キャッシュバックを最優先にして光回線を決めてはいけない理由

当サイトの管理人
利用する光回線を選ぶ際に、まずキャッシュバックの大きい光回線の中から選ぶというやり方をする方がいますが、長期利用する場合、そのやり方だと高確率で損をします。

利用する光回線を選択する際にキャッシュバックやキャンペーンが大きい光回線の中から選ぶというやり方をしている方がいますが、長期利用者の場合、そのやり方だと逆に損をしてしまう場合が非常に多いです。

一番失敗しない選び方としては下記の通りです。

一番失敗しない光回線の決め方

  1. 先に料金面等を見て利用する光回線を選ぶ
  2. 次にその光回線でキャッシュバックを受け取れるネット代理店等を探す

なぜこうしたほうがいいのか、実際に起きている失敗例も踏まえて説明していきます。

注意
この選び方は長期利用者向けの選択方法です。短期利用者向けの場合は、確実に受け取れるならキャッシュバックが大きい光回線から選択するのも1つの手です。

ただ、その場合にはキャッシュバックを『いつ受け取れるのか』申込みをする前に確認しておくことをお勧めします。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

キャッシュバックだけで光回線を決めてしまった方の失敗例

ここではある時期に行っていたソフトバンク光とauひかりのキャッシュバックの例を利用して、失敗例を確認していきたいと思います。

Aさんの利用環境は下記の通りです。

Aさんの利用環境

  • 家族で3台ソフトバンクの携帯を利用している
  • 光回線は利用しておらず、これから初めて利用する

その時に行っていたキャッシュバックが下記で行っていたとします。

auひかりとソフトバンク光のキャッシュバック(例)

  • auひかりの代理店…キャッシュバック7万円
  • ソフトバンク光…キャッシュバック3万円
  • ⇒auひかりの代理店のほうがキャッシュバックを4万円多くもらうことが出来ます。

auひかりとソフトバンク光だと、光回線のインターネット料金や電話料金にほとんど差はありません。月額100円~200円程度の差はありますが、ここでは差がないものと仮定します。

Aさんはこれらを踏まえて下記の考え方でauひかりを選択しました。

Aさんが考えた選択基準

  • インターネット料金が変わらないならどちらでもいい
  • ソフトバンク光にすれば携帯電話が安くなるのはわかってるが、とりあえず今大きなキャッシュバックが欲しい

ではAさんがこの条件でauひかりを申込み、使い続けた場合はどうなるのでしょうか。

Aさんが考えた選択基準

  • ソフトバンク光よりauひかりが4万円キャッシュバックが高かったのでその分得した
  • ソフトバンク光を利用していれば携帯割引が月3,000円(1台1,000円×3台)発生していたが、auひかりにしてしまった為、それは発生しない
  • 損をする金額⇒1ヵ月3,000円、1年で3万6千円、2年で7万2千円、3年で10万千円…5年で18万円

これは極端な例ですが、4万円分キャッシュバックを得する為に、ソフトバンク光にしていれば発生していた携帯電話割引を1年ごとに3万6千円損をしていくことになります。

長期利用する場合、4万円分の差額が埋まるのなんてあっという間です。

仮にこの状態で5年間使った場合、ソフトバンク光にしていれば発生したはずの携帯電話割引額は18万円、キャッシュバックで浮いた4万円と比較しても圧倒的にソフトバンク光にしていたほうがお得だったことがわかります。

当たり前のことのようですが、この例のように目先のキャッシュバックにとらわれて、逆に損をしてしまっている方も実際にいらっしゃいますので注意が必要です。

当サイトのアシスタント
それと下記のような制度にしている代理店のキャッシュバックは絶対にやめたほうがいいです!

  1. キャッシュバックを受け取るのに、個別にキャッシュバックの申請手続きが必要
  2. キャッシュバックを申請できる期間が開通から●ヵ月目の1日~月末まで等と決まっている(申請を忘れるとキャッシュバックは無効)
  3. 上記のような仕組みにしている代理店のキャッシュバックは還元率が50%程度と言われています!

    申込み時にキャッシュバック振込先の口座番号を伝えるだけで振りこみをしてくれる代理店ならキャッシュバック還元率が100%なので、そういった『確実』にキャッシュバックをしてくれる代理店から申込むことをお勧めします!

長期利用する場合は、先に利用する光回線を決めてからキャッシュバックを探す

上記では携帯電話割引が月3,000円発生すると仮定した例をあげましたが、仮に料金の差が月1,000円でも1年で1万2千円の差が生まれます。

今のキャッシュバックの金額の相場(2万~3万ぐらいが平均)を考えれば、キャッシュバックで選ぶよりも料金面でまず選んだほうが長期的に見ればお得になることが多いはずです。

その為、長期利用する方の場合は下記の順番で探すことをお勧めします。

先に利用する光回線を決めてから特典を探す

  1. 先に料金面等を見て利用する光回線を選ぶ
  2. 次にその光回線でキャッシュバックを受け取れるネット代理店等を探す

他にもキャッシュバックだけではなくキャンペーン等も含めるとより複雑にはなっていきますが、キャッシュバックやキャンペーンは一時的なものが多いです。

一時的にはそれらが大きいものを選んだほうがお得になりますが、長期的に利用していくと“月額料金の差”という部分が一番大きな金額差として現れてきます。

その為、まずは自分にとって一番安く適した光回線は何なのかという点を決めてから、次にその光回線でキャッシュバックやキャンペーンがあるかどうかという部分を調べていくというやり方にしたほうが長期利用者にとっては一番お得です。

当サイトのアシスタント
キャッシュバックだけを目当てに光回線を申込んで、後から違う光回線に乗り換えようと思っても違約金が発生したり電話番号が変わってしまうことが多いです!それならはじめからご自身が一番安く使える光回線にしておくことをお勧めします!
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!