家族で携帯キャリアがばらばら。フレッツ光にするのはあり?

当サイトの管理人
利用している携帯電話と光回線を紐づけることで大きな割引を受けることが出来る携帯電話会社のセット割ですが、家族全員がばらばらの携帯キャリアを利用している場合、いったんフレッツ光にしておくという選択は正しいのでしょうか。

数年前に光コラボレーションモデルが始まり、ドコモ光やソフトバンク光等の提供が開始されました。

現在は自宅の光回線と利用している携帯電話を紐づけることで大きなセット割引が適用されることが当たり前のようになってきています。

参考:携帯電話大手3社のセット割

  • ドコモ…家族でドコモの携帯電話を利用している方がドコモ光を利用すると、平均で毎月3,000円ほどの携帯電話割引が適用される。
  • au・ソフトバンク…家族でauやソフトバンクの携帯電話を利用している方がそれらの携帯電話割引に対応した光回線にすると、1台あたり月1,000円×家族で利用している台数分の割引が適用される。

特にauやソフトバンクの割引は非常に大きい為、家族で1つの携帯電話会社で複数台利用している場合、月3,000円~4,000円以上の携帯電話割引が毎月発生することも珍しくありません

ただ、どの家庭も家族で同一の携帯電話会社を利用しているかというと、そうではないこともあると思います。

そこで今回は、家族で携帯電話のキャリアがばらばらの場合、どうすべきか・いったんフレッツ光にしておくという選択はありかなしか、記載していきたいと思います。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

家族で携帯電話のキャリアがばらばらの場合に一番してはいけない選択

例えば家族で利用している携帯電話が、ドコモ1台・au1台・ソフトバンク1台…など、携帯電話キャリアをばらばらに利用しているというご家庭もあると思います。

この状態で後ほど家族でどこかの携帯電話会社に統一するという計画があるならその携帯電話割引が適用される光回線にしておくのがベストです。
(例:後ほど全員がドコモにする予定だからドコモ光を申込んでおく)

ただ、「後ほど家族でどこかの携帯電話会社に統一するという」計画もない場合、ドコモ光やソフトバンク光・auひかりなど、特定の会社の携帯電話だけ割引を受けられる光回線にするのは非常に危険です。

例:よくある失敗パターン

ドコモ1台・au1台・ソフトバンク1台を家族で利用している状態で、「1台分だけでも割引がないともったいないから」という理由でドコモ光にする。

⇒その後、家族全員がauにMNP、家族の中にドコモ利用者がいなくなってしまった為、割引が一切発生しなくなる。

上記の例はよく見かける失敗例です。

この場合は光回線をauの携帯電話割引が発生する光回線に切り替えればリカバリーは出来ますが、光回線の乗換えは携帯電話会社をMNPで乗り換えるのよりはるかに大変です。

また、固定電話の番号が変わってしまうということもよくあります。

その為、上記の例のように、「家族で利用している携帯電話をどこかの携帯電話会社にまとめる」という計画もないのなら、特定の携帯電話の割引だけが受けられる光回線にすることはお勧めしません。

そうするぐらいなら一度フレッツ光にしておいたほうがまだマシです。

フレッツ光からなら他社光回線に転用で簡単に切り替えられるので一度フレッツ光にしておくのはあり

フレッツ光から他社光回線に切り替える場合、転用という手続きで簡単に切り替えることが出来ます。

転用とは

フレッツ光から他社光回線に、工事不要・機器の変更も不要で手数料数千円のみで乗り換えられる手続きのこと。フレッツ光の違約金等も一切発生しない為、簡単に乗り換えることが出来ます。

フレッツ光から光コラボレーションモデルと言われる光回線には上記の“転用”の手続きで簡単に切り替えられる為、家族全員の携帯電話がばらばらの場合、一度フレッツ光にしておくという選択は十分にありです。

一度フレッツ光にしておいて(この間は携帯電話割引は発生しません)、家族でばらばらに利用している携帯電話をどの会社に統一するか決めたら、転用で光回線を切り替えると。

参考までに、フレッツ光から転用して各社の携帯電話割引を適用できる光回線は下記の通り。

フレッツ光からの転用が可能で携帯電話の割引を適用できる光回線

  • ドコモ割引あり…ドコモ光
  • au割引あり(auスマートバリュー対応)…So-net光、ビッグローブ光
  • ソフトバンク割引あり…ソフトバンク光

当サイトのアシスタント
ただし、いったんフレッツ光にしてから光コラボに転用する形だと、新規加入時のキャッシュバック等はかなり小さくなってしまうことが多いです。ちなみにフレッツ光は法人向けにだけ代理店がキャッシュバックを行っていて、個人向けのキャッシュバックはほぼ壊滅している状態です。

転用で切り替える場合はキャッシュバック等のキャンペーンは小さくなる場合が多い

光回線を新規で申し込む場合と、転用で申し込む場合とでは各光回線でやっているキャッシュバック等のキャンペーン内容が変わってくる場合が多いです。

新規と転用時のキャッシュバック等のキャンペーンの違い

  • 一般的に新規での申込み時のほうがキャンペーンが大きい
  • 転用は新規での申込みの時と比べると受けられるキャンペーンが小さくなる

先ほどのように、一度フレッツ光にして「どの携帯電話会社を家族で統一して利用するか決めてから転用する」というのも選択肢の一つですが、転用だとキャンペーンが小さくなるというデメリットもありますのでご注意下さい。

当サイトのアシスタント
光コラボを新規で申し込む場合と転用で申し込む場合とでは、キャッシュバックの額が2万・3万円以上変わってくることもあるので(転用のほうが低くなる)注意が必要です。

【参考】ドコモ・au・ソフトバンクユーザーにお勧めの光コラボで実施中のキャンペーン

最後に、ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話料金が割引される光コラボサービスで実施しているキャンペーンの情報を記載しておきます。

ご参考まで。

【ドコモユーザー向け=ドコモ光のキャンペーン情報】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント


  • 新規申込みでdポイント20,000ポイントプレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

【月額料金】
戸建て:5,200円・マンション:4,000円

【セット割】
ドコモ携帯電話料金の割引に対応
~家族の場合は平均2,000円から3,000円の月額割引
~個人の場合は平均1,000円の月額割引

【公式サイト】
速いドコモ光なら【GMOとくとくBBのドコモ光】

ドコモ光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。


【auユーザー向け=So-net光のキャンペーン情報】

【ソネット光プラス】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 最大81,200円の月額料金割引あり!
  • ~1ヵ月目~36ヵ月目=毎月2,000円割引
    ~37ヵ月目~60ヵ月=毎月400円割引

  • 光電話の基本料金500円×12ヵ月無料!
  • V6プラス対応の高速WiFiルーター(月額400円)が永年無料!
  • セキュリティソフト(5台版)永年無料!


【月額料金】
戸建て:5,580円・マンション:4,480円
※この料金から月額料金割引が適用されます。

【セット割】
auスマートバリュー(au携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10台まで、auの携帯電話料金が毎月1台あたり平均1,000割引。

【公式サイト】
【So-net 光 コラボ】

ソネット光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。



【ソフトバンクユーザー向け=ソフトバンク光のキャンペーン情報】

【ソフトバンク光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 他社からの乗換えorヤフーADSLからの乗換えの場合は工事費24,000円をキャッシュバック!
  • 他社からの乗換えの場合は違約金を全額キャッシュバック!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 代理店からの申込み限定!新規申込みで35,000円キャッシュバック!
  • ソフトバンク光開通まで期間がかかる場合は、SoftBankAirの無料レンタル実施中!


【月額料金】
戸建て:5,200円・マンション:3,800円

【セット割】
ソフトバンクおうち割(ソフトバンク携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10まで、ソフトバンク携帯1台あたり毎月平均1,000円の料金割引。

【公式サイト】
【SoftBank光ならSoftBank光.net】

ソフトバンク光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。



一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!