ドコモ光プロバイダ@niftyがタイプBからタイプAへ。他のプロバイダは?

当サイトの管理人
ドコモ光で長く料金が高いほうのタイプBでサービスを提供してきた@niftyですが、2017年12月にタイプBから料金が安いタイプAに移行しました。この流れに現在のタイプBにいる他のプロバイダはどうするのか想定を書いていきたいと思います。

2017年の12月にドコモ光でプロバイダサービスを提供してきた老舗の@nifty光が、プロバイダタイプBからタイプAに移行しました。

タイプAとタイプBでは毎月の料金に差が出ますが、今回は既に利用している方も何の手続きも必要なしでタイプAの料金が適用されるようになるとのこと。

【ドコモ光 タイプAとタイプBの月額料金の違い】

ドコモ光タイプAタイプB
戸建て5,200円5,400円
マンション4,000円4,200円

タイプAを利用したほうがタイプBよりも毎月200円安く利用することが出来ますが、@niftyはなぜタイプBからタイプAに移行したのでしょうか。


▼必見!期間限定キャンペーン▼
【ドコモ光×代理店ネットナビ限定】
最大約68,000円お得になるキャンペーン実施中!





ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

タイプBは間違いなく売れていない

タイプAには下記のプロバイダが属しています。非常に長い歴史を持つ大手のプロバイダから新興で勢いのあるプロバイダまで様々です。

一方のタイプBには、今回の@niftyのタイプB⇒タイプAの移行を受けて下記のプロバイダしか属していません。

タイプBのプロバイダのサービスが悪いということではありませんが、月額料金がタイプAのプロバイダよりも高い×タイプAとタイプBでサービスに大した違いはないということから、恐らくタイプBは特定の場合にしか契約数を伸ばせていないのではないかと思います。

タイプBを契約する場合はほとんどのケースで下記に限定されていると思われます。

タイプBを契約するケース

既に他社光回線でタイプBのプロバイダを利用している
⇒ドコモ光に切り替え
⇒この時にプロバイダを変更したくないのでタイプBのプロバイダのままにする

要するにプロバイダも含めて完全新規の場合にわざわざタイプBを契約する方がそこまでいるのかと言えば、恐らくそんなにいないんじゃないかと。

ネットに光回線を説明しているサイトは多くありますが、どのサイトもタイプBを勧めているサイトはほとんどありません。

私もそうですが、基本的にサービス内容はほぼ変わらない(むしろプロバイダによっては接続や速度の安定性がタイプBよりタイプAのプロバイダのほうが良い場合もある)のに、タイプBのほうは月額料金が高くなるというデメリットがあるのであまりお勧めしていません。

当サイトのアシスタント
速度やサービス内容に大きな差がないなら、毎月の料金は安いほうがいいですものね。そうなるとタイプAのほうが確かに契約する方が多くいそうですね。

現在タイプBに属しているプロバイダがタイプAに移行する可能性はあるのか

結論から言うと、@niftyに続いて現在タイプBに属しているプロバイダがタイプAに移行する可能性というものは十分にあると思っています。

@niftyも高い月額料金で契約数を伸ばせていたのであれば、わざわざ料金収入が減るタイプAに移行する必要はなかったはずです。

タイプBのプロバイダのように、高い月額料金を設定していればユーザ1人あたりからの料金収入は増えるものの、そもそものユーザを獲得できていなければ意味がありません。

タイプBのプロバイダがドコモ光で契約数を伸ばせるとすれば、先ほど記載した通り、現在既に他社光回線でタイプBのプロバイダを利用している方がドコモ光に切り替えてプロバイダを継続するといったケースがほとんどでしょう。

その点で言えば、タイプBのプロバイダの中に最大手のOCNが含まれていますが、OCNだけはタイプAに移行することは考えづらいのではないかと思います。既に他社光回線でも十分なプロバイダ契約を保持していますし、それらの方がドコモ光に移る場合は継続する可能性があるからです。

それとタイプBのプロバイダのWAKWAKに関しては、知らない方も多いと思いますがNTT MEという会社がサービスを提供しており、NTTドコモやOCN(NTTコミュニケーションズ)と同じくNTTグループの会社です。

WAKWAKは会社の意志単体で動けるわけではなく、グループ会社の意向もあると思うのでどういう動きをするのかは不明ですね。

それ以外のタイプBのプロバイダに関しては、ドコモ光での契約数の増加がほとんど見込めない状況でタイプBのままにしておくとは考えづらい状況です。OCNとWAKWAK以外はタイプBからタイプAにいずれ移る可能性が非常に大きいと考えています。

最終的にタイプBに残るのはOCNだけになるかもしれませんね。

当サイトのアシスタント
OCNはフレッツ光等でも使うことが出来ますが、他の光回線で利用する場合でもプロバイダー料金は他のプロバイダーよりもかなり高めです。

これから新規でドコモ光を申込む方はタイプAのGMOとくとくBBがお勧め!

これから新規でドコモ光を申込むという方は、タイプAのプロバイダーGMOとくとくBBが非常にお勧めです。

お勧めする理由としては主に下記の3点。

GMOとくとくBBがお勧めの理由

  1. 実測値が100Mbpsを切った時に速度保証をしている(毎月のポイントバック)
  2. ~それだけ速度の安定性に自信があるということ。速度保証をしているプロバイダーは他にはありません。また、地域ごとに実測値の平均をホームページ上で公開しています。

  3. 高速の無線ルーターが永年無料で使える(レンタル料金不要)
  4. キャッシュバック等が多い

とにかくプロバイダー選びで一番重要になる『速度の安定性』という部分で、GMOとくとくBBは一番お勧めのプロバイダーです。下記にGMOとくとくBBのホームページへのリンクを載せてありますので、興味がある方は公式サイトでもご確認ください。

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント




  • 新規申込みで今なら工事費が無料!
  • 新規申込みでdポイント10,000ポイントプレゼント!
  • dカードGOLD申込みで最大1万5千円プレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

人気の光回線のキャッシュバック・キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページで、人気の光回線の『一番お得』なキャッシュバック・キャンペーン申込み先について、詳しくまとめています!