auひかりが提供エリア外!auスマートポートと光コラボどちらにすべき?

当サイトの管理人
auひかりの提供エリア検索をして提供エリア外と判定された場合、auスマートポートを利用するほうがいいのか光コラボレーションモデルを利用したほうがいいのか解説した記事です。

auの携帯電話を利用している方にとってはお馴染みの光回線、auひかりですが、以前と比べると提供エリアは拡大しているものの、まだ使えない地域や建物というのは多く存在しています。

auひかりの提供範囲の現状

  • 戸建ての場合…提供可能な都道府県でも、田舎のほうに行くとまだ使えない地域が多い
  • マンションの場合…auひかりの集合住宅向けの設備が入っている建物は少ない。集合住宅だと使えないことが多い

上記のように使えないことも多いauひかりですが、auひかりを使うメリットは何と言ってもauの携帯電話料金が安くなるauスマートバリューに対応しているところ。

参考:auスマートバリューとは

auの携帯電話1台あたり、初めの2年間は最大2,000円、それ以降は934円、毎月携帯電話料金の割引が受けられる。
家族も含めて10台まで適用可能。

家族でauの携帯電話を利用している場合はこのauスマートバリューをどうにか適用させたいところです。

auひかりが提供エリア外の場合で、auスマートバリューを適用させるには下記の選択肢があります。

auひかり提供不可時の選択肢

  • auスマートポートを利用する
  • auスマートバリューに対応した光コラボレーションモデルの光回線を利用する(フレッツ光回線を利用)
  • その他、ケーブルテレビ等を利用する等

今回の記事ではauひかりが提供不可の場合、auスマートポートと光コラボレーションモデルどちらにすべきかというについて解説していきたいと思います。

ソネット光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ソネット光の代理店で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ソネット光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ソネット光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

auスマートポートはこんな人に向いている

auスマートポートはどんな方に向いているのか、auスマートポートの特徴を踏まえて説明していきたいと思います。まず先にauスマートポートの概略です。

auスマートポートのサービス内容

  • 月額料金…4,292円(はじめの25ヵ月間は3,792円で利用可能)
  • auスマートバリューに対応…家族も含めauの携帯電話の月額料金が最大10台まで安くなる。
  • 速度…最大440Mbps
  • 開通工事は不要で機器をコンセントにさすだけで利用できる

光回線の平均的な月額料金が戸建てが5,000円、マンションが4,000円ということを考えると、速度が光回線より落ちる分、料金はauスマートポートのほうが少し安くなっています(マンションの場合はほぼ変わりません)。

ただし、auスマートポートにはネックとなる部分も存在します。それが通信量の制限。

auスマートポートの通信量の制限

  • au 4G LTEを利用する場合…一カ月に30GBの通信量を超えると速度が128kbpsに制限される
  • WiMAX2+を利用する場合…月あたりの通信量制限はないものの、3日間で10GBの通信量を超えると、翌日の速度が1Mbpsに制限される

これらのネックポイントも踏まえた上でauスマートポートを利用するのに向いている方は下記のような方です。

auスマートポートが向いている方

  1. auひかり・光コラボレーションモデルも含めて光回線の工事が出来ない方
  2. 大きな通信量が発生するようなネットの使い方をしない方

逆に言ってしまえば、auひかりが提供不可でも光コラボレーションモデルの光回線を利用できて、大きな通信量が発生するようなネットの使い方をするという方にauスマートポートは向いていないということ。

では、auひかりが提供不可の場合、光コラボレーションモデルは利用できるのか、次に解説していきます。

当サイトのアシスタント
もともとauスマートポートやソフトバンクが提供しているソフトバンクエアーといった機器は、光回線を利用できない方向けに発売された機器です!光回線が利用できるなら光回線にしておいたほうが通信量の制限もない為いいですよ!

auひかりが提供不可の場合、光コラボレーションモデルなら高確率で利用できる

auひかりが提供不可だから光回線は利用できない…そう考えてしまうのは非常に危険です。

というのも、auひかりよりもauスマートバリューに対応した光コラボレーションモデルのほうが、圧倒的に提供範囲・提供可能な建物が多いから。

そもそもauひかりは一番はじめに述べた通り、提供範囲・提供している建物がそこまで多くはありません。それに対して、光コラボレーションモデルはフレッツ光回線の設備を利用している為、下記のような特徴があります。

auひかりと比べた場合の光コラボレーションモデル

  • 提供エリア…全国提供。田舎でも大部分をカバーしている
  • 利用可能な集合住宅…auひかりよりも圧倒的に多い

auひかりが提供不可の場合、かなりの確率でauスマートバリューに対応した光コラボレーションモデルなら利用することが出来ます。

当サイトのアシスタント
特に集合住宅の場合、auひかりの設備が入っておらずマンションタイプを利用できない建物が多いです!そういった場合でもNTTの設備は高確率で入っている為、光コラボレーションモデルなら利用できる可能性が高いです!

auスマートバリューに対応した光コラボでお勧めなのはSo-net光

auスマートバリューに対応した光コラボレーションモデルで圧倒的にお勧めなのがSo-net光です。ソニーネットワークコミュニケーションズというソニーグループの会社が提供しています。

【参考:So-net光のキャンペーンやサービス情報など】

【ソネット光プラス】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 最大81,200円の月額料金割引あり!
  • ~1ヵ月目~36ヵ月目=毎月2,000円割引
    ~37ヵ月目~60ヵ月=毎月400円割引

  • 光電話の基本料金500円×12ヵ月無料!
  • V6プラス対応の高速WiFiルーター(月額400円)が永年無料!
  • セキュリティソフト(7台版)永年無料!
  • 訪問設定サポート無料!


【月額料金】
戸建て:5,580円・マンション:4,480円
※この料金から月額料金割引が適用されます。

【セット割】
auスマートバリュー(au携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10台まで、auの携帯電話料金が毎月1台あたり平均1,000割引。

【公式サイト】
【So-net 光 コラボ】

ソネット光の詳細は“こちらのページ”でも詳しく解説しています。



先ほどauスマートポートに関する説明をしましたが、改めてauスマートポートより光回線にしたほうがいいという方の特徴は下記の通り。

auスマートポートより光回線が向いている方

  1. auひかり・光コラボレーションモデルも含めて光回線の工事が出来る方
  2. 大きな通信量が発生するようなネットの使い方をする方

auひかりが提供不可だった場合、まずは下記のSo-net光の公式サイトにて、利用できるのかどうか提供エリア確認をしてみて下さい。


■So-net光の公式サイトでエリア確認をしてみる



または、同じ光コラボだとビッグローブ光でもauスマートバリューを適用できます。

【ビッグローブ光×代理店NEXT】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • auひかりが提供エリア外でもビッグローブ光でauスマートバリュー適用可能!
  • 工事費が月額料金割引で実質無料!
  • IPv6対応の高速無線ルーターレンタル(月額500円)が6ヵ月無料!
  • 長期利用時の移転工事費が何度でも無料!
  • ……【下記は代理店独自特典】……

  • 最大2万6千円キャッシュバック!


【月額料金】
戸建て:4,980円・マンション:3,980円

【セット割】
auスマートバリュー(au携帯料金の割引)に対応
~家族も含めて最大10台まで、auの携帯電話料金が毎月1台あたり平均1,000割引。

【公式サイト】
ビッグローブ光



ソネット光も人気がありますが、ビッグローブ光も同じぐらい人気のある光回線です。

それぞれ下記のページで代理店も含めたキャッシュバック情報をまとめてありますので、auスマートポートではなく光コラボにすることを検討している場合はぜひご参照ください。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!