光電話で無料通話がある月1,500円のプランは実はお得じゃない。一度プランの見直しを

当サイトの管理人
各社が提供している光電話に関しては、月500円ほどの安いプランと月1,500円で無料通話やオプションサービスが利用できるプランとに別れていることが多いですが、月1,500円のプランを利用している方はかなりの確率で損をしている場合が多いです。

フレッツ光やフレッツ光回線の設備を利用して展開している光コラボレーションモデル(ドコモ光やソフトバンク光・OCN光など)は、自宅で使う固定電話のサービスとして各社光電話のサービスを提供しています。

光電話のサービス名は各光回線によって異なりますが、光コラボレーションモデルの各社はフレッツ光で提供されている光電話のサービスをそのまま提供していることが多い為、基本的にそのサービス内容や月額料金がフレッツ光の光電話と全く同じであることがほとんどです。

主に個人の方が利用する頻度が高いプランとしては下記の2つ。

個人向けの光電話の料金プラン2つ

  1. 月500円のプラン=フレッツ光だと「基本プラン」という名称
  2. 月1,500円のプラン=フレッツ光だと「エースプラン」という名称
  3. ~この中に無料通話が約500円分入っていて、番号表示や転送サービス等6つのオプションサービスが使えるようになっている。

このうち、月1,500円のプラン(フレッツ光だとエースプランという名称)を使っている方は、実はお得に見えて毎月ムダにお金を払い続けているという方が非常に多くいます。

この記事では「なぜ月1,500円のプランで多くの方が損をしているのか」解説していきたいと思います。

参考

この記事の内容は、フレッツ光と光コラボレーションモデル(ドコモ光・ソフトバンク光・OCN光・ぷらら光…など)の光電話サービスにあてはまります。auひかりやNURO光等の光電話サービスにはあてはまりませんので注意して下さい。
参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

月1,500円のプランのほうがお得に見えるカラクリ

月500円の安いプランがあるのに、なぜ月1,500円のプランにする方が多いのでしょうか?

月1,500円のプランには“一見お得に見えるが実はほとんどの方がお得にはならないカラクリ”が存在しているからです。

また販売員もこのプランを熱心に勧誘してくる為、「月500円のプランよりも月1,500円のプランのほうがお得だ!」と誤認してしまっている方が多くいらっしゃいます。

ここではフレッツ光の基本プランとエースプランの内容を参考にして、お得に見えるカラクリを説明していきます。まずは基本プランとエースプランのサービス内容の違いです。

基本プランとエースプラン

 基本プランエースプラン
月額料金500円1,500円
無料通話なし月480円分あり
月額利用料に含まれる付加サービスなしナンバー・ディスプレイ(番号表示)
キャッチホン
ボイスワープ(転送サービス)
迷惑電話おことわりサービス
着信お知らせメール
ナンバー・リクエスト(非通知着信拒否)

月額500円の基本プランには、無料通話やあらかじめ利用できるオプションサービスはありません。その為、何らかのオプションサービスを利用しようとすると別にオプションサービスの月額料金がかかってきます。

基本プランでオプションサービスを利用した場合の月額料金

ナンバーディスプレイ=400円、キャッチホン=300円、ボイスワープ=500円、迷惑電話おことわりサービス=200円、着信お知らせメール=100円

~基本プランでオプションサービスを使う場合は、月額料金500円の他にこれらのオプションサービス利用料が発生します。

それに対してエースプランは月1,500円の月額料金で、無料通話が480円分入っていることに加えて、上記に記載したオプションサービス6つが(全て合わせると月1,700円分のオプションサービス月額料)別料金なしで利用できる状態になっています。

基本プランは月500円でも無料通話もついておらず、オプションサービスを使えば別に料金が発生する…そう考えると、エースプランのほうが非常にお得に見えることがわかると思います。

では、なぜ一見お得に見える月1,500円の光電話のプランを使っている方の多くが損をしているのでしょうか?

お得に見えるだけで固定電話の利用実態に合っていない

現在、家族で携帯電話を利用しているというのが当たり前の環境になっています。

その為、自宅の中からでもどこかに連絡をする場合は携帯電話から発信をしたりメールやSNSで連絡を取ったり、自宅の固定電話に関しては“ほぼ着信専用”のような状態になっている家庭が極めて多いのが実状。

その中で固定電話に関してほとんどの方に該当することは下記の2点。

多くの方に共通する2つの特徴

  • 固定電話はほぼ使ってないけど、着信時にナンバーディスプレイ(月400円)で番号表示だけはさせたい。
  • 固定電話から発信することがほとんどない為、通話料が月100円にも満たない。

固定電話に関しては、この2つのどちらにも該当するという家庭が極めて多いのが現実です。

それを踏まえた上で、先ほどの基本プラン(月500円)で上記の2つに該当する方が光電話を利用していた場合、毎月の料金はどうなるでしょうか?

基本プランを利用している方の料金

基本プランの月額料金500円+ナンバーディスプレイの月額料金400円+通話料100円
⇒全て合わせても月1,000円しかかからない。

上記の通り、今の固定電話の利用実態を考えると、月1,500円のプランよりも基本プランにしてナンバーディスプレイをつけたほうが安く利用することが出来ます。

固定電話からよく電話をかけるとか、ナンバーディスプレイ以外にもオプションサービスを利用しているという場合は月1,500円のプランがお得になりますが、それ以外の場合は毎月の料金を高くしてしまっているだけです。

当サイトのアシスタント
今月1,500円の料金プランにしている方は、いったん毎月の通話料金がいくらかかっているのかを確認して、ほとんど通話料金が発生していないなら無料通話のついていない月500円のプランに変更したほうがいいですよ!

現在月1,500円のプランに加入している方は通話料金を確認し見直しを

現在、月1,500円のプランに加入している方はまず実際に発生している通話料金を確認してみて下さい。遡って3ヵ月分ぐらい確認して平均で月100円にも達していないなら、もう今後もそれ以上になる可能性はほとんどないでしょう。

販売員がこういった月額料金が高いプランを勧めてくる場合、一見お得に見えても利用実態を考えるとお得ではないということが往々にしてあります。

この記事を見て「私も該当するかも」と感じた方は、一度料金プランを見直すことをお勧めします。少しの月額料金の差でも積み重なると大きな差になってきます。

光電話以外にも他のオプションサービスの見直しも合わせて月に1,000円以上ムダにしていたという方が意外と多くいらっしゃいます。その為、時々でも契約内容の見直しをすることをお勧めします。

当サイトのアシスタント
毎月少しの額の違いでも、長い目で見るとかなりの金額を損することになります!光回線のサービスによっては変更手数料がかかる場合もありますが、それでも長期的に見てお得になるのであれば積極的に安いプランに変更することをお勧めします!
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!