光の料金は必ず「ネット料金-セット割引額(携帯電話等)」で考える

当サイトの管理人
光回線を選ぶ時に最も重要な料金の考え方です。

光回線の料金は必ずネット単体の料金では考えずに「ネット料金-セット割(携帯電話料金等)」で実質のインターネット料金で考えるようにしてください。

この考えをせずに「フレッツ光より安いから」とにネット単体の料金で光回線を選んでしまい、毎月数千円・年間で数万円を毎年ドブに捨て続けている方が多くいます。

このページで記載する光回線の料金の考え方が、光回線を選ぶ時に最も重要なポイントです。

他にも光回線を選ぶ時に絶対に守らないといけないポイントはありますが、ここだけ守っていればそこまで大きな失敗や損をすることはありません。

光回線の料金の考え方をしっかり把握せずに、“フレッツ光より安くなった”等とSNSやネットで発言している方の多くが、毎月1,000円~2,000円、多い場合は毎月5,000円近く損をしている方が非常に多いです。

これらの方に共通しているのが、光回線の料金を“インターネット料金単体”で考えてしまっていること。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

光の料金を“インターネット料金-セット割引”で考えないといけない理由

光回線を利用する時に何らかの「セット割引(携帯電話料金等)」が発生するのが今は当たり前です。

そして、そのセット割引の金額が場合によってはインターネット料金と同額もしくはインターネット料金そのものを上回る場合もあります。

下記に例を記載します。

よくあるセット割引の例

“インターネット料金-セット割引額”で実質の料金を求めます

  • 例:auひかりマンションタイプ×家族で4台auの携帯を利用している場合
  • ⇒インターネット料金4,100円-携帯セット割引4,000円=実質の月額料金は100円

これは家族でauを4台利用している方が携帯セット割引が適用できるauひかりを利用した場合に発生する平均の割引額を含めた例ですが、少し差はあれどドコモやソフトバンクも同じくかなり大きな金額のセット割引が発生します。

仮にこの方が、セット割引を考慮せず、“ネット料金がフレッツ光より安くなると言われたからOCN光にした”場合どうなるでしょうか。

同条件でOCN光を利用した場合

“インターネット料金-セット割引額”で実質の料金を求めます

  • 例:OCN光マンションタイプ×家族で4台auの携帯を利用している場合
  • ⇒インターネット料金3,600円-携帯セット割引0円=実質の月額料金は3,600円

インターネット料金はauひかりもOCN光もそこまで大きくは変わりません。

変わるのはセット割の部分です。

OCN光にあるセット割引は格安SIMのOCNモバイルONEを利用している時にだけ発生する為、ドコモやau、ソフトバンクの携帯電話を利用している方がOCN光を利用してもセット割引は1円も発生しません。

つまり、光の選択を間違えずauひかりにしていれば毎月ほぼタダ(実質100円)で使えたはずの光回線に、毎月3,600円も料金を支払わなければならなくなる。

短期間ならいいですが、この状態で長期間利用するととんでもない金額をムダにしていることになります。差額が月3,500円ですから1年で4万2千円、10年も使えば同じ速度1Gbpsの光回線を使っているのに42万円近く損をすることになります。

かなり多くの方が毎月数千円ものお金をドブに捨てていると言われているのがこのセット割引を考慮せずに光回線を選んでしまっているという点です。

必ず光回線の料金を考える時は、ネット単体の料金で考えるのでなく、“ネット料金-セット割引額”で実質の料金を求めるようにしてください。

光回線の料金の求め方の基本

“インターネット料金-セット割引額”=光回線の料金
当サイトのアシスタント
よくツイッター等であまり有名では光回線にして「今までより安くなった」と言っている方がいますが、有名ではない光回線は基本的に上記のようなセット割は行っていないことが多いです!つまりお得ではないということ!

光回線のセット割引にはどんなものがあるのか

光回線のセット割引にはどんなものがあるのか、いくつかご紹介します。

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯セット割引

【割引条件】この3社の携帯電話を利用している方が指定の光回線を利用することで携帯電話料金割引が発生します。
(ドコモ割引=ドコモ光、au割引=auひかり、So-net光…、ソフトバンク割引=SoftBank光、NURO光など)

【割引額】割引額が他の光回線のセット割と比べると相手にならないぐらいはるかに大きな割引が発生します。
家族で利用の場合は台数等によりますが、ドコモの場合は平均して月2,500円、auやソフトバンクの場合は平均すると月3,000円~4,000円の携帯電話料金が毎月発生します。個人で1台だけ利用しているという場合にも他のセット割以上の割引が発生することがほとんどです。

格安SIMのセット割引

【割引条件】格安SIMを利用している方がその会社の光回線を利用することでセット割引が発生します。
(例:OCNモバイルONE=OCN光、DMMモバイル=DMM光、NifMo=@nifty光など)

【割引額】割引額はかなり小さめで最大でも月1,000円、ほとんどの場合は月200円~500円程度の割引しか発生しないのが現状。

その他のセット割引

【割引条件】何らかのサービスを利用している方が指定の光回線を利用すると発生する割引です。
(例:ひかりTVを利用している方がぷらら光を使うと毎月600円の独自割引が発生)

【割引額】割引額は格安SIMと同様、ドコモ・au・ソフトバンクと比べるとかなり小さめです。

ここではセット割引の種類を記載しましたが、何のセット割引も提供していない光回線も数多く存在します。

それぞれの割引を適用できる光回線・またセット割引自体がない光回線と多くありますが、ほとんどの光回線でインターネット料金自体にそこまで大きな差はあまりありません。

インターネット料金自体は、差があっても500円~700以内の差額ということが多い為、光回線の実質料金で大きな差がついてくるのは、このセット割の部分がほとんどです。

その為、絶対に光回線の料金は“インターネット単体の料金”ではなく、“インターネット料金-セット割引額”で考えるようにしてください。

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話を利用している場合は、家族で利用している台数等によって割引額が変わってきますが、他のセット割よりはるかに大きな割引が発生します。また、1台しか利用していないという場合でも他のセット割よりも大きな割引が発生することがほとんどです。

ドコモ・au・ソフトバンクの携帯を家族も含めて1台でも使っているという場合は、それらの割引が適用できる光回線以外にすることを強くお勧めします。

ネットやSNSで“フレッツ光より安くなった”と発信している方の多くが失敗しているということを覚えておきましょう

ネットやSNSでよく「●光にしたらフレッツ光より安くなった」と発信している方がいますが、よく見かけるのが下記のパターンです。

よく見かける失敗パターン

  • 全く何のセット割もない光回線で「フレッツ光より安くなった」と言っているパターン
  • 格安SIMを利用していないのに、格安SIMを利用していないとセット割が発生しない光回線にして「フレッツ光より安くなった」と言っているパターン

これらの方は気がついていないだけで、実際には光回線の料金で最も重要な“セット割”の部分を考慮せずに、毎月かなりの金額をムダにしている方がほとんです。

家族で1台もドコモやau、ソフトバンクの携帯を利用していないのか?と言えば、そういう家庭もあるとは思いますが携帯電話のシェア率を考えればごく稀でしょう。

繰り返しますが、光回線の料金は“インターネット料金-セット割引額”で考えることが大切です。

家族の中で1台でもドコモやau、ソフトバンクの携帯を利用している方はそれらの携帯電話割引が適用できる光回線で検討することをお勧めします。

それ以外から選んだ場合、先ほどのauの携帯4台を家族で使っているのにOCN光を選択してしまった場合の例のように、毎月4,000円近くお金をドブに捨てることになりかねません。

参考:ドコモ・au・ソフトバンクの携帯電話割引が適用できる光回線

  • ドコモ…ドコモ光
  • au…auひかり、So-net光、ビッグローブ光、西日本の電力会社の光回線、ケーブルテレビなど
  • ソフトバンク…ソフトバンク光、NURO光
  • ⇒それぞれ指定の光回線を利用することで携帯セット割引が適用されます。

当サイトのアシスタント
仮に毎月4,000円損をしていたら年間で4万8千円も損をすることになります。それがずっと毎年毎年続くと…損をしていることに気がついた方は面倒でも光回線を乗り換えることをお勧めします!
一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!