光回線のオプションサービス見直しで月額料金を1,000円以上安くする方法

当サイトの管理人
光回線を利用している方でオプションサービス等を見直すと月に1,000円以上安くなるという方は意外と多くいます。不要なオプションを解約することは当然のことながら、電話やセキュリティソフト等を見直すことで月額料金が安くなる場合が多くあります。

光回線を導入した後に、料金面で見直しをしなければいけないのは大きく分けると下記の2つです。

光回線導入後に見直しをすべきこと

  1. 光回線やプロバイダのオプションサービスの見直し
  2. 光回線で自宅にWiFiを導入した後の携帯電話のパケットプランの見直し

このどちらもきっちりと行うことで一月あたり月3,000円近く安くなる方も多くいらっしゃいます。

逆に言ってしまうと、これらの見直しをきっちりしないとずっとムダな料金を払い続けるということです。光回線の開通後(今利用している方も)は、必ず一度それぞれを見直しましょう。

光回線で見直すべきオプションサービスは下記の通り。

光回線で見直すべきオプションサービス

  1. 光電話のプラン…無料通話がありオプションサービスが使えて月1,500円のプランにしている方
  2. セキュリティソフト…スマホとパソコンで別々にセキュリティソフトを利用している方
  3. 無線(WiFi)…有料のレンタルサービスを利用している方
  4. サポートサービス…設定が終わっているのに解約をしていない方
  5. その他使っていないオプションサービスを契約している方

特に光電話・セキュリティソフト・サポートサービス・無線(WiFi)のオプションサービスの見直しをすることで月1,500円以上安くなることが多くあります。1つずつ簡単に解説しますのでチェックしてみて下さい。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

光電話、無料通話がありオプションサービスが使えて月1,500円のプランは本当に必要ですか?

フレッツ光と光コラボレーションモデル(ドコモ光やソフトバンク光・OCN光や@nify光など)は、基本的に同じ光電話のサービスを提供しています。

フレッツ光では光電話という名称でサービスを提供しており、光コラボでは別のサービス名になっていることが多くありますが、中身や月額料金はフレッツ光の光電話と基本的に全く同じです。

そんな中で非常に無駄な支払いをしている方が多いのが、無料通話が約500円分入っていて加えてオプションサービスが6つ使えて月1,500円のプランに加入している方。フレッツ光だとエースプランと呼ばれるプランです。

このプラン月1,500円の中に無料通話が約500円分、加えてオプションサービスが6つ利用できるため一見お得に見えますが、実はほとんどの方にとってあまりお得ではありません。

その理由は下記の2つに該当する方が非常に多い為。

現在の固定電話ユーザの特徴

  1. 固定電話はあまり利用しないけど、ナンバーディスプレイ(番号表示)はあったほうがいい
  2. 固定電話はほとんど着信専用、そのため毎月の通話料金が100円未満という方が非常に多い

この2つのどちらにも当てはまる方が極めて多いのが今の固定電話の実状。

ではこの2つに該当している方の場合、月1,500円のプランではなく月500円のプランを使った場合どうなるのか。

月500円のプランで上記の条件を満たす場合

光電話の基本料金500円+ナンバーディスプレイ400円+通話料100円

月に1,000円で利用できます。現在の月1,500円のプランよりも安く利用できます。

先ほどの2つの条件に合致する方は、使わない無料通話やオプションサービスが入っている月1,500円のプランよりも、一番安い月500円のプランにしてナンバーディスプレイ(月400円)をつけたほうがお得になりますので見直しすることをお勧めします。

当サイトのアシスタント
光回線の販売担当者やオペレーターさんは月1,500円のプランのほうがお得だと説明してきますが、今の電話の利用実態を考えれば月500円のプランにしたほうがほとんどの方が安くなります!

セキュリティソフトをスマホとパソコンで別々に利用している場合

スマホとパソコンで別々のセキュリティソフトを利用しているという方、意外と多くいらっしゃいます。

ここでは家族でスマホ3台・パソコン2台を利用している場合を例にして料金例を出しますが、セキュリティソフトのサービスを携帯電話会社やプロバイダのレンタルサービスで利用している場合、毎月の請求額の例は下記の通り。

スマホとパソコンで別々にセキュリティソフトの料金が発生


この場合、スマホでもパソコンでも利用できるセキュリティソフトのマルチデバイス版を利用することで安くすることが出来ます。

スマホとパソコンで同じセキュリティソフトを利用する



※プロバイダの多くがスマホ・パソコン合わせて5台まで利用できて月500円~600円程度サービスを提供しています。

利用する台数等によって条件は変わってきますが、スマホとパソコンで別々にセキュリティソフトを利用している方は一度マルチデバイス版で1つの契約に出来ないか確認することをお勧めします。

当サイトのアシスタント
インターネットを利用する時にセキュリティソフトは必須です!必須のサービスだからこそ見直しをして毎月の料金を下げれば、長い目で見た時にかなりの金額を節約することが出来ますよ!

自宅のWiFi(無線)を有料でレンタルしている方は無線のルータを購入しましょう

自宅のWiFi(無線)を有料レンタルの形で使うのはお勧めしません。

というのも、一般的にWiFiの有料レンタルだと月300円~500円程度の利用料金の場合が多いですが、これを長期的に使うとかなりの金額になってしまうからです。

無線のルータを購入する場合は一度購入代金としては5,000円程度はかかりますが、毎月300~500円を永久的に支払っていくよりは長い目で見ればだいぶ安く利用できることになります。

自宅のWiFi(無線)を有料でレンタルしている方は無線のルータを購入することをお勧めします。

詳しくはこちらの記事で解説しています

宅内WiFi(無線)の有料レンタルはかなり損!

2018年2月20日

当サイトのアシスタント
光回線や利用するプロバイダーによっては、無線ルーターの無料レンタルを行っている場合もあります!無線に料金はかけたくないという方ははじめからそういったサービスを利用するのもありです!

サポートサービスを「いつ何があるかわからないから…」と契約している方は一度解約を

設定で困ったことがあった時などに便利な各社のサポートサービスですが、中には設定が終わっているにも関わらず「いつ何があるかわからないから…」とずっと入り続けている方がいます。

そんな方はまず一度解約してしまいましょう。「いつ何があるかわからないから」入り続けるのではなく、何かあったらその時にもう一度サポートサービスに加入すればいいだけです。

サポートサービスを使っていない期間まで毎月料金を払っているのは非常にもったいないです。

当サイトのアシスタント
設定は基本的に一度してしまえば後はする必要がありません!それなのに「設定が不安だから…」とサポートサービスに加入し続けているのはムダです!いつでも再加入できますので、一度設定が終わったら解約することをお勧めします!

その他のオプションサービスがついていないかも確認しよう

ここまで光電話・セキュリティソフト・WiFi(無線)・サポートサービスに関してざっくりと説明してきましたが、これ以外にも不要なオプションサービスを契約していないか一度確認してみましょう。

入会時にオプションサービスをべた付けにしてくる会社もあるので、忘れているだけでいろいろなオプションサービスに加入している場合があります。一度不要なものは全て解約しておきましょう。

光でWiFiを導入し、携帯電話のデータ通信量が下がっているようなら携帯電話もプランの見直しを

光回線で自宅にWiFiを導入し、携帯電話のデータ通信量が下がっているようなら携帯電話のパケットプランの見直しも忘れずに行っておきましょう。

特にドコモ・au・ソフトバンクはもともと高い料金設定にしている為、パケットのプランを下げることでグンと安くなる場合もあります。

意外と光回線導入後にこの部分の見直しを忘れている方が多いのですが、時々でも見直しすることをお勧めします。

当サイトのアシスタント
家族一人一人の携帯電話のパケットプランを見直すことで、家族全体でみると月に5千円以上安くなる場合もあります!
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!