転用してもフレッツ光のオプションサービスは全て継続可能

当サイトの管理人
ごく稀にですが、「フレッツ光から他社光に転用したいんだけど、例えばフレッツテレビ等、フレッツ光のオプションサービスが使えなくなると困るから躊躇している」という方がいらっしゃいます。

フレッツ光から転用した場合、全てのオプションサービスが継続可能です。

フレッツ光から他社光回線に転用で切り替えると、契約自体がNTT東西⇒他事業者に変わる為「フレッツ光のオプションサービスが継続できない」と勘違いしてしまいそうですが、全て継続利用できます。

全てのオプションサービスが継続利用可能ですが、その場合は下記の2通りに分かれます。

転用で他事業者からの提供とNTT東西からの提供に別れるもの

  1. 今まで通り、NTT東西から提供されNTT東西からの請求が続くもの
  2. 転用先の事業者からの請求に変わるもの(サービス名も変わります)

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

光電話・リモートサポート・フレッツテレビはコラボ事業者からの請求に変わる場合が多い

フレッツ光から光コラボ事業者へ転用した場合、光電話とリモートサポート・フレッツテレビに関しては、全く同じサービス内容を事業者側が別のサービス名にして提供している場合と、今までと変わらずNTT東西からの提供になる場合とに分かれます。

例えばOCN光の場合は下記の通りです。

フレッツ光のオプションサービスの名称を変えて提供している場合

  • 「光電話」⇒OCNひかり電話
  • 「リモートサポートサービス」⇒OCNリモートサポートサービス
  • 「フレッツテレビ」⇒OCNテレビオプション

OCN光では、フレッツ光のオプションサービスの名称が少し違うだけでその中身はフレッツ光の内容と全く同じです。(名称を変えて提供している場合、請求はNTT東西ではなく光コラボ事業者からの請求になります。)

光コラボ事業者が上記のように名称を変えてサービスを提供していない場合、光電話・リモートサポート・フレッツテレビは今まで通りNTT東西からの請求で継続利用が可能です。

光電話・リモートサポート・フレッツテレビの請求が、光コラボ事業者からに変わるのか、今まで通りNTT東西からの請求が続くのかで違いはありますが、いずれにせよどの光コラボレーションモデルのサービスであっても継続して利用することが出来ます。

当サイトのアシスタント
サービス名称が変わる場合、請求先が光コラボ事業者からの請求に切り替わりますが、サービス内容はフレッツ光で利用していた時と全く同じ内容のものを継続することが出来ます!

それ以外のオプションサービスは全てNTT東西で継続利用可能

上記にあげた光電話・リモートサポート・フレッツテレビ(あとは無線カードも)以外のオプションサービスに関しては、光コラボ事業者へ転用した後もそのままNTT東西との契約を継続して使うことが出来ます。

例えば、ウィルスクリア・あずけ~る等ですね。

利用しているオプションサービスによって、請求が光コラボ事業者からとNTT東西からの2つのところから来る場合がありますが、口座振替・クレジットカード払いのどちらかにしておけば手間にはならないと思います。

当サイトのアシスタント
NTT東西のサービスを継続利用する場合、明細はWebで確認するようにしておかないと請求書発行手数料が毎月かかってしまうので注意が必要です!

現在フレッツ光を利用している方は『セット割』がある光回線に早めに転用するのがお勧め

フレッツ光から光コラボレーションモデルへ転用する場合は下記の3つの条件を満たした光回線に転用するのがお勧めです。

光回線を選択する際のポイント

  1. 他の光回線と比べてそこまで高くない月額料金で利用が出来るか
  2. あなたに適用されるセット割があるか(携帯電話料金・その他のサービスの料金割引)
  3. キャッシュバックや月額割引のキャンペーンを受けられるかどうか

この条件のうち、2番目のセット割で代表的なものは、ドコモやau・ソフトバンクといった携帯電話の料金割引。

その額は家族でドコモやau・ソフトバンクの携帯電話を利用している場合は毎月数千円以上と超高額の割引が発生します。

フレッツ光を利用したままだとこういったセット割引は一切何も発生しませんので、フレッツ光を今も利用している方は早めに転用でこれらのセット割引がある光回線に乗り換えることをお勧めします。

上記の携帯電話料金割引が適用されてフレッツ光から転用できる光回線としては、ドコモユーザーはドコモ光、ソフトバンクユーザーはSoftbank 光、auユーザーはビッグローブ光【So-net光コラボ】などがあります。

この記事でお伝えしてきた通り、フレッツ光からこれらの光回線に転用してもオプションサービスの継続には何の問題もありません。今の環境のまま乗り換えることが出来ます。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!