ADSLは時代遅れ?確かに安いが提供は近いうちに終わる

当サイトの管理人
ADSLは時代遅れだという方が時々いますが私は全くそうは思いません。この記事ではADSLに関して少し書いてみたいと思います。
2019年2月 追記
まだADSLの新規申込み受付けを続けていた『Yahoo!BB ADSL』と『GMOとくとくBB ADSL』も2019年2月28日をもって、新規申込み受付を終了しました。

これ以外のADSLサービスは既に新規申込み受付を終了しているため、これから新規申込みできるADSLサービスは、ほぼありません。

仕事として長く固定通信サービスの販売・営業に10年近く携わってきましたけど、今でもADSLを利用してる方かなりの数いらっしゃいます。

思ってる以上に多いです。それでも一時期に比べたらだいぶ減りましたけどね。

よく「ADSLはもう時代遅れ」だとか言う方いらっしゃいますけど、そんなことありません。まだ立派な固定インターネットサービスの選択肢の1つです。

先日NTT東西からフレッツADSLを将来的に廃止するという報道がありましたが、フレッツADSL以外でまだまだ現役で長くサービスを提供していく予定のサービスもあります。

この記事では、ADSLで光より安く利用する方法等を記載していきます。

参考:光回線の主要12社 最新キャンペーン情報
当サイトのアシスタント
下記のページに人気の光回線12社が現在行っているキャンペーンをまとめてあります!光回線の新規・乗換えを検討されている方はご参考まで!

【最新】主要12社の光回線キャッシュバック・キャンペーン一覧

光が主流の状況下でADSLを利用している方は、光の良さも知りながら、あえてADSLを利用している方が多い

これまで携わってきた固定インターネットサービスの営業の仕事で多くのお客様とお話してきましたが、今もADSLをご利用されている方の大部分には共通した特徴があります。

光が主流となったこの状況下で「ADSLを利用している」と聞くと、「単純に光に変えるのが面倒くさいんじゃないの」とか「インターネットの知識がなくて光のこと知らないんじゃないの」とか考える方いらっしゃいますが、それはちょっと違うと感じています。

ADSLを利用されている方の中には、上記のように「光に変えるのが面倒」だとか「よくわからないからADSLのままにしておく」という方もいらっしゃいますが、大部分の方は“光のことも良くわかっていてあえてADSLを利用している”という方です。

逆に固定インターネットサービスについて調べてなかったり知識がない方のほうが、代理店やら周りからの勧誘でもうとっくに光回線にしていると思います。

ADSLを利用している方の中で、“光のことも良くわかっていてあえてADSLを利用している”という方が多いのはなぜか?

それは単純明快。毎月の料金が光よりも安く利用できるということ、そして自分のインターネットの使い方を把握しているから。

自分のインターネットの使い方を把握して、安いサービスを選択するという非常に賢いサービスの選び方だと個人的には思います。

当サイトのアシスタント
そうなんだぁ。失礼ですが、私もいまだにADSL利用してる人達はネットの知識が乏しい人なんじゃないかと思ってました。でもネットのサービスに詳しい人ほど使う人が多いんですね!

Yahoo!BBのADSLバリュープランがとにかく他社を引き離して圧倒的に安い

昔からADSLと言えば一番有名なのがYaoo!BBのADSLですが、このYahoo!BB ADSLのバリュープランの料金がとにかく圧倒的に安いです。他社のADSLとは比べものにならないぐらいの安さです。

■Yahoo!BB ADSL バリュープラン12Mの月額料金
東日本地域=1,801円 ⇒ 5年間はなんと1,265円
西日本地域=1,808円 ⇒ 5年間はなんと1,272円

上記は固定電話を既に利用している方の料金です。速度は12Mbpsと50Mbpsから選ぶことが出来ますが、50Mbpsは高いのでお勧めしません。

他にも格安でADSLを提供しているサービスはありますが、大体どこも2,000円前後です。

Yahoo!BB ADSL バリュープランの場合、5年間とはいえ、今の固定電話の毎月の料金に加えてたった月1,300円でネットも使えてしまいます。

固定電話の料金が1,700円(3級局の場合)だとしても、合わせて約3,000円で電話もネットも利用できる計算になります。

さらに、ソフトバンクユーザの方はソフトバンクの携帯電話料金が家族も含めて最大10台安くなる“おうち割”も2年間利用することが出来ます。

ソフトバンクの携帯電話料金からの割引額を考えると、ADSLの料金よりも割引額のほうが大きくなることがほとんどだと思います。

2019年2月 追記
まだADSLの新規申込み受付けを続けていた『Yahoo!BB ADSL』と『GMOとくとくBB ADSL』も2019年2月28日をもって、新規申込み受付を終了しました。

これ以外のADSLサービスは既に新規申込み受付を終了しているため、これから新規申込みできるADSLサービスは、ほぼありません。

当サイトのアシスタント
ヤフーADSLは聞いたことあります!昔すごい有名でしたもん!昔より今のほうが安くなってませんか?
当サイトの管理人
はい。昔よりはるかに安い料金でADSLを提供しています。約1,200円といったらフレッツ光だと光回線の利用料は抜いて、プロバイダ料金だけでそれぐらいの料金がかかるところもありますからね。

ADSLで光回線よりも安くネットを利用するには条件がある

上述した通り、光回線と比べるとかなり格安のADSLですが、ADSLでインターネットを光回線より安く利用する為にはいくつかの条件があります。

条件1:ADSLの環境がそこまで悪くないこと

ADSLはNTTの電話交換局から自宅までの距離や環境でだいぶ速度が左右されます。

今ほとんどの家庭でスマートフォンを利用されていらっしゃると思いますのでWiFiを利用することも多いと思います。

ADSLの環境が悪く、速度が遅いところに、さらにWiFiで無線を飛ばすと不安定になる可能性があります。

それらも踏まえると、ADSLを利用する場合、まずADSLの環境がそこまで悪くないということが利用の前提になるかと思います。

自宅までの距離やADSLの環境は申込時に伝えれば事前に調べてもらえますので、確認するようにしてください。

条件2:家族全員でドコモ・auの携帯電話を利用していない

インターネットはYahoo!ADSLの場合、上記の通り約1,300円で利用できます。固定電話の料金が月1,700円(3級局)だとしても、ネット+電話で合わせても月約3,000円で利用できる計算です。

同じように、ドコモ光とauひかりでネット+電話の合計金額を出すと下記のような金額になります。

料金戸建てマンション
auひかり5,400円
(ひかり電話込み)
4,600円
(ひかり電話込み)
ドコモ光5,700円
(ひかり電話込み)
4,500円
(ひかり電話込み)
備考・auひかりの戸建ての料金は、ずっとギガ得プラン3年契約の3年目以降の料金です。
・auひかりのマンションの料金は、タイプV 8契約以上の場合です。

ドコモ光・auひかり、どちらも戸建て・マンションタイプともにYahoo!ADSLでネット+固定電話を利用した場合(約3,000円)と比べるとかな高い料金になります。ただし、ドコモ光とauひかりにはそれぞれドコモの携帯電話料金割引、auの携帯電話料金割引があります。

下記にドコモ光の携帯電話料金の割引額とauひかりの携帯電話料金の割引額を記載しておりますので、ご確認ください。

ドコモで新プランを利用の場合

ドコモ光 新プランで利用の場合の割引額
(ギガホ・ギガライト)
下記は1台あたりの割引額です。ファミリー割引グループを組んでいる場合は、下記の割引が全台に入ります。(ギガホで3台利用なら毎月3,000円)
利用プラン月あたりの割引額
ギガホ1,000円
ギガライト
<ステップ4:~7GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ3:~5GB>
1,000円
ギガライト
<ステップ2:~3GB>
500円
ギガライト
<ステップ1:~1GB>
-
ドコモで旧プランを利用の場合

ドコモ光 旧プラン・家族で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
家族でシェアパックを利用している場合は主回線から割引になります。
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラシェアパック1003,500円
ウルトラシェアパック502,900円
ウルトラシェアパック302,500円
ベーシックシェアパック~30GB1,800円
ベーシックシェアパック~15GB1,800円
ベーシックシェアパック~10GB1,200円
ベーシックシェアパック~5GB800円

ドコモ光 旧プラン・個人で利用の場合の割引額
(カケホーダイ&パケあえる)
利用プラン月あたりの割引額
ウルトラデータLLパック1,600円
ウルトラデータLパック1,400円
ケータイパック500円
ベーシックパック~20GB800円
ベーシックパック~5GB800円
ベーシックパック~3GB200円
ベーシックパック~1GB100円
auスマートバリュー

auスマートバリューの割引額
下記は1台あたりの割引額。家族も含め最大10台までそれぞれ適用可能。
プラン月あたりの割引額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで
(シンプル):1GB超~2GBまで
500円
(スーパーカケホ/カケホ/シンプル):2GB超~20GBまで1,000円
auフラットプラン20/30
データ定額10/13/30
データ定額10(ケータイ)/13(ケータイ)
2年間2,000円(それ以降は月934円)
データ定額5/8/20
データ定額5(ケータイ)/8(ケータイ)
LTEフラット
ISフラット
プランF(IS)シンプル
2年間1,410円(それ以降は月934円)
U18データ定額201,410円
データ定額2/3
データ定額2(ケータイ)/3(ケータイ)
ジュニアスマートフォンプラン
シニアプラン
LTEフラット cp(1GB)
934円
データ定額1
データ定額1(ケータイ)
2年間934円(それ以降は500円)
カケホ(3Gケータイ・データ付) ※3Gスマートフォンの場合もご加入いただけます。934円
LTEフラット for Tab/Tab(i)/Tab(L)2年間1,410円(それ以降は934円)

ドコモ光・auひかりのネット+電話の合計金額からご確認いただいた携帯電話料金の割引額を引いて、月3,000円より安くなるならYahoo!ADSLよりお得に利用できることになります。

その場合は、Yahoo!ADSLで利用するよりもドコモ光やauひかりで利用したほうがいいでしょう。

当サイトのアシスタント
携帯電話会社が提供してる光回線だと携帯割引がすごぉぉぉく大きくなることありますからね!特にauを家族で使ってるような場合には、携帯電話の料金割引が月4,000円以上になることも多くあります。

ドコモ光やauひかりへの切り替えを考えている方は、下記に代理店も含めて現在実施しているキャンペーン情報を記載してありますのでご参考まで。

ADSLはまだまだ元気にサービス提供中。条件が合う方は賢く安く利用すべき

最後に、フレッツADSL等サービス提供を終了するADSLサービスが増えてきておりますが、現役バリバリで提供しているADSLサービスもまだまだあります。

ADSLを光回線よりも賢く安く利用するには上記にあげた通りいくつか条件はありますが、まだまだ固定インターネットサービスを利用する時の1つの選択肢として考えていいでしょう。

ただし、近いうちに間違いなくADSLの提供は終了します。

ADSLの回線事業を展開している会社の中でまだ新規受付を継続しているのはソフトバンクぐらいです。

また、2024年にはADSLを利用する為に必須のアナログ回線をIP網に全て巻き取っていくということをNTT東西が発表しています。

この段階で間違いなくADSLは利用することが出来なくなります。

そこまでADSLを利用するか、早めに光に切り替えておくかは人それぞれ判断がわかれるところだと思いますが、光回線の各事業者がどんなキャンペーンを行っているかは大手の光回線だけでも常にチェックしておくことをお勧めしておきます。

当サイトのアシスタント
今は提供していても近いうちに提供が終わっちゃうなら私ならどうするだろう…う~ん面倒だからそのままにしちゃう気もしますけど、面倒だからこそ早めに切り替えておくかも。
当サイトの管理人
別にいつ切り替えてもいいと思います。あと4,5年もしたら使えなくなると思いますけど、その時に切り替えてもいいわけですし。

ただ、いずれ光に切り替えないといけないなら、お得なキャンペーンがある時に切り替えるのが一番です。それが今なのかいつなのかはわかりません。

だから常に「この光回線にしようかな」と思ってる光回線のキャンペーンだけはチェックしておいたほうがいいです。いつそれまでよりもお得なキャンペーンを始めるかわかりませんからね。

一番人気のある光回線5つを詳しく解説!
当サイトのアシスタント
下記のページで一番人気のある光回線5つに関して詳しく解説しています!新規・乗換え検討中の方はご参考まで!