アナログ固定電話で2番号利用は光電話のほうがお得

当サイトの管理人
光はいらない!ネットはモバイルで十分!そう考えている方でも、自宅で固定電話を2番号利用している方は光回線(従量制)×光電話にしたほうが逆に安くなります。

ネットはモバイルで十分に満足している為、自宅に光はいらない!または他の理由で光はいらないと考えている方でも自宅に光回線を導入したほうが安くなる場合があります。

それが固定電話を2番号利用している場合。

この場合、実は光回線を導入して下記の形にしたほうが毎月の月額料金や通話料金が逆にお得になります。

この形にすれば安くなる

光回線(従量制のプラン)×光電話

従量制の光回線のサービスの中で特に安い月額料金で提供しているフレッツ光ライトやドコモ光ミニの場合、上記の形にしたほうが毎月の固定電話のコストを抑えることが出来ます。

この記事ではなぜ【光回線(従量制)×光電話】にしたほうが安くなるのか、解説していきます。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

固定電話で2番号使う場合、毎月どれぐらいの料金がかかるのか

まずは固定電話で2番号利用している場合、毎月どれぐらいの料金がかかっているの?をざっくり解説します。

ここでは例としてNTT東日本のエリアで固定電話を2番号利用している場合の月額料金例を記載します。

固定電話を2回線利用

固定電話の月額料金住宅用事務用
1回線あたりの料金1,700円2,500円
2回線利用した場合3,400円5,000円

住宅用・事務用でそれぞれ毎月の料金は異なりますが、住宅用だと2回線で月額3,400円、事務用だと毎月5,000円の基本料金。

この他にナンバーディスプレイ(番号表示)等のオプションサービスを利用している場合は別に月額料金が発生していると思いますが、それらは光回線×光電話にしても料金は変わらない為、割愛します。

では次に光回線(従量制)×光電話にした場合の月額料金とメリットを解説していきます。

光回線(従量制)×光電話にした場合の月額料金とメリット

ここではNTT東日本のフレッツ光ライトで上記と同じように固定電話を2番号全く同じ状態にした場合にどれぐらいの料金になるのかを解説していきます。

まずは従量制のインターネットの部分です。

従量制にした場合の月額料金

インターネット料金(ネットは利用しません)
~1年目=2,700円、2年目=2,600円、3年目以降=月2,500円
※ネットは利用しない前提の為、これ以上の料金にはなりません。

これはフレッツ光ライトの月額料金2,800円から、フレッツ光メンバーズクラブで毎月発生する割引ポイントを引いた料金です。

フレッツ光メンバーズクラブのポイント
1ポイント1円換算で毎月の料金の支払いにあてることが出来る。
1年目は月100ポイント、2年目は月200ポイント、3年目以降は月300ポイント発生

次に光電話の料金です。参考までにですが、光電話はプロバイダの契約がなくても利用できます。その為、光回線で光電話だけを使う場合はプロバイダ契約はしないようにして下さい。

光電話

光電話の月額料金=800円
⇒光電話の基本料金500円
⇒マイナンバー100円(番号2番号)
⇒ダブルチャネル200円(2番号同時に使えるようにするサービス)

固定電話で2番号使う場合と全く同じ状態にする為には光電話で月額800円が必要です。

では、この額を先ほどのインターネット料金と合計してみます。

従量制にした場合の光×光電話の月額料金

月額料金…1年目=3,500円、2年目=3,400円、3年目以降=月3,300円

【光回線×光電話】の形にした場合、全て合わせてこの月額料金(基本料)で光電話を利用することが出来ます。

アナログの固定電話だと、住宅用2回線で月額3,400円、事務用2回線で毎月5,000円かかりますので、長く使えばそれよりも毎月の料金が安くなることがわかります。

さらに、通話料金に関してはアナログの電話よりも光電話のほうが圧倒的に安い為、その部分でも毎月の料金を抑えることが出来ます。

当サイトのアシスタント
光回線=インターネットというイメージが強いですが、ネットは使わなくても固定電話を2回線引くなら光回線にしてしまったほうが安くなるんですね!月額料金も安くなって、さらに通話料も格安に!

フレッツ光ライトだけではなくドコモ光ミニもある

上記では料金例としてフレッツ光ライトを利用した場合の料金例を記載しましたが、他の光回線でも上記のような従量制を提供している光回線も多くあります。

例えばドコモ光ミニ。ドコモ光ミニだとネットの料金は毎月2,700円です(プロバイダ契約はしなくても問題ありません)。

電話の部分はフレッツ光と料金が変わらないので、電話と合わせると毎月3,500円で光電話を利用でき、1年限定ではありますがドコモの携帯電話料金からも割引を受けることが出来ます。

光はいらない!そう思っていても逆に光回線にしてしまったほうが安くなる場合もありますので、柔軟に考えて通信契約を見直していくことをお勧めします。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!