ドコモ光のプロバイダはタイプAよりもタイプBのほうがお勧めなのか?

当サイトの管理人
ドコモ光を利用する場合、料金が安いタイプAというプロバイダと料金が高いタイプBのどちらかを選択した上で利用するプロバイダを決める必要があります。この記事ではタイプAタイプBそれぞれどんな時に選ぶべきか簡単に説明していきます。

ドコモ光を利用する場合、迷う方が多いのが「タイプAタイプBどちらのプロバイダを使うべきか」という点と、またその中でも「どのプロバイダを使うべきか」という点で迷う方が多いのではないかと思います。

この記事ではどういった時にタイプAを選んでどういった時にタイプBを選ぶべきなのかシンプルな考え方を記載していきたいと思います。

ドコモ光のキャッシュバック徹底比較
当サイトのアシスタント
ドコモ光の代理店やプロバイダー独自で行っているキャッシュバックに関して下記のページで詳しくまとめています!ドコモ光を検討している方は下記のページにてご確認ください!
【ドコモ光のお得な申込先まとめ】代理店or公式+キャッシュバックキャンペーン

タイプAのプロバイダとタイプBのプロバイダ

タイプAとタイプBを合わせるとかなりの数のプロバイダがあります。ここでは簡単にどんなプロバイダがあるのか確認も含めて見ていきたいと思います。

タイプAのプロバイダ

タイプAに属しているプロバイダは下記の通りです。

昔からあるプロバイダで有名なところだと、plala、DTI、BIGLOBE、excite、nifty等が非常に有名ですね。また、最近ではGMOとくとくBB等もかなり契約数を伸ばしてきているようです。老舗も新興のプロバイダも含めてネームブランド、安定感があるプロバイダが多く揃っています。

タイプBのプロバイダ


タイプBはタイプAと違って数が少ないです。有名なところだとOCN、TCOM、AsahiNetといったところでしょうか。

当サイトのアシスタント
これだけ多いと選ぶのに少し迷ってしまいそうですね。ちなみにタイプAとタイプBだとどちらを選ぶ方が多いんですか?
当サイトの管理人
圧倒的にタイプAのプロバイダーを選ぶ方のほうが多いです。タイプBのプロバイダーを選ぶ方は、もともとタイプBに属しているプロバイダーを利用していて、他の光回線からドコモ光に変更した時にプロバイダーを変えたくないという方が選ぶぐらいですね。

ドコモ光のタイプAとタイプBの月額料金の違い

タイプAとタイプBいずれかのプロバイダを選択した時の毎月の料金の違いです。

ドコモ光タイプAタイプB
戸建て5,200円5,400円
マンション4,000円4,200円

戸建て、マンションタイプともにタイプAのほうが月200円安く利用することが出来ます。

当サイトのアシスタント
月200円の違いでも持ち家の方などは光回線を長く使う場合も多いと思いますので、年間2,400円・10年も使えば2万4千円も変わってきます!

プロバイダのネット接続の安定性はタイプAとタイプBで変わるのか

タイプAのほうが毎月200円安く使えて、タイプBのほうが毎月200円料金が高いとなると、「タイプBのプロバイダのほうがネット接続も安定してるんじゃないか?」と思う方も多くいらっしゃいますが、これは断言しておきます。

料金が高いタイプBだから安定しているということは絶対にありません。

むしろ、ネット接続の安定性・速度・評判といった面で言えば、タイプAのプロバイダのほうが有能なプロバイダが多く揃っています。

「じゃあ何でタイプBのほうが高い料金なの?」という疑問を感じる方もいらっしゃると思いますが、それはタイプBのプロバイダがタイプAより高い料金でサービスを提供しますと料金設定をしているだけであって、性能や安定性でタイプA・Bが別れているわけではありませんので注意してください。

ではどんな時にタイプAを選ぶべきでどんな時にタイプBを選ぶべきか

ではどんな時にタイプAを選ぶべきで、どんな時にタイプBを選んだほうがいいのかという点ですが、下記に簡単に考え方をまとめています。

タイプAを選ぶべき場合

今、全くネットは使ってなくプロバイダ契約もしていないという方は問答無用でタイプAのプロバイダを選択しておいたほうがいいと思います。

また、他社光回線からドコモ光への乗り換えで現在タイプAのプロバイダを利用しているという場合も同様です。

わざわざ、速度の安定性やサポート体制といった意味でも違いはないのに料金が高いプロバイダを選ぶ必要はありません。他の多くのサイトでも触れていますが、光新規でドコモを申込む場合、基本的にタイプAから選んでおけば間違いありません。

タイプBを選ぶべき場合

タイプBを選ぶべき場合は限られています。現在他社光回線でタイプBに属するプロバイダを利用し、ドコモ光に乗り換えてそのプロバイダを継続利用したい場合だけです。

・現在フレッツ光×プロバイダOCN ⇒ ドコモ光×プロバイダOCN
~回線は変わるもののプロバイダの変更はなし

こういったケース以外にタイプBのプロバイダを選択するメリットは全くありません。

この場合プロバイダを変更すると違約金がかかってしまったり、メールアドレスが使えなくなってしまう、もしくは単純にプロバイダを変更するのが面倒…いろいろなケースがあると思いますが、月200円の差額とは言っても持ち家で長期間使うとそれなりの差額が発生してきます。

長期的にドコモ光を利用する予定の方で、特別な事情がない限りはプロバイダAに乗り換えてしまったほうがいいでしょう。

当サイトのアシスタント
評判もタイプAに属しているプロバイダーのほうが良い評判が多いです!

ドコモ光のタイプAのプロバイダーならGMOとくとくBBが一番お勧め

ドコモ光のタイプAのプロバイダーであれば、GMOとくとくBBが一番お勧めです。

何よりもGMOとくとくBBは、プロバイダー選びの際に一番多くの方が重要視される『速度』を地域ごとに計測してホームページ上で公開していますし、速度が100Mbspを切った場合は毎月のポイントバックも行っています。

さらに、GMOとくとくBBであればWiFiルーターを永年無料で利用できる為、無線ルーターを準備する必要がありません。また、キャッシュバック等もドコモ光公式のキャンペーンにプラスして常に上乗せしています。

GMOとくとくBBから申込んだ場合のキャンペーン等の情報を載せておきますのでご参考まで。

【参考:ドコモ光×GMOとくとくBB】

【ドコモ光(ISP:GMO)】
WEBキャンペーン・お勧めポイント



  • 新規申込みでdポイント20,000ポイントプレゼント!
  • ドコモ光加入と同時に携帯電話もドコモに乗り換えでdポイント10,260ポイントプレゼント
  • ……【下記はGMO独自特典】……

  • さらにGMO限定で15,000円キャッシュバック!
  • 高速無線ルーターレンタルが永年無料!
  • セキュリティソフトも1年無料!
  • ネットの出張設定サポートも無料!
  • dカードGOLD 申込みでGMOポイント5千円分プレゼント!(現金交換可能)

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!