家族でドコモの携帯に変更した場合は絶対にドコモ光に乗り換えるべき

家族でドコモの携帯電話に変更したという方は、費用がかかってもドコモ光に乗り換えることを強くお勧めします。

こんな場合はドコモ光に乗り換えたほうがいい

  • 家族全員でauの携帯電話を利用しauひかりを利用していた
  • ⇒携帯をドコモに変えたなら、auひかりを解約してドコモ光に切り替えることをお勧めします。

  • 家族全員でソフトバンクの携帯電話を利用しソフトバンク光を利用していた
  • ⇒こちらも同様にソフトバンク光を解約してドコモ光に切り替えることをお勧めします。
    (ソフトバンク光からドコモ光へは事業者変更・再転用で工事不要で切り替えが出来ます)

個人でドコモの携帯電話を利用している場合と違って、家族でドコモの携帯電話を利用している場合は毎月の携帯電話料金割引が非常に大きくなります。

その割引額は、平均で月2,000~3,000円。携帯電話料金から毎月これだけの割引が発生するのを使わないという手はありません。

これだけ大きな割引が発生するのであれば、乗換えに伴う費用が発生したとしてもすぐに取り返せるはずです。家族でドコモの携帯に変更したという方は、面倒であってもドコモ光に早めに切り替えておきましょう。

実際にどれぐらいの割引が発生するのかという点は下記のドコモ光公式プロバイダのシュミレータで簡単に確認できます。気になる方はご確認ください。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!