ドコモ光電話バリューはお得?お得に見えるだけで実は損する落とし穴

当サイトの管理人
ドコモ光で光電話を使う場合、ドコモ光電話バリューという月1,500円のプランを選んでいる方も多いのではないでしょうか。実はこのプラン一見お得に見えますが、ほとんどの方にとってあまりお得ではないので注意が必要です。

ドコモ光で光電話を使う場合、月500円のプランと月1,500円の光電話バリューというプランがあります。

この中でドコモ光電話バリューが「お得」だと勧誘されることも多いと思いますが、実はこのプラン、一見多くの方にとってお得そうに見えるだけで一部の方以外にはお得になることがほとんどないので注意が必要です。

ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光の月500円のプランと月1,500円の光電話バリュープランの違い

ドコモ光の光電話が月500円のプランと月1,500円の光電話バリュープランの違いは下記の通りです。

違い

プランによる違い基本的なプラン光電話バリュー
月額料金500円1,500円
無料通話なし月480円分あり
月額利用料金内で利用できるオプションサービスなし迷惑電話対策におススメなプラン。
発信者番号表示などの6つの付加サービスをセット。

そして月1,500円の光電話バリューであらかじめ使えるようになっているオプションサービスは下記の通り。


名称内容月額料金
※光電話バリューなら料金はかかりません
発信者番号表示着信時の番号表示サービス。400円
通話中着信通話中に着信があった場合でも応答可能300円
ナンバー・リクエスト非通知の着信拒否200円
迷惑電話ストップサービス登録した番号からの着信拒否200円
転送でんわ自宅の固定電話の着信を転送500円
着信お知らせメール自宅の固定電話の着信をメールで知らせる100円

ドコモ光電話バリューでは上記の6つのオプションサービスが月額料金の中で利用できるようになっています。それに対して、月額500円のプランは無料通話もついておらず、上記のオプションサービスを使う場合は別途月額料金が発生します。

一見するととてもお得に見える感じですが、実はほとんどの方にとってこのプランお得じゃありません。その理由を説明していきます。

自宅の固定電話にほとんどの方が求めるオプションサービスのニーズと実態

自宅の固定電話にほとんどの方が求めているオプションサービスのニーズは下記の通り。

オプションサービスのニーズ

他のオプションサービスはいらないけど、発信者番号表示だけは欲しい。

現在、自宅の固定電話を滅多に利用しないという方が非常に多くなってきていますが、それでも着信時の番号表示の機能だけは利用したいという方が多いのが現状。

そうなると光電話バリューの“一見お得に見える”点で勘違いをしてしまうことがあります。

勘違いしてしまう点

月500円のプランで発信者番号表示をプラスすると月400円別にかかる。合計で月900円+無料通話なし。

それなら月1,500円で無料通話が480円入っていて、発信者番号表示も含めて6つのオプションサービスがついているプランのほうがお得だ。

これが本当にお得なのでしょうか?ここに現実の固定電話の利用実態と合わない落とし穴があります。

当サイトのアシスタント
ドコモ光のオペレーターや販売員さん達は月額料金が高い光電話バリューのほうを「こんなにお得ですよ」と勧めてきますが、それが本当にお得だとは限らないので注意が必要です!

固定電話の通話料の実態

現在、自宅の固定電話はほとんど着信専用になっているという家庭が極めて多くなってきています。

着信時は当然のことながら通話料はかかりません。では、自宅の固定電話から発信する機会がどれだけあるのか?

実は、固定電話の通話料金が毎月100円も発生していないという家庭が極めて多くなってきているというのが現状。

つまり、月1,500円の光電話バリューで無料通話が480円入っていてもそれを活用できない家庭がほとんどということです。

そういった家庭の場合、一番安くなるのは下記の通り。

一番安くなる選択肢

月500円のプラン+発信者番号表示が月400円別。合計で月900円+通話料が毎月100円未満。
合計で月に1,000円もいかない。

月1,500円の光電話バリューは無料通話が480円入っていて発信者番号表示も含めて6つのオプションサービスが使えますが、その特典を受けられる家庭はほとんどいないということです。

発信者番号通知だけ使いたいという家庭は、月500円のプラン+発信者番号通知をオプションで付けたほうが毎月の料金が安くなる場合が圧倒的に多くなるということ。

当サイトのアシスタント
実際に今ドコモ光で光電話バリューを利用している方は、無料通話分480円の中で毎月どれぐらいの通話料が発生しているのかを確認してみて下さい!恐らくほとんどの方が月に100円未満かそれに近い通話料しか発生しておらず、無料通話分の480円を使いきれていないはずです!

光電話バリューを利用したほうがいい場合とは

こういった状況の中で、光電話バリューを利用したほうがいいケースとはどういった場合なのか簡単にまとめてみました。

光電話バリューを利用したほうがいい場合

  1. 発信者番号通知以外もオプションサービスを利用する場合
  2. かつ固定電話から多く電話をかける場合

この2つの条件を満たした場合だけです。

一番どの家庭でも多いニーズの“発信者番号通知”だけ利用したいという場合は、光電話バリューにすると毎月損をしてしまうことのほうが多いのでご注意を。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!